チェンソーマン最新話79話ネタバレ感想考察!泣けないデンジが流した涙が辛すぎる!早川死亡と兄弟のキャッチボール

チェンソーマン最新話79話ネタバレ感想考察!泣けないデンジが流した涙が辛すぎる!早川死亡と兄弟のキャッチボール

チェンソーマン最新話79話ネタバレ感想!

 

衝撃的な展開が続く「チェンソーマン」

毎回読むのに覚悟が必要になるレベルだったのですが、今回はもうセンターカラーの扉絵の時点で泣けてしまいました。

ある意味ではこれで覚悟が出来たとも言えましたが、デンジの泣き顔でもう涙腺が崩壊してしまいました・・・

 

何か奇跡的な展開になって皆が救われないかなぁとも思いましたが、やっぱりそんな甘い作品じゃないよね・・・・。

 

という事で地獄のような展開に一つの決着がついた79話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

チェンソーマン最新話79話「キャッチボール」

 

扉絵がもう反則すぎる

 

今回はセンターカラーという事でカラーの扉絵があった訳なのですが、これがもうあまりにも良すぎました。

描かれていたのは水族館の水槽を前に写真を撮ったという構図になっている絵。

 

そしてそこに描かれた人物は早川、デンジ、パワーの3人。

しかしその3人の姿は今の姿ではなく、少年少女だった頃の姿

実際にはそんな頃は存在していない訳なのですが、これがもう本当の兄妹のようにしか思えない感じで描かれているのです。

 

しっかり者の長男、やんちゃな感じの次男、そして生意気ざかりの妹

絶対にあり得ないはずなのに、こんな事が本当にあったんじゃないかと思えてしまって泣けてきます。

 

彼らがもしも本当の兄妹だったらきっとこんな感じだったのだろうと

 

こんな素敵な扉絵をこの回に合わせてくるという辺りがもう地獄なんですけどね。

 

戻らない早川

 

前回のラストで既にほぼKO状態かに見えたデンジ。

しかし今回、はらわたが飛び出た状態ながらも自力で立ち上がります

 

早川としてはデンジが立ち上がってくれた事は嬉しくて仕方ないといった感じ。

「そうこないと!」

と、テンションが上がって再び雪玉(銃弾)で攻撃してきます。

 

デンジは強すぎる銃撃をまともに食らいながらも、どうにか早川に向けて語りかけ続けます。

 

戻れ戻れ戻れっアキに戻れっ

 

こんな状況ながらもまだ早川が正気に戻るのを期待して叫ぶデンジが辛すぎます。

ってかチェンソーフェイスでも悲しげで辛そうに見えるってどういう事なんだろうか?

そう思ってるからそう見えるだけなのかな?

 

しかしそんなデンジの声はやはり届かず、早川はここで頭部についていた銃で攻撃してきます。

ここまで使わずにいた頭部の銃ですが、やっぱりその威力は別格なレベル。

銃弾というよりはもうビームライフル的というかレーザーみたいな感じでしたね。

 

遠距離から撃ちまくってれば直接戦う系の魔人としてはダントツで最強なんじゃなかろうか。

まあ元となる銃の悪魔が強すぎたのだからある意味では当たり前なのかもしれませんが。

 

住人達の願いと共に

 

とんでもない威力の攻撃によって遥か彼方へとふっ飛ばされてしまったデンジ。

出血多量に加えて片腕が吹っ飛び、両足も使い物にならない状態の絶対絶命の状態に

 

流石にこれ以上の戦闘は無理・・・というタイミングでデンジに近づいてきたのは、この辺りに住んでいるであろう住人達。

その中の一人の女性は手に刃物を持っていて、これはデンジを殺すつもりなのだと思ってしまいました。

 

が、その刃物で女性が貫いたのは自分の手。

そして流れる自分の血をデンジに飲ませながら懇願します

 

「助けて・・・お願い・・・」と

 

そしてその女性に続いて沢山の人がデンジに血を差し出します。

 

死にたくない・・

テレビで見たよ!

子供がいるんだ・・・!助けてくれ・・・!

