呪術廻戦ネタバレ考察!0巻で登場した菜々子と美々子以外の夏油ファミリーは!?

呪術廻戦ネタバレ考察!0巻で登場した菜々子と美々子以外の夏油ファミリーは!?

ハロウィン編が盛り上がりを見せている

 

「呪術廻戦」

 

93話では体を奪われている夏油が救った少女である、菜々子と美々子が登場してきましたね

今の夏油が偽物であるという事が判明した時、彼の仲間達がどうなってしまったのかが気になっていただけに、なんだかスッキリした気持ちでもあります。

 

彼女達にとって夏油というのは、呪力があるというだけで迫害されまくっていた自分達を救ってくれた存在です。

親代わりであるのはもちろん、彼女達にとって夏油は最早神のような存在なんですよね。

 

夏油様が言えば黒も白だし、白も黒なんだよ。

私達はあの人が見据える世界を信じてる。

 

この言葉からも分かるように、夏油の事を強く信じているようです。

だからこそ夏油の肉体を取り戻すために偽夏油に協力までしていたんですね。

 

しかしここで少し気になったのは、菜々子と美々子以外のファミリー達はどうなったのかという事です。

 

今回は少しだけ夏油ファミリーについて考えてみましょう。

 

 

0巻で登場してきた夏油ファミリーはどうなった!?

 

夏油にとっての家族達

 

五条と夏油の過去編では夏油が闇落ちしていく様子が描かれました。

星漿体の件をきっかけとして、自分の中にどんどんと黒いものが溜まっていった夏油。

そこに九十九が発破をかけたことでストッパーが少し緩くなっていき、その状態で遭遇してしまったのが菜々子と美々子達の村での出来事。

 

そこで遂に押さえていたものが爆発してしまった夏油。

100人以上の住人達を皆殺しにして、その代わりに菜々子と美々子を救うことになりました。

これをきっかけとして、夏油にとって呪力を持たない者達は猿でしかなくなってしまう訳です。

 

そしてその後は星漿体の件で深く関わりを持った宗教団体を乗っ取り、それを呼び水にして金や呪いを集めていました。

が、分かっているのはそこまで。

 

その後10年くらいは完全に潜んでいた感じです。

そしてその間に菜々子と美々子以外の家族を加えていったのだと思います。

 

しかし只の仲間というのではなく、家族と呼ぶくらいですから、皆が菜々子と美々子のような辛い境遇だったのかもしれませんね。

10年以上時間があっても、夏油を含めて全部で7人くらいしかいませんでしたので、本当に強い繋がりがなければ家族にはなれなかったのかも。

 

名前も分からない家族達は今何処に?

 

そんな夏油の家族達ですが、実際の所菜々子と美々子、そしてあのミゲルくらいしか名前が判明してなかったりなんですよね。

 

呪術廻戦0巻より引用

 

このバンダナ+顔に傷のある男はいかにも実力者ですよ・・みたいな雰囲気が漂ってます。

しかし百鬼夜行においても特に戦闘シーンが描かれる事もなく終了。

 

会話している所すらなかったので、どういう人物なのかもはっきりしません。

正統派の実力者っぽい気がしますし、再登場に期待したい存在です。

というか、こういう雰囲気のキャラが夏油の家族になっているというバックボーンの部分も気になります。

 

 

呪術廻戦0巻より引用

 

そしてこちらも特に戦闘シーンが描かれる事のなかった上半身裸の男。

何故か乳首をハートのシールみたいなので隠しているのと、オネエである事を一切隠そうとしない喋り方が特徴です。

 

ムキムキでオネエという感じというのは割とありがちでもありますが、オネエらしく菜々子や美々子とは仲が良さそうに見えました。

なんとなくですが、夏油の事を好きなんじゃないでしょうか(家族という意味でではなく)

なので、今も菜々子と美々子と共に夏油の体を取り戻す為に行動をしていそうな気もします。

 

呪術廻戦0巻より引用

 

この女性も名前が判明することなく終了してしまいました。

夏油の秘書的な役割をしていた感じで、夏油の事をしっかりと理解している感じに見えました。

 

写真を撮りたいと言う夏油の為にカメラを用意していたりと、秘書としても相当有能なんだろうと感じましたね。

それでいてしっかり戦いの前線に出てきていましたし、術師としても優秀なのかもしれません。

 

夏油のいない新宿で指揮をとっていたのも彼女でしたし、夏油の組織のサブリーダーみたいな感じだったのでしょうね。

 

 

呪術廻戦0巻より引用

 

