ワンピース最新話969話ネタバレ感想!バカ殿となった理由と伝説の一時間が気になり過ぎる!!

ワンピース最新話969話ネタバレ感想!バカ殿となった理由と伝説の一時間が気になり過ぎる!!

こんにちは

 

くろいとりと申します

 

 

ロジャーとの冒険を終えたおでんの物語が再びワノ国へと戻ってきた

 

「ワンピース」

 

前回はオロチのワノ国での好き放題っぷりにブチギレたおでんでしたが、その続きはまさかの展開を迎える事に。

まだ色々と詳しい部分が判明していませんが、それにしても非常に辛い展開となってしまいました

おでんの悲しみや苦しさを考えると読んでいても結構苦しいものがありましたよ。

 

そんな「ワンピース」最新話969話の気になる所をまとめてみましょう!

 

ワンピース最新話969話「バカ殿」

 

 

おでんの攻撃を防いだのはまさかのバリバリの実の力!!

 

前回ラストで怒りのままにオロチを斬りつけたおでん。

斬った後の事は後から考えるというめちゃめちゃ格好良い場面でした。

当然オロチに防げるはずもなく、どうなるのかが気になっていましたが、おでんの攻撃を止めたのはまさかのバリバリの実の能力によるもの

 

マネマネの実の能力を使っていたババアと一緒にいた琵琶法師がその能力の使い手。

名前は黒炭せみ丸という事で、オロチにとっては血縁者なのだと思われます。

ちなみにババアの方は黒炭ひぐらしという名前のようです。

とはいえ、ワノ国という鎖国国家に住む彼らが海外に出て貴重な悪魔の実の力を身につけているというのはやはり謎ですよね。

 

ロックス海賊団との関係は間違いないでしょうが、こんなジジイとババアでよく悪魔の実をゲット出来たなぁ・・

 

今やマネマネの実の能力者であるボンちゃんも、バリバリの実の能力者であるバルトロメオも、どちらもルフィの友達である訳です。

しかしその前の持ち主達によってワノ国が完全に窮地に追い詰められたというのが悲しくもあり面白くもありますね

 

おでんの裸踊りの理由とは??

 

琵琶法師がバリアを使っている以上、どれだけおでんが強くてもオロチを殺す事は不可能。

当然オロチがおでんに将軍の座を明け渡すような事もあるはずもありません。

そんな状況でおでんとオロチの間に何かの約束が交わされます

 

その数時間後、ワノ国の救世主となるはずだったおでんは、将軍オロチの城の前で裸になっておどけていたのでした

 

何の約束だったのかはわかりませんが、おでんがやるのは裸でおどけてそして僅かなお金を貰う事だけ。

 

そんな事をしていたせいで、おでんに期待していた人々は裏切られた気分になり、失望、そして怒りへとその感情を変えていくのでした。

 

週に一度都に現れ、そしておどけて僅かなお金を貰う。

そんな事をしていた理由が中々思いつきませんよね。

一応この先にヒントになるワードはあったものの、こうまでしないといけない理由とは一体何なのでしょうか?

 

ロジャーへの思いが悲しすぎる

 

そんな生活を続けて1年が過ぎた頃。

つまり今から24年前。

将軍オロチから海外の新聞を受け取ったおでん。

 

その新聞に書かれていたのは、海賊王ゴールド・ロジャーの処刑の件

そして彼が死に際に「大海賊時代」を作り出した事でした。

 

「ロジャー!!すげぇなお前は!!すげぇ人生だ!!」

海岸を走り大声で泣き、笑ってはまた泣いていたというおでん。

 

その心境を考えるとなんだか切ないものがありますよね。

ロジャーのやった事の凄さを心の底から感じているのは本当でしょう。

しかし彼が作り出したありとあらゆる者が海へ漕ぎ出す時代であっても、おでんは海へと出る事など出来ない状態

それどころかオロチによって完全に自由を奪われているようなものですから。

これは辛いなぁ・・。

 

カイドウVSモリアもこの頃の出来事

 

そしておでんが帰還してから2年目。

「鈴後」にて勃発したのがカイドウ率いる百獣海賊団VSモリア率いるゲッコー海賊団の戦争

 

結果は語られていませんが、ワンピース読者はみんなその結果を知っていますよね。

そしてその時、リューマの墓荒らし事件もモリアは引き起こしていたようです。

 

カイドウに敗れた事でリューマの遺体を盗もうとしたのか、それとも元々そういう考えを持っていたのか。

その辺りももうちょっと詳しく聞きたい所ですが、流石にそこまでは描かれないだろうなぁ、今後も。

 

ヒョウ五郎親分の妻とその死

 

カイドウとモリアの戦争が起こっている時にも変わらず裸でおどけていたおでん。

この時って結構なチャンスのような気がしますが、それでも動かなかったというのはちょっとした疑問です。

相当オロチとの約束が大きかったのかな?

そうなるとこの時点で既に大きな何かを人質にとっていたとかそういう感じなんだろうか?

