サマータイムレンダ最新話89話ネタバレ感想!それぞれの決意と本音!そして根津も決着をつける!?

サマータイムレンダ最新話89話ネタバレ感想!それぞれの決意と本音!そして根津も決着をつける!?

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

影との激しい戦いが続いている

 

「サマータイムレンダ」

 

休む事なく続いていた戦いにもようやく一旦一区切りとなり、今回は少しの休息回となりました。

とはいえ落ち着いたからこそ考えるべき事もあるという感じで、それぞれのキャラの内面描写がしっかりと描かれていましたね。

主要人物達が2人セットで本音を語り合うというのは、何となく決戦前夜感があって感慨深くもありますね。

今回語られていた事は、このサマータイムレンダの物語の結末に関係してくるようでもあります。

それだけにしっかりと理解しておきたい所ですね。

 

今回も気になる所をまとめたいと思います。

 

 

サマータイムレンダ最新話89話

 

久々に7月23日へ

 

菱形医院で青銅から影の情報を手に入れていた慎平達。

作戦会議をしている間に日付は7月22日から7月23日へとかわろうとしていました。

 

サマータイムレンダの物語は基本的に7月22日から24日までの間で起こっている事が描かれています。

その中で慎平の力によってループしている形ですね。

 

しかし今回で7度目の7月22日を過ごしていた慎平ですが、23日に進んだのは久しぶりだったりします。

 

4周目の激闘を終えて5周目に辿り着いた慎平を待っていたのは、敵もループしているという悪夢でした。

それによって5周目はループしてからたかだか数時間(3時間くらい?)で速攻で死亡。

6周目も本格的な戦いになる前に(ループして2時間弱?)で死亡。

 

なので23日を迎えたのは4周目以来なんですよね。

コミックで言えば前回23日を迎えたのは4巻の頃。

そこから考えるとそれほど時間も経っていないですが、色んな事が判明して物凄く前に進んだ感じがしますね。

 

作戦会議にて

 

作戦会議では23日にやることをまとめていました。

 

 

24日に備えて影を減らす(人渕家、子垣内家)

体育館で倒した影の家族を調査する事。

 

この2つがこちらから出来る攻めの手という感じでしょう。

 

他にも菱形医院の安全度について考えていたり、ハイネ達が向こうから襲ってくる可能性について考えていたりと、攻めと守りのどちらについてもしっかり考えていましたね。

 

ちなみに本誌出張版で描かれていたのは、影を減らす為の行動でした。

チームで動くというのが基本となっていたからこそ慎平と潮がセットで動いていたんでしょうね。

とりあえず家族ごと影と入れ替わっているという人渕家に関してはこれで片付いたって感じなんでしょう。

 

 

ちなみに凸村は、

オレは絶対に帰らんからな!!こんな時に一人になった奴は殺られんねん!

と断言していました。

 

ミステリーの鉄則的な考え方ですが、非常に正しい事ですよね。

この警戒心はこの戦いにおいては重要です。

まあ格好良いかは別としてですが・・。

 

南雲先生の冷静なツッコミが辛辣でしたね(笑)

 

 

14年前との違いと潮の本音

 

シャワー中の南雲先生の所にやってきた潮。

話題は潮と慎平が見た14年前の南雲先生の記憶について。

 

やはり潮の目から見ても14年前に先生と遊んでいるハイネは普通の人間の女の子に見えていました。

なぜあんな感じに変わってしまったのか。

 

その理由のようなものは明かされませんでしたが、南雲先生はハイネと仲良くしていた事を後悔していた様子。

好奇心だけで関わるべきではなかった」と。

 

 

そして潮も14年前の記憶から、自分がハイネから生まれたのだと気付いていました。

竜之介が殺された時にハイネがはじけて分かれたのが自分だと。

 

この事は何度か考察していた事ですが、一応これで確定ですね。

空白となった14年という謎は残っていますが。

 

 

そしてそれに気付いた潮は、自分の体を作っているものがハイネを作っているものと同じだという事を怖いと感じていました。

自分もハイネのようにおかしくなってしまうのではないかと。

 

確かにハイネの変化の部分の理由が分からないのであれば、結構怖いですよね。

明確な理由があった訳でもなく、突然変化してしまうのであれば、それが自分にもいつか訪れるんじゃないかと考えるのもおかしくはないでしょうから。

 

しかしそこで格好良く決めてくれるのが南雲先生。

 

安心したまえ。その時は私が殺してやる

 

こんな台詞が言えるのはサマータイムレンダの中では南雲先生しかいないでしょうね。

まあシャワー中だから全裸なんですけどね、南雲先生。

 

しかし何となくこのシーンは意味ありげにも思えます。

もしかして本当に南雲先生が潮に銃を向けるようなシーンがやってくるのかも

 

澪と影ミオの本音

 

