チェンソーマン最新話56話ネタバレ感想!トーリカの師匠が可愛すぎる!!!

チェンソーマン最新話56話ネタバレ感想!トーリカの師匠が可愛すぎる!!!

「チェンソーマン」最新話56話ネタバレ感想!

 

最新話の56話ですが、あんまり事態が動いてないようで、地味に結構動いていた。

そんな感じの回となっていましたね。

やはりデンジを狙う刺客達はレベルが高いのか、あっという間に迫ってきている感じで恐ろしいです。

とはいえ護衛のメンバー達が何を考えているのかもわかりませんし、対策は出来てるのかもしれませんが。

 

そして今回はなんだかほっこりする感じのペアがそれぞれ描かれていた気がします。

特にトーリカの師匠はマジで可愛いです(笑)

 

そんな56話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

チェンソーマン最新話56話「呪いと初めて」

 

デンジとパワーのどうでも良すぎるやり取り

 

沢山の護衛を連れてやってきたのはバーガーショップ。

ここでのデンジとパワーのやり取りがまあいい感じに酷かった・・。

 

野菜嫌いなパワーが無理矢理口に野菜を突っ込まれて半泣き状態に。

しかしそれだけでは終わらず、ここからの発言が酷いです。

 

「もうイヤじゃあ~吐くからデンジ食べてぇ~・・・」

 

という問題発言に対して「もうゲロは食いたかねぇ・・」と記憶に残る姫野先輩とのゲロ回を思い出させるデンジ。

 

しかし更にパワーは「綺麗に吐くからぁ~・・・」と更にお願いするのでした。

 

 

綺麗に吐くって何よ!!??

 

トーリカの師匠が怖すぎる&可愛すぎる

 

そんな感じでバーガーショップでアホな話で盛り上がっていた一行。

しかしこの時点で既にバーガーショップにはソ連?からの刺客であるトーリカとその師匠が潜入済み。

 

至って普通のお客さんのフリをしていましたが、ハンバーガーを手に席についた時点で、呪いの悪魔と契約している釘を3度もデンジに刺しちゃっていました。

気づかないデンジもデンジな気がしますが、さらりとやってのける師匠も怖いですね。

 

そして残り1回で相手の命を奪えるという状態にしておいて、その1回をトーリカに任せます。

どうやらトーリカはまだ悪魔と契約もしていないようで、これこそが師匠からの卒業試験みたいなものみたいですね。

 

そして師匠はここでハンバーガーを食べる事になるも、呪いの悪魔の契約によって指の感覚を持っていかれていました。

味覚も取られていないだろうかと心配しながらハンバーガーを食べた師匠。

 

「はい!ここに人がいなかったら踊りだしたいおいしさです!」

と、満面の笑みに加えてほっぺにケチャップまでつけた状態でそんな事を口にします。

 

これがもうめちゃめちゃ可愛い(笑)

 

ほっぺについたケチャップをトーリカが拭いてあげる所までセットでなんだか尊い気がしましたよ

この二人には死んでほしくないな~~~・・・・

 

妙にいい感じのコベニと暴力の魔人

 

一方でデンジの護衛とは関係なく働いていたのがコベニと暴力の魔人。

しかしコベニは相変わらず悪魔を見るのも嫌なのか、暴力の魔人が働いている間も隠れている始末。

フィジカル強いはずなのに、通常時は本当に駄目な子ですねぇ。

 

そんな駄目なコベニに暴力の魔人は優しく、何故かソフトクリームを奢ってあげることに。

超貧乏人であるコベニはソフトクリームを食べるのが人生で2回目という事で超嬉しそうに食べます。

 

そしてコベニはやたらと優しい暴力の魔人の事が気になります。

「暴力さんは暴力の魔人だけど・・なんか暴力っぽくないですよね」と。

 

どうやら暴力の魔人には魔人では珍しく人間の脳みそが残っているとの事。

人だった頃に行ってた学校や定食屋なんかは覚えているものの、どうして死んだのかは覚えていないようです。

しかし何故かマキマさんに助けられたことだけは覚えている模様。

 

名前とキャラクター性の違いというのは気になる所ですが、彼には仮面を外したらどうなるのかという問題が残ってるんですよね。

外した時にこそ本当の暴力の魔人になっちゃうんだろうか・・。

 

まあとりあえず今の段階では「暴力なんて好きじゃないぜ。ラブ&ピースだよな!」と言ってますし大丈夫そうではありますね。

しかしこんな日常エピソードが挟まれると、「チェンソーマン」の場合は死亡フラグとも考えられるのが怖い所だったり。

 

早速やってきた偽黒瀬

 

そんないい感じのコベニと暴力の魔人の所にやってきたのは、黒瀬に化けたアメリカ3兄弟の長男。

あくまでも東京にやって来る途中で、バディの天童と師匠のスバルさんがやられてしまったという設定で話を進めたいようです。

 

そして二人に発破をかけて無理矢理公安本部に連絡を取らせようとした偽黒瀬。

元は冷静な感じの長男ですし、結構頭も回るタイプのような気がしますね。

 

報酬はデンジの血

 

デンジとパワーは護衛に守られながらも、夜の11時までずっと歩き回らせられていた様子。

流石にそこまでやられると、デンジも自分が「餌にされている」という事に気づいていました。

 

しかし早川はデンジが餌だという事を否定すらしません。

「少しでも早く江の島に行くためだから許せよ」

 

悪気もなくそんな風に語る早川でしたが、そう言われてしまうとデンジも納得するしかありません。

 

が、そこで声を上げたのがパワー。

 

二人と違ってこの件が片付いても何の報酬もないのが不服な様子。

 

そこで欲しい物を聞かれたパワーは、誰か人間の血を死ぬまで吸いたいと答えます。

 

普通であればそんなもの用意出来るはずもない早川。

しかしあっさり了承します。

「デンジ、今回のが一段落したら死ぬまで全部吸わせてやれ」と

 

早川も大分デンジの扱いがいい感じに酷くなってきてますね(笑)

 

そしてパワーはデンジの血でめちゃめちゃ喜ぶという(笑)

こいつら本当に只の仲の良い兄妹みたいに見えてきたなぁ。

 

チェンソーマン最新話56話まとめ

 

という事で進んだようなあんまり進んでないような感じの今回。

 

まあ少なくともソ連組?とアメリカ組は既にデンジのすぐ近くに迫っています。

これに加えて中国のクァンシとドイツのサンタクロースもいる訳ですからね。

 

果たして本当に守りきれるのか?・・・というか何人生き残れるのか、という事になってしまいそうな気がします。

 

ゆったりとした展開が続いているので(京都組は全滅したけど)、そろそろ一気にヤバめの展開が待ってそうな予感・・・。

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

チェンソーマン最新話57話ネタバレ感想!パワーにハンドルを握らせてはいけません

 

 

チェンソーマン最新話55話ネタバレ感想!新キャラ続々登場も早速死者が!?