最近のジャンプの新連載についての感想!破壊神マグちゃん、森林王者モリキングなど!!

最近のジャンプの新連載についての感想!破壊神マグちゃん、森林王者モリキングなど!!

入れ替わりの激しい「週刊少年ジャンプ」ですが、最近はもう長期連載組がことごとく円満に最終回を迎え、半分くらいが新しい作品っていうイメージですよね。

「ハイキュー」もそろそろラストなんて噂もされてますし、一気にジャンプが若返りしていきそうです。

 

とはいえ新しい作品達が次の柱になってくれるかどうかはやっぱり難しい所

新連載で1年以上生き残る作品って1年で1作品とか2作品くらいのものってイメージもありますからね。

 

という事で今回は最近の新連載についての感想をまとめてみたいと思います。

 

週刊少年ジャンプの最近の新連載について

 

ちょっと前の新連載陣だと、「マッシュル」と「アンデッドアンラック」が生き残りとなった感じでしょうか。

もちろんまだ安心出来るとまでは言えないのがジャンプの恐い所ですが、個人的には「アンデッドアンラック」は激推ししております

色々と複雑な設定なんかはあるものの、看板作品になってくれたら良いなぁと思っております。

 

そして今回は「森林王者モリキング」以降の新連載について軽く感想を書いていきます。

 

森林王者モリキング

 

前作の「青春兵器ナンバーワン」も割と好きだった長谷川智広先生の新連載。

今作も前作と同じで日常の中に日常ではありえないシチュエーションを持ってくる事で笑いを生み出すギャグ漫画っていうイメージが強いです。

 

相変わらずぶっ飛んだ世界観となっていますが、気持ちマイルドに押さえているような気もします。

本来はもっともっと狂気を孕んでいるはず・・・な気がするかも

 

非常にわかりやすいボケとツッコミの構成になっていますし、見た目でのボケも多いので非常に読みやすいです。

とはいえもっとハジケて欲しい気もしちゃったり。

 

とりあえず12話目でセンターカラーを貰えているようなので割と安泰なのかな?

現状はギャグもしくはギャグ風味の強い作品がかなり多くなっているので、その辺りが少しだけ気になったり。

 

ボーンコレクション

 

読み切り版の「ボーンコレクション」とはかなり変えてきた事が良くも悪くも話題になっている印象の本作

多くの人の意見と同じになってしまいますが、個人的には圧倒的に読み切り版の方が好みでした

 

ってか読み切り版ってなんだか物凄くセンスのようなものを感じられていたんですよね。

ダウナーな感じのヒロインだった白羅さんの魅力が高かった気がしているだけに、今のテンション高めでひたすらおバカな感じの白羅さんには結構困惑してしまっております

 

絵柄が不自然なくらいにフニャフニャしていて、全体的にシリアスな場面なのかギャグの場面なのかの判断がつきづらい所も気になります。

あまりにもゆるすぎてこれで本当に大丈夫なのかと心配になってしまいますし

 

要所要所でセンスを感じるギャグが挟まれていたり、シュールな笑いが生まれていたりはするのですが、流石にそれだけでは厳しそう。

バトル要素をもうちょい頑張るべきか、それとも日常系のギャグをメインにするかも悩みどころ。

とはいえ元々はバトル寄りの予定なんだろうなぁとも思ったり。

 

個人的には現状では結構厳しい気がしちゃいます。

 

タイムパラドクスゴーストライター

 

言わずと知れた大問題作・・・と言っても良いのではないだろうか??

正直あんまり考えずに勢いで読んでいけば相当面白いとも思えます。

まあどうしても劣化版「シュタインズ・ゲート」という感じでもありますが。

 

面白い部分も多いのですが、やっぱりよくよく考えると全く納得できない事ばかり

主人公の最初の行動が全ての足を引っ張っている印象で、その問題をどうにかして良い形で解消しない限りはひたすらツッコまれ続けてしまいそう

 

とはいえ繰り返しになりますが、パッと見た感じでは相当面白そうなんですよね。

画力が高めですし、漫画としての見せ方は相当レベルが高いでしょうし。

 

正直読めば読むほどツッコむべきポイントだらけになってしまい、しかも主人公に対して嫌悪感を抱いてしまうので個人的にはアウト寄りなのですが、これがジャンプ読者にどう評価されるのかはさっぱりわかりませんね。

読ませる力というか、続きが気になる事は間違いないので、アンケートも取れるのかなぁ・・・

 

とはいえ、7話と8話の2話分まるごと主人公の一人喋りだったのはどうかと思いますけどね

 

あやかしトライアングル

 

「ToLOVEる」でお馴染みの矢吹健太朗先生の新作。

まあこちらは至って普通に安定しているって感じでしょうか。

 

お色気要素をしっかり入れ込みながらも、妖との戦い路線もしっかり入っている。

キャラも魅力的で漫画としても上手いですし画力も高いですしと、特に言うことがない気がします。

 

とはいえそれでも絶対にヒットするとは言えないのが今のジャンプだったりしますし、ある意味ではあんまり先が読めないのかもしれません。

なんだかんだいつの間にかアニメ化とかしてそうな気がしないでもないですが。

 

