ワンピース最新話983話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティの激闘!雷鳴と共に登場したヤマトは味方になるか!?

ワンピース最新話983話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティの激闘!雷鳴と共に登場したヤマトは味方になるか!?

ワンピース最新話983話ネタバレ感想

 

討ち入り開始となり沢山の登場人物がそれぞれ好き放題動き回っている状態の「ワンピース」

相変わらずどうやってこの大量の登場人物達をまとめるんだと心配になるレベルですが、それをやってくれるのが尾田先生なんですよね。

 

今回はルフィとうるティの戦いという所が大きな見せ場となりましたが、それを上回るインパクトの登場となったあのキャラクターが全てを持っていった感がありました。

色々と予想していた部分ではありますが、これによってますます面白くなってきましたね!

 

そんな983話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

ワンピース最新話983話「雷鳴」

 

ちなみに今回の扉絵ではローラとシフォンの前に遂にパウンドと出会う事に。

お互いの事はあんまり知らないはずですが、ここから扉絵連載もエンディングへと進んでいきそうですね。

ダブルでお祝いみたいな展開となるのかな??

 

しぶといペロスペローの役割は?

 

キングに続いてマルコにも滝から落とされてしまったビッグ・マム海賊団のメンバー達。

しかし今回の冒頭で、長男のペロスペローだけが単独で鬼ヶ島へと向かっている様子が描かれました

 

アメウミウシを使うことで荒れ狂う海の上でも安心という事で、改めて能力の厄介さを感じさせられましたね。

ってか三将星の一人であるスムージーはどこへ行ったんだよと思わざるを得ませんね

ビッグ・マムへの信頼感以外には特に何も見せ場がなかったですし、本当に無能でしかないので長男を見習って欲しい所ですわ。

 

とはいえペロスペローだけが参戦するというのは面白い所ですよね。

ペドロの仇と言える存在ですし、ここはやっぱりミンク族との戦いとなって貰いたいですし。

 

ペロスペロー自身はキング、ルフィ、マルコという大物に狙いを絞ってますが、残念ながらその辺りとは戦えないでしょうね。

・・・戦っても相手にならなそうでもありますが。

 

ビッグ・マムとホーミーズがライブフロアで暴れるフラグ?

 

ナミのゼウスがプロメテウスに発見された事で、どうにか難を逃れていたウソップとチョッパー。

プラキオタンクは変形してしまっていましたが、ここでフリーになっただけに、今後どういう活躍になるのかは気になる所です。

・・・しばらく登場はなさそうな気もするなぁ・・・登場人物多いし・・・。

 

一方でビッグ・マムに追われて大ピンチとなっていたのがナミやキャロット達。

一緒の方向へは来ているはずのサンジは遊女探しに夢中になっているようで、ビッグ・マムからはどうにか自力で逃げ切らないとならない状況に追い込まれていました。

 

しかもビッグ・マムはソルソルの実の能力によってホーミーズを作り出している状態。

こういう戦力を生み出せるという辺りがビッグ・マムの恐ろしい所でもありますよね。

 

が、問題はナミ達が逃げようとしている先の場所です。

ビッグ・マムが逃げ場はないと考えている場所こそクイーンが担当していたライブフロア。

 

しかもそこではオロチが早速モモの助の処刑を始めようとしていた所。

こんな所にビッグ・マムがやって来てしまったら何が起きるかわかりませんよね。

 

大混乱となればナミ達がモモの助を救い出すチャンスも生まれるかもしれませんが、周りは全て敵だらけですし、危険である事には変わりありません。

とはいえモモの助を奪還できればかなり気持ちとしても楽になる状況

ビッグ・マムがいる事がプラスに働くかそれともマイナスに働くかに注目ですね。

 

気になる昆虫系ギフターズ

 

ルフィと離れて一人になってしまっていたゾロ。

行く手を阻むのはSMILEの能力者であるギフターズ達。

正直な所ギフターズなんて大した事ないと思ってましたが、今回登場した3人のギフターズは結構デザイン的にも悪くありませんでした

 

カブトムシの角を持つ男と、クワガタの角?を持つ男、両手がカマキリの鎌になった女の3人。

昆虫系でまとめられた感じの3人ですが、彼らはどうやらそれぞれ「海賊王」を目指していたとの事。

つまりは百獣海賊団とは別の海賊をやっていたという事なんですよね。

 

今はカイドウに従うのが楽だと考えているようですが、そんな事を言っている事自体が少し気になります。

単なる雑魚敵にしてはデザインも面白いですし、わざわざ雑魚敵が「海賊王」を目指していたと口にするのもちょっと不思議な気がします。

 

尾田先生であればゾロが足止めされているというだけの描写に1ページ丸々使うとも何となく思えなかったり。

なのでこのギフターズ達には結構活躍の機会が用意されているんじゃないだろうか?(深読みしすぎか?)

