呪術廻戦最新話114話ネタバレ感想考察!夏油ファミリー登場!日下部の意外な素顔も明らかに!?

呪術廻戦最新話114話ネタバレ感想考察!夏油ファミリー登場!日下部の意外な素顔も明らかに!?

呪術廻戦最新話114話ネタバレ感想

 

「鬼滅の刃」が終わった後に順調に地獄のような展開を続けてくれているのが「チェンソーマン」と「呪術廻戦」の2つ。

しかし「呪術廻戦」の方は「チェンソーマン」とはまた違った感じの先の読めなさなんですよね。

色々な勢力がそれぞれに動いている上に、行動が全く読めないキャラクターまでいるという事でもう大変。

しかも今回は謎だったあの人の本性が見れて嬉しいような悲しいような

 

そんな114話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話114話「渋谷事変㉜」

 

伏黒の前に現れたのはまさかのあの男

 

前回の113話ではまさかの形で伏黒親子の戦いに決着がつく事に。

良い感じに暴れまくって好き勝手やって最後はなんだかんだ自分を取り戻して息子の事を思って消えていく

なんだか切なさを感じさせるような凄く良いシーンになってましたよね。

マジで伏黒パパは去り際の演出で全てが許されている感じがあるのがずるいです。

 

とはいえあくまでも降霊されていただけなので、死体はオガミ婆の孫の姿へと戻ってしまっていました。

特級との戦いに割り込んできたりいきなり自殺したりと伏黒からすればさっぱり訳がわからない状態。

 

しかし、直毘人が口にした「甚爾か!!」という言葉や伏黒パパが最後に口にした「よかったな」という言葉はしっかりと覚えていました。

なので実際にはほとんど気づいている状態なのだと思いますが、しっかりと考えている場合でもないので無理には考えない事に。

 

伏黒パパを倒すための作戦が、完全に肉を切らせて骨を断つ作戦だったので既に結構なダメージを抱えていた伏黒

とりあえず家入さんの所という回復ポイントに向かおうとしますが、そこで突然何者かに斬られてしまいます

 

その男とはサイドテールの外道呪詛師

 

これこれ、こーいうのよ!!こーいうのが向いてんのよ!!

と、完全にハイになっている様子。

 

七海にボッコボコにされていましたが、絶対に生きているとは思っていました。

とはいえこんなタイミングで登場し、しかも伏黒という呪術師サイドにとっては非常に重要なキャラを落としてしまうというのはもう最悪極まりないですね。

 

ってかこれで伏黒は完全にリタイアなのかな?

家入さんの件があったのでまだまだ伏黒には役割が残っていると思ってたんだけどどうなんだろうか?

 

思ってたのと違いすぎる日下部さんにがっかりした件

 

各地でヤバい事が続いている中で、何故か割と平和そうだったのが日下部とパンダ

これまで全く戦闘描写などもありませんでしたが、特に呪霊とかとも遭遇していなかった様子。

何故なら日下部がパンダに建物内まで細かく調べさせていたから。

 

帳の外に脱出させる事は出来なかったものの、狗巻棘が頑張ってくれた事で一般人の避難は既に済んでいる状態。

そして棘から五条悟の封印はマジだと聞いていたパンダは、何とか五条封印の場所へと向かいたいと日下部へと意見します。

が、何故かそれを許してくれない日下部。

 

世の中の人間は五条だけじゃないでしょーが!!!

 

何故か半ギレになりながらそんな風に叫んだ日下部。

 

今まだこの瞬間にも渋谷の片隅で震えている命があるかもしれない。

それを見落としてしまってはいけないのだから、建物内も細かく調べないと駄目だ。

というのが日下部の表向きの考えで、パンダはそんな綺麗事っぽいセリフに騙されてしまっていました。

 

実際の所、日下部は五条が封印された場所なんかには行きたくないと考えていました。

何故なら死にたくないから

今の渋谷で一人にはなりたくないという日下部は、あの手この手でパンダを動かして時間を稼いでいたのでした。

 

 

・・・・・日下部さんにはがっかりだよ!!!!