潮と南雲先生が話している頃、澪の元には影ミオがやってきていました。

 

潮のようには影の事を受け入れる事が出来ていない澪は影ミオに冷たい対応をします。

が、影ミオはそんな冷たい対応にも慣れたもの。

「私(あんた)自分のこと大っ嫌いやもんな」

と、思い切り煽ってきます。

 

影ミオは澪の知識や情報全てを持っているので、当然澪が嫌いなものも全部知っていました。

 

低い鼻、短い指、汗っかきなところ。

そしてそれらは全部姉である潮とは逆。

外見だけじゃなく、成績も性格もだと。

 

自分しか知らないコンプレックスを口にする影ミオにキレて手を出す澪。

しかし冷静にその平手打ちを防ぐとさらに追撃していきます。

 

あんたこそお姉ちゃんの影やん」と。

 

これは澪にとっては非常に辛いでしょう。

個人的に澪はビジュアル的にはめっちゃ可愛いと思っています(笑)

しかし、問題はそういう事じゃないんですよね。

 

自分が大好きな慎平は自分とは正反対の姉の事が好き。

だから自分は自分を好きにはなれない。

 

 

そんな後ろ向きな考えの澪をさらに影ミオは煽っていきます。

 

いつまでも我慢をしていないで自分の気持ちを慎平に伝えなよと。

ぐずぐずしてたら自分が言っちゃうよと。

 

 

しかしそれには澪も強く叫びます。

 

アカンッ・・・・絶対アカン・・・・」と。

 

澪にとっては慎平は大好きな存在。

しかしそれと同じくらい姉の事も好き。

 

とはいえ澪は少しくらい考えたかもしれませんよね。

潮さえいなければ・・・なんて

 

そして実際に潮は死んだはずだった。

潮の葬式に出るためにやってきた慎平は自分に優しかった。

でもそんな中で潮は影として帰ってきてしまった。

 

実際今の澪がこの現状をどう思っているのかというのは描かれていません。

それを知っているのは澪と影ミオだけ。

 

澪は自分の想いの中に暗い何かが含まれているからこそ、影ミオを必死に止めようとしているのかもしれませんね。

 

・・・まあそんな辛い展開は求めていないんですけどね(笑)

 

とはいえ澪が本当の気持ちを慎平に向けて吐き出す時はきっと来るでしょう。

そこはもしかするとかなり終盤か、もしくは全て終わった後のエピローグなんかでの事になるのかも。

 

青銅の想い

 

そして一方で菱形青銅と息子の窓も1対1で話をしていました。

 

青銅が窓に見せていたのは母千登勢の遺灰。

流石に大切な母の体自体はハイネに食べさせてはいなかったようで、少しだけ安心しましたね。

 

千登勢は心不全で亡くなったという事で、周りにはドナーが見つかってその手術をした日に亡くなったと説明していたようです。

 

しかしこの場面での二人はどちらも酷い顔をしてます。

 

まあハイネ達に裏切られ、夢は敗れ、最愛の妻には自分のやってきた事を諭された青銅

そしてそんな青銅にずっと何も知らされずにいた窓

しかも戦いに勝利したとしてもお互い妻と母を失う状況。

 

そりゃこんな状況であれば酷い顔にもなるでしょうね。

 

 

菱形家は300年もの間影に関わってきたそう。

そしてその秘密は受け継がなければならないもの。

しかし後継者となるのは1人だけで、青銅の父も青銅の兄や弟ではなく青銅だけに伝えたのだとか。

 

そんな事があったからこそ青銅は、窓には荷が重いと思っていたのです。

 

窓は人の命を重いと考えるから。

当たり前の事を、ちゃんと当たり前だと考える事が出来るから

 

だからこそ、青銅は窓には無理だと思っていたのです。

 

 

ここまで何を言い訳しようと青銅はクズだと思っていました。

が、こういうエピソードを描かれてしまうとどうしても許しちゃいそうになりますね。

 

絶対に受け継がなければならないこの過酷な役目を、優しく人の命を尊重出来る窓に継がせる訳にはいかないし、窓ではきっと耐えられない

そう思ってしまったんですからね。

 

そして窓に初めて謝った青銅。

しかし窓は「謝るんやったら、朱鷺子に謝れ」と返すのでした。

 

ここも素晴らしい返しですよね。

青銅は過酷な役目を朱鷺子に継ごうとしていた訳ですから。

 

朱鷺子であればその重荷にも耐えられると考えた青銅。

そんな風に父に見られていた朱鷺子。

 

この辺りの関係は非常に難しいですね。

選ばれる事と選ばれない事のどちらが幸せだったのか。

戦いを終えた時に彼らが皆無事だったとして、その時彼らはちゃんとした家族に戻れるんでしょうか。

 

 

慎平の本音

 

