ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!4つ目のジェイルは沖縄!物語とソフィアの謎に迫る沖縄のジェイル攻略後編

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!4つ目のジェイルは沖縄!物語とソフィアの謎に迫る沖縄のジェイル攻略後編

「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ」

 

全国各地での冒険が楽しすぎる「P5S」

物凄く作り込まれているという感じではありませんが、十分各地を観光しているような気持ちになれますよね。

しかも本作では基本的に明るい雰囲気で物語が続くのが最高すぎます!

 

という事で今回は沖縄編の後半から

 

 

 

沖縄という事に合わせて雑魚敵として登場するのはシーサーだったり。

ちなみにこの辺りまでずっと各キャラをまんべんなく使ってきてましたが、少しずつレベル差がついてきてたり。

 

ジョーカー以外のキャラだと、特に使っていたのが春ですね。

グレネードランチャーが使っていて気持ちいいのでお気に入りです。

逆に祐介は若干クセが強い感じであんまり操作キャラとしては使ってなかったり。

 

 

音声データを集めていく中で「あの方」という存在が出てきます。

その「あの方」こそが本作の黒幕という事なんでしょうね。

 

 

ここで語られている組織というのは「P5」で出てきた組織の事かな?

とはいえ獅童が認知世界を使っているという感じではないから別なのかな?

この辺はどういう事なんだろ。

 

 

沖縄でのボスなのかと思われていた生方。

しかしどうやら彼自身も今回の事件における駒の一つだった様子

 

 

そんな感じで情報を得ながらも更に進んでいきます。

ヘカトンケイルとか出てくると結構後半に入ったような気がしてくるなぁ。

 

 

そしていよいよ音声データもラスト。

音声を残した生方は自らの過ちを認めていました。

 

 

ジェイルのシステムはいわば強制的な改心によって人々をコントロールするというもの。

まああんまり深く考えなくても、人類を救済出来るようなものだとは思えませんよね

 

 

そして最後に声だけの出演となったのがソフィアに似た声。

丁寧な感じの口ぶりはやはりEMMAを思わせますよね

 

 

そんなEMMAらしき声ですが、ソフィアに対しては厳しく言及してきます。

少なくともソフィアとは別の考えを持っているようですね。

 

 

そんなEMMAっぽい声はソフィアの事をバッサリ。

何もそこまで言わなくても・・・・って感じですよね。

 

 

しかしここで立ち上がってくれたのが竜司。

何も言い返せないソフィアに代わって反撃してくれます

 

 

凄いバカっぽい言葉ではありますが、物凄く温かい竜司の言葉

やっぱり本作では何気に竜司がソフィアの事を気に入ってるんですよね。

アホだけど頼れる兄ちゃんっていう感じが凄く良いです。

 

 

モルガナも立場的にはソフィアの気持ちが分かるのか、同調して反撃してくれます。

まあ流石にこれはちょっと逆に恥ずかしい気もしますが(笑)

 

 

と、ここで沖縄ジェイルのボス敵との戦闘に。

これまでのジェイルの場合はジェイルの王がボスとなっていましたが、今回はトラウマルームを守っていたロックキーパーがボスとなっています。

まあ正直そんなに特別強いという感じではなかったので戦いの様子は割愛します(単純にスクショ撮ってなかっただけですが)

 

 

王ではなく番人を倒しただけで終わってしまった今回のジェイル。

これまでのジェイルと全く違うという所は今回の事件にとっての大きなヒントになっていますね。

 

 

EMMAっぽいAIに色々と文句を言われてダメージを食らっていたソフィア。

しかし竜司を始めとした皆が怒ってくれた事で嬉しいと感じてくれていました

 

 

ぽかぽかしてる

これは京都での茜と真のやり取りの際に双葉がなっていた状況と同じですね。

ソフィアはもう既に人間なんじゃないかと思っちゃいます。

 

 

改めて思いますが、ソフィアはめちゃめちゃ可愛いんですよね

AIという特別なキャラながらも、ちゃんと今作のヒロインをやっている気がします。

「P3」のアイギスとかとはまた違った感じのロボ系のキャラというべきか。

 

 

今回の双葉は思い切りツッコミ入れてくれるなぁ。

ってかソフィアにそんな事言われたら照れるっつーの!

