ファイナルファンタジー7Rネタバレプレイ感想⑥神羅ビルでの激闘!物語は運命の壁の先へ

ファイナルファンタジー7Rネタバレプレイ感想⑥神羅ビルでの激闘!物語は運命の壁の先へ

ファイナルファンタジー7リメイク

 

プレイ中ずっとワクワクが止まらなかった「ファイナルファンタジー7リメイク」

戦闘の楽しさや圧倒的なグラフィック、そしてパワーアップし過ぎたイベントの数々

そしてリメイクならではの追加要素の部分。

 

個人的にはそれら全てが最高に面白い方向に繋がっていたと思います。

分作とは言いながらも何となくキレイにまとまっているのですが、それでいてめちゃめちゃ考察が捗る作りには感心させられました。

スクショ出来るのが最終チャプターの前までとなっていますので、とりあえずそこまで感想をまとめてからクリア後の感想をまとめたいと思います!

 

ファイナルファンタジー7リメイクネタバレプレイ感想

 

プレート上部への壁を超えて

 

 

レズリーから貰ったワイヤーガンを使って壁を登り始めた一行。

ってか登ってしまったらもう戻れないのよね・・・。

今作の数少ない不満点を探すのならば、自由度が少ないという点になるでしょうね。

まあ基本的に原作も一本道ですし、出来る事が増えるのはミッドガル編以降ですからそこは我慢でしょう。

色々な事が増える分だけ制作には時間がかかりそうな気もして不安ですが(笑)

 

 

しかしこの辺りから見るミッドガルってマジで凄い作りしてますよね

物凄く無計画に思いつきで作ったんじゃないかと思ってしまうような構造してますよね。

未完成感が漂う分、不思議な魅力がこの街にはあるんだろうなぁと改めて感じたり。

 

 

そしてこの辺りに来ると雑魚敵にソルジャーが混じってきます。

なんだかんだ結構強いけど、こいつらとあのヤバいローチェと同じランクだとは思えんな

 

 

そしてその後はボス敵を撃破したりして頂上に到着。

もうこの夕焼けが最高に素敵で映えてますよね。

 

神羅ビル潜入!!!

 

 

そしていよいよやって来ました神羅ビル。

この都市の中心にあるだけに凄まじくでかいビルとなってますね。

 

 

ちゃんと玄関ホールには後でお世話になるこのバイクも飾られてます

これがなければ逃げられなかっただろうに(笑)

 

 

ちなみにここから上層階に向かう方法として、エレベーターを使うか階段を使うか選べるようになってます。

単純にこっちの方が面白そうだという理由で階段を選びました。

が、途中で皆疲れてくる事もあって結構長ぇ・・・

 

 

着いたけどもう皆ヘトヘトですわ・・・。

そりゃ60階近くを一気に登ったらそりゃ死ねるよね。

操作するのも結構大変だったよ。

 

神羅ビル見学ツアー

 

 

そしてバレずに平和的に潜入した一行(二人程思い切り危険物持ち込んでますが)

何故か神羅ビルの見学ツアーに参加する事に。

って言っても音声が全部機械的に説明してくれるだけですが。

 

 

かと思ったら物凄くバーチャルな世界へとご案内されてしまった(笑)

ミッドガルにはこんな自然溢れたエリアがほとんどないだけに、この美麗な世界観は素敵過ぎますよね。

これだけ美しい場所がミッドガルの外にはあるのかな?

 

 

何気にここで約束の地というキーワードについての説明もあったり。

しかし特にこのムービーで見るクラウドとティファはどっちも美男美女過ぎるな

 

 

後半では神羅カンパニーが目指すネオミッドガルの構想も。

まあここまで来ると本当に近未来って感じですよね。

 

 

とか平和な感じで楽しんでたら、突如としてテイストが全く違うものに。

メテオは落ちてきてるしセフィロスは当然のように存在しているしと、恐ろしいくらいにド派手なムービーとなっています。

これが何を意味しているのか想像するのも面白いですね。

 

神羅ビル探索

 

 

そしてその後は形ばかりのミッドガルの市長、ドミノと出会う事に。

まあこのおっさんはプレジデント神羅が大嫌いなのでこちらに協力してくれているゆかいなおっさんです。

市長最高!!!