なんだよ、初登場時はやる気はなさそうだけど実力はめちゃめちゃ高そうって感じだったのに!!

 

いやまあ実力はまだわからんけども、こんな考えしてる奴が高専の教師やってちゃ駄目でしょ、完全に

やる気はないけどやればめちゃめちゃ強いタイプを想像していたのに、まさかそもそもやる気もなければやりたくもないタイプだとは思わなかったわ・・。

シンプルにがっかり・・・。

 

夏油の家族がようやく登場

 

のらりくらりと時間を稼いでいた日下部。

しかしそこで日下部とパンダの前に2人の人物が立ち塞がります

 

高専の術士だな。投稿しろ。出来れば術師は殺したくない

そう言って登場してきたのは0巻で登場していた夏油の家族である呪詛師。

夏油の秘書っぽい女性とバンダナを巻いた顔に傷のある男の2人ですね。

 

彼らは自分達の事をこんな風に語ります。

私達は夏油様の遺志を継ぐ者。高専関係者ならそれ以上語る必要はないでしょう」と。

 

そんな感じの彼らでしたが、菜々子と美々子とは少しトラブっていました。

 

夏油の肉体を取り戻す為に偽夏油に協力する・・・という風に考えていた菜々子と美々子

その一方で偽夏油の正体はわからなくても、五条悟の封印が最終的には夏油が望んだ世界に繋がるからこそ偽夏油に協力する・・・と考えていた秘書風の女性とバンダナ男

 

夏油自体が大好きだからこそ肉体を取り戻したいという考えと、大切なのは肉体ではなく夏油の遺志を継ぐ事という考えで彼らは真っ二つに分かれていました。

が、バンダナ男の言い分が気に入らなかったのが菜々子。

 

菜々子からすれば大好きな人の肉体をゾンビみたいに弄ばれて黙っていられるはずもない状態。

それだけにここで菜々子が物凄く素敵な言葉を口にします。

 

夏油様の物語は終わったんだ

もう誰にも汚させない

 

このセリフは物凄く素敵ですし、センスを感じさせるセリフだと思います。

悲しいのはこのセリフを言った菜々子が既に細切れにされて死んでしまったという事なのですが・・・。

 

しかしそんな甘いセリフを口にする菜々子に対して、秘書風の女性は厳しい言葉をぶつけます。

「いい加減大人になりなさい。菜々子」と。

 

まるでお母さんみたいな言い方でしたが、実際にも夏油ファミリーで言えばお母さんみたいなものだったんだろうなぁと想像出来ます。

が、反抗期真っ盛りの菜々子にとってはそんな言葉は却って怒りを増長させるだけ

 

「大人だの子供だの、それを言い出したら終わりだろうが!!」

完全にブチ切れてスマホを構えて何かの術式を発動させようとした菜々子と、素早くそれに対応しようとした秘書とバンダナ。

 

しかしそこで状況を黙って見ていたオネエ風の「ラルゥ」というおっさんが双方の間に入ります

というか怒号を飛ばしただけで空間を震わせていたので、明らかにこの方だけレベルが違う感じに描かれていました。

 

そんなラルゥからすれば、傑ちゃん(夏油)が一番望んでいないのは家族同士が傷つけ合う事

どちらも間違っていないのだから、ここで各々に別れてやりたいようにやりましょうというのが彼のスタンスでした。

 

その一方で自分はどちらにも付かないと宣言したラルゥ。

彼はミゲルと同じく夏油の事を王にしたかっただけなのだそう。

ってかミゲルはそんな事考えてたのね。なんだか意外な気もしちゃったり。

 

「私達は家族。いつかまたどこかで一緒にご飯を食べるのよ」

 

オネエキャラながらも頼りがいのあるラルゥのこの言葉。

いつか実現しそうだよなぁと思ったのですが、早速菜々子と美々子が死んじゃったので無理っぽいけどどうなるんだろうか??

