ワンピース最新話960話ネタバレ感想!破天荒過ぎるおでんが遂に登場!!若き日の錦えもんと傅ジローも!!

NO IMAGE

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

 

遂におでんの過去編が始まった

 

「ワンピース」

 

まだ開始直後という事で、顔見せ程度ではありますが、それでも見所の多い回でもありました。

おでんの過去はワノ国編だけに留まらず、世界の歴史の秘密にも迫ってくるはずの部分となっているでしょう。

ここでどれだけの情報が明かされていくかによって、ワノ国編以降のワンピースの展開にも大きく影響してくるような気がしています。

 

今回も気になった所をまとめてみたいと思います。

 

 

ワンピース最新話960話「光月おでん登場」

 

 

お鶴さん昔は美人

 

ワノ国の過去編は41年前の時点からのスタート。

そしてこの時点でのワノ国には、現在で見られる工場などもなく、非常に自然に溢れた美しい国。

というかたった40年程度でこの光景をまるっきり変えてしまうんだから恐ろしいものですが。(というか実質はその半分の20年程度でしょうし)

 

そして40年も前ながら普通に登場してきたのが、その当時は鶴女と呼ばれていたお鶴さん。

当時からお茶屋の看板娘として働いていたようです。

この時は現在のようなちょっと浮世絵感のある見た目ではなく、一般的なワンピースのキャラといった見た目。

看板娘だけあって、普通に美人さんで客からの人気も高いようです。

 

まあ、「昔は」と書いてしまうといけませんね。

今もお綺麗です(笑)

 

錦えもんはただのチンピラ

 

そしてそんなお鶴さんと昔からの知り合いだったのが錦えもん。

初登場からお鶴さんの財布から金を盗もうとしているシーンが描かれています。

 

もちろんそれまでも昔は赤鞘の侍達がそれほどまともではないと描かれてはいました。

が、こんなにわかりやすいチンピラだったとは(笑)

 

まあ彼の人生はおでんとの出会いによってリセットしたんでしょうし、ここからどう変化していくのかの方が重要でしょう。

 

まあ盗みに強盗をやっているのであんまり許される訳でもないんですが。

とりあえずこの頃からヒョウ五郎親分に認められるくらいの実力はあったようですね。

 

おでんの人生が凄まじすぎる件

 

そしておでんの実の父である光月スキヤキも初登場。

見た目からはそこまで素晴らしい将軍という感じには見えませんが、まあきっと悪い人ではないんでしょう。

 

そんなスキヤキの前で、部下がおでんがこれまでにどんな悪さをしてきたのかを語ってくれます。

もちろん読者に対しての説明ですが。

 

しかしおでんの0歳から18歳までの色々なイベントが充実し過ぎています。

 

  • 0歳で乳母を投げ飛ばす事件を起こす。
  • 2歳で兎を二羽同時に捕獲する駿足を見せる
  • 4歳で大岩を投げて熊を撃破
  • 6歳で遊郭へ入り浸り城の金を使い込む
  • 8歳で酒の勢いで博徒達を相手に大喧嘩
  • 9歳でヤクザのブラックリストに載って賭場を出入り禁止に
  • その腹いせに賭場に火をつけてヤクザと抗争になり、逮捕されたのが10歳
  • 囚人となって石切り場に出て才能を発揮し、石工の棟梁にまで上り詰める
  • ここからシャバに出て改心。
  • 14歳の時に、日照り続きで苦しむ都の人のために川を曲げて都に水を流す。
  • が、これが大水害を引き起こす。
  • 再び逮捕となりそうになるも、水路で逃亡を計り失敗。
  • 15歳で山寺の住職を脅して隠れ住む。
  • 夜な夜な都の女達をさらい、ハーレムを築き上げる(女達は常に自由の身だった)
  • それに怒った女達の恋人、親、夫達、それに加勢する屈強な侍達を、おでんは嬉々として迎え討つ
  • ヒョウ五郎一家までも乱闘に加わったその戦いは、ハーレムの乱とまで呼ばれる。

 

・・・・・なんなんだこいつ・・・。

 

幼少の頃から化物的なエピソードなのはまあ良いとしても、

 

6歳で遊郭へ入り浸るって凄えな(笑)

