呪術廻戦最新話82話ネタバレ感想!全てを懸けたメカ丸の刃は届かず!絶望のハロウィンへ

呪術廻戦最新話82話ネタバレ感想!全てを懸けたメカ丸の刃は届かず!絶望のハロウィンへ

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

メカ丸と真人の激闘が続いている

 

「呪術廻戦」

 

今回でその戦いに決着がつくこととなりました。

が、やはり予想通りの苦しい結末となってしまいましたね。

予想以上の健闘は見せてくれただけに読者としても辛い気持ちにさせられました。

 

とはいえそれも全て芥見先生の手の上でコロコロと転がされているに過ぎません。

今回の出来事にも後々で意味が生まれてくると信じて、次の展開を迎えて行きたいものですね。

 

という事で今回も気になる所をまとめてみたいと思います。

 

呪術廻戦最新話82話「宵祭り-参-」

 

 

真人の容赦ない領域展開

 

前回のラストで真人が発動させた領域展開の「自閉円頓裹」

領域に入れてしまえば直接触れていなくても関係ないという事で、それは究極メカ丸に乗っている状態でも同じ事だったようです。

しかしそう考えるとやはり真人は強すぎますね。

 

単純な肉体的な能力も非常に高いですし、普通の攻撃をいくら食らってもダメージはないようなものですし。

直接触られてしまえば「無為転変」ですし、領域展開されてしまえば「無為転変」し放題。

七海と戦っていた頃はまだまだ倒せる可能性を感じていましたが、こうなってしまうと領域展開を使えない限りほぼ倒すのは不可能なんじゃないだろうか。

 

とはいえやはり呪力の消費が激しい領域展開。

真人でも10日休まないと全快はしないのだそうです。

 

そう考えるとやっぱり切り札であり奥の手って事なんでしょうね。

まあ流石に七海に対して使った時程の激しく消耗したようには見えませんので、呪力の総量が増えたのか、もしくはもっと呪力消費を抑えるやり方を身につけたのかのどちらかでしょう。

 

「作戦に夢と希望を詰め込むなよ」

 

この台詞は、呪力消費がデカイから領域展開を使わないんじゃないかとメカ丸が考えたんだろうという真人の考えによるものです。

こういう台詞を言っちゃう辺りが真人のムカつく理由でもありますよね。

 

メカ丸の切り札

 

しかしそんな絶望の領域内での「無為転変」でもメカ丸は終わっていませんでした。

真人の背後から究極メカ丸にセットしてあった切り札で攻撃。

 

そしてその切り札にはとある術式が封じられていました。

 

ストックしていたのは4本。

一本目は真人を捉えるも失敗。

2本目は真人の「無為転変」を防ぐために。

そして3本目を今真人に叩き込んでいました。

 

そして問題だったのは切り札に込められていた術式です。

 

その術式は平安時代に芦屋貞綱という人物によって考案されたもの。

呪術全盛の時代に凶悪な呪詛師や呪霊から守るために編み出された技。

その技術は一門相伝で、門外に伝える事は縛りで禁じられている程。

 

それは領域から身を守るための、弱者の領域。

 

そしてその名は「シン・陰流 簡易領域」

 

この術式の使い手は、メカ丸が想いを寄せる三輪霞

 

全て視てきたと語るメカ丸の決めゴマには思わず鳥肌が立ちました!!

いやいや、カッコよすぎかよ!!

 

そして何よりも京都交流戦で無能扱いされていた三輪の術式がこんな所で最高に効果的に使われるなんて・・・これは芥見先生の漫画の上手さは恐ろしいですね。

 

簡易領域

 

簡易領域の込められた攻撃を直撃してしまった真人。

体の内部に叩き込まれた事で、内部から吹き飛んでいきます。

そしてそれと同時に一帯を包んでいた真人の領域が消えていくのでした。

 

そして究極メカ丸を通して勝利の咆哮をあげるメカ丸。

 

簡易領域を使った事は流石の夏油も驚き。

領域内であれば五条悟であっても攻撃を当てる事が出来る。

そして簡易とはいえ、内側から領域を発生させられれば真人でも術式とは関係なくダメージを負うのだと。

 

そしてそんな風に余裕で高みの見物をしていた夏油に向き直るメカ丸。

メカ丸としては、簡易領域を一本と溜め込んだ呪力を9年分残して真人を倒せたのは嬉しい誤算。

 

勝てるという気持ちと皆に会えるという気持ちで夏油戦に臨もうとしていました。

 

死亡フラグの回収

 

しかしそう思い通りにはいかないのが呪術廻戦。

夏油との戦いになるかと思いきや、割って入ったのはホラーゲームの化物のような醜悪な姿になった真人。

 

