呪術廻戦最新話115話ネタバレ感想考察!宿儺と漏瑚の頂上決戦!隕石すら通じない宿儺が強すぎる!!

呪術廻戦最新話115話ネタバレ感想考察!宿儺と漏瑚の頂上決戦!隕石すら通じない宿儺が強すぎる!!

呪術廻戦最新話115話ネタバレ感想

 

宿儺の復活でより混沌としてきた「呪術廻戦」

今回の115話は宿儺の独壇場というか、宿儺の魅力が一杯に詰まった感じの地獄回だったと言えるでしょう。

マジで本気で宿儺が暴れ始めたらあっと言う間に渋谷が完全に真っ平らになってしまいそうな気がするレベルですからね。

 

宿儺の新たな力なんかも描かれた最新話115話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話115話「渋谷事変㉝」

 

一人だけドラゴンボールの世界の宿儺様

 

前回ラストで漏瑚をぶん殴って楽しげにしていた宿儺様。

当然ながら手加減しているんでしょうけれど、それでも結構楽しそうにしていました。

 

一方の漏瑚は前回の時点で既に気を失ってそうにも見えていましたが、流石にまだまだ元気一杯。

どうにか宿儺に反撃しようとするも、構えた両手はあっさり切断され、あっと言う間に回り込まれて両手での叩きつけが炸裂

 

しかも宿儺は空中で急加速して叩き落とした漏瑚に追いつくと、その勢いそのままに漏瑚をビルの屋上から中程まで貫きながら叩きつけます

そしてここで宿儺様から最高に漏瑚を煽る名台詞が飛び出します。

 

月明かりが通っているな

おかげでオマエの痴態もよく見える

 

精一杯頑張っているというのに、この言い方は流石に呪いの王って感じですよね。

シンプルに性格が悪すぎるというか、相手の嫌がる事をやったり言ったりするのが得意過ぎるというか

 

ってかこの一連のアクション部分が完全にドラゴンボールオマージュって感じでしたね。

まあこんな動き方を出来るのは宿儺様だけでしょうけども。

 

漏瑚も本気!!!

 

宿儺にめちゃめちゃ煽られながらも、今になって偽夏油の言葉を思い出していた漏瑚。

 

漏瑚の強さは甘く見積もって指8、9本分

 

今の宿儺は15本取り込んでいる状態であり、力の差があるのは分かっていたはず。

しかしそれでもその力の差がこれほどまでに大きいものだとは考えていなかったみたいですね

 

そんな落ち込み気味の漏瑚に対して、まだまだ遊び足りないといった感じの宿儺様。

 

ほら頑張れ頑張れ

俺が飽きるまで何度でも付き合うぞ?

 

と、なんだかんだ久々に自由時間を楽しんでいる感じです。

 

しかし流石にそこまで煽られると黙ってはいられない漏瑚。

一瞬でビル全体を炎に包んだりと火力の高さはなんだかんだ圧倒的と言えるでしょう。

 

とはいえそんな攻撃も何事もないように回避出来てしまう宿儺様。

そこで本気になった漏瑚が使ったのは極ノ番「隕」

 

そこ攻撃がどういう技なのかは数ページ後に明らかになる訳ですが、気になるのは極ノ番というワード

 

これって「呪術廻戦」の前日譚であるコミックの0巻で使われていたんですよね。

偽物ではない本物の夏油が奥の手というか最終奥義っぽく使っていて、なんとなく必殺技って感じでした

 

領域展開こそが呪術戦の頂点とはいうものの、実際の所バトルでは使いづらいんですよね。

領域のぶつかり合いで勝負が決まってしまうのは微妙ですし。

なのでここに来て改めて領域展開とは違う方向での必殺技的な意味合いで登場させたのかなぁと思ったり

 

象の下にいる蟻んこ達

 

宿儺という化け物と漏後という化け物の戦いに完全にビビっていた日下部とパンダ

夏油一派の下っ端をあっさり片付けて逃げようとするも、一応日下部は夏油一派の幹部二人に語りかけます。

 

なんでか知らねぇが特級同士が殺り合ってる!!

蟻んこの上で象がタップダンス踊ってんの!!

一応言っとくけど俺達が蟻な!!

さっさと逃げ――――

 

仮にも1級術師だというのに自分を蟻として考える辺りは、ある意味では冷静で現状を把握出来ていると言えるのかも。

しかもそのまま逃げてしまえばいいのに、なんだかんだ夏油一派の幹部に呼びかけるんだから結構優しい人だったりして

 

が、そんあ蟻んこの日下部に対しても厳しいのが宿儺様。

漏瑚と戦っていたはずなのにいつの間にか日下部の背後に現れていました。

 

これより四方一町の人間全員

俺が「よし」と言うまで動くのを禁ずる

禁を破れば勿論殺す

 

圧倒的過ぎるオーラと共に問答無用でそんな事を言われてしまったら動けるはずもありませんよね。

しかも彼らの前には既に漏瑚が作り出した巨大な隕石が迫っている訳で、そんな状況で動くなって言われているのが地獄過ぎます。

 

