好きな漫画作品 完結した作品①

NO IMAGE

こんにちわ、くろいとりと申します。

みなさま、漫画は大好きでしょうか?
自分は物心がついた頃からずっと漫画を読みながら大きくなりました。
週刊少年ジャンプは子供の頃からずっと読んでいるような気がします。

大手の出版社の週刊誌や月刊誌を全部読んでいるようなヘビーな人間では
ありませんが、ジャンプ系といろいろと話題になるようなものはそこそこ
抑えて読んでいます。
今回は簡単にではありますが、自分の心に残る漫画を簡単にですが紹介します。

・・・とは言ってもメジャーな漫画ばかりですが(笑)

完結した作品

SLAM DUNK
言わずとしれたスポーツ漫画の超名作。ほんとにもはや教科書に載せても
いいんだよ!山王戦は何回読んでも色んなシーンで号泣してしまいます。
自分はこの漫画を読んでバスケットを始めたとても沢山の人の中のひとり
メインキャラみんな好きだったけど、サブキャラだとなぜか翔陽の藤真が好きだったなぁ。

鋼の錬金術師
こちらも最高のダークファンタジー。27巻という中でほぼ完全な形で
完結した奇跡みたいな漫画。荒川弘さんの漫画のキャラクターはホントに
一人ひとりがしっかりと力強く生きているよね。脇役まで。
好きな漫画が長く続くことは嬉しいことだけど、この長さでしっかりと完結
するのも素晴らしいですよね。

ハチミツとクローバー
読む前は普通の少女漫画だと思ってたのだけど、3月のライオンを読んで(当時5巻まで発売してた)5巻のラストがあまりにも自分に響きすぎて次の巻がまだまだ出ないことを知って慌てて羽海野チカさんの他の作品を読みたくなった訳でした。
全員片思いみたいなキャッチコピーもあるし、当然恋愛要素は多いわけだけど、それ以上にどういう生き方を選ぶかであるとか、才能を持つことであるとか、深く考えさせられることが沢山ある。最終巻は涙腺崩壊してたなぁ。

四月は君の嘘
音楽を題材にした漫画って、難しいですよね。漫画には音がないわけだし。
でもこの漫画にはその音とその音を鳴らすものすごい熱量がありました。
涙腺の弱い自分は何度も泣きました。アニメもすごく出来が良かったですよね。
四月は君の嘘っていうタイトルも素敵です。

無限の住人
かなり長期に渡って連載されていた作品ですが読んだのは割と最近で、NEO時代劇
と呼ばれるわけですが、世界観はものすごく普通の時代劇もので、主人公が不老不死で
あるのが大きなポイントです。不老不死だからといって無敵なわけではなく主人公が登場するキャラの中であんまり強い方でもないのが面白いところですよね。中だるみする部分もありましたが最終章の戦いはめちゃめちゃ熱いものが多く、誰が主人公だよ!と突っ込みたくなる感じでした。この作品を読んでから作者の沙村広明さんの本を
色々と読みましたが色々なジャンルがあってどれも面白いです。

 

 

と、いうことでものすごくざっくりとですが完結した作品をいくつか並べてみました。
まだまだ沢山あるので少しずつご紹介していく予定です。