 

やっている事だけを見れば完全にバカ殿状態のおでん。

 

しかしそれでも彼の事をよく知る者達は変わらずに接してくれていました。

 

「離縁するか?」

とおでんが聞くと「それ冗談?怒るわよ!?」と笑って答えるトキ。

 

「おでん様の裸踊りなんかおれ達昔から見てる」と笑う家臣達。

 

「バカでも殿とはホメすぎた」と笑う康イエ。

 

「おでんちゃん踊りうまくなったわよね」と笑っていたのはヒョウ五郎の奥さん。

この頃もヒョウ五郎はオロチにしつこく言い寄られていたようですが、ヒョウ五郎はそれをずっと断り続けていたようです。

「あんなのの下につけるか」と。

 

なんだかんだ色々な人には愛され続けてきたおでん。

皆一様におでんの事を信じているからなんでしょうね。

 

 

しかしそんな日々はずっと続き、ワノ国は何も変わらないままにおでんの帰還から5年目を迎えていました

 

そこで調子に乗っておでんのいる九里へとやってきたオロチ。

その目的は九里に新しい武器工場をいくつか建てたいというもの。

 

しかしそこでおでんは下手に出ながらもオロチに尋ねます。

 

「船のほうは・・・!?カイドウと・・・・」と

 

 

これこそがおそらくおでんとオロチの間で交わされていた約束の部分なのだと思われます。

 

しかしオロチはそんなおでんが5年間も耐えてきた程の約束の話を「何の話だ?」と一蹴

 

さらにオロチは、ヒョウ五郎は自分の手には負えないからカイドウに譲ったと話します。

「まァじき殺されるだろうな!!」と言いながら

 

そしてその際に、親分を返せと反発した子分たちと共に、ヒョウ五郎の妻も撃ち殺されてしまうのでした。

 

 

うーーーーーーん、どこまでもどこまでも最悪過ぎますよね、オロチ。

マジでここまで好き放題ってヤバすぎるよなぁ・・。

 

 

5年間おでんは何を背負い込み続けていたのか?

 

約束を裏切られたおでん。

自分に良くしてくれていたヒョウ五郎の妻の死もあって、ここで抑え込んでいた感情を爆発させて大号泣

 

ロジャーの件で流した涙とは全く違って、悲しみと怒りの入り混じったものでしょうね。

 

 

しかしおでんをそうまでさせた約束の件が一体何なのかが気になります。

 

5年間もの間、仲間達に話す事もなく背負い続けた何か

やはり相当おでんにとっては護りたいものがあったからこそのはずで、その思いが何処に向けられてのものだったのかが気になりますね。

 

船というワードが出ていたという事は、ワノ国の外に関係している事なんでしょうか?

しかしそうだとすると、おでんはワノ国よりも外を大事にしているという事になってしまうので違うかな・・?

 

そうなるとやはり、オロチに何か大切な物を握られていたとかそういう感じなんでしょうか。

次回明らかになったらいいですね。

 

伝説の1時間が気になりすぎる!!!

 

そして流石に完全にブチ切れたおでん。

「カイドウを討つぞ!!!」

と、仲間達に声をかけます。

 

が、ここで気になるのが、オロチではなくカイドウと言っている事です。

実際の所ここまでおでんとカイドウはほとんど接触さえしていません。

約束の際にカイドウもやってきてはいたのでしょうが、いずれにしても急にカイドウに刃を向けようというのが不思議ですよね。

 

そこにも何か約束の件に関わる意味がありそうな気がします。

 

そして今回のラストはナレーションで語られる事になります。

 

 

これから描かれていくのは、ワノ国中が涙した光月おでんの一世一代の大騒動であるという事。

おでんに拾われて武士になった九人の男はこの時の強い忠義心を尊び、後に「赤鞘九人男」と呼ぶことになった事

 

敵はカイドウで他には目もくれず、しかし描かれるのは過去の話であり、行き着く先は光月おでんの公開処刑である事。

後世に語り継がれる「伝説の一時間」までまばたきなき様お願い奉り候!!と。

 

とまあ、こんな感じでナレーションで、読んでてなんだかめちゃめちゃ鳥肌が立ってきました。

やはり気になるのは「伝説の一時間」でしょう。

 

 

ここまでおでんはバカ殿扱いされていました。

しかしこの戦いで結果としては敗れるものの、人々はおでんと赤鞘の侍達に対して大きく考えを変える事になる訳ですからね。

 

一体どれほど衝撃的な戦いになったのか、マジでまばたきしないで読みたい所です!!

 

ワンピース最新話969話ネタバレまとめ

 

という事で、おでんの反撃が描かれる・・・かと思いきや、一転しておでんがバカ殿になるという、読んでいても苦しい状況になってしまいました。

当然そこにはおでんの苦しみながらの決断があったはずですが、それが一体何だったのかが気になる所です。

 

しかしここまでとにかくオロチのクズっぷりが徹底して描かれています

このオロチへの怒りがスカッとするのは過去編では無理だと思いますが、それでも何かそういう感じの展開になって欲しいと願ってしまいますね。

 

おでんの過去編も本当に終盤へと差し掛かってきたはず。

最後におでんが何を残して散っていくのか、辛いですが期待して待ちましょう!!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

ワンピース最新話968話ネタバレ感想!ロジャー海賊団解散とシャンクスの涙!過去編は再びワノ国へ!

 

ワンピースネタバレ考察!ワノ国編第三幕に参戦しそうなキャラクターとは?