ワンピース最新話984話ネタバレ感想考察!ヤマトはカイドウの娘!?受け継がれた意志とエースとの関係!

ワンピース最新話984話ネタバレ感想考察!ヤマトはカイドウの娘!?受け継がれた意志とエースとの関係!

ワンピース最新話984話ネタバレ感想

 

久々の「ワンピース」最新話でしたが、やっぱりクソ面白い事になってますね!

戦いの舞台となっている鬼ヶ島が予想以上に広く、登場人物達も大量すぎてどうなる事かと思っていましたが、やっぱり見せ方が圧倒的に上手いなぁと思わせられます。

しかもそれでいて毎回のように驚きのある展開になっているんだからやっぱり「ワンピース」は凄いなぁと。

 

カイドウの息子?「ヤマト」の正体が判明した984話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

ワンピース最新話984話「僕の聖書(バイブル)」

 

今週の扉絵ですが、感動的な展開を迎えるかと思ったら思い切りギャグ路線で来ましたね・・・。

思わず笑ってしまいましたが、まあなんだかんだローラとシフォンの話は良い感じで終わるんでしょう。

 

恐竜の能力者のタフさ

 

前回ルフィによってやられたかにみえたページワン。

しかし今回の冒頭では多少のダメージはあったもののピンピンしていました。

部下達から心配されてはいたものの「結構効いた。アゴがはずれそうだ」程度のダメージだった様子。

 

一方でヤマトの雷鳴八卦によって一発KOとなった感じのうるティでしたが、こちらもあっさりと復活。

起き上がった瞬間に弟のページワンに抱きついて自分可哀想アピールをする辺り相当に余裕を感じますね

 

ヤマトに対しては流石に怒っていたうるティ。

「一丁前にカイドウ様の雷鳴八卦を使いやがって・・・!!お前のなんか雷鳴四卦だよ!!!

と、こういうしょうもない言い回しはやっぱりルフィに近いものを感じます

 

部下達でさえこの二人のタフさに驚いていましたし、この二人の本当の力を見せるのはまだもう少し先になりそうですね。

っていうか二人とも良いキャラなだけに、最終的に誰と戦う事になるのか気になります

味方になってくれても良いなぁと思ってましたが、うるティはなんだかんだカイドウへの忠誠心があるっぽいので無理かなぁ・・・

 

ヤマトと「あいつ」との戦い??

 

一方で前回のラストでは、自分を連れて走るヤマトに何の抵抗もしていなかったルフィ。

しかし今回は流石に知らない奴にのんびり付き合っている程ヒマではないと思い切り抵抗していました。

とはいえやはりヤマトの実力は相当なもののようで、ギア3での攻撃もそれほど苦労せずに受け止めているように見えます。

 

話したい事があるなら5秒で話せという無茶苦茶な事を言うルフィ。

しかしヤマトは人目がある場所では話したくないと語ります。

そんな二人の戦いにはただの兵士レベルでは近づくことも出来ません。

 

割と本気モードで攻撃をしてくるルフィに対して、ヤマトはかなり意味深な発言をしています

 

わからず屋め・・・・

かえって思い出すよ。

あいつとの戦いを

 

「あいつ」というのが誰なのかについては今回の最後の部分を読めば分かってくる訳ですが、これは中々熱い展開だなぁと思いましたね。

しっかりと色々な事が繋がってきているんだなぁと感じさせます。

 

宴に溶け込む侍達

 

一方でライブフロアでモモの助を磔にし、部下達を相手に熱弁を振るっていたのはオロチ。

20年前に消えたモモの助達が未来へと逃げたのだと熱く語りますが、流石にそんな話を信じるような奴はいません。

 

光月なんて大昔に滅んでいると語る兵士達でしたが、そんな話に必死に合わせていたのが百獣海賊団の格好に変身していたジンベエやロビン。

モモの助がピンチという事で焦ってはいたものの、侍達が動くタイミングを見計らって耐えていました。

ちなみにここでロビンが悪役っぽさを演じているのが妙に小者っぽくて素敵でしたww

 

そんなジンベエやロビンの他にも、侍達も既にこの会場へと潜入済み

皆がモモの助を助けたい想いに駆られているのが凄くグッと来てしまいますね。

 

