ワールドトリガーネタバレ考察 B級ランク戦最終戦の結末は? 隊員編

NO IMAGE

こんにちわ。

くろいとりと申します。

 

B級ランク戦ROUND7が終わっても、見どころがたっぷりのワールドトリガー。

 

次回以降の注目ポイントとして、噂の出どころの部分や、焼肉屋でどんな話がされるのか?など色々とあります。

今回は基本に立ち返って、ランク戦ROUND8がどのような展開になるか考えていきたいと思います。

 

 

今回は最終戦4組の情報をまとめてみます。

 

玉狛第二

 

チームとしては影浦隊の結果が先に出るか後に出るかによって少しだけ作戦も変わりそうなところもあります。

しかしどちらにしても攻めて、点をガンガン取っていかなければ上位2チームに残るのは難しいでしょう。

おそらく二宮隊はROUND7の夜の部で点が追加されているはずなので、玉狛との差は4点から5点といったところか。

同じ組でこの得点差を埋めるためにはかなりの圧勝が必要となるでしょう。

とはいえ前回以上に警戒されているなかでこの得点差を埋めるのはほぼ不可能に近いため、大人しく2位を狙うのが良い所かと思います。

やはり先に目標となる点が分かっていたほうがやりやすいですし、夜の部の結果次第みたいなことには漫画的にならないと思うので、おそらく先に影浦隊達の昼の部が行われ、必要な点数がはっきりとした状態でROUND8に挑む形になるかな。

 

三雲修

 

菊地原との会話では、自分にもやれることはあるかな、と役割を理解した発言をしていた修。

もう少しだけなにかパワーアップイベントを期待していたのですが、この調子だとなさそうですね。

 

とはいえ最終戦ですし、活躍してほしいのはもちろんですが、出来れば生き残って欲しい所。

なんだかんだ2戦目以降生き残って終わることがなかったので、どうにかお願いしたいです。

修が一人生き残って生存点を獲得するような展開を希望。

 

プラスして最後の得点はコソ練した合成弾でお願いします(笑)

 

空閑遊真

 

ランク戦が進むほどに安定感をどんどん増していく遊真。

ヒュースの活躍でROUND7では、フォローに回っていましたが、むしろそっちがメインでもいいような素晴らしい援護力。

強いていえば、この試合では遊真を落とした2人との戦いでもありますので、その借りは直接返して欲しい所ですね。

 

雨取千佳

 

人を撃てない問題が緩やかに解決に向かっている感もある千佳。

しかし、東から修が聞いた鳩原のこともあるので、まだまだなんとも言えませんね。

 

克服するのが千佳にとって良いことであるのならば、この試合はその成果を見せるのには最高の舞台かと思います。

人を撃てないと確信している二宮に千佳の放った弾丸が直撃するっていう展開も燃える展開です。

鳩原との違いを感じて驚く二宮が見たい所です。

 

ヒュース

 

ROUND7では大活躍すぎるほどに活躍したヒュース。

エスクードを使った戦術はある程度のトリオンがあるキャラには是非使って頂いて、エスクード戦法で一世を風靡してほしいです。

ROUND8では隠し玉として残しておいた変化弾の使い所に注目です。

そして模擬訓練で互角の戦いとなった生駒ともある意味決着をつけるチャンスでもあります。

 

とはいえ、最終戦は1点が遠征行きを分けるような非常に大事な局面ですので、おそらくそんなことは気にせずに戦ってくれるでしょう。

 

宇佐美栞

 

ROUND7では序盤に珍しくアラートミスをしてしまった宇佐美。

4人部隊は大変だという漫画的な表現だとは思いますが、実際重要な局面が同時に4つ重なったら以前よりも大変なのは間違いないでしょう。

パラメーター的には並列処理が4人部隊だと大事になってくるんだろうと考えさせられる面白い部分ですよね。

とはいえ百戦錬磨の宇佐美なので、最終戦でも頼りになる所を見せてくれるでしょう。

 

二宮隊

 

二宮隊はもはや上位2チームから外れることはほぼないでしょう。

外れるパターンとしては、玉狛と影浦隊が大量得点した上で、二宮隊がほぼ0点レベルの場合のみでしょうから。

 

正直上位2チームを目指すだけなら、それほど意識しなくても大丈夫なレベルですね。

 

二宮匡貴

 