 

 

一方その頃エアリスは宝条博士にセクハラ?を受けてました。

 

 

声優さんのパワーもあって、最高に気持ち悪く粘着質なキャラになってます

この辺りは本当に素晴らしいですよね。

 

 

そして当然のように神羅ビルに現れるチャドリー。

ありがたいけど、こいつがいれば神羅ビルに潜入とかも出来てたんじゃなかろうか

ちなみにこの場所ではバトルシミュレーターがあるので、闘技場感覚でバトルも楽しめます。

 

 

そして何故かここでクラウドを知る兵士と遭遇

しかしその辺りの部分はクラウドの本当の記憶の部分と関わってくる部分なので、本作では匂わす程度にすぎませんが。

 

 

神羅カンパニーの重役達が揃っての会議をしているので、クラウドとティファは通気孔から覗く事に。

ハイテクなビルなのにこういう所はめちゃめちゃアナログなのね(笑)

原作通りではあるものの、ちょっとだけシュールに感じます。

 

 

しかしこのプレジデントの悪役感は中々ですよね。

それだけにもったいない気もしてしまったり。

 

宝条との戦い

 

 

その後は会議終わりの宝条の後を追って研究エリアへ。

バレットが目の前にいるのにこの余裕なのがムカつく所ですわ。

 

 

多分原作でもそうだったのだとは思いますが、とにかく本作ではこの宝条のイカれっぷりを十分に感じられます。

マッドなサイエンティストっぷりが半端じゃないというか、普通に気持ち悪いというか。

 

 

当然のようにヤバい奴をこちらにぶつけてくる宝条。

バイオハザードのボスみたいなビジュアルですね。

 

 

まあ基本はそこそこ苦戦するのですが、こいつはそれほどではなかった印象かな。

 

レッドⅩⅢ登場!!

 

 

そしてここで実験動物として捕まっていたレッドⅩⅢも登場!!

このクオリティで見ると中々格好良いですね。

 

 

アイアンマンっぽいスーツに身を包んだ兵士達とも戦闘に。

地味に強かった気がするぞ。

 

 

なんやかんややってる間にレッドⅩⅢが仲間に加わる事に。

とはいえ今作ではプレイアブルキャラではなく、あくまでもサポートキャラなんですよね。

まあここで仲間になっても操作出来る期間は短いですし、だったらミッドガル後に仲間になった方がキリが良いかもしれません。

 

運命の番人フィーラー

 

 

その後色々あって気を失ってしまったクラウド。

 

 

目覚めた場所はエアリスがかつて暮らしていたという場所。

エアリスの後ろにある絵が素敵ですね。

 

 

ここでエアリスからようやく大事な話が聞かされます。

まあ古代種である事は知ってましたが。

 

 

あくまでも古代種というのは神羅が名付けた名前なんでしたね。

本当はセトラというようで、正直この辺りの事あんまり覚えてないな・・・。

 

 

そして本作で序盤からちょいちょい登場してきたローブ姿の謎の生命体(フィーラー)についても語られます

彼らは「運命の番人」という事で、リメイク版において非常に重要な存在となっているようです。

ってか運命ってなんか嫌な予感もしてきますよね。

 

 

放っておけば世界は滅びてしまうという事で、フィーラーはその辺りについてコントロールしているとの事。

確かにフィーラーが登場する場面って謎でしたよね。

散々邪魔してくれたかと思ったら、エアリスの事は助けたり

とはいえ最初のエアリスとの場面では襲ってたように見えましたし、何をしようとしているのか不明です。

 

 

フィーラーが飛び交う中で、PVでも聞く事が出来たこの台詞が飛び出します。

何となくエンディング直前とか、ミッドガル脱出した辺りで使われると思っていただけに、神羅との戦いの真っ最中に使われるのは意外でした

 

 

この辺りのエアリスの台詞もかなり意味深なんですよね。

じゃあ本当の敵とは誰なのか?