とはいえここで耐えているという事は、この先誰かがモモの助救出の口火を切るシーンがやって来るという事でもあるでしょう。

ルフィでももちろん良いですが、今回の戦いの主役はなんだかんだ赤鞘の侍達でもあるので、やっぱりここは錦えもんかなぁと思ったり

そしてそこでようやく鬼ヶ島での全面対決がスタートする感じになりそうな気がしますね。

 

イゾウ登場とお菊との再会

 

一方で鬼ヶ島の裏口へと到着していたローと赤鞘の侍チーム。

潜水艇とはいえ荒れた海では上陸するチャンスもあまりないという事で、ここはやはりローの「シャンブルズ」の出番

主要メンバーを引き連れて一瞬でワープする事に

 

あっと言う間に到着してカイドウ目掛けて進もうとした一行の前に聞こえてきたのがネコマムシの声。

 

空中から落下しながら皆と合流してきますが、どうやらネコマムシはマルコの力で空を飛んでやって来た様子

名案とか言ってましたが、思い切り力技って感じでしたね。

皆を連れて来るのはどう考えても無理なので、他の仲間達は遅れての合流という事になるのでしょう。

 

マルコはここにやってくるまでの海で「妙な影」を見つけたとの事で、様子を見に行く事に。

このタイミングでとなるとペロスペローくらいしか思いつきませんが、マルコがペロスペローと戦うというのもなんか違う気もしたり。

とはいえマルコはある意味ではワイルドカードのような立ち位置な気もするので、鬼ヶ島の戦いには参加出来ない展開になったりするかもしれませんね。

 

そして皆がネコマムシとの再会に喜ぶ中で、一際驚いていたのがお菊。

何故ならネコマムシの隣にはもう30年(お菊の体感では10年くらい?)も会っていなかった兄であるイゾウがいたから

やっぱりマルコがイゾウの居場所を知っていたという事で、ネコマムシが迎えに行っていたから時間が掛かっていたようです。

 

今回ようやくその姿がハッキリと描かれたイゾウの第一声が「立派な侍になったな・・・!!」というものなんだからグッと来ちゃいますよね!

本当に色々あった彼らが、このタイミングで再会になったというのは本当に嬉しくなってしまったり。

 

しかしお菊は時を超えたのでまだまだ若いですし、随分年の差が離れてしまっているなぁ。

「立派な侍」というにはお菊はちょっと乙女すぎる気もしますけどねww

 

新鬼ヶ島計画とは??

 

城内にはビッグマムの到着を待ちきれなくなったカイドウも到着。

とりあえずビッグマムもこちらに向かっている事は分かっているようなので、モモの助の処刑と共に何かを発表しようとしていました。

その発表というのがカイドウが言っていた「先に言うと混乱を招く」程の重大発表という事みたいですね。

 

その重大発表の為に、大看板の3人を引き連れてやって来たカイドウ。

ちなみに同じステージにはオロチと福ロクジュも揃っているので、これが今回の敵側の主要メンバーと言っても良さそうですね。

そしてモモの助の処刑に添える面白い話としてカイドウが語りだしたのは、「新鬼ヶ島計画」というものでした。

 

重大発表と言っているのだからとんでもない事を考えていたのかなぁと思っていましたが、「新鬼ヶ島計画」とだけ聞くとあんまり大した事もなさそうな気がしてきますね。

名前だけのイメージだと鬼ヶ島をどうにかするだけとしか思えませんし。

 

とはいえそれだけでは重大発表とも思えませんし、もしかするとカイドウはこのタイミングでオロチとの関係を終わらせるつもりなのかも

ビッグマムとの同盟ともなりましたし、邪魔なオロチを切り捨ててワノ国の拠点を花の都から鬼ヶ島に移すというような計画・・・なんていうのも面白そうな気がしますね。

 

ワノ国編のテーマの一つが「裏切り」だと思いますし、こういう計画というのはあり得なくもなさそうな気がしたり。

 

おでんの意志を継いだヤマトはまさかの女!??