生きていた真人は不意の一撃で究極メカ丸のボディを壊してコクピットに侵入。

 

仕留め損なっていた事に焦りながらも、メカ丸は残り一本の領域をその手に攻撃を仕掛けます。

そこで真人とメカ丸のそれぞれの手が交差した瞬間に場面は切り替わっていくのでした。

 

切り替わった先は京都校。

そしてそこで操作されていない状態のメカ丸のボディに話しかけていたのは三輪。

 

「今度お見舞い行っていい?」

そんな風に語りかける三輪は、交流会を終えてから皆の距離が縮んだ気がしていました。

 

呪術師という職業柄、お互いが仲良しであってもどこか一線を引いていた三輪。

仲良くなりすぎるといなくなった時に辛いからと。

 

それでも三輪は今の関係が好きで、メカ丸とももっと仲良くなりたいと思っていました。

 

「だから、いつか会いに行くからね」

そんな三輪の想いがこもった感動的な台詞。

 

しかしやっぱりえげつない呪術廻戦。

その台詞のバックには動かなくなった究極メカ丸の姿が描かれていました。

 

・・・・これは酷い。

とはいえある意味では物凄く綺麗な死亡フラグの回収って感じでもあります。

 

これまで積み重ねてきた死亡フラグの最後に、三輪の独白があって、トドメ・・みたいな。

 

もちろんメカ丸は仲間達からすれば許されない事をしてきた訳なので、因果応報と言ってしまえばそれまでの事。

しかし彼が仲間を想う気持ちだけは紛れもない本物だっただけに、どんな形であれ再会して欲しかったです。

 

メカ丸からすれば殺される為に肉体を取り戻して、最後の時間をその肉体で過ごした訳ですからね。

凄く辛くて切ないですわ。

 

物語はついにハロウィンへ

 

そして読者からすれば紙一重の勝負に思えたメカ丸と真人の戦い。

 

しかし真人本人は、ぶっちゃけ余裕でしたアピールをかかしません。

 

術が発動するタイミングに合わせて自ら弾けて、その上で領域を解けばメカ丸は死んだのだと思うはず。

 

そこまで計算しての事だから危なくもないのだと。

 

悔しいのがこれが本当の事だという事ですよね。

刺された所は意外だったはずなのに、その瞬間からしっかりと計算して動いていたんですから。

 

しかし自ら弾けるとか出来るって本当に汚いし、頭も良いしで、本当に良い悪役ですね。真人は。

 

そして真人は自分が食らった簡易領域を「アレも簡易領域か」と口にします。

 

つまり他の簡易領域の事も知っているという事。

 

この感じだと五条の封印の際に簡易領域が使われるのかもしれませんね。

 

この能力を使える人物は相当少ないはずですし、五条とはいえいきなり使われたら戸惑う事になりそう。

とはいえ、真人がこれだけ冷静に対応しているので、五条もなんらかの対応はしてくれるだろうけど。

 

 

そしてこの戦いを終えた所で一気に時間は進み、序盤からこの呪術廻戦の物語の大きな山場になると思われていたハロウィンが訪れます。

そして場所は渋谷。

 

現実での渋谷のハロウィンは呪霊が関わらなくても地獄となってますが、果たして呪術廻戦の世界での渋谷はどんな事になってしまうのか?

 

なんだか一般人を大量に巻き込んでの凄まじい殺戮なんかが行われていきそうな気がします。

とはいえハロウィンは何となく呪術師も警戒してそうな気もしますが。

 

まとめ

 

という事で強い想いも虚しく、真人に敗れる事になってしまったメカ丸。

何度も見せ場を作ってくれただけに惜しい勝負となりましたね。

 

戦いの中でも何度も仲間達を思い浮かべていたりと仲間思いの部分を見せてくれました。

仲間との再会がどんな形でもいいので果たされて欲しかったです。

 

しかしそれを許してはくれない真人。

読者からも憎まれるような悪役であるというのは、漫画的には良い悪役でもありますよね。

早くコイツを倒して欲しいと思わせるだけのものが真人にはあるでしょう。

 

・・・いや、マジでさっさと倒して欲しいわ(笑)

 

そしてついに訪れてしまったハロウィン。

 

虎杖達の様子も描かれていない状態からのハロウィンなので、どういう展開になっていくのかあんまり予想出来ませんね。

 

とりあえず次の展開を期待したいです!!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話83話ネタバレ感想!遂に始まったハロウィン編は五条VS特級3体からスタート!!

 

呪術廻戦最新話81話ネタバレ感想!メカ丸の猛攻を打ち砕く真人絶望の領域展開!!

 

呪術廻戦ネタバレ考察 呪術廻戦の裏主人公?夏油傑が求める未来は!?