ゾロにやられて簡単に寝返ったりみたいな。

 

しかし改めてこういう明らかな捨てキャラ達にもしっかりとしたデザインを用意していたりと、尾田先生って本当に大量のキャラを生み出しますよね。

 

ルフィとうるティの本気頭突き対決!!!

 

前回まさかの遭遇となったルフィとうるティ&ページワン。

普通であればルフィがトラブって敵の前に姿を現してしまうという展開を考えてしまう所。

しかし今回はうるティ&ページワンがトラブってルフィの前に姿を現してしまうという逆の展開でした。

 

それだけに何となくうるティとページワンがただの敵ではないという事を表現した演出なのかなぁと思ってしまいました

・・・まあ今回思いっきり戦う訳ですが・・・!

 

誰にでも噛み付くヤバい奴という印象だったうるティですが、カイドウが海賊王になる事は決まっていると考えている様子。

それだけに生意気な事を言い出すルフィに対してはガチで攻撃を仕掛けてきました。

 

それが「ウル頭銃(ズガン)」という本気の頭突き技。

ルフィはその頭突きに真っ向から武装色で挑むも、激しいぶつかり合いの末に弾き飛ばされてしまいます。

 

来るのが分かっていた頭突きに迎え撃つ形で撃ち負けたというのは驚きとも言えるでしょう。

ルフィといえば「ゴムゴムの鐘」という強力な頭突き技を持っているくらいですからね。

 

まあそれだけうるティの頭突きは強力だったという事。

そしてそこには彼女の悪魔の実の能力が大きく関わっていたという事だったのですが。

 

うるティはパキケファロサウルスの能力者

 

頭突きでルフィをふっ飛ばしながらも、即座に恐竜へと姿を変えていくうるティ&ページワン。

うるティは半獣形態へと変身しますが、その能力はリュウリュウの実の古代種、モデルはパキケファロサウルスでした。

 

パキケファロサウルス???

何となくうるティはティラノサウルスかなぁと思っていたので、このパキケファロサウルスという知らない名前の恐竜だったというのには驚かされました

もちろん恐竜としてそこまでマイナーという訳ではないようで、調べてみたら頭部が非常に硬いという恐竜だったんですね。

 

だからこそうるティの戦闘スタイルは硬い頭部を活かした頭突きだったという事なんですね。

半獣形態になると硬いおでこ部分を強調する為か、デコ出しモードに変わっていましたが、それはそれで結構可愛いのが流石でした。

 

ちなみにうるティがルフィをふっ飛ばしてすぐに半獣形態に変身したのは、ルフィの事を強敵認定したから・・との事。

頭突きしただけでルフィが強敵だと見抜いた訳で、うるティがただ強いだけではなく、相手の実力を推し量る事が出来る人物だというのがよく分かる場面でした。

 

しかしルフィも強烈な頭突きによって本気モードに入りました。

基本的にスピードでは圧倒しているようで、

 

うるティを投げ飛ばす

ページワンの攻撃を上空への移動で回避

ページワンが上に気を取られた所であっと言う間に下へと移動

ゴムゴムの象銃(エレファントガン)炸裂

 

というような感じで流れるように二人を相手にしていました。

ページワンはこの一発でKOされていたっぽい?ので、流石に実力は大した事なさそうにも思ってしまいますね。

ギア4を出すまでもない相手って事ですし。

 

しかし弟をやられて本気になったうるティ。

今度は完全な恐竜モードになってルフィに掴みかかります。

 

流石に恐竜モードでの力はルフィからしても強すぎるという事で、振りほどくにはギア4が必須のレベル。

そこで「ウル頭銃郡(ミーティア)」という技を仕掛けようとしたうるティ。

 

名前からすれば「ゴムゴムの銃乱打」みたいな感じでしょうね。

頭突きを乱打する感じなんだと想像出来ます。

 

が、残念ながらその技は不発に終わってしまうのでした

 

カイドウと同じ技で登場したヤマト

 

白熱していたルフィとうるティの戦い。

しかしそこに割って入ったのが般若の面をした謎の男

 

登場と同時に彼が放った技はまさかの「雷鳴八卦」!!