そして一年前の美々子

93話では前髪パッツンになってましたよね。

目がイッちゃってる感じだったのもあって、この頃はまるで別人のように見えます。

いつも人形を持っているのは変わってませんでしたけどね。

 

呪術廻戦0巻より引用

 

そしてこちらも単なる女子高生にしか見えない菜々子。

スマホばっかりイジってる感じの娘でした。

とはいえ、そのスマホを戦闘でも使う感じでしたので、どういう戦闘スタイルなのかも気になります。

 

93話ではやっぱり目がイッちゃってる感じだった事もあって、やはり別人のように見えましたね。

 

やっぱり気になるミゲルの存在

 

そしてそんな夏油ファミリーの中でもやはり別格の存在感があるのが

 

呪術廻戦0巻より引用

 

ミゲルですよね!

 

そもそもまだ本編では名前さえも登場していないはず。

登場したのは扉絵で1コマだけ。

 

しかしそれでも呪術廻戦をよく知る方にはかなり注目される存在です。

 

それはやはり、0巻での百鬼夜行の戦いにおいて五条の時間稼ぎに成功しているからなんですよね。

おそらく時間にして数十分間五条を止めていましたはずです。

 

ハロウィン編では、五条を止めるために特級呪霊達が四苦八苦していましたよね。

3体がかりで様々な工作をして、その挙げ句花御は祓われ、どうにかこうにかなんとか目的を達成出来たという感じでした。

 

特級3体でもまともに足止めが難しい相手である五条

それを一人で数十分間足止め出来たミゲル。

それによって登場していないというのにミゲルの株がめちゃめちゃ上がることになりましたよね。

 

もちろんミゲルの使う特殊な縄が五条と相性が良かったという所が大きいんでしょうけどね。

 

しかしそんなミゲルも今は外国で乙骨と共に行動しているようです。

元々敵対していた彼らが何故共に行動しているのかは謎のまま。

 

なんとなくイメージ的には、ミゲルが乙骨を導いているような感じですよね。

ミゲルは世界中の術式とかにも詳しそうな気がしますし(なんとなくですが)乙骨を各地で学ばせる事で成長させているような気がします。

乙骨は無条件に術式を模倣出来るようですし、世界中の様々な術式を模倣する旅なのかもしれません。

 

まあ、目的はそういう事だとしても、何故そういう状態になったのかは謎のままです。

本物の夏油が自分が死んだ場合の事を想定して託していた・・・みたいな可能性は少しありそうですよね。

とはいえ夏油は最後に五条にトドメを刺される直前までずっと乙骨の持っていた里香の力に執着していた感じなので、自分が死んだ後の事をそこまで考えていたとも思いづらい所ではあります。

 

一方で家族に対して何か遺言を残していたという可能性は考えられるでしょう。

もしくはミゲルだけは家族ではなく、百鬼夜行で五条を止める為に呼んだ助っ人みたいなものだったのかもという考え方もあります。

だからこそ夏油との契約がなくなったミゲルは優秀な術師である五条と繋がりを持ち、五条もミゲルに乙骨を預ける事になった・・・みたいな。

 

まあその辺りが判明するのも楽しみに待ちたいですよね!

 

夏油ファミリーについてのまとめ

 

という事で色々と夏油の家族について考えてみました。

 

イメージ的には、菜々子と美々子以外のメンバーも夏油の肉体を取り戻す為に動いているような気がします。

半裸の男や秘書風の女性なんかは、普通に夏油の事を大好きな感じに見えましたし。

 

なので、もしかするとこのハロウィン編において菜々子と美々子以外の家族達も登場してくるかもしれません。

 

流石にすぐに夏油の肉体を取り戻せるとは思えませんが、いつかは夏油を取り戻して欲しいものです。

 

あと余談なのですが、

 

呪術廻戦0巻より引用

 

何気に0巻の時点で冥冥さん登場してましたね!

その手前にいるのは何となく猪野琢真っぽいですが、ここに集まっていたのは準1級以上のはずだから流石に違うかな?

 

という事で今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話112話ネタバレ感想考察!宿儺復活!犠牲になった菜々子と美々子が辛い・・・!

 

呪術廻戦最新話111話ネタバレ感想考察!本気の漏瑚が強すぎる!虎杖の中の宿儺が遂に目覚める!?

 

呪術廻戦最新話93話ネタバレ感想!イノタク先輩が語る五条封印で困る2つの事!!

 

呪術廻戦ネタバレ考察!伊地知さん死んでないよね問題について