映画「天気の子」ネタバレ感想!!賛否ありそうだけど大好きかも!!

NO IMAGE

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

 

この夏話題の超大作映画

 

「天気の子」

 

ようやく観てきました!!!

これまで出来るだけネタバレしないように気をつけてきました。

とはいえ、最低限PVとかは観ていますので全く前情報無しという訳ではありませんが(笑)

 

特に映画をよく観る訳でもなければ、アニメもそんなに観る訳でもないので大した感想にはならないですが、一応軽くネタバレありで感想を書いてみたいと思います。

 

天気の子のあらすじ

 

家出して雨の降り続く東京にやってきた主人公の帆高。

住む場所すら見つけられずにいた帆高は、東京への船の中で助けてくれた須賀という男を頼ることに。

オカルト雑誌のライター業をしていた須賀を手伝う形でようやく帆高は居場所を見つける事が出来ます。

 

彼等の仕事を手伝う中で帆高は「100%の晴れ女」の噂を知ることに。

そして帆高と祈るだけで空を晴れにする事が出来る「100%の晴れ女」の陽菜が出会うことで物語は予想もつかない方向へと進んでいくことに・・・

 

 

的な感じで物語は進んでいきます。

 

 

 

(以下物語のネタバレあります)

 

感想

 

とりあえず観終わってすぐに思ったのは、なんか整理出来ないけどめちゃめちゃ良かった!!!という思いでした。

おそらく刺さる人にはめちゃめちゃ刺さるけど、刺さらない人にはもしかすると全然面白くない作品なのかもしれない・・・・そう考えちゃいました。

一応新海監督のインタビューとかは結構聞いていたので、賛否分かれそうな作品だと覚悟していたんですが、予想以上に尖っている気がしましたね。

 

 

まずは良かった点ですが、やはり圧倒的なビジュアルでしょう。

天気の子の舞台である東京は降り止むことのない雨雲に覆われているので、基本的にはほとんどが雨のシーンです。

 

そのおかげもあって、陽菜が天気を晴れにする描写が素晴らしく美しいものとなっており、帆高の言葉通り心を動かされていくんですよね。

逆に雨のシーンは登場人物達の苦しさが現れているようで、悲しい演出が多いです。

 

そして肝心のストーリーですが、思っていたよりも結構辛いものでした。

メインとなるのは、晴れ女である陽菜が東京に降り続く雨を止ませる為に消えてしまうイケニエとも呼べる存在となってしまっていた事。

 

しかしそれ以上に帆高と陽菜の置かれている状況が辛かったです。

 

帆高に関しては家出した理由が描かれていない(新海監督はあえて描かなかったようですが)ですが、船に乗っている時に顔が傷だらけでしたし、色々とどうしても帰りたくない理由があるのでしょう。

もしかすると小説版ではその辺が描かれたりするのかな。まだ読んでないんで今度読んでみます。

 

そして母親を亡くした陽菜は生きていくために年齢まで偽って頑張っているのに、世の中は当然それを認めてはくれません。

まだ小学生の弟を抱えて生きていこうとしているのでどうしても彼女を助けてあげたい気持ちになります。

 

 

とはいえ、本当は大人達に頼るしかないんですよね。こういう場合。

ですが、彼等は大人たちが差し伸べる手を掴む事が出来ません。・・・というかその手を振り払います。

 

そのおかげで、特に帆高は犯罪行為を結構しでかしてしまいます

この辺が素直に褒められない所で、普通ではない所とも言えます。

 

普通であればこういう話の主人公ってそこまでの事はやらないですよね。

なんとなく陽菜さえ救えれば他はどうでもいい・・・的に見えてしまいます。

大人になれない少年の暴走のような。

 

 

とはいえ、帆高には帆高しか知らない事実がありましたし、結局はそんな帆高に須賀や夏美も協力してくれてますしね。

だからと言って彼等も大人になれないだけという訳ではなく、この部分は難しい所のような気がします。

 

 

そしておそらくこの天気の子において一番の問題となるのが、

 

帆高や須賀、夏美が結構な犯罪行為をしてまで陽菜を救ったのにも関わらず、根本的な雨の問題が一切解決しない

 

という所です。

 

普通だったらそれだけリスクを支払ったんだから、せめて雨の問題だけでも解決するのが普通でしょう。

しかし天気の子では悲しいかなその問題は解決する所か、むしろ悪化。

3年後には東京は水没状態になってしまっていました。

 

こんな結末誰も予想出来んでしょ(笑)

 

 

しかし多分この辺りが新海監督が描きたかった所でもあるのでしょうね。

単なる予定調和ではない物語

水没したのなら水没したなりに生きていける。

交通の方法として船が当たり前になっていた辺りからもそういう風に考えられそうです。

 

しかしゲームとかフィクションの世界でよくあるのが、

 

世界を救うか?それとも一人を救うか?

