無限の住人アニメが雰囲気良すぎる件について 原作との違いなど

NO IMAGE

こんにちは

 

くろいとりと申します

 

 

アマゾンプライムビデオで配信されている

 

アニメ「無限の住人」

 

原作が大好きだったので楽しみにしていたのですが、原作のイメージや雰囲気をしっかりと再現されていて、かなり良い感じとなっていました。

 

 

元々かなりグロ描写やエロ描写が際どい感じの作品ですが、3話まで観た感じだとバランスも良さそうです。

 

 

狂気を感じさせるビジュアルも良いですが、やはり主人公の万次の声が良すぎます。

原作での万次よりもさらに渋さを感じるのは津田健次郎さんの声があってのことでしょう。

 

とりあえず3話時点での原作との違いや改めて無限の住人を観た感想なんかをまとめてみます。

 

 

原作との違いについて

 

とりあえず大きな変更点が、アニメの1話目は原作での第一幕から始まっている事。

原作の一巻の最初の序幕の部分はカットされています。

 

まあこれは無限の住人が万次と凛の物語である以上仕方ない事でもありますね。

後々部分的に描けばそれで全然問題ないでしょうし。

ただし珍しく万次さんが強い感じで描かれている部分なのでちょっともったいない気もしますが(笑)

 

アニメ二話目の前半での逸刀流の槍使いとの戦いの部分もかなりシンプルにはなっていますね。

というよりはアニメは全体を通してかなりシリアスな空気が強まっています。

原作にあるちょっとしたギャグ要素やゆるい感じの会話の部分なんかは大分カットされている印象です。

そのせいもあってか凛が原作よりも大人っぽい感じですね。

 

この場面では凛と槍使いが少しだけ1対1をやる場面がカットされていました。

まあこの作品において凛のフィジカル的な強さはそんなに意味を持たないでしょうからカットしても仕方ないでしょう。

そして2話目後半の凶戴斗との戦いの辺りは大体変更なしでしょうかね。

 

そしてアニメ3話目は乙橘槇絵の話になっています。

原作だとこのエピソードの前に閑馬永空のエピソードが描かれていました。

このエピソード自体は確か後々に影響があるエピソードだったような気がしますので、順番を変えて描かれるのかも(あんまり覚えてないけど)

 

そして乙橘槇絵のエピソードは部分的にカットされている部分も多いですが、全体的な流れはほぼ原作通りでしたね。

凛が大人っぽい感じを演出するシーンなんかはアニメでも観たかった気がしますが、アニメの雰囲気からするとギャグっぽすぎるから合わないのかも。

 

天津影久と槇絵の過去の部分がカットされているのは寂しい所でもあります。

影久の生きていく上での根幹となっている部分だとも思っていますので、これも後々入れてくるのかな。

 

 

まあ3話の時点で3巻の途中までやっている訳なので、カット部分が多いのは仕方ないでしょう。

無理のない程度でエピソードの取捨選択をしてくれれば良いかなぁと思いますね。

 

卍さんの戦績

 

しかし改めてアニメと原作を観てて思ったんですが、

 

万次さんやっぱりあんまし強くないよね(笑)

 

不死身の力を手にした事によって剣筋が鈍っている。

 

そんな事を原作で万次さんが言ってましたが、それにしても不死身の力ありきでどうにかしてる場面が多いというか、不死身の力がなかったら毎回死んでるという。

 

とりあえずアニメ版も相手を圧倒するという場面が全くない万次さん。

 

1話目の敵である黒衣鯖人

 

最初の相手ながらもそのイカレ具合は逸刀流の中でも最高クラスのキャラでもあります。

そしてその実力も何気にトップクラス。

そのせいもあってか、実力を披露する最初の場面において、あっさりと足を一本切り落とされるという失態を見せる万次さん。

後ろから襲いかかったのに後ろを見ることもなく斬られるって、物凄い雑魚キャラ臭がしますよね。

 

そんな黒衣が凛に夢中になっている間に後ろから容赦なく刀を突き立てる万次さん。

体に仕込みまくった大量の武器で格好良くフィニッシュ技を決めてますが、勝利の決め手となったのは不意打ちですからね。

 

そして2話目前半の相手である槍使いの男。

見るからに小者で、黒衣鯖人と比べると格落ち感が半端じゃない相手です。

 

しかしそんな槍使いの男にも罠にハメられてそこそこの窮地に追い込まれる万次さん。

宗理先生がいなかったら凛を殺されてたでしょうから、かなり残念感は大きいです。

 

そして2話目の後半で戦う事になるのが凶戴斗

 

個人的には無限の住人のキャラの中でもかなり好きなキャラである彼。

 

普通に実力でも万次さんよりもやや上っぽい感じですが、それに加えて地の利も彼に味方した事で万次さんを圧倒。

トドメを刺した上にぬかるみに沈んでいくという残念な万次さん。

 

しかしやはり不死身の力を使って何とか這い出てきた万次さんは、黒衣の時と同様に後ろから刃を突き立てます。

まあこれに関してはそれなりの距離を凶に気づかれずにやってきた万次さんが凄いとも言えるかも(笑)

 

とはいえ万次さんにもトドメをさせる余力はなかったですし、痛み分けといった感じではありますね。

 

 

そして3話目の敵である乙橘槇絵。

 

何気に作中最強キャラである彼女。

 

一戦目は迷いのままに戦う彼女を圧倒した万次さんでしたが、二戦目に本気になった彼女の前には手も足も出ません。

 

背後から刺され、全身に切り傷を負い、騙し討ちを狙うも余裕で回避され、片手片足をふっ飛ばされて、再度胸を刺される。

仕切り直して片手を失った状態で決着をつけようと挑むも、予想以上の槇絵の動きによって右半身をぶった斬られる。

 

という感じで本気で勝負になっていない残念さ。

まあこの先の乙橘槇絵の無双っぷりを知っていると、正直仕方ないとさえ思えてしまいますが。

 

 

 

とはいえ、この作品では万次さん以外の人間はまあまあ普通の人間なので、一度刺されれば充分過ぎるくらいのダメージを負います。

なので、万次さんにとっては何度斬られようと一度斬ることが出来ればそれで勝ちだったりするんですよね。

 

正直原作を最初読んでいた頃は、「万次さんあんまり強くねえな・・・」とか思ってましたが、それが逆にボロボロになっても戦うという展開を生み出していて、普通の作品とは違うんだなぁと思わせてくれました。

 

普通の作品であれば、主人公が謎のタフさによって何度攻撃をくらおうと立ち上がる。

そしてこっちが一発相手に決めるとそれで勝ちだったりしちゃいますよね。

それは結構違和感というかご都合主義でもありますよね。

もちろんそれが悪いという訳ではありませんが。

 

無限の住人の場合はそういう展開にならざるを得ないんですよね。

死ねない体という設定のおかげで。

当然ながら痛みがない訳でもありませんし、万次さんの苦しみはこの後も延々と続いていきます。

だからこそスマートに敵を倒せなくても格好良く見えるんですよね。

 

 

という事で、アニメを観ていたら原作を再読したくなってきました。

自分は大体20巻以降をよく読み返していたんですが、序盤はそれほど読み返していなかったので、このタイミングで再読したいと思います。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

波よ聞いてくれのアニメ1話がめちゃめちゃ面白かった件

 

ワールドトリガー最新話186話187話ネタバレ感想!超ハイレベルな集団戦で玉狛大ピンチ!?

ワンピース最新話957話ネタバレ感想!シャンクスやロジャーの懸賞金も判明!衝撃のアルティメット回!!

彼方のアストラが名作過ぎる件(ネタバレあり)