隊としては余裕そのものですが、二宮個人としては多少の意識はするでしょう。

絶対に上がってこれないと自らが言ったチームがここまで来てしまった訳ですし。

 

さらにこの後の焼肉屋イベントでさらに因縁的なものが増えそうな気もします。

鳩原についての話が焼肉屋でされそうですし、その部分は二宮の弱点といっても良さそうな部分。

 

基本的に冷静に追い詰めていく感じの二宮ですが、この試合ではガンガン攻める姿を見せて欲しいです。

 

犬飼澄晴

 

圧倒的なコミュニケーション力がある上に今回は、影浦隊もいないので安心でしょう。

そういえばBBFによるとスコーピオンも装備してたので、意外と接近戦も出来るのだろうか?

解説も的確でしたし、非常にバランスのいい隊員なので、なんとなくヒュースとぶつかってほしいなぁ。

 

辻新之助

 

ROUND8はもちろん気になるものの、焼肉屋で女性に囲まれ無事なのかが気になる辻。

 

トップクラスの援護能力の高さを遺憾なく発揮してほしいけれど、なんとなくこの戦いでは埋もれてしまいそうな予感。

ヒュースとの再戦も良いし、前回ほとんど直接やりあわなかった遊真とのバトルにも期待したい。

 

氷見亜季

 

こちらも焼肉店でのやり取りが気になる氷見。

宇佐美とは進学校で同じクラスのようなので、その辺りの会話があるかも期待したい所。

なんだかんだパラメーターもA級のオペレーターに近いレベルなので優秀なんでしょうね。

 

生駒隊

 

ROUND7の夜の部でどのくらいの得点をしたかによって、この試合でのモチベーションも少し変わって来そうな生駒隊。

高得点を取っていれば、上位2チーム入りも可能性は全然あるでしょう。

とはいっても生駒隊はプレッシャーなんか感じなそうでもあるのできっと何時も通りなんでしょう。

 

生駒達人

 

やはり訓練で決着がつかなかったヒュースとの戦いがあったので、その続きをやってほしいですね。

今度は旋空孤月を遠慮せずに使いまくって欲しいです。

 

他にも二宮との関係や、辻とのバトルなんかも見てみたいです。

 

水上敏志

 

ボーダーの隊員以外には効果がない、声にだしたものと違う弾を撃つ高等技術で見せ場を作ってほしい水上。

基本的には生駒隊の頭脳でもあり、生駒隊長のフォローに回りがちですが、常に落ち着いている様子からは単体でも相当な実力を感じます。

 

隠岐孝二

 

前回の試合の前はかなり出来る機動力の高いスナイパーとして紹介されていた隠岐。

しかし、試合ではそれほど活躍を見せれず。

自分でも言ってましたが、千佳を撃つのが本当に嫌だった可能性もありますし、今回はしっかりと活躍して欲しい所。

グラスホッパーで飛びながら撃つくらいのサトケンっぽさを見せてくれても良いはず。

 

南沢海

 

前回あまりにも序盤で消えた本当は出来る子の海。

「2万回見ました!」という使い勝手の良い言葉を残しただけで逝ってしまったので、今回は活躍して欲しい。

カバー裏の情報によるとマスタークラスに上がったことがあるレベルなので、辻あたりと斬り結んでも良さそう。

 

細井真織

 

なんだかんだこの面倒くさい4人隊でオペレーターをやっているので、意外に(失礼)有望なキャラかも。

おそらく並列処理の能力が高いんじゃないかと予想。

 

弓場隊

 

流石に上位2チーム入りは難しいであろう弓場隊。

とはいえ前期4位のチームが現在7位なので、当然少なくともそこは目指したい所のはず。

 

どんな部隊なのか気になります。

弓場隊は以前考察してたので詳しくはこちらで。

 

ワールドトリガーネタバレ考察 ROUND8で弓場隊は登場するのか?

 

弓場拓磨

 

二丁拳銃の強者っぽいので、ドンドン撃ちまくってほしいですね。

 

帯島ユカリ

 

千佳以外では女性は帯島一人なので、辻がどうなるのか気になる。

 

外岡一斗

 

おそらく14巻のスナイパーの訓練で結構な成績を残したと思われるスナイパーなので期待したい。

 

藤丸のの

 

うーん、情報がなさすぎて、名前にしか注目する部分がないわ(笑)

 

 

 

長くなってきたので、今回はここまで。

次回は試合の内容を考えていきたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。