セフィロスなのか、フィーラーなのか、それとも??

 

 

この台詞もかなり考察したくなる台詞ですね。

黄色い花と言って思い出すのは、クラウドとエアリスの出会いの場面でしょうし。

 

 

とか言ってたらウェッジがまさかの登場。

どうやら本家のアバランチに協力してもらって助けに来てくれたようです。

何気にやるじゃん!ウェッジ!!

 

 

本作でのクラウドってやっぱりなんか可愛いのよね

妙に素直というか、原作の後半でのクラウドの部分がちょっとだけ表に出ている感じなのかな。

 

ジェノバとセフィロス

 

 

そしてこちらもファイナルファンタジー7を語る上では外せない存在のジェノバ。

こいつが何者なのか判明するのはもうちょっと先の話かな。

 

 

過去のシーンと現在のシーンでやたらと登場してくるセフィロス。

 

 

今回は普通に皆の前に登場。

これまではクラウドの幻覚がメインでしたが、今回は本物(に見える)が来てしまったようです。

 

 

そしたこちらもPVで見た場面。

 

 

こちらも意味深な宝条。

こいつはクラウドについても実は色々知っているんですよね。

 

 

と思ってたらレッドⅩⅢ色々と詳しいな。

まあ宝条はジェノバに固執する変態という事で

 

 

その後は2つのチームに分かれてダンジョンを進めていきます。

美女二人が細い所を渡ってるシーンが良いよね。

当然のようにこの後落下する訳ですが(笑)

 

 

更にはレッドⅩⅢが宝条に襲いかかったり(失敗するけど)

 

 

原作では雑魚モンスターだったソードダンスがボス敵に格上げになってたり。

 

プレジデント神羅との対峙

 

 

色々と苦労しながら何故かビルから落とされそうになってたプレジデントを追い詰める事に。

しかしバレットが割と正々堂々とやってるのがちょっと甘いんだよな・・・。

 

 

だから思い切り反撃されちゃうんだよ・・・。

まあ拳銃だけでバレットに勝てると思ってる辺りが甘いんだが。

とはいえここでの「神羅がなくなった後のビジョンなんてないんだろ?」的な台詞はさすが社長といった感じでした。

 

確かに既存のシステムに文句を言うのは誰でも出来ますが、だったらどうやって理想を形にするかという部分を具体的に考えられる人は少ないでしょうからね。

 

 

まあかっこいいのはそこまで。

突如現れたセフィロスに思い切り貫かれてしまいます

 

確か原作だと皆が来た時点で刺されて死んでるんだよね。

あの辺りは妙にホラーっぽい演出だった気がするかも

 

ジェノバとの戦い

 

 

そしてこちらもPVで流れてたシーン。

バレットが刺されちゃマズイじゃんと思ってました。

何かしら幻覚とかかなぁと思ってたけど本当に刺されてますね、これ。

まあ後々でフィーラーが何故か治してくれるのですが。

 

 

これはヤバいという展開の中で登場してくるボスキャラ。

 

 

それがジェノバ。

幻覚の力を使うのか、社長室がえらい事になってます

超禍々しい感じの世界観に早変わりって感じですね。

 

 

そしてこいつはめちゃめちゃ強いって感じではないものの、相当戦いづらいです。

触手を生やしまくりで中々本体に攻撃も出来ないし、ダメージも通しづらいですしと嫌いなタイプだわ。

見た目はラスボスでも良いんじゃないかと思うくらいに好みですが。

 

 

こいつはかなり倒すのにも時間がかかったなぁ。

リミット技を空かしたり外したりしてショックがデカかった気がする。

 

 

そしてようやく倒すと、セフィロスがジェノバ(本体)を連れて去っていきます

しかし何をしててもコイツは絵になるよね。

 

 

とか思ってたら何処かで見たことある感じのローブ姿の男に早変わり。

結局の所はセフィロスではなかったって事かな?

