チェンソーマン最新話48話ネタバレ感想!デンジ瀕死も早川が反撃の狼煙をあげる!!

チェンソーマン最新話48話ネタバレ感想!デンジ瀕死も早川が反撃の狼煙をあげる!!

こんにちは

 

くろいとりと申します

 

主人公デンジにひたすら災難が続いている

 

「チェンソーマン」

 

今週はここ最近の総決算とでも言わんばかりの凄まじい展開となりました。

何が恐ろしいって、セリフ自体がほとんどないんですよね。

ただひたすら会話をすることもなく、残虐な行為が繰り返されるという・・・。

 

とりあえず今回で気になった所をまとめてみたいと思います。

 

 

チェンソーマン最新話48話「ボンボンボン」

 

力の理解とは?

 

自らの女運の悪さを自覚したデンジ

復活してすぐにレゼと戦うことに。

 

車の上で始まったバトルですが、すぐにデンジはふっ飛ばされてしまいます。

まあレゼは全身爆弾人間みたいなものですし、只のパンチで超爆発を引き起こすので仕方ないですが。

 

それにしても反則級のレゼの火力。

どこぞの建物の一階部分の壁を4,5枚ぶち抜くレベルです。

 

とはいえ何とかその攻撃を防いだデンジ。

しかしレゼはそんなデンジにダメ出し。

 

応用が出来てない。

チェンソーぶん回すだけじゃダメ。

もっと自分の理解をしなくちゃ

 

と、おそらくデンジが一度も考えた事がないであろう事に追求。

 

そして見本を見せるかのように投げつけてきたのは自らの指。

「バン」という声と共に一体が大爆発するのでした。

 

ってか指一本分だというのに威力高すぎですね。

マジで高火力すぎて反則だわ、レゼさん。

 

強烈過ぎるレゼの蹴りのインパクト

 

そんな大爆発でも致命的なダメージは食らわずに何とか耐えていたデンジ。

爆風に紛れて反撃を仕掛けますが、そこでしっかりとカウンターを合わせるレゼ。

 

カウンター気味に放たれたパンチ?によってデンジは凄まじい高さまで打ち上げられる事に。

3階建ての建物をぶち抜いてもまだ遥か高くまで打ち上げられたので、デンジはおそらく上空50メートルくらいの高さまで行っちゃってそうです。

 

しかもただ打ち上げただけでなく、自らも上空に高く飛び上がるとデンジの更に上へ。

そこでレゼは自らの片足を爆弾に変化(ミサイル、ロケットみたいな)

 

そしてそのままその足をデンジに叩きつけると空中でも大爆破を起こしながらも、超速で地面に落下。

まさにミサイルが落ちたような大爆発を引き起こします。

 

流石のデンジの体もその一撃には耐えきれず、腹部から下はごっそりなくなってしまっています。

デンジはやられる直前にエンジンを吹かしていた事で何とか少しずつ再生していきますが、レゼはそのまま上半身だけのレゼの体を掴み上げると、デンジを持ったままで爆破を繰り返します。

 

ボンボンボンと音を立てて延々と繰り返される爆発。

それによって黒焦げになったデンジは元々なかった下半身に加え両腕までなくなっている状態。

しかも爆発でまっ黒焦げとなっていて、もはや人間としての原型もないと言える程

 

まあここまでやるかよって思う程の徹底っぷりです。

とはいえ、それでも殺さない程度に力を加減しているんだろう事が本当に恐ろしいですね。

 

デンジも一応成長しているが・・

 

と、いう事で今回の出番は終わったデンジ。

もはや歯が立たないとかそういうレベルでさえない気がしますが、一応デンジも成長していた感じがします。

 

最初のレゼの爆発パンチ(キック)もほぼノーダメージで押さえてますし

指爆弾にも耐えて、しっかりと煙に紛れて攻撃を仕掛けましたし

蹴られる前にチェンソーのスターターを引っ張ってましたし

上半身だけになっても攻撃しようとしてましたし

 

 

と、岸辺隊長との訓練の成果を少しだけ見せてくれました。

・・・・まあそれだけですけども。

 

反撃の早川

 

まっ黒焦げになったデンジをごみ袋かのように持って歩くレゼ。

爆発の規模がデカすぎた事もあり、辺りには死傷者が多数。

しかしそれを気にする事もなく、踏みつけて歩いていくレゼ。

ほんとこの娘容赦ないですね。

 

しかしそんな死体を隠れ蓑にしていたのが早川。

完全に気配を消していた早川はレゼが通り過ぎた後で刀を手にすると、振り向きざまのレゼの片腕を一閃。

デンジを掴んでいた腕を真っ二つに切り裂くのでした。

 

 

まあここでは「おおっ」って思いましたが、それよりも心配が勝っちゃいますよね。

この後どうするんだよと。

 

片腕を奪えた所で多分すぐに回復出来ちゃうでしょうし。

未来の悪魔の力でそこそこ接近戦は強いとしても、爆弾の攻撃を喰らえば早川なんて即死でしょうから

マジでここからどうするんだろ・・・。

 

まとめ

 

という事で、セリフも少なめでただひたすらレゼによる惨劇が繰り広げられた感じの今回。

デンジの成長も多少は感じられましたが、あまりにも相手が悪かったといった感じでしたね。

 

かつてない程にボロボロにされたデンジでしたが、最後はその代わりとばかりに早川が反撃してくれました。

とはいえ、1ミリも安心出来る訳ではないというのが悲しい所です。

 

この状況を早川一人でどうにか出来るとは思えませんし、天使の悪魔がどういう動きをしてくれるかで、このピンチの乗り切り方が大分変わっていきそうな気がします。

 

とりあえずこれ以上の被害が出ない事を祈るだけですね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

チェンソーマン最新話47話ネタバレ感想!女運の悪さに気付いたデンジの反撃なるか!?

 

チェンソーマン最新話46話ネタバレ感想!レゼの暴走で退魔2課が皆殺し!早川もピンチに!?