そして朱鷺子は慎平と話をしていました。

そこでの話題は菱形青銅がやっていた事について。

 

慎平は大事な人を救うために手段を選ばなかった青銅の事を悪く思う事が出来ませんでした。

 

自分が同じ立場であれば、同じことをしないとは言い切れないと。

 

影である潮の事を本当の潮として認めている慎平。

そんな彼からすれば千登勢さんも千登勢さんでしかない訳です。

 

立ち位置的には慎平と青銅は非常に近い所にいたんですね。

一歩間違えればどうなっていたかはわからない。

もしも潮が千登勢のような状況になっていて、ハイネと敵対する事がなければ、慎平は青銅と同じ道を選んだんだろうな。

 

 

そんな慎平の肉体的な疲労を心配していた朱鷺子。

朱鷺子は慎平に眠ることを勧めます。

 

ループ続きだった慎平は感覚的にはひたすらずっと眠らずにここまで来ていたんですよね。

最後に眠ったのは4周目の22日から23日にかけての夜だと思います。

 

4周目の23日の夜に激しすぎる戦いの末に殺される。→5周目は3時間くらいで殺される→6周目の前に14年前の過去を見る→6周目で戦いを決意して準備を進めるも途中で狙撃されて死亡。→ループの限界を感じながらの7周目開始。→ハイネとシデとの激闘でボロボロになりながらも勝利し現在に至る。

 

実際に起き続けている時間的にはたぶん24時間くらいなんじゃないかと思います。

しかしその間に3度死んでたりと、肉体的な疲労はそうでもないかもしれませんが、精神的な疲労はとてつもないでしょうね。

 

そして眠るタイミングはここしかないかもと考えた慎平は久しぶりに睡眠を取ります。

 

この場面、ちょっとだけ朱鷺子が怪しくも見えちゃったけど気の所為だよね・・・?

 

根津さんも遂に決断するのか!?

 

久しぶりに安心して眠れる状況で、深い眠りに落ちていく慎平。

そして凸村がいびきをかいて眠る中で一人ごそごそと動き出したのが根津さん

 

荷物を手にして暗い病院を歩いていきますが、その途中で潮に止められます。

 

今こちら側にとっては皆が揃っている事が大きな利点。

だからこそいつも以上に潮は警戒度を高めていたようです。

 

しかしそれでも根津さんは帰りたい様子。

 

潮としては本来慎平に判断を委ねたい所なのでしょうが、慎平は熟睡中。

仕方なく潮は「自分と一緒だったらOK」と条件を出します。

 

そして根津さんは仕方なさそうにその条件を飲むのでした。

 

 

このタイミングで根津さんが単独行動をしようとする理由。

それはやはり影となった奥さんに会うためでしょう。

 

菱形医院での一件に根津さんも色々と考える事があったのだと思います。

 

当然彼は青銅のように自分の奥さんをどうにかしたいなんて思ってはいないはず。

どちらかといえば殺さないといけないけれど、どうしてもそれが出来ないという状況で止まったまま。

 

そんな根津さんにとって千登勢さんの強い決意は何かを感じさせるのには十分だったと思います。

 

影となったとはいえ、自分の事ではなく大切な人の事を思っていた千登勢さん。

もしかすると根津さんの奥さんもそんな風に思っているのかもしれません。

 

おそらく今根津さんの奥さんが生きているのは根津さん自身のエゴのようなもののせい。

だからこそ根津さんは決着をつけようとしているのではないでしょうか。

 

多分根津さんは奥さんの影の存在を誰にも言っていないはず。

本来誰にも会わせたくないんでしょうが、影である潮であれば「まあいいか」くらいには思えたのかもしれません。

 

根津さんがどういう選択をしていくのか注目ですね。

 

まとめ

 

という事でこれまでになかった感じのコンビでの会話がメインだった今回。

 

潮の不安な気持ち、澪の本当の気持ち、菱形親子のようやく少しだけ近づいた関係など、非常に見所が多かったですね。

 

そしてついに根津さんも動き出しました。

根津さんの奥さんの問題はどのタイミングで描かれるのか心配でもありましたから、このタイミングというのは凄く納得出来ますね。

単独行動するのはここしかないって感じでしょうから。

 

根津さんが奥さんを消しにいくとして、そこで同行した潮がどういう想いを抱くのかも気になる所です。

 

消える事の恐怖。

大事な人と離れる寂しさ

 

色々な感情がやってきそうですが、願わくばプラスの方向に働いてくれるのを期待したいですね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

サマータイムレンダ最新話90話ネタバレ感想!根津さんの決意に涙を潮は何を思うか!?

 

サマータイムレンダ最新話88話ネタバレ感想!シデの正体が判明!物語は核心へ

 

サマータイムレンダジャンプ出張版読み切りネタバレ感想!ひと夏の冒険感満載の良作短編!!