 

まあ本作での双葉はムードメーカーとしてめちゃめちゃいい仕事してくれてますよね。

 

 

という事でようやく戻ってきた現実世界。

善吉が色々気になる気持ちは分かるものの、昼間から夜中まで休まず頑張ってきた怪盗団は既に限界

 

 

半分以上は楽しい時間だった気もしますが、流石に徹夜でのジェイル攻略はシンドいよね。

 

 

ちょっと休んでから善吉に捜査の進捗状況を確認。

すると既に死人が出ている事が発覚

 

 

そして既に死んでいたという研究所の所長こそが生方収蔵。

ジェイルの中で音声データを残していた人物です。

彼がAI研究者だったという事やジェイルの中の音声データによってかなり物語が繋がってきましたね。

 

 

そして生方の遺留品から研究所の鍵をゲット

これで調べたかった研究所の調査が可能に。

 

 

しかし既に色々と処分されているのか全然目新しい情報は見つからず。

まあ重要な情報を簡単に残しているはずもありませんよね。

 

 

とか思ってたら双葉がオタカラを発見!!

同じタイプの人でなければ分かりづらい所に隠してあったんですね。

 

 

という事でUSBメモリの中を見ていると、改心のターゲットとなっていそうな大物の名前が。

 

 

これは確かオープニングでも語られていた奴かな?うろ覚えだけど。

 

 

まあ今回も改心の力を悪用して利益を得ている悪党がいるという事なんですよね、結局。

まあどうせ政治家なんだろうなぁとか思っちゃったり(笑)

この世界の政治家ヤバい奴ばっかりだし、そろそろ「P5」のあの政治家が頑張ってくれないもんかなぁ・・・。

 

 

ここからが今回の戦いの本番。

という状態ながらもしっかりと茜の事を気にかける双葉優しいな。

ちょっと手厳しい感じの発言だけども。

 

 

そして竜司はやっぱり優しいよね。

まあ一緒に海で遊んでたし、怪盗団の仲間というよりは年の離れた友達感もちょっとあるような。

親戚のおじさんって感じが一番しっくりくるかな(笑)

 

 

とは言いながらも、善吉は鏑木さんの部下。

捜査の進捗状況をしっかりと報告。

ここで今回の敵がマティスだという事が共有出来ましたし、なんだか順調な感じですよね。

 

 

なんだかちょっと嬉しそうに語る善吉。

ホッとしているようにも見える気がします。

やっぱり善吉も怪盗団の事を気に入ってしまってますよね

 

 

しかしそんな状況でも警戒を弱めない鏑木さん

出来る系上司である事は間違いありませんね。

 

 

という事で次の目的地はマティスの本社がある大阪・・・・でしたが、とりあえず立ち寄ったのは福岡

残念ながら探索とかは出来ませんが、ちょっと立ち寄ってくれただけでも日本全国を制覇した感じがしますよね。

 

そしてここから物語は大きく動き出していくことに・・・・

次回は大阪・・・・かと思いきや京都での物語となります。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!再びの京都で5つ目のジェイル!物語が大きく動き出す京都ジェイル前編

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!再びの京都で5つ目のジェイル!物語が大きく動き出す京都ジェイル中編

 

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!真の決意と善吉の娘との出会い!沖縄への道後編

 

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!3つ目のジェイルは北の大地で!春の覚悟と札幌のジェイル攻略後編 観覧車デートも!!

 

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!世直しの旅開始!祐介の成長と仙台のジェイル攻略前編

 

ペルソナ5スクランブルネタバレプレイ感想!杏の成長が描かれた渋谷のジェイル攻略 前編