ワンピース最新話981話ネタバレ感想考察!キングと同じ事をあっさりとやってのけるマルコとイゾウが遂に参戦!!

ワンピース最新話981話ネタバレ感想考察!キングと同じ事をあっさりとやってのけるマルコとイゾウが遂に参戦!!

ワンピース最新話981話ネタバレ感想

 

休載明けとなる今回の981話でしたが、まあやっぱり面白すぎましたね!

サブタイトルの時点で少し期待する部分があったのですが、それを超えてきてくれたなぁと感じてしまいました。

それでいて細かく新たな情報をどんどん出してくれるんだから面白くないはずがないですよね!

 

まさかのあの人も参戦となった981話の気になる所をまとめてみたいと思います。

 

ワンピース最新話981話「参戦」

 

このサブタイトルの時点でちょっとワクワクしてしまいましたよね。

問題は「誰が」の部分でしたが、個人的にはこの人の参戦はなくなったと思っていただけに、完全に裏をかかれた気分でした・・!

 

アプーは情報屋??

 

前回はアプーの予想外の能力によってルフィとゾロが大苦戦となっていましたが、そんなアプーに人一倍恨みがあったのがキッド

巨大化した腕での強烈な一撃を叩き込んでくれていました。

 

思い切り目立ってしまった事で、クイーンもキッドの存在を確認。

兎丼は異常無しと聞かされていたのに、ルフィだけでなくキッドにまで逃げられていた事で流石にちょっと動揺したクイーン。

 

一方で完全にアプー一人にターゲットを絞った感じのキッド。

そこでキッドはこんな意味深な言葉を口にします

 

お前は率先しておれ達の同盟に乗ってきた。すぐに気づくべきだった・・・!お前がすでにカイドウの情報屋だった事に!!」と。

 

情報屋というものがどういうものなのかまでは説明されていないのでわかりません。

しかし四皇にとっての情報屋というのは、ある意味では結構重要な立場のようにも思えます。

四皇は皆かなりの情報網を持っているようですし、その役割をアプーが担当していたという事なんでしょう。

 

しかしここでのアプー本人の発言などから考えると、アプーは既に頂点を目指してはいないようではありますね。

何となく自由人っぽいアプーは、カイドウの内部に入り込んでそこから寝首を掻くつもりなのかなぁと思ってましたが、カイドウの強さの前に諦めてしまったのかな

まあ元々彼は楽しむ事が優先という感じでしたし、別にそれでも構わないのかもしれませんが。

 

いずれにしても、今回の戦いでは最悪の世代もどんどん脱落していきそうですね。

微妙な立ち位置のドレークがどうなるのかが一番気になる所ですが。

 

ナンバーズは巨人族以上のサイズ??

 

キッドとアプーが良い感じにバトっていた所で、クイーンはルフィやキッドを生け捕りにせずに殺しても良しと許可を出します。

その言葉でいきなり暴れ始めたのがナンバーズの一人である八茶

 

何となくナンバーズは化け物っぽい見た目かと思ってましたが、この八茶というキャラクターは人型となっていましたね。

とはいえその大きさは相当なもので、キッドは「巨人族よりもデケェ!」と驚いていました。

 

完全に酔っているせいもあってか、強いのかどうかもあんまり定かではありません。

まあ見た目のアホっぽさから考えても、飛び六胞の方が重要である事は間違いないでしょう。

しかし巨人族なのかそれとも巨人族ではない特別な生物なのか・・・色々デカイ生き物が多すぎるんですよね「ワンピース」って。

 

アプーの能力の対策

 

目立ってしまった事で完全に狙われる事になったルフィ、ゾロ、キッド、キラーの4人。

しかし宴ムードは続いていて、全員が全員4人を狙っている訳でもありません。

爆発音やらなんやらが轟く中でも普通に飲んでる奴らも多く、彼らはおそらくプレジャーズやらウェイターズなんでしょう。

 

仮にも億超えの賞金首が暴れまわっているのにこの対応で良いのかとも思いますが、百獣海賊団自体がこういう感じなのかな。

まあこの辺りがグダグダになっている事こそが火祭りの日に討ち入りを仕掛けた意味でもある訳なんですけどね。

 

そんな中で全員とは戦っていられないという事でキッドと共に逃げる事になったルフィ。

しかしそんな彼らを逃しはしないと能力を使って攻めるアプー。

 

それに対してキラーは、ルフィ達に耳を塞ぐようにと指示します

言われた通りに耳を塞ぐとアプーの音による攻撃は発動しません

 

どうやらアプーの攻撃範囲は音が聞こえる距離であり、聞こえたら逃れる術はないのだそう。

つまり逆に言えば音さえ防げば完全に能力を無効化出来るって事ですね。

 

コラさんのナギナギの実があれば完璧にアプーを封じる事も出来そう。

まあ流石にアプーにも耳を塞がれた場合の対策くらいはありそうな気もしますが。

 

キラーがスマイルを食べた理由

 

何故かアプーの能力にまで詳しいキラー。

定期的に「ファッファッ」と笑ってはいますが、しっかりと喋れていますし、あんまりスマイルの副作用も関係なくなっている気がしますね。

ちなみにキラーがスマイルの失敗作を食べる事になったのは、オロチの言葉によるものだったようです。

 

食えば船長を救う好機をやる

 

そんなオロチの絶対に守るつもりのない提案にもキラーは乗ることしか出来なかったのでしょう。

この辺りはキッドとキラーの絆の部分を感じますし、キッドがキラーの事を笑った相手を叩き潰したりするのもお互いがお互いを思い合っている感じで非常に良いですね!

 

フーズ・フーはクイーンに恨みがある??

