サマータイムレンダネタバレ考察 76話までに残された謎とは?

サマータイムレンダネタバレ考察 76話までに残された謎とは?

こんにちは。

 

くろいとりと申します。

 

 

ジャンププラスで連載中の「サマータイムレンダ」

 

76話まで進んできて、いよいよ最終決戦が近いという雰囲気が漂う展開となっております。

しかしながらまだまだサマータイムレンダの謎は残っているように思えます。

 

今回はサマータイムレンダに残る謎を考えていきたいと思います。

 

サマータイムレンダに残された謎

 

潮の影はどうやって生まれた?

 

未だにはっきりとは描かれていないはずの潮の影が生まれた方法。

突然登場して潮の事をコピーしていた印象ですよね。

サマータイムレンダの物語において大きな戦力ともなっている潮がたまたま生まれたとか、そういう訳がないですよね。

 

ハイネの右目を持っていた事などから色々と予想は出来そうです。

可能性としてありそうなのが、南雲竜之介の影です。

精神の部分、心は姉である南方ひづると融合。

そして残った抜け殻の身体は僅かな記憶などを残したままで野良として彷徨っていた。

 

そういう感じじゃないかなぁと思っています。

まあ14年間も野良だったというのも不思議ですけどね。

眠りについていたとか考えれば良さそうかな・・・。

 

慎平の右目の謎

 

慎平が潮からもたらされたはずのハイネの右目。

演出的には物語の始まりの時点で(1週目のフェリーの頃)には既にその目は慎平に渡されていたはずです。

しかし実際に慎平が気づいたのは3週目。

 

実際にいつ渡されたのか、おそらく潮が南雲先生に残したメッセージと共に謎が多い部分ですね。

 

シデの正体は?

 

おそらくサマータイムレンダの中で一番とも言える謎となっているのが四本腕の影、シデの存在です。

物語としてはハイネという存在が特別な存在であり、神のような扱いとなっています。

しかしそんなハイネと共に、ハイネ以上の凶悪さで慎平達を追い詰めていくシデ。

単純な戦力としても圧倒的で、これまでのループの中でも彼には好き放題やられてしまっています。

 

影でありながらも、人間らしい一面があるのも特徴です。

ゲームが好きなのか、魔王や勇者やエンディング、ラスボスなどと言ったワードを出してくるのも興味深い所。

 

そんなシデの正体ですが、サマータイムレンダを読んでいる方ならほとんどの人が、

 

神社の宮司である雁切真砂人

 

だと感じていることでしょう。

 

どう考えても怪しいですしね(笑)

よく喋る所や喋り方も似ている気がしますし。

 

とはいえ、彼の事は、一応南雲先生が4週目で影を踏んで確かめています。

特別な事がなければ一応彼は影ではないという事になります。

 

もちろんシデという影が特別なものであれば、その前提の部分も覆ってくるかもしれませんが。

 

四本腕であるということは、二人分の影が融合しているのか。

だからこそ根津さんの3本の釘で縫い留められる理論が通じなかったのか。

 

などなどまだまだ分からない事が多いキャラですね。

 

 

解決しておいて欲しい疑問

 

ここからはメインストーリーとは外れるものの、そのうち解決しておいて欲しい事を。

 

根津さんの奥さん

 

慎平サイドの強力な戦力でもある根津さん。

戦うことや影に対しての強い気持ちを持っています。

 

しかし、そんな根津さんでさえ影となってしまった自らの奥さんを消せずにいるようです。

根津さんも影と戦い始めたのは14年前のはず。

この14年の間に一体なにがあったのか?何故奥さんが影の存在となってしまったのか?

非常に気になりますね。

 

朱鷺子の澪への思いの強さは?

 

これはかなり初期の頃から気になっていたのです。

何故、朱鷺子は澪の事をあれほどまでに大事に考えているのか?

これまでの描写で考えてみると、彼女は少なくとも実の兄以上に澪の事を守ろうとしています。

 

何も知らない兄の代わりに影の協力者となり、母親の事は助けようとしながらも、何とか澪も救おうとしていた彼女。

そんな彼女がそれほどまでに澪を思う以上、そういう考えに至るような事件や何かがあったのではないかと予想します。

 

ハイネの変化の理由は?

 

14年前、南方ひづると仲が良かったハイネ。

しかし日に日に飢えていくその身体は、とうとう限界を迎え、南方竜之介に手を出してしまいます。

そしてそんな事をしてしまった事で、ハイネの自我は崩壊しそうな状態に陥っていました。

 

そんなハイネでしたが、ひづるが島を出るその時、それまでとは全く違う目をひづるに向けます。

「次に会ったら殺す」的な。

 

それまではかなり仲良くしていたはずなのに、この仕打ちは酷くないですか?

むしろこっちは弟のことお前に食われてるっていうのに。

 

そもそも気になるのは、竜之介の事をリアルに食べていた事です。

竜之介はまず首を絞められて殺されていたはず。

だったら影としての食べ方(そのまま丸飲みするやつ)の方が良いですよね。

もしかしたらひづるにバレなかったかもしれない訳ですし。

 

まるで別人のように変化したハイネの心変わりの理由が気になります。

 

慎平の両親の死の原因は?

 

水中の考古学者であった慎平の父、網代透。

10年前に亡くなったとの事ですが、やはりかなり怪しいですよね。

 

彼の手帳にはヒルコ伝承についてや、現在の日都ケ島が以前は人ケ島と呼ばれていた事が書かれていました。

しかし、この手帳も既に消去されているとのこと。

 

この島を調べている中で、触れてはいけない所に辿り着いてしまった透が影達によって消されたと考えるのが普通でしょうね。

そしてそれをしたのは、菱形青銅、雁切真砂人、シデ、あたりの誰かのような気がします。

 

まとめ

 

と、言うことで、気になる点をまとめてみました。

 

しかしながらまだまだ色々と謎が残っていますね。

今回の決戦の中でそれら全てが明らかになるとは思えませんし、やはりもう一周。

欲を言えばあと2週分は時間が欲しいような気がしています。

 

まずは今回の戦いで、出来るだけ色々な情報を手に入れた上で長く生き残る事が重要となるでしょう。

勝てる見込みがあると慎平は考えていましたので、まずはどんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

サマータイムレンダネタバレ考察!やっぱりラスボスはシデなのかを考える!

 

サマータイムレンダ最新話103話ネタバレ感想!南雲先生に迫る死亡フラグ!これはマジで大ピンチ過ぎる!!

 

サマータイムレンダ最新話94話ネタバレ感想!雁切さんの正体が遂に判明!!FF7の物語と繋がりが!?