ペルソナ5Rプレイ日記㉒怪盗団に迫るメジエドの影!佐倉家潜入で真のポンコツが炸裂!?

ペルソナ5Rプレイ日記㉒怪盗団に迫るメジエドの影!佐倉家潜入で真のポンコツが炸裂!?

こんにちは

 

くろいとりと申します。

 

 

「ペルソナ5ザ・ロイヤル」

 

7月中盤まで進んでいるプレイ日記。

前回は花火大会に向かう所でした。

 

 

待ち合わせ中に誘惑が迫ってきますが、ここは祐介がバッサリ。

こういう事言える奴はマジで凄いな・・・。

 

 

そして本命の二人が登場。

真は普通に似合ってますが、金髪ながら似合う杏の方が凄いのかも。

しかしこんなド派手な美人が浴衣着てたらめちゃめちゃ目立つだろうなぁ。

 

 

 

しかしイベント系は大体上手く行かないイメージの今作。

花火大会で雨というのは結構がっかり感が強いですよね。

 

 

雨に濡れる美女達から慌てて目をそらす男共。

こういう所は今作の男キャラクターの気持ちが良い感じに一致しているようでなんか良いですよね(笑)

ちなみにスクショには撮ってませんでしたが、ここでも後に登場する奥村春が登場して来たりしてます。

 

 

 

そして帰ってきた所で驚きのニュースが。

 

 

怪盗団に対して突如ケンカを売ってきた「メジエド」という組織。

これまでにも確か名前くらいは登場していたような気がしますね。

しかしこのタイミングでターゲッティングされてしまったというのは多少怪しさも感じてしまいます。

 

 

 

怪盗団の今後を左右するような大きな出来事なだけに結構焦りを感じる所。

しかしとりあえずこういう時は落ち着いてゲームでも(笑)

しかも裏技を使ってのクリアという汚いプレイだぜ・・・!

 

 

そしてゲームをやって度胸をつけた事でようやくランクが4の大胆不敵までUP。

コープを進めたいと思ってもステータスが足りないと進められなかったりするのが結構厄介な所なんですよね。

確か度胸ランクが4でようやくミリタリーショップのおっさんとのコープが進められるようになったかな・。

とはいえまあこの時点でこのステータスは多分悪くはないはず。

 

 

そして期末試験も鍛え上げたステータスのおかげでトップ10くらいの成績をゲット。

知識に全振りしとけばこの時点で1位を獲る事も出来そうだけど。

 

 

 

ちなみにこれが花火大会の時の写真。

見返り美人✕2って感じですね。

 

 

 

そんな中「アリババ」を名乗る怪しい奴から連絡が。

アリババという名前の時点で怪しいですが、こちらが怪盗団である事を知っているというのが恐ろしい所。

 

 

当然その情報を仲間達とも共有することに。

 

 

 

そして何だかんだあって、「アリババ」が佐倉双葉である事が発覚。

佐倉という名字でもわかるように、ルブランのオーナーである佐倉惣治郎の娘さんです。

 

 

そしてそんな中でその佐倉双葉の件で検事の冴さんまでルブランに登場。

どうやら彼らの間には何か複雑な事情があるのだという事がわかります。

 

 

冴さんと惣治郎は確かに相性が悪そうだな。

基本的に美女が大好きなプレイボーイのイメージの惣治郎ですが、この時点では冴さんとは敵対関係と言っても良さそう。

 

 

一方で冴さんもストレスMAX。

まあこの時点ではいつもカリカリしてますけど。

 

 

 

 

 

力強くこんな風に語る冴さん。

こういう感情が後々大変な事に繋がっていくんですよね。

 

 

 

 

 

立場的には敵対している明智。

しかし彼はこんな事を言ってます。

明智とのこの会話もロイヤルにおいては非常に重要なポイントになってきますよね。

 

 

そして怪盗団の頭脳とも言える真はこんな風に語ります。

まあ実際に既に彼女が関わっている事はプレイヤーには分かっていますけどね。

 

 

世間的にも「アリババ」からも追い詰められた一行。

思い切って佐倉双葉がいるはずの佐倉惣治郎宅へと忍び込むことに。

しかし何故かやたらとビビっている様子の真さん。

 

 

完全にビビりまくっているせいでまともに立つ事も出来ません。

主人公の肩を借りないともはや立っていられない状態って相当だな。

 

 

そして本格的に怖いの駄目なキャラが発動。

基本的には完璧に見えていた真でしたが、こんな所に弱点があるとは。

まあ、可愛いですけども。

 

 

 

挙句の果てには怖くて腰が抜けるという失態を見せることに。

まあ人間味があって良いですけどね。全然。

 

 

 

そんな状態の真に追い打ちをかけるようになんか出てきたり。

とはいえこれは流石に怖すぎるかも。

 

 

そして完全に壊れる真。

こういう時におねえちゃんに助けを求める辺りもなんか可愛い。

しかしこれを仲間達に見られるというのは流石にその後が辛いだろうなぁ・・・。

 

 

 

しかも最悪のタイミングで惣治郎も登場。

この状態でありながらも普通の挨拶が出来るというのはある意味凄いのかも・・・?

 

 

 

一方の惣治郎もいきなりこんなクエスチョンを。

こういう所がプレイボーイの惣治郎らしい気がするな。

 

 

しかもその後にも結構追求するというのが面白い所。

まあ真っ暗な家の中で高校生の男女がこんな体勢になってたら色々と疑わざるを得ないでしょうけれども。

とはいえ真は腰が抜けているので立てもしない状況なんですが。

 

 

 

そして色々と問題はありながらも、惣治郎から双葉についての話が聞ける事に。

この辺りは結構「ペルソナ5」の物語において重要な部分になってくるんですよね。

 

という事で今回はここまで。

 

次回はパレスに突入の辺りになりますね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ペルソナ5Rプレイ日記㉓悲しい過去を持つ双葉の為にピラミッドの攻略へ

 

 

ペルソナ5Rプレイ日記㉑芳澤の心の苦悩が明らかに!?丸喜の目的とは!?

 

ペルソナ5Rプレイ日記⑳金城撃破の裏で暗躍する影!一二三や芳澤とのコープも!