 

散々ケンカした後で、ようやくルフィはヤマトの話を5分だけならと聞く事に。

そしてまずヤマトが口にしたのは、結構衝撃的な一言でした。

 

「ある日父に・・・光月おでんになりたいって言ったらぶっ飛ばされたんだ」

 

どうやらヤマトは20年前のおでんの処刑での「伝説の1時間」を見ていたとの事。

そしてあんなに立派な侍はいないとまで思っていたのです。

殺したのはオロチと自分の父であり、悔しさはあったもののそれ以上に胸が熱くなり、涙が止まらなかったのだと。

 

そしてその後ヤマトは九里でおでんの航海日誌を拾い、それを自分の「聖書(バイブル)」だと大事にしていました。

その日誌の存在はカイドウにも知られておらず、おでんの豪快な人生と大切な事が書かれているのだと。

ヤマトは赤鞘の侍達が死んだ今、誰かがおでんの意志を継がなければとまで考えていたのです。

 

ってかおでんの航海日誌には「ワンピース」の物語にも大きく関わってくる程の重要な情報がしっかりと詰まっているはず。

それだけにヤマトは予想以上に重要なキャラクターとなってくる可能性も高いですね。

 

 

だから僕はこの国を開国するんだ

一緒に戦わせて欲しい!!

 

そう言って般若の仮面を外し、袴の袖を動きやすいように引きちぎったヤマト。

その様子にルフィは何故か驚かされる事になります。

何故ならカイドウの息子を名乗るヤマトが男ではなく女だったから

 

光月おでんは男だろ?

だから僕は男になった!!

 

自信満々で言ってますが、果たしてそれで良いのかとも思ってしまいます。

とはいえカイドウもそれを許しているというか、部下達にも「坊っちゃん」呼びをさせてましたよね。

なのでこの辺りにはカイドウの複雑な感情の部分が大きく関わっているような気もしてしまいます。

ってか自分の娘が自分を唯一追い詰めた敵である「光月おでん」になりたいって言い出す時点で物凄く父親としては複雑というか情けない気持ちになるんじゃないでしょうか。

 

そしてヤマトはルフィの強さを実感し、まだ本気を出していない事まで悟った上で驚きの一言を放ちます。

 

「キミは本当に強いな!まだ本気出してない・・・エースを思い出す!!」と。

 

ここでまさかエースの名前が出てくるとは!!

しかもおでんの意志を勝手に受け継ごうとしているヤマトが、エースとも出会っていたというのが非常に面白い所

エースは生前ワノ国へとやって来ていた訳ですし、その時にヤマトと出会いバトルをする事になったのでしょう。

とはいえエースはその時点でワノ国の問題をどうにかしようとまでは思っていなかった訳で、その辺りにも色々と複雑な問題があったのかと思われます。

 

ちなみにヤマトの外見は少年っぽさを漂わせてはいるものの、至って普通に美人さんという感じ。

いわゆる「ボクっ娘」でもありますし、本当にワノ国編では色々な女性キャラクターが登場するなぁと思わされますね。

 

ワンピース最新話984話ネタバレまとめ

 

という事でヤマトのまさかの正体に驚かされた984話。

しかもエースの名前がここへ来て登場してくるなんて非常に熱い展開すぎますよね!

 

この感じであれば近いうちにエースとヤマトの出会いの部分も描かれる事になるでしょう。

こんな所にもエースの生きた証が残されているなんてなんだか嬉しくなってしまいます!

 

が、残念ながら来週も「ワンピース」は休載・・・・!

作者コメントで書かれてましたが、未だにコロナの影響での漫画制作スタイルで悩んでいるとの事。

やはり環境としてはかなり厳しい事になっているみたいですね。

 

「ワンピース」が載っていないジャンプってどうしても寂しい気もしてしまいますが、再来週のジャンプは表紙&巻頭カラーとの事(それはそれでまた大変だと思いますが・・)

それに合わせて良い感じの展開を用意してくれているのを楽しみに待ちたい所ですね!!!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ワンピース最新話985話ネタバレ感想考察!カイドウの真の目的が判明!オロチは本当に死んだのか?

 

ワンピース最新話984話ネタバレ展開予想!女だったヤマトのワノ国編での役割とは!?

 

ワンピース最新話983話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティの激闘!雷鳴と共に登場したヤマトは味方になるか!?

 

ワンピースネタバレ考察!飛び六胞が全員味方になってしまいそうな件

 

ワンピース最新話982話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティ無礼者同士の遭遇!モモの助の処刑が迫る!?