ワールドトリガー最新176話177話ネタバレ考察 噂の出どころとガロプラ

NO IMAGE

こんにちわ。

くろいとりと申します。

 

 

今回もワールドトリガー最新176話177話で気になったポイントを考察してみたいと思います。

 

今回大きく取り上げられたのが、ヒュースの噂の一件。

 

風間隊や根付さん、東さん達のおかげでとりあえずはなんとかなったように見えます。

 

しかし、このまま何事もなく終わるのであれば、ただ単に根付さんの株が上がっただけですし、

修が迅に言われた「揺れるな」を今回改めて思い出した描写が今ひとつ効果的ではなく感じます。

放っておいてもなんとかしてくれていた訳ですからね。

 

もちろん修が行動したことで、根付さんの評価が少し上がったり(とも言い切れないけれど)東さんに修がどんな人物かがしっかり伝わったということには意味があるとは思います。

 

 

ではこの問題がまだ片付いていないのか?

そして本当に噂の出どころはC級隊員なのか?

やっぱりガロプラ勢の最低限の嫌がらせなのでは?

もしこのまま噂が収まらず広がったらどんな影響があるのか?

 

など色々考えられます。

幾つかテーマに分けて考えてみます。

 

今回の根付さんの活躍で解決の場合

 

一番良いのは肩透かしではあるものの、今回の根付さんの噂の上書きによって完全に解決したパターン。

その場合は長く引っ張ってきた割には修の不安も大したことない印象になってしまいますね。

迅のアドバイスもそれほど意味がない感じですし。

 

とはいえ、なんだかんだ遠征を目的としてかなり長きに渡ってランク戦を続けているので、そろそろ違う展開に進んでいって欲しい部分もあります。

もちろんランク戦は超楽しいのですが、やはり共通の敵との戦いも面白いですしね。

 

なのでこの辺の部分で長く引っかかっていくのはないのではないかというメタ的な予想です。

ただこういう展開もめちゃめちゃ面白いのがワールドトリガーなので非常に困ります(笑)

 

そもそも修の不安は別にただの予感であって、サイドエフェクトでもなんでもないはずなので、ここまで大きな問題として考えなくても良いのかもしれませんが。

ガロプラの陰謀説

なんだかんだ、そろそろガロプラが玄界の軌道を離れる時期になってきました。

現状前回と同じく遠征艇を狙っても、成功することはなさそうですが、この先どうしていくのか?

 

引き続き遠征を遅らせることが目的の場合

用意していた戦力もかなり失った訳ですが、それでも引き続き遠征艇の破壊は狙いたいでしょう。

破壊が成功すれば、アフトクラトルに対してわかりやすい足止めの成果になりますしね。

 

とはいえ、ある程度警戒されている上に、手の内を明かしているガロプラがこれ以上無茶な攻めをすることはないでしょう。

やるのであれば、ほとんど潜入レベルでなければ難しいはず。

そうなるとやはり間接的に遠征を遅らせる作戦をとるのではないかと思います。

 

今回の噂ももしかしたらそれを見越してのガロプラ勢による工作活動なのかもしれません。

単純に間違った情報をばら撒き(今回の場合は間違ってないけれど)内部を混乱させて、隙を作る。

もしくはその情報をさらに発展させて、ボーダー自体を遠征に行ける状態ではなくする。

 

などなどものすごく地味ですが、修達にとっては結構嫌な展開です。

 

ただしこういう展開の場合、それほど時間がない中でこういう作戦をガロプラが取るかも謎ですし、結果が出にくい気がします。

そもそもこちらの情報をかなり詳しく知っていないと効果的にはなりませんし、かなり難易度高そうです。

 

ガロプラ勢は何気に便利なトリガーを複数持っているので、それはそれで面白くなりそうですが。

 

全く違ったアプローチの場合

 

噂の出どころがガロプラでなかったとしても、ガロプラはなんならかの行動に出なければならないはず。

少ない時間の中で、何をするか。

 

思い切って交渉してみたりっていうのはどうでしょうか?

 

こちらサイドもアフトクラトルっていう面倒くさい国のせいで大変なんで、こちらからも何か提供するので助けてくれませんかね?

 

的な。

 

まあ実際にはもっと慎重な感じになるでしょうが、可能性はありそうな気もします。

ガロプラのトリガー提供するから、ちょっと遠征遅らせて、みたいな。

あんまりなさそうですけど(笑)

 

ガロプラの中のラタリコフは後で登場が約束されてます。

重要な役割と書かれていたので、ガロプラの中でも特別な活躍があるはず。

進んで捕虜になったり、一時的に協力するような流れは面白そうです。

 

まあどういう流れでそういう風になるかはわかりませんけど(笑)

遊真とヒュースとラタリコフの近界民3人組みたいな感じも面白そうです。

それぞれタイプも違いますし。

 

葦原先生によって活躍は約束されているので、そろそろその時は近いと思うのですが、なかなか難しいですね。

 

この噂が更に悪い方向へ進んだ場合

 

ガロプラの関係があるにせよ、ないにせよ、根付さんの作戦が上手く行かなかった場合、どうなるでしょうか?

 

単純に批判の声が大きくなり、ボーダーへの信頼度がなくなり、隊員達の親達が子供たちをボーダーから辞めさせるなどでしょうか。

当然遠征とか言ってる場合じゃなくなるかもしれません。

 

修が遠征に行くためにヒュースを入れたのに、その事によって大変になっていくという展開はなかなか厳しいけれど、面白そうな気もします。

ただ、そうなるとやっぱり「迅さんの助言はなんだったんだよ!!」ってなるのでこういう展開はないでしょう。

 

そういう方向ではないとすると、もしかすると隊員同士での問題に発展するのかもしれません。

 

ヒュースの噂が大きくなる→隊員同士でも話題に→やっぱり近界民よくないよ→三輪激怒!!

 

みたいな。

ちょっと飛躍しすぎかもですが、遠征には三輪も行きたいはずですが、ヒュースや遊真とは一緒に行きたくないはず。

何人くらいが遠征艇に乗れるのかも不明ですが、玉狛第二が隊ごと乗るようなことになれば、三輪にとっては許せない出来事でしょう。

 

遠征の訓練や研修の辺りでそろそろ三輪の怒りが限界を迎えて、遊真やヒュースと戦うことになったりするかも。

 

とはいってもそんなに血なまぐさい感じではなく、それによってある程度、三輪の中の近界民全部殺す的な考えがなくなっていく、みたいな。

 

ある程度チームワークが出来る状態で遠征に向かってほしいですしね。

 

 

まとめ

 

長くなりましたが、ほとんど妄想ですね。

 

ただ先が読めない展開が続くので、色々と考えられて楽しいです。

 

とりあえずはランク戦の最終戦が描かれるとは思いますが、その裏側で前回のガロプラ編のようなストーリーが同時進行する可能性もありますね。

 

ラタリコフの登場や三輪との確執の改善の部分はいつか必ず出てくる部分だと思うので、期待したいと思います。

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ワールドトリガー最新176話177話ネタバレ考察 遠征経験のある隊員とは?

ワールドトリガー最新ネタバレ176話177話 これぞワールドトリガーというべきストーリー