 

みたいな選択肢ですが、大体そういう時は何だかんだ一人を救いながら世界も救っちゃいますよね。

 

 

この天気の子ではそういう所もやんわりと否定してるのかもしれません。

そんな都合の良い事はねえよ、と

 

 

ストーリーに関しては間違いなく賛否が出るでしょうね。

個人的には良いと思います。

大好きだと言ってもいいです。

しかしちょっとだけ胸になにか引っかかるような作品かなぁと。

 

ちなみにキャラクターはみんな良かったです。

メインとなる帆高と陽菜はどっちもめちゃめちゃ可愛かったですし、声も素晴らしく合ってたと思います。

 

そしてサブキャラとなる夏美、須賀、陽菜の弟の凪もみんな良かった。

夏美は主人公達に年齢も近い分味方をしてくれたり、発言がどれも明るくてムードメーカーでした。

 

須賀は帆高を導いていくキャラのような、でも自分も完全な大人にはなりきれていないような、凄く味があるいいキャラだと思います。

小栗旬さんの声も最高にハマってました。

 

凪はまだ小学生なのに、なんか色々と凄かった(笑)

彼を主人公にしたスピンオフ作品なんかが見てみたい気がしますわ。

 

メインキャラが良かった分、少しだけ割を食った形になったのが警察の二人。

ベテラン刑事の安井さんは声を平泉成さんがやっていた事もあって良い感じでしたが、高井の方は完全に敵キャラのようになってしまっていました

彼も別に特別悪い事した訳でもないですし(すぐに手を出すのはどうかと思うけども)、普通に仕事してただけなんですけどね。

まあ少年達の頑張りを見せるためには、どうしてもそういうポジションが必要だったんでしょうが。

 

「君の名は」のキャラが登場してくるのも嬉しいサービスでした。

特に瀧くんと三葉は普通に登場人物の一人と言えるくらい。

しかも結構良い役だったり。

 

 

そして当然ながら最高だったのが、RADWIMPSによる音楽。

 

ボーカル曲自体は既に繰り返して聴いていたんですが、やっぱり映画館で映像と最高のタイミングで流れてくるとまたその良さが劇的に上がっていきますね。

特にラスト付近の3曲はどれもこれも凄まじい威力がありました。

 

逆に言うと序盤と中盤での2曲はどちらも使われ方が似てるので、ちょっと重たい印象もありましたかね。

曲自体はどっちも素晴らしいんですが。

 

CMでも散々使われている「愛にできることはまだあるかい」は凄まじい名曲です。

映画を観てから歌詞を読んでみると作中の内容と凄くリンクしている印象があります。

 

「君の名は」でもそうでしたが、作品に曲が寄り添ってくれていますよね。

こういう関係こそが、主題歌であることに意味をもたらすのだと思います。

 

まとめ

 

色々と書いてきましたが、シナリオについてはあんまり普通とは思えません(笑)

ですが、それでも不思議な魅力が詰まっていると思いますし、その部分がこの作品に込められたものなのかなぁと

 

主人公達と同年代の人がこの作品を観るのと、須賀くらいの年代の人が観るのでは全然感想は違ってくるでしょう。

当然観る人の立場などによっても全然違うはずです。

 

なので刺さる人には間違いなく刺さるでしょうし、刺さらない人には全く刺さらないはず

そして今物凄く刺さった人でも、数年後に観たら全然刺さらないという事もあり得るでしょう。

まあ物語って大体そういうものな気もしますが、特にそういう部分が大きい気がします。

 

ですが、今しか刺さらない人は今観るしかない訳です。

なので是非観てもらいたい作品だと思います。

 

観終わってしばらく経ちましたけど、全然まとまらないので、何日か経ったり、他の人の意見を聞いたら全然感想が変わっちゃうかもしれませんけどね(笑)

 

とりあえず今の所は、物凄く観てよかったですし、個人的には大好きだと言いたいです!!!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

かぐや様は告らせたい最新15巻ネタバレ感想!氷かぐや様とのもう一つのロマンティック!!

彼方のアストラが名作過ぎる件(ネタバレあり)

ワールドトリガー最新話180話181話ネタバレ感想速報版 弓場だけじゃない新キャラ続々!!