ファイナルファンタジーⅦリメイク 新PVから感じる神ゲー感

NO IMAGE

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

 

 

公開されたばかりの「ファイナルファンタジーⅦリメイク」の新PV。

 

個人的には物凄く良いPVだと思いました。

神ゲーなんじゃないかと感じるレベルで。

 

正直FF7のリメイクが発表された頃は物凄く期待していて、最近になってようやくPVとかで完成が近づいてきているのを知って、これは本当に期待出来る!!!と思ってました。

 

しかしやっぱりネックとなるのが分割商法。

しかも第一部はミッドガルで終了という話で、単純にオリジナルのゲームのボリュームで考えると10%から15%くらいのものですよね。

それだけに、クオリティは高いけどそんなに楽しめないような(心情的にも)気がしてました。

 

そんな中での今回のPV

 

うーーーーん、相当面白そうだぞ(笑)

 

正直FF7は3回位はクリアしてますが、そこまで内容を覚えてません。

しかし、それでも今回のPVは、「こんな事あったなー!!」って思わせてくれるものでした。

 

そして当然ながら、「こんなのなかった!!」っていう奴も。

 

気になった部分を軽くまとめてみます。

 

ジェシーのヒロイン感

 

これまでのPVでも結構登場シーンが多そうな感じになっていたジェシー。

まあミッドガルだけで数十時間もプレイするのだから、そりゃ登場シーンも増えるでしょうね。

 

更に今回のPVを観ていると、割と普通にヒロインの一人なんじゃないかと思っちゃいますね。

元々オリジナルでもクラウドに好意を持ってましたし、好きな人も多そうなキャラですもんね。

 

バイクでもクラウドの後ろに乗ってたりしてるし、下手するとティファよりも活躍してたりして(笑)

 

まあ悲しい結末は変わらないとは思われますが・・・・・。

 

オリジナルのソルジャー登場

 

そしてバイクに乗った新たなソルジャーらしきキャラが登場。

オリジナルのキャラとはいえ、ソルジャーとして登場するのであれば、結構な強敵という可能性が高そうです。

 

オリジナルだとまともなソルジャーってほとんど登場していないだけに、こういう登場のさせかたは上手いと思います。

クラウドに関する情報とかをどういう感じにしていくのかも気になる所ですね。

 

パラグライダーでの降下

 

そしてビックスとジェシーの謎のパラグライダーでの降下シーン。

どういう流れでそんなシーンに辿り着いたのかはわかりませんが、それなりにクラウドとの関係が出来上がっている場面なので、ゲーム的には中盤から後半の方なのかもしれません。

 

しかしこういう感じでクラウドとしっかりとイベントを積み重ねていくのだとすると、結構後々辛いような気がするなぁ。

 

タークスとの戦い

 

そして今回のPVの中でもかなりテンションの上がった部分といえばここでしょう。

タークスのレノとルードの登場シーンとバトルシーン。

それぞれ非常に格好いい感じとなっています。

 

あんまり覚えてないけど、レノとルードは二人共アドベントチルドレンの時のイメージに近い気がします。

レノが格好良いのは分かってましたけど、ルードもかなり良いですね。

 

コルネオの館でのイベント

 

そしてかなり力が入れられてそうなのが、コルネオの館でのイベント。

PVでは思い切りドレスアップしたエアリスの姿が登場してきていました。

このエアリスがめちゃめちゃ美人だという(元々美人だけれども)

 

コルネオ自体はもっと気持ち悪いオッサンでも良い気がしますが、まあこんなもんでしょう。

 

問題となるのはその後のシーン。

エアリスとティファがクラウドを挟んで腕に手を回す所。

 

これはもしかしてクラウドを女装させようとしている場面だったり??

 

そういえばなんかのインタビューで女装イベントはあるって聞いたような気もするなぁ。

 

ツォンさん若い?

 

そしてエアリスの前に姿を現したタークスの偉い人?のツォン。

このPVだとかなり若い印象があります。

まあ実際に何歳の設定なのかはわかりませんけれど(笑)

 

とりあえずかなりイケメンだと思われますね。

ちょっと整いすぎだわ。

 

ダーツのミニゲーム?

 

そしてやっぱりFF7と言えば多種多様なミニゲームっていうイメージもあります。

とはいえ、今回はミッドガル編ですし、ゴールドソーサーにはいけません。

 

そのせいなのかは知りませんが、PVではクラウドがダーツをやってます。

個人的にはバスケットの奴とかもその辺にあったら嬉しいな

 

体を鍛えるミニゲーム

 

そしてダーツに続いて映っていたのが、スクワッドと懸垂のミニゲーム。

 

そういえばなんかこんな感じのミニゲームありましたね、オリジナルにも。

確か女装グッズをこの辺のイベントでゲットしてたような気がします。

 

しかしFF7のこの独特な世界観って面白かったなぁ。

シリアスな中にめちゃめちゃシュールな会話があったり。

まあ流石に今回のはそこまで変な感じにはならないだろうけど。

 

状態異常のカエル

 

そして戦闘シーンですが、状態異常としてカエルがありました。

まあこれは結構どのシリーズにもあったような気がしますが、流石にこれだけのグラフィックの作品でやるというのは中々ないような気がします。

 

まあこの辺りには別に力を入れなくても良いんじゃないかとちょっと思っちゃいますけど(笑)

ちゃんとカエルになってもバスタードソード背負ってたりと芸が細かいのは流石。

 

プレジデント神羅の立体映像

 

そして何故かPVの中ではプレジデント神羅が立体映像で登場。

ドローンみたいなのが飛んできたので、それで映し出しているって事ですね。

 

オリジナルにも似たような場所があった気がしますね。

確かヘリで近づいてきたような気がする。

 

ちなみにプレジデント神羅が「ウータイ」という言葉を口にしているのも気になる所です。

ユフィの故郷であるウータイがミッドガル編に関係してくるのでしょうか?

 

ちなみにプレジデント神羅の後に登場してきた立体映像はハイデッカーっぽいですね。

 

イフリートとシヴァ

 

そして戦闘シーンの映像で登場してきたのが召喚獣のイフリートとシヴァ。

 

確かオリジナルではミッドガル編ではまだ召喚マテリアは登場してないはず。

なので、ちょっと前倒しって感じでしょうかね。

 

肝心の性能ですが、召喚するとしばらく一緒に戦ってくれる感じにも見えますね。

イフリートもシヴァもやっぱり格好いいです。

めちゃめちゃ綺麗ですけど、昔の召喚獣を思い出させるビジュアルのような気がします。

 

まとめ

 

という事で、3分弱くらいのPVながらも初出しの情報がたっぷり詰まったPVとなっていました。

何が良かったかって、こんなに綺麗になっているのに、どこか昔プレイした感覚を思い出して懐かしくなる事です。

 

レノとかルードとか、女装イベントだとかスクワッドのミニゲームとか、非常に良い感じですよね。

やっぱり戦闘シーンも面白そうですし。

 

とりあえず、期待値がかなり上がった新PVだと思いました!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

隻狼プレイ日記①ヘボゲーマーには難しすぎるけど超楽しい!!!

今更ながらPSVITAが大好きなハードだと声を大にして言いたい件