 

まあ夏油ファミリーはあんまり描かれていなかったけどやっぱりいい関係ですよね。

皆がちゃんと夏油の事を好きだったというのが切なくもありますが

 

響き渡る宿儺の笑い声

 

そんな夏油ファミリーの2人に目の前を塞がれた日下部とパンダ。

しかし日下部はこの事態を好都合だと感じていました

 

目の前の2人は少なくとも日下部からすればそこまで大した奴とは思えないレベル

この二人の相手をする事で時間を稼ぎ、特級呪霊の相手をしないですむようにのらりくらりとやり過ごそうなんてゲスい事を考えていました。

 

1話の内にどんどん下がっていく一方の日下部株。

でしたが、ここで日下部は刀を抜くと、シン・陰流、居合「夕月」を発動

ってかこいつもシン・陰流を使うのね。

 

とはいえ三輪ちゃんとは流石にレベルが違うような雰囲気は出してました

結構な距離があるというのに居合の技を使おうとしていた訳ですし、やろうと思えば一瞬で二人くらいなら仕留められるくらいの実力はあるのかも。

しかもシン・陰流を使うって事は簡易領域も使えるという事かもしれませんし、何気に特級とも戦える可能性は残っています

 

ってかそのくらいポジティブに考えないと日下部の株が回復出来ない・・・・!

ってか全体的に小者っぽい表情が多かったので、やっぱり期待は出来ないかなぁ・・・

人を救うつもりもなさそうな奴だとやっぱり駄目でしょうし。

 

そんな日下部に対して自らも戦闘態勢に入った感じのバンダナ男。

しかしその瞬間、彼らの背後のビルで大きな爆発が起こります

 

そしてそれと同時に響き渡ったのは「ゲラゲラゲラゲラ」という独特の笑い声

当然ながらそれは宿儺のもの。

 

漏瑚の事を空中へと打ち上げていた宿儺

既にパッとみた所では漏瑚に意識はなさそうになっています。

 

「そんなものか!?呪霊!!!」

宿儺は楽しそうに既に死にそうな感じの漏瑚に言い放つのでした。

 

どっちかと言えば斬撃っぽい術式を持っていそうな宿儺様。

しかしこの場面では打撃で攻撃してるっぽいので、多分相当力を抜いて漏瑚とのバトルを楽しんでいるのかもしれませんね。

とはいえここで漏瑚が本当に意識を無くしてたらこんな引きで終わる必要もありませんし、流石にここからもうひと頑張りしてくれそうな気もします

 

が、その一方で漏瑚に変わって真人が参戦してくる可能性も考えられたり

それか、伏黒のピンチに宿儺様がキレるパターンも少しはあるかも??

 

呪術廻戦最新話114話ネタバレまとめ

 

という事で個人的には日下部にめちゃめちゃがっかりさせられた今回。

実際の実力はまだわかりませんが、あんまり期待は出来ない気がしてきました。

 

冥冥の話では術式なしでも強いとの事だったので、もしかしたら術師ピンチの渋谷の戦いの切り札なのかとも思ってたんですが、見事に裏切られる事となりましたね。

しかも頼りになりまくる伏黒は再登場となったサイドテール呪詛師にやられてしまったりと状況は更に悪くなっています。

 

術師側にこれ以上期待も出来ない中で行われている特級同士の決戦。

しかしこの戦いもどうなったら術師達にとってプラスなのかも微妙な所

 

先が読めない展開がまだまだ続いていきそうですね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話115話ネタバレ感想考察!宿儺と漏瑚の頂上決戦!隕石すら通じない宿儺が強すぎる!!

 

呪術廻戦最新話113話ネタバレ感想考察!伏黒親子の激闘!伏黒パパの最期があまりにも切なすぎる・・!!

 

呪術廻戦最新話112話ネタバレ感想考察!宿儺復活!犠牲になった菜々子と美々子が辛い・・・!

 

呪術廻戦ネタバレ感想!11巻おまけページまとめ!設定補完と悪役二人のプロフィール