今週のワンピース最新話944 話ネタバレ感想 狂死郎の思惑と人斬り鎌ぞうの正体

今週のワンピース最新話944 話ネタバレ感想 狂死郎の思惑と人斬り鎌ぞうの正体

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

 

今週も盛り沢山だったワンピース。

 

気になるポイントを一つずつ見ていきたいと思います。

 

 

ワンピース944話「相棒」

 

感情むき出しのゾロ

おトコちゃんを助けるために飛び出したゾロとサンジ。

二人共この現状を許せないと考えて出てきた訳ですが、その感情は少し違うようです。

 

ここで感情的に暴れてしまえば、せっかく康イエが命懸けでやってくれた事が無駄になってしまうかもしれない。

それは一応ゾロの中にもあるのでしょう。

しかし康イエと共に行動をしていたゾロにはそれ以上にオロチを許せない気持ちが強くなってしまったんですね。

 

実際の所オロチは大した護衛もつけていなかった訳ですし、狂死郎さえいなければあの一撃だけで倒せてたようにも見えます。

ヤマタノオロチの能力は強そうではありますが、オロチの場合は完全に能力の無駄遣いっぽい気がしますけど、実際はどうなんだろか?

小心者だしこのイメージのままなのかな。

 

狂死郎の思惑

怒りの力がプラスに働くかどうかはさておき、割と本気で放ったゾロの七百二十煩悩鳳。

秋水を奪われたままなので、二刀流ではありますが、相当な威力があるはずです。

しかしそれを涼しい顔で受け流した狂死郎。

 

ここまでのワノ国編の流れ的には正直、なんだかんだ言っても結局は狂死郎は仲間サイドのメンバーなのだろうと思っていました。

しかしそうだとしたらわざわざここで割って入る必要性を感じないですよね。

 

同じ場面で日和の表情も描かれているのも意味深です。

日和=小紫を知った上で日和を自由にしたはずの狂死郎。

 

やはり立ち位置がはっきりしません。

思っている以上に複雑な想いを抱えて動いているように見えます。

存在感の大きさ的にもワノ国編での一番の謎の多いキャラクターと言えそうです。

 

サンジVSドレーク

ゾロには頭を冷やせと冷静な発言をしているサンジ。

しかしなんだかんだ彼も、個人的な感情で戦ってきたからこそ、今ドレークに狙われてる訳ですけどね。

 

正直最近のサンジの強さはあまりはっきりしていないイメージなのですが、普通にやればドレークには勝てない印象です。

というか正直ドレークは大看板のジャックレベルはありそうですし。

 

とはいえサンジには新たな力のレイドスーツがあります。

ページワンとの戦いの結末は描かれていませんでしたが、内容的には圧倒していた感じです。

あの力があればドレークにも勝てそうな気がします。

 

しかしこの街中で変身する訳にもいかないはずですし、逃げるのが目的のこの戦いの中で使うことはないでしょう。

次使う時は、決戦の日での戦いの中ででしょうかね。

ドレークに狙われ続けているので、そこで決着をつけてもらいたい所です。

 

一味の戦い

新世界以降でまとまって行動することが少なかった麦わらの一味。

しかし今回はある程度揃っています。

 

銃で狙われていたゾロが、フランキーが守ってくれるのを信じて脇目も振らずに駆け出したのはなんだかちょっとグッと来てしまいます。

こういう場面でのフランキーも頼もしいものです。

そしてウソップもナミもロビンも撤退をサポート。

 

さり気なく描かれただけなんですけど、こういうの見たかったんだよなぁ。

ちなみに檻の中の三日月印を持つキャラクター達が、この戦いを見ているので、後々合流しやすくなりそうな気もします。

 

狂死郎の実力は!?

あくまでも撤退ではなく、憎いオロチをそのまま直接仕留めようとするゾロ。

でしたが、それを止める狂死郎。

 

ワノ国のキャラクターはかなりサイズがデカイのが多いですね。そういえば。

狂死郎も普通にデカイです。3メートルちょいはありそう。

 

そのせいか割と本気のゾロの攻撃も余裕をもって受けられているように見えます。

おそらく新世界以降でゾロが戦った相手の中では一番剣の腕がありそうですね。

もしかするとワノ国最強の侍は狂死郎なのかもしれません。

 

将軍を守る狂死郎は自らを「将軍の犬」と言い切ります。

こんな発言をしながらも、自虐的な感じもしませんし、いやいややっているようにも見えません。

そのおかげで余計に狂死郎に対する?が増えていきますね。

 

やはり何か深い目的があって動いているのか、勘ぐっちゃいますよね。

おそらくこの戦いも決着が付くことはないでしょう。

ゾロにとってのワノ国編のボスは狂死郎になるのでしょうか・・・??

 

人斬り鎌ぞうはキラー!?