 

一方でカイドウの息子である「ヤマト」を探すために宴会場までやって来ていた飛び六胞のフーズ・フー。

ルフィ達の大暴れを確認するものの、彼らを止める事よりも「ヤマト」を探す事を優先します。

 

フーズ・フーには何故かネコっぽい服装をした仲間達がいて、彼らに対して「ササキ」に先は越されるなと命じていました。

やはり同じく大看板の座を狙う「ササキ」には負けられないという感じなのでしょう。

 

しかしここでのフーズ・フーの台詞はちょっと意味深な感じでした。

 

「クイーンの奴も言うなァ・・・殺してェ奴なら、おれもいるよ・・!!」

 

完全にクイーンに視線を向けながらそうつぶやいたフーズ・フー。

素直に受け取ればフーズ・フーが殺したいのはクイーンという事になるでしょうか。

しかもただ大看板の座が欲しいからという感じではなく、もっとシンプルな恨みの感情のように思えます。

 

もしかすると元海賊団の船長だったフーズ・フーは、クイーンによって仲間を殺された過去があったりとかするのかもしれませんね。

この仲間同士でのごちゃごちゃした部分が今後の戦いにどういう影響を与えていくのかも気になる所です。

 

ブラック・マリアの館

 

一方で錦えもんサイドは順調に進み、カイドウとオロチをはさみ討ちにする為に戦力を二手に分けていました。

 

しかし一つ誤算があったのは、屋敷図には記されていない建物があった事。

そこは遊郭でもあり、飛び六胞の一人であるブラック・マリアの館でもある場所

 

当然のように遊郭に吸い込まれていくサンジ。

しかしそこでナミやしのぶ達も遊郭の内部に潜入すると提案します。

その目的はモモの助を探すチームとして動くため

 

錦えもんとしても当然モモの助の事は心配で、戦いに集中出来るような状態でもありませんでした。

そんな事もあってここで内部潜入組と行動を別にした錦えもん。

 

しかしそこで外の騒がしさを気にした何者かが、遊郭の窓を開いてしまいます。

侍達は皆水に飛び込んで身を隠すも、それが出来なかったのが戦車に乗ったままのチョッパー

 

窓を開けた張本人であるビッグ・マムと完全に目が合ってしまうのでした

 

 

という事でビッグ・マムはここにいましたね。

しかしチョッパーの事を覚えているのかその辺りの部分も疑問です。

 

何となくいきなり暴れだすような展開ではなさそうな気がしますが、ある意味では一番行動が読めない人物ですからね。

おめかししておリンさん状態となったビッグ・マムの次なる行動にも注目です。

 

ビッグ・マム海賊団を再び落としたのはまさかのあの人!!

 

ビッグ・マムがおめかししている中で、未だに何故かワノ国の外で待機させられていたのがビッグ・マムの子供達

同盟を組んだのは数日前だというのに、可哀想な事に中にはまだ入れて貰えてなかったようです。

しかもビッグ・マムが伝えていなかったせいもあり、またしても正規の港ではなく危険な滝のぼりによって入国する事となっていました。

 

ペロスペローとしては百獣海賊団との同盟も納得がいっていない様子。

スムージーはビッグ・マムには従う派なので冷静でしたが、モンドールやダイフクなんかは何よりも麦わらの首を取る事を重要視していました。

同名の話はそれからという事で意気込んで滝を登りきります。

 

ちょっと前にはここでキングによって滝の下へと叩き落された一行

しかしそんな彼らの前にまたしても謎の飛行体が現れます。

 

またキングがやって来たのかと思ったペロスペローでしたが、彼らの前に現れたのはまさかの不死鳥マルコでした。

 

へェ。ビッグ・マム海賊団の同盟話は・・・ホントだったのかよい。――じゃあ退場してくれ!!

 

そう言いながら使ったのは「鳳凰印」という強力な蹴り技

それによってビッグ・マムの船は再び滝の下へと叩き落されてしまうのでした。

 

「また来る頃には時代が少し動いてるかもな」

 

そんなめちゃめちゃ格好良い発言をするマルコ。

来れないと本人が言っていただけにここでの登場は非常に嬉しい所ですよね!

 

そしてラストは落ちていくビッグ・マムの船とすれ違う、マルコと共にやって来た二人のカットで終了となります。

 

何じゃ?でっかい船が落ちてくにゃあ

相変わらず坂本龍馬っぽい喋り方のネコマムシ。

 

上を見ろ。マルコの仕業だ。あの戦争以来だな

そうネコマムシの疑問に答えた男は、口元だけしか描かれていないものの間違いなくイゾウでした!!

 

きっと参戦してくれるとは思ってましたが、マルコとセットでというのは最高すぎますよね!!

 

ワンピース最新話981話ネタバレまとめ

 

という事でまさかのマルコ登場となった今回。

しかも白ひげ海賊団のナンバー2だったマルコが、百獣海賊団のナンバー2であるキングと同じ事をやるという展開が最高ですよね。

 

なんだか現役引退しました感もあったマルコが、余裕綽々で船を蹴り落とすんだからシビレますよ、これは!

 

期待していたイゾウも参戦となりましたし、あとはやっぱりダイヤモンド・ジョズが来てれば完璧だと思うのですが、それはやっぱり無理かなぁ・・・。

 

ダイヤモンド・ジョズの能力だと黒ひげに奪われてそうな気もしてますしね。

 

まあとりあえずはマルコがどうしてやって来れたのかが気になります

その辺りが次回明らかになって欲しいですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ワンピース最新話982話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティ無礼者同士の遭遇!モモの助の処刑が迫る!?

 

ワンピース最新話980話ネタバレ感想考察!最悪の世代同士での戦い開始!キッド怒りの一撃が炸裂!!

 

ワンピースネタバレ考察!カイドウの息子「ヤマト」のワノ国編での役割とは!?