ルフィを一撃でノックアウトしたカイドウの必殺技と同じ技でした。

今回のサブタイトルが「雷鳴」という事で、どういう意味なのかと思っていたら、「雷鳴八卦」の雷鳴だったという事なんですね。

 

うるティはルフィに気を取られていたので攻撃を食らうのは仕方ないかもしれませんが、それでも恐竜モードのうるティを一撃でやっつけてしまったという事で、カイドウ程ではないものの相当な威力の高さが感じられました

 

そしてそんな般若の面を被った男に対して、部下達は「ヤマト様」や「ヤマトぼっちゃん」と声をかけるのでした。

 

予想通りヤマトは味方になる!?

 

カイドウが飛び六胞に捕まえるように頼んでいたのが彼の息子である「ヤマト」

ブラックマリアはヤマトを連れ戻す事を「それは手強い」と語っていましたが、至って普通に実力的に手強いという事だったのでしょう。

 

しかしそんなヤマトがルフィの事を助けてくれたというのが謎の部分。

部下達に追われているヤマトは何故かルフィを連れて逃げ始めます。

 

「すまない。危害は加えない!!」

そう語るヤマトに対して、小脇に抱えられたルフィも「何の殺気も感じねェ」と特に抵抗もしません。

 

そんなルフィに対してヤマトは驚くべき事を言い出します。

 

・・・君を待ってた!!ずっと待ってた!!

僕の名はヤマト!!カイドウの息子だ!!!

 

名前やカイドウの息子である事は分かっていた事。

そして一人称が「僕」というのは結構気になる所

 

ですが、何よりも重要なのはヤマトがルフィの事を待っていたという事です。

彼はルフィがこの場所にやって来るのを期待していた訳で、だからこそ失踪していたという事なのでしょう。

そしてそういう事であれば、彼の目的はおそらく父であるカイドウを止める事やオロチを倒してワノ国を取り戻す事という風に考えても良さそうです。

 

カイドウと同じ金棒を使ってはいるものの、その格好はなんとなくおでんを思わせる部分があります

彼が過去のおでんを知っていたり、歴史の部分を知っているのだとすれば、ルフィを待っていた理由や味方をしてくれている理由も納得出来る気がします。

 

ってかおでんの手記とかを読んだことがあったりするのかも・・・・。

 

いずれにしてもカイドウの息子がこういう感じだと、カイドウとの関係の部分を考えるのも面白いですよね。

ヤマトとモモの助という偉大な父親を持つ彼らがこの戦いに何を感じているのか

明らかにカイドウはヤマトの教育に失敗している感じですし、この辺りがどう戦いに影響を与えていくのか注目です。

 

ワンピース最新話983話ネタバレまとめ

 

ヤマトの登場で盛り上がった今回。

ルフィとうるティの戦いも短いながら面白かったです。

うるティとページワンはあっさりとやられてしまっただけに再登場もありそうですよね。

 

ただでさえ裏切りが発生しまくっているワノ国編ですが、ヤマトがカイドウを裏切って行動しているとすれば、非常に面白くなってきます

実力もかなり高い訳ですし戦力としても考えられますからね。

 

ビッグ・マムがいる以上はまだまだ油断は出来ませんが、戦力的にも充分揃ってきた感じもしますね

ワノ国編後半の鍵を握るであろうヤマトとルフィの出会いで何が起きていくのか大注目です!!!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ワンピース最新話984話ネタバレ感想考察!ヤマトはカイドウの娘!?受け継がれた意志とエースとの関係!

 

ワンピース最新話982話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティ無礼者同士の遭遇!モモの助の処刑が迫る!?

 

ワンピースネタバレ考察!飛び六胞が全員味方になってしまいそうな件

 

ワンピース最新話981話ネタバレ感想考察!キングと同じ事をあっさりとやってのけるマルコとイゾウが遂に参戦!!