宿儺様も漏瑚が隕石を出した瞬間、蟻んこ達でちょっと遊べるかもって思いついたんでしょうね

そういう部分もマジで呪いそのものというか、悪の極みとしか言えません。

 

隕石の迫力が半端じゃなさすぎ

 

隕石が目の前に迫ってきても、全然「よし」と言ってくれない宿儺様。

待って待ってギリギリの所まで待ってから、ようやく「よし」と許可を出してくれます

 

多分このタイミングはギリギリセーフというよりはギリギリアウトといった感じ。

それだけに宿儺は「よし」を出してくれた瞬間、満面の笑みを浮かべていました。

この瞬間だけ虎杖を少しだけ感じられるのがちょっと面白い所です。

 

そして「よし」が出されて間もなく隕石は地表に到達。

パッと見た感じでは直径数十メートルクラスの隕石の落下という事で、複数のビルをなぎ倒し、凄まじい熱量で辺り一帯を焼き尽くしてしまいます

 

この破壊の描写はいつも以上に気合が入っていて、今更ながら漏瑚って凄えなぁと思わせてくれました

流石五条と宿儺を抜けば最強の男だなぁと

 

宿儺の新たな力で火力勝負!!

 

とんでもない破壊力の隕石を落としただけに、いくら宿儺でも無傷はあり得ないと感じていた漏瑚。

が、さっきまで隕石の真下にいたはずの宿儺は、一瞬の内に漏瑚の隣に移動していました

 

そこで宿儺は漏瑚が領域展開を使わない理由を問いかけます。

それに対して、領域の押し合いでは勝てないと分かっているから使わなかったという漏瑚。

 

しかしそんな漏瑚の実践的な判断を、やっぱり宿儺は笑って煽りまくります。

 

五条悟がそうだったからか?

クックッ、負け犬根性極まれりだな

 

絶対に負けるつもりもないというのに、こういう事を言うのはちょっと意味深でもありますね。

伏黒に対して「オマエあの時何故逃げた」と聞いたのと同じテンションにも思えるんです。

だとしたらなんだかんだ宿儺は漏瑚の事を気に入ってるのかな?

 

・・・いや、流石にそれはないかww

 

 

結構遊んだというのに、まだまだ遊び足りない感じの宿儺様。

ここで漏瑚の得意なやり方で戦ってやろうと、謎の力を使いだします。

 

「■」「開(フーガ)」

 

その力を発動した宿儺の手には、何故か炎が生まれていました。

 

宿儺の術式は「切断」であるとか「斬撃」だと思っていただけに、急に炎を使いだした事に困惑する漏瑚

その一方で宿儺はその謎の力は知られていると思っていた様子。

しかしどうやら呪霊には知られていなくて当然だったかな・・・といった感じの表現をしていました。

 

ちなみにこの「■」「開」というワードは芥見先生の過去の読み切り作品で使われていたというワードとの事

 

 

そしてそんな謎の力で生み出した炎で、炎が得意な漏瑚と真っ向勝負をしようと考えた宿儺様。

別に得意じゃないジャンルでの戦いでも相手にならないという自信があるんでしょうね

そういう部分も性格が悪すぎるとしか言いようがありません・・。

 

呪術廻戦最新話115話ネタバレまとめ

 

という事で漏瑚がかなり頑張って見せ場を作ってくれたものの、宿儺の余裕の表情すら崩せなかった今回。

正に呪いの王たる所以を見せつけられたという感じになってしまいましたね。

 

久々の自由時間を満喫しているというか、漏瑚を使って楽しんでいるというか。

そもそも一体誰がこんな化け物を止めるんだか心配になってきましたね。

 

術師側には戦力が残っていませんし、伏黒も瀕死の状態。

普通のやり方じゃ絶対に宿儺を止められませんし、ここは虎杖に目覚めてもらうか、それとも瀕死の伏黒に期待するか

 

味方側には期待薄となると、ここは「呪術廻戦」における最強の嫌われキャラである真人に登場してもらうしかないでしょうか

いずれにしてもそろそろ漏瑚も最後の時を迎えてしまいそうな気もするなぁ・・・・

 

先が読めない展開なだけに、次回の展開も楽しみですね!!!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話116話ネタバレ感想考察!宿儺の言葉で涙を流す漏瑚!人間らしい最後が切ない・・!

 

呪術廻戦ネタバレ考察!五条と両面宿儺以外の最強キャラは誰だ!?

 

 

呪術廻戦最新話114話ネタバレ感想考察!夏油ファミリー登場!日下部の意外な素顔も明らかに!?

 

呪術廻戦最新話113話ネタバレ感想考察!伏黒親子の激闘!伏黒パパの最期があまりにも切なすぎる・・!!

 

呪術廻戦最新話112話ネタバレ感想考察!宿儺復活!犠牲になった菜々子と美々子が辛い・・・!