 

将軍の任務を果たせなかった為に、速攻で囚人採掘場に連れてこられた人斬り鎌ぞう。

・・・・なんていうか、酷くね(笑)

 

なんだかんだゾロと互角の戦いを繰り広げた程の強者をあっさり牢獄送りにするのかよ・・・

おそらく下手なギフターズ数十人分くらいの強さはありそうなのに。

 

まあこれは完全にオロチ政権の嫌がらせみたいなものなんでしょうが・・・

 

 

そして一緒に捕まってきた出戻りのキッドから、彼が自分の相棒であるキラーの成れの果てであることが明かされました。

これはもう完全に予想外でしたね。

もちろんわざわざ出てきたからには、あれで終わりとは思いませんでしたが、まさかこんな重要キャラだったとは。

 

よく考えるとあんな誰も見てない所で、最悪の世代同士、しかもそれぞれの海賊団のナンバー2同士で戦っていたんですね。

とはいえ、キラーとしても全ての実力を出していた訳ではないでしょうし、出せる状態でもなかったでしょう。

 

今回はおそらく仲間サイドとして戦う事になりそうなので、再度戦うことはないでしょうが、いつかもう一度本気でゾロとバトルする姿も見てみたいですね。

 

そして今回のタイトルである「相棒」はキッドとキラーの関係として使われています。

なんかこれって凄く贅沢な使い方ですよね。

いつかルフィとゾロのコンビで使ってくれても良さそうなタイトルだけに、凄くそう感じちゃいました。

 

しかしワノ国編では最悪の世代の実力者達が集結してますね。

そう言えばアプーはどうなったんだろうか?

カイドウ側にいるドレーク、ホーキンス、アプーの3人も当然ただ従っている訳はないでしょうが、一体何が狙いなのでしょうかね?

まだまだ謎が多いです。

 

クイーンのゲーム

捕まってきたキッドとキラーを早速水攻めの拷問にかけるクイーン様。

忘れてたけどコイツただの面白キャラじゃなかったんだよね・・・。

懸賞金13億レベルなんてそう言えば殆どいないのよね。

 

器もでかくて、部下に慕われていて、残虐性を持ちながらも余裕があってツッコミも出来る。

非常に有能なクイーンでしたが、そろそろその本性も見えてきました。

 

覇気も使っていないルフィの不用意なパンチではあるものの、余裕で受け止めてますし、当然ながら戦闘力も高いのでしょう。

大した部下もいませんが、それだけに自分の実力には自信があるんでしょう。

 

同じく懸賞金10億超えのジャックが正直少し残念キャラっぽいので、クイーンにはその強さを見せ付けて欲しいとも思います。

 

・・・思いますが・・・。

 

おしるこ問題とビッグマムの到着

 

思いますが、ビッグマムが到着しちゃいました・・・。

 

さあ、ここからどんな展開に向かうのでしょうか!?

 

色々な可能性がありすぎて困ります。

 

個人的には大きく分けると2つのルートがあると思っています。

それはビッグマムが記憶を取り戻すルートと取り戻さないルート。

 

おそらく物語の事を考えれば、取り戻さない方がビッグマムという便利なキャラを動かしやすいでしょう。

仲間もいない中で記憶を取り戻してしまえば、流石にビッグマムとはいえ自由にやれない気がします。

 

とはいえ、ルフィがいるのにも関わらず記憶を取り戻さないというのも考えづらいんですよねぇ。

そもそもルフィから間違いなく声をかけちゃうでしょうし。

ルフィならこんな状況であってもリベンジしようとしそうな気もします。

 

更にもう一つ分岐があるとすると、この囚人採掘場で流桜と呼ばれる覇気をルフィがマスターするかどうかという点。

 

ワノ国の物語のメインとなるのは間違いなくあと数日後の鬼ヶ島討ち入りの決戦でしょう。

そうなれば、流石に本番までにもう何度も何度も暴れまわるチャンスもないはず。

だとすれば、やはり戦いに溢れたこの囚人採掘場で流桜の使い方をある程度は覚えておいた方が良さそうな気がします。

 

 

そしてどんな流れになろうとも共通するのはここでルフィ達が脱出すること。

そしてここに収容されている仲間たちも解放されること。

 

でしょうか。

 

 

これも個人的にはですが、花の都での大騒動と囚人採掘場での大騒動の2つが片付けば、後は決戦の日まで進むと思っています。

というか、決戦の日までまだまだ刻んでいたら、マジでワノ国編後3年くらいは続いちゃいそうな気がするから(笑)

 

まあまともに考えても、既に充分すぎる程にオロチやカイドウに対するヘイトは集まっています。

更に康イエのおかげで、花の都サイドでは戦力も集まりました。

後は囚人採掘場の人達が解放されれば、戦力的にも充分すぎるでしょう。

 

この状態になったら、あまりチマチマと余計に混乱を増やすのは良くないでしょうね。

なので後は少し時間を飛ばすんじゃないかと思います。

 

もしあるのならば、武器を集めるイベントかな。

牛鬼丸関連のイベントが片付いていないので、そちらの方は描かれるかも。

後は傅ジローの件とか、丑三つ小僧とか色々あるけど、そこまでガッツリ描くだろうか・・。

 

 

まあとりあえず花の都の件と囚人採掘場の件が片付いたら「ワノ国第二幕完」ということになるでしょう。

そして次が第三幕なのか、それとも最終幕なのか、それはわかりませんが、テンポを考えれば最終幕なのかなぁ。

 

 

いずれにしても、次週は久しぶりにビッグマムの脅威を味わうことになりそう。

どんな展開になっていくのか、期待したいものですね!!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

今週のワンピース最新話943話ネタバレ感想 SMILEの真実が明らかに!遂にあの二人が再会!!

今週のワンピース最新話942話ネタバレ感想 康イエの男気とSMILEの影響

今週のワンピース最新話ネタバレ感想 トの康の正体が遂に判明!!?