ワールドトリガーネタバレ考察!14巻でのスナイパー順位を考える

ワールドトリガーネタバレ考察!14巻でのスナイパー順位を考える

こんにちわ。くろいとりと申します。

ジャンプSQで絶賛連載中の漫画「ワールドトリガー」

 

2月4日にワールドトリガーの続きが読めます!!!

 

前回のラストも次回が気になる感じで終わっていたので、めちゃめちゃ楽しみに待ってました。

ランク戦がそろそろ決着を迎えそうなので、色々と予想などもしてみましたが、今回は全然関係ない話を。

 

コミックの14巻で、スナイパーの訓練の回がありました。

 

その時は参加者が127人で、その中で獲得したポイントによって順位がつけられていました。

 

 

判明している順位は

1位  奈良坂透

2位  佐鳥賢

3位  不明

4位  半崎義人

5位  穂苅篤

6位  不明

7位  荒船哲次

8位  不明

9位  小寺章平

10位 不明

11位 日浦茜

12位 不明

13位 別役太一

19位 雨取千佳

25位 絵馬ユズル

51位 当真勇

64位 夏目出穂

 

と、こんな感じになってます。

連載当時は普通に佐鳥2位かよとか、荒船隊凄いなとか、当真とユズル手ぇ抜きすぎとか思ってました。

3位とかが誰かも気になってはいたもののこの時点ではまだ登場していないスナイパーもいました。(とはいってもその後ちゃんと登場したのは隠岐くらいかな・・)

しかし今は「BBF」がありますので誰が何位かを想像することは出来ます。

とりあえず、BBFで名前が判明しているスナイパーは19人いました。鳩原未来は除いています。

この時の訓練で順位が判明していたのは12人。さらに、この時スカウト旅に出ていた、草壁隊の「宇野隼人」と片桐隊の「桃園藤一郎」は参戦出来ないので省きます。

当然東さんも参加はしていないでしょう。

この3人を省くと16人で、そのうち12人は順位が判明しています。

13位までで不明な人数は5人いるため、一人は完全に名前も判明していないÇ級のスナイパーかと思われます。たぶんその方が12位(太一よりも上だとは考えたくないですが(笑))

そして名前が判明しているメンバー4人が、残りの順位の3,6,8,10位なのかなぁと思います。

で、名前が判明しているのが、

生駒隊「隠岐孝二」

弓場隊「外岡一斗」

海老名隊「乙川由紀人」

常磐隊「斎藤鴇哉」

の4人です。

この4人をチームの順位のままに当てはめると、

隠岐孝二→3位

外岡一斗→6位

乙川由紀人→8位

斎藤鴇哉→10位

 

という感じになります。

隠岐は生駒隊でも非常に存在感があり、機動力の高いスナイパーとされており(グラスホッパー装備のため)こういう訓練では得点を取りやすそうなイメージがあるのでこの順位も納得です。

外岡は本編で未登場の弓場隊のメンバーなので実力は不明なのですが、弓場隊は初期の順位が4位だったため、それなりに実力があるのは間違いないと思われます。ランク戦の最終戦で弓場隊が玉狛と戦う可能性もまだ少しは残ってるかな?

ここまでは別に問題ないのですが・・・

乙川は海老名隊のメンバーですが、詳細は不明です。特にこの先海老名隊が描かれる可能性もそれほどないので(オペレーターの武富桜子が登場してるけど)実力があるかもわかりません。正直A級の小寺よりも上と考えるのはちょっと難しい気もしますが・・・

斎藤は常磐隊のメンバーですが、こちらもこの先描かれる可能性が少ないのでなんとも言えません。なので日浦や太一がこのキャラ以下なのはちょっと悲しいですが。

 

 

と、ここまでBBFのキャラ情報を元に推測していきましたが、これが正しいかはわかりません。

スナイパーが127人いる中でもB級以上なのが20人弱ですのでÇ級スナイパーが100人くらいいることになります。

とりあえず今回は当てはめていっただけなので。

しかも、当真や絵馬のように手を抜いてるメンバーもまだいそうですし、本当は小寺とかももうちょい上かもしれないですし。てかそうでないとなんか悲しい。

この訓練の場合は当真のように撃たれないことを前提にやっているメンバーもいるでしょうし。

 

ワートリの世界ではそれなりに実力があれば、圧倒的な差は出にくいような気がしますが、スナイパーはよりそれが顕著にでているのかもしれません。

 

今回はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回の考察はこちら↓

ワールドトリガーネタバレ あえて東隊が勝利する未来を想像する