 

8歳で酒の勢い、川を曲げて、ハーレムの乱

 

などなどワードが強烈過ぎて、これは実の父も絶縁宣言したくなっちゃいますね。

 

 

傅ジローは過去編で初登場

 

そして何故か現在編ではまだ登場していない傅ジローが過去編で初登場。

登場するやいなや道具屋の主人を騙して 目当ての商品を半額でゲットしています。

 

このやり方は落語の時そばに似ている感じのやりかたでしょう。

まあ他にも元ネタとなりそうなものもありそうですが。

 

そしてこの時点での傅ジローのビジュアルから、コウシロウ説なんかも飛び交っていますが、個人的には違うだろうなぁと感じます。

狂死郎説もありますが、そっちも違う気がする。

とはいえ戦いが始まるという時になっていきなり登場するのも難しいですし、同じく謎のままの丑三つ小僧なんかが傅ジローなんじゃないかなぁ。

と、思ったり。

 

おでんのビジュアルもようやく公開

 

そして謎に包まれていたおでんのビジュアルも遂に明らかに。

初登場は、火葬場で故人を燃やす炎でおでんを煮込んでいる場面という訳のわからない状況。

 

見た目的には特徴的な円盤型の髪型が目を引きます。

ワンピースなので奇形キャラという可能性もありましたが、髪型以外は至って普通といった感じですね。

歌舞伎っぽいというか、ゴエモンっぽいというか、そんなイメージですが、精悍な感じではあります。

 

 

しかしこの行為はかなり不謹慎で遺族にとっては許されない行為にも見えます。

が、おでんとしては故人への最後の弔いとして行っていたんですよね。

 

故人と最後の時間をこういう形で過ごす。

まあ我々がお墓や仏壇に食べ物を供えるような事を過激化したかのような事でしょう。

 

誰かのやり方ではなく、自分だけのやり方で故人を見送る。

迷惑ではあっても結構格好良いと言えなくもないのかも。

 

そういう部分に都の女性達も引かれてしまうのでしょうね。

 

山の神をどう止める!?

 

錦えもんが3人組の男から奪った猪の子供は、傅ジローによれば連れてきてはいけない存在。

その子供のいる所には山のような大きさのデカイ白猪が突っ込んでくるのだと。

山の神とまで呼ばれたその猪は、何百年も前に一晩で郷を全壊させたのだとか。

 

そして錦えもんが花の都にやってきてしまった事で、その山の神と呼ばれる超巨大猪は花の都へ一直線に突っ込んできていました。

 

錦えもんからすれば自分のやった事によって、花の都が滅んでしまうかもしれない状況。

それだけに焦りまくります。

 

仕方ないとはいえ思い切り小物ムーブな錦えもんに対して、そんな状況でも落ち着きまくっているのがおでん。

 

この時点ではまだ錦えもんの事は知らないようですが、おでんは山の神の話を面白い話だと聞いていました。

 

そしてその猪を自分によこせと言うのでした。

 

 

猪をめがけて親猪が突っ込んで来るという事は、その子猪がいる場所が一番危険な場所。

そんな猪を預かろうとしているんだから、間違いなくおでんは親猪に立ち向かうのでしょうね。

 

おでんの逸話はいくつも描かれていましたが、実際の凄さはまだ描かれていません。

山の神とまで呼ばれる猪をどんなやり方で止める事になるのか、それがおでんがどれだけ凄いのかを表す指標となっていきそうですね。

 

まとめ

 

という事でおでんが本格的に登場する事になった今回。

予想以上に破天荒だったおでんですが、彼には彼なりの色んな想いがあるような気もします。

 

これまでは色んな人に迷惑をかけてしまう形だったのかもしれませんが、それでも沢山の人に好かれてはいるようです。(女性からは特に)

それはやはりおでんが人を引きつける力を持っていたという事の表れでしょう。

 

おでんの過去はかなり長いものになるでしょうがじっくりとおでんの魅力を描いていって欲しいですね!!

 

 

今回はここまで。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

ワンピース最新話959話ネタバレ感想!絶望的展開の中でおでんの過去編がスタート!!

 

ワンピース最新話958話ネタバレ!おでんとロジャーの旅、そして第三幕は最初から問題発生!?