破壊神マグちゃん

 

個人的には連載開始前の印象はあんまり良くなかった本作。

が、1話目、2話目、3話目、とどれも結構好きでした。

 

異形の存在が現れて主人公と出会う

こういうパターンってジャンプ作品ではめちゃめちゃ多いですし、「森林王者モリキング」も「ボーンコレクション」も「灼熱のニライカナイ」も「僕のロボコ」も同じパターンといえば同じパターンです。

 

日常のギャグという点で言えば「森林王者モリキング」や「僕のロボコ」と同じ路線ですが、何かしらが決定的に違うんですよね

単なるギャグ作品ではなく、ちょっとした寂しさやノスタルジックさを感じるというか

そういう点では大好きな「ワールドトリガー」の葦原先生の前作である「賢い犬リリエンタール」と雰囲気は似ているのかも

 

登場キャラもかなり少な目になっていて、主人公の周りの環境の部分がちょっと悲しい感じなのが切なさを生んでいるのかもしれません。

「森林王者モリキング」や「僕のロボコ」が謎の存在をギャグのメインに置いているのに対して、こちらは謎の存在との友情によって変わっていくようなストーリー性があるのでしょう。

 

個人的には結構好きですね。

とはいえ今はギャグメインの作品が他に4作品くらいあるので、その辺りで割を食わないか心配

ってか正直ジャンプっぽい作品とは言いづらい所もありますからね。

 

そのうちテコ入れされそうな気もしますが、何とか良い感じで続いて欲しいなぁと思ったり。

 

灼熱のニライカナイ

 

「べるぜバブ」の大ヒットで知られる田村隆平先生の最新作。

とはいえ個人的にはそこまで「べるぜバブ」にハマった覚えがなかったので、それほど期待はしていませんでした

 

が、1話目を読んだら非常に面白かったです。

離島の世界観が良い感じのアクセントになっていて、物語の本筋となる謎みたいなものも提示されていたりと、良い感じの1話目だったなぁと

まあ相変わらずどこかしらヤンキー漫画感が漂っているのは作者の特徴なんでしょうけれど。

 

しかし1話目は良かったものの、2話目はちょっと気になるポイントが多かったり。

元々会話がしっかり噛み合っていない部分が多いのに、その上色々な要素が散らかっていて、物語の方向性がさっぱりわからない感じで3話目へと続いていたのはちょっとどうなんだろうかと思ってしまいました。

 

なんか色々とズレている感じでしたし、2話目でやるべき内容と思えないというか、2話目での内容を1話目の段階で描いていた方が良かったのではないかと

個人的にはかなり惜しい感じだなぁと思っていますが、とりあえずは今後を見守りたいですね。

 

僕とロボコ

 

ジャンプによく読み切り作品とかが掲載されていたイメージの宮崎周平先生の新連載。

個人的にこの方の漫画はそんなにハマらなかった印象だったんですが、本作はシンプルに面白かったです。

 

これまでの尖りきった読切作品から比べるとかなりマイルドにしてはいたものの、それでも十分アクが強めのギャグ漫画って感じでしたね。

方向性としては完全に「森林王者モリキング」と被っている気はしますし、万人受けしようと調整しているんだろうなぁと思いました。

 

しかしながら、流石にちょっとギャグ漫画多すぎじゃね??

と、思ってしまいますよね。

 

純粋なギャグ枠では「森林王者モリキング」、「ミタマセキュ霊ティ」

ギャグ要素強めの枠として考えれば「破壊神マグちゃん」「ボーンコレクション」「AGRAVITYBOYS」なんかがあります。

もうちょっと広めに考えれば「マッシュル」や「夜桜さんちの大作戦」も入ってきますからね。

 

その中でどうなっていくかと言われると、生き残るかどうかはわかりません。

 

週刊少年ジャンプの最近の新連載についてのまとめ

 

という事で最近の新連載についてまとめてみました。

 

個人的に応援したいのは「破壊神マグちゃん」と「森林王者モリキング」でしょうか

とはいえギャグ系の漫画が多すぎるのでどうなっていくのかさっぱりわかりませんね。

果たしてどれが生き残るのでしょうか??

 

しかしもうちょっとストーリー寄りの作品の新連載はやって来ないんだろうか

現状は「チェンソーマン」と「呪術廻戦」という2大ダークで衝撃的な作品があるからバランスが取れてる印象もありますが(リフレッシュ出来るという意味で)流石にもっと何かないものなのか・・・

 

まあとりあえずはこの新連載陣でどれが生き残っていくのか注目ですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話2話ネタバレ感想!ギャグもシリアスも面白い!止まっていた夢が動き出す最高の2話目!!

 

チェンソーマン最新話76話ネタバレ感想考察!早川死亡が確定!?エゲツない力でマキマさんが銃の悪魔に勝利!?

 

アンデッドアンラック最新話20話ネタバレ感想!ジュイスが綺麗過ぎる&強すぎる!銀河と宇宙人とラグナロクと盛り沢山過ぎ!!