原作プレイしてるけどこの辺りの事ってよく理解してないんだよなぁ・・・。

 

ルーファウス神羅の登場

 

 

やることやったし後は脱出・・という所で登場してきたのが副社長のルーファウス神羅。

こいつもまたイケメンですね、まあこいつは特に原作からイケメンだった気がするけど。

 

 

クラウドとそこまで関わりがある訳ではありませんが、何故か因縁の相手っぽい感じで登場するのが面白かったかも

なんか終生のライバルみたいな感じみ思えますが、戦うの原作だとここだけだったよね。

 

 

なんて意味深な台詞なんだ(笑)

 

ちなみに戦闘場面は全くスクショ撮れてませんでしたが、こいつも結構強いです。

犬っころと一緒に登場してくるんですが、多彩な攻撃持ってますしカウンター仕掛けてくるしと非常に厄介

とはいえかなり面白いボスであるのは間違いないです。感覚的にはレノとかに近いかな。

 

 

まあ原作同様にスタイリッシュにヘリに乗って去っていくのですが。

 

神羅ビルからの脱出

 

 

そして先に脱出しようとしていたバレットとエアリスもボス戦に。

こいつもまた相当強いんだよね。

敵の攻撃を壁とかで隠れないとやばかったりしますし。

 

 

まあとにかく派手派手な戦闘になってます。

銃弾が死ぬほど飛び交ってますし。

 

 

そしてボスを倒したものの敵に囲まれてしまった3人(2人と一匹)

 

 

エアリスに対するバレットも格好良いですね。

マリンを助けてもらった恩は返さないと!!

 

 

と、ここでクラウドがバイクに乗って登場!!

やっぱりクラウドにはバイクが良く似合うのよね。

 

 

バイクで軽くザコ兵士を蹴散らすクラウド。

 

 

ティファも原作通りの車に乗って登場。

ここから全員が揃ってミッドガルの脱出することに。

 

と、スクショが可能だったのはここまで。

この後は原作通りにバイクバトルが繰り広げられていきます。

 

そしてラストチャプターへ

 

バイクバトルの終わりまでは原作と同じ感じで進むのですが、そこから先は驚くべき展開が待っています!

リメイクならではの部分で物語はエンディングへと進んでいくのですが、ここがもうとにかく凄かった!!

 

それでいてとにかく本作がどういう作品であるのかを改めて考えさせられるようなラストになっていて、これまでに感じていた違和感みたいなものを突きつけられたような感じとなっていました。

まあもちろんその分だけ批判的な意見が出てくるのも仕方ないかもしれませんが。

 

あまりにも衝撃的だったので、クリア後は色々とネタバレ考察っぽいサイトとか動画とかで色々な意見を見てしまいました。

何が正解なのかはまだよく分かっていないのですが、これが上手くいったら物凄い事になるんじゃないかなぁと個人的には思いました

 

まあその辺りについてはまた別な記事で書いてみたいかも。

 

ファイナルファンタジー7リメイクネタバレプレイ感想

 

とりあえず最初っから最後まで本当に熱中してプレイ出来ました!!

続編は当分先になるでしょうが、楽しみに待っていたいと思います。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ファイナルファンタジー7リメイククリア後ネタバレ感想とネタバレ考察!エアリスはループしている?生存ルートも確定か!?

 

ファイナルファンタジー7Rネタバレプレイ感想⑤ティファとのデートイベントも!チャプター13と14をプレイ!!

 

ファイナルファンタジー7Rネタバレプレイ感想④タークスとの熱すぎる戦い!そして遂にジェシーとの別れも!!