ワールドトリガーネタバレ B級ランク戦ROUND8弓場隊は登場するのか?

NO IMAGE

こんにちわ。くろいとりと申します。

 

今月発売のジャンプSQ3月号にて、連載再開前からずっと続いていたB級ランク戦ROUND7がついに終わりを迎えました。

 

個人的には今までのランク戦の中でも最高クラスの面白さだったと思います。

なによりも毎回毎回、驚きがありましたよね。

 

鈴鳴第一の照明コントロール作戦や新戦術に村上の個人技。

影浦隊はかなり苦しんだものの、影浦の単体での実力やゾエさんの気が利く所、ユズルの攻めの姿勢など。

東隊は徹底して自分たちの戦い方を貫いた印象。最後の撤退の選択も見事でした。

玉狛第二はヒュース全般、千佳のメテオラのインパクトが凄かったです。遊真のフォローも見所でした。

 

結果として玉狛第二は影浦隊と同率2位ということになりました。

 

そして最終戦のROUND8がやってくる訳ですが、果たして対戦相手はどの部隊になるのでしょうか?

二宮隊は間違いなく確定でしょうが、もう2部隊は(1部隊の可能性もあるかな)どうなるか。

前回も予想しましたが、個人的にはやはりまだ登場していない部隊

 

「弓場隊」

 

に登場して欲しいです。

他にも再登場して欲しい部隊もありますが、やっぱり弓場隊が登場するのが一番嬉しいです。

 

弓場隊に登場して欲しい理由としては

 

2試合連続全員知ってるキャラでの戦いはちょっと寂しい

B級上位のチームで唯一登場していない

前期4位の実力のチームだから

など色々あります。

 

 

ROUND7も全部隊すでに登場済みでしたが、ヒュースの参戦という玉狛第二以外のチームにとっての

サプライズもあったため、新鮮さがありました。

 

ただ次の試合で、例えば二宮隊、生駒隊、王子隊あたりだと、ちょっと新鮮さがないですよね。

 

もちろんこのメンバーになっても、楽しみなポイントはあります。

前回二宮の本気は見れなかったですし、このメンバーであれば王子隊はかなり作戦を練ってくるでしょう。(生駒隊はきっと変わらん(笑))

 

ストーリーをわかりやすくするために、二宮隊と玉狛第二の直接対決に絞って描くのであればこういう感じの編成でもいいかもしれませんが、そうであっても1部隊は読者の知らないチームを入れて欲しいです。

てかここで登場出来なかったら、この先登場するタイミングないよね、きっと。

 

しかも前期の順位は生駒隊に次いで4位という実力派チーム(のはず)

 

今期は若干不調なのか、ROUND7の昼の部が終わった時点でおそらく8位くらいとなっています。

そのままだと中位になってしまうので、なんとか夜の部で得点をゲットして5位くらいまで上げてきて欲しい所。

 

ちなみに弓場隊がもし登場するのであれば、見所も色々あります。

 

隊長がガンナー

隊長 ガンナー 弓場琢磨

諏訪隊以来の隊長がガンナーのチーム。

しかも突撃銃や散弾銃を使うのが多いガンナーの中で、弓場隊長は両手ともに拳銃装備。

さらにどちらもアステロイドとバイパーというシンプルな構成。

もちろん直撃すればダメージはあるわけですが、あまり攻撃力は高そうには思えません。

どんな戦い方をするのか気になります。

 

アタッカーがいない部隊

オールラウンダー 帯島ユカリ

ここまでの玉狛第二の対戦相手は(というか大体の部隊は)アタッカーがいることがほとんどでした。

やはり玉狛第二には遊真というアタッカーがいるので、直接対決する相手がいたほうが盛り上がりますよね。

村上や影浦などとの戦いは熱かったですもんね。

 

ですが、弓場隊はアタッカーがいません。

 

一応接近戦はオールラウンダーの帯島ユカリが担当することにはなりそうです。

しかしオールラウンダーによく見られる、片手スコーピオン、片手拳銃(もしくは突撃銃)というガンナータイプの組み合わせではなく、片手孤月で、もうひとつはシュータータイプという組み合わせです。

近いのは王子隊の王子一彰あたりでしょうか。

王子並の実力があれば遊真とも戦えるでしょうが、そこまでの実力はなさそうに感じます。

 

おそらく実力派スナイパー

スナイパー 外岡一斗

以前14巻でのスナイパーの訓練での順位などを考えたことがあるのですが、

ワールドトリガーネタバレ 14巻でのスナイパー順位を考える

その時の考察だとこの外岡が6位になりました。

半崎4位、穂苅5位、外岡6位、荒船7位、みたいな感じです。

なので結構実力派スナイパーだと予想しています。

 

戦い方としては、中距離から遠距離に強そうなイメージです。

一応接近戦も可能なオールラウンダーと、接近戦で取り回しがしやすいであろう二丁拳銃のガンナー。

この二人で距離をとって遠距離から仕留めるような戦いかと思います。

 

このメンバーだとおそらくガンナーの弓場隊長がマスタークラスかとは思います。

何気にB級では拳銃を撃ちまくるタイプのキャラがいないのでその辺りが見所になりそうです。

 

さあ、色々と予想してみましたが、ROUND8で弓場隊と戦う事になるのでしょうか?

 

来月号では判明するかと思いますので楽しみに待ちましょう。

 

今回はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。