 

ここへ来てテレビで知られていた事の意味が出てきたのはなんだか嬉しいですね。

これまでの頑張りによって、デンジもちょっとしたヒーローになりつつあったのかもしれません

 

そして皆の血によって手足も回復して立ち上がるデンジ。

そんなデンジの目の前には兄弟?を殺されたらしき男の子の姿が。

 

「助けて・・・・」

 

デンジに助けを求めるその声に対してデンジの顔面のカットが挟まれるのですが、これも今までに見たことのない表情だなぁと感じました

これまでもなんとなく人を守りながら戦ってきたデンジでしたが、ここまで直接的に助けを求められた事ってなかったんじゃないでしょうか。

 

デンジにとってこの状況で優先すべきは早川をどうにか止める事。

しかしそんな早川によって住人達の命が脅かされてしまっている

 

この状況でデンジはもしかしたらこれまでにない位に自分が戦う理由を考えたのかもしれません。

自分が誰を救うのが正しくて、何をするのが正解なのかと。

 

そんなデンジの元にゆっくりと早川が近づいてくるカットもまるで映画のようでした。

ここできっとデンジは自分が何をするべきなのか覚悟を決めたんだろうなぁ・・・

 

デンジの涙

 

どこまでいっても早川の意識はデンジと楽しく雪合戦をしているだけ

しかしここで雪合戦中の早川は、デンジから激しく雪玉を投げつけられます。

一度に何発もの雪玉を投げつけられて、むしろちょっと楽しそうな早川。

 

凄い攻撃だな!

じゃあこれを喰らえっ

 

そんな感じで反撃しようとします。

が、目の前のデンジを見て動きを止める事に。

何故なら目の前のデンジがこれでもかというくらいに泣いていたから

 

何泣いてんだよ・・・

オマエが泣いてるトコさ・・

初めてみたよ・・・

 

泣きながらも必死に雪玉を投げつけるデンジ。

これを見て読者も大号泣しちゃいますよね

 

デンジはそもそも29話の時点では友達になった姫野先輩が死んだ時も泣けませんでした。

そしてパワーが死んだとしても、早川が死んだとしても泣けないだろうなぁと自分で考えていたのです。

自分は朝昼晩食って寝て風呂入れればそれで最高なのだと。

 

そんなデンジがここで泣いちゃうんですよ!

もちろんこれは早川が見ている光景であり、実際のデンジはチェンソーマン状態なので泣いているのかもわからない状態。

しかし早川にはデンジが泣いているように見えていたのは間違いないんです

 

これがもうなんかどうしようもなく泣けてしまいます。

 

あの時出来なかったキャッチボールを

 

デンジの思わぬ涙を見た事で、早川は自分から負けを認めます。

そもそも自分は雪合戦なんて手が冷たくなるだけだから好きじゃないと言いながら。

 

そこで早川が辺りを見渡すと、さっきまでそこにいたはずのデンジの姿が消えていました。

そしてその代わりに聞こえてきたのは自分の弟であるタイヨウの声。

 

おにいちゃ~!

ボールとグローブ!持ってきた!

 

家でキャッチボールの準備をして戻ってきたタイヨウ。

これは銃の悪魔によって奪われたはずの早川が臨んでいた未来と言えるのでしょう。

そこで早川も思い出します。

 

そうだった・・・

オレ・・・キャッチボールがしたいんだった

 

早川がそんな事を思い出した瞬間、現実では早川の身体をデンジのチェンソーが貫いていました

 

デンジにとっての最悪の死

 

デンジの両腕のチェンソーが腹部を貫き、正にグチャグチャに殺される事となった早川

ここでチェンソーマン化していたデンジの身体が元に戻っていくのですが、泥のようになって消えていく悪魔成分がまるで涙のようでもありました。

デンジは完全に放心状態で、血まみれの顔はやっぱり泣いているかのよう。

 

これはもう辛すぎますよね。

本当の家族のようになった早川を自分の手で殺すしかなかったデンジ

いくらデンジがポジティブで強メンタルの持ち主だといっても、これはもう精神が崩壊してもおかしくないでしょうし。

 

そしてこんな状態で登場してきたのが、早川の目の中に入っていた未来の悪魔。

 

ふふふ・・・

早川アキ・・・・

お前は最悪な死に方をしただろう

チェンソーの少年にとってね

 

この言葉によって、早川にとって最悪の死でしたが、同時にデンジにとっても最悪な死に方だったのだと気づかせられました。

そりゃこれ以上に辛い早川の死に方はないでしょうね、デンジにとっても。

 

未来の悪魔は最初からこの光景を一番近くで見たかったんでしょう。

そう考えるとやっぱり悪魔って最悪だよね・・・

 

そして今回は仲良くキャッチボールをする早川兄弟の見開きページで幕を閉じます。

煽り文は「せめて安らかに」というもの

 

銃の悪魔によって奪われた弟との時間を今になって取り戻した・・・という感じなのが救いと言えるのかもしれません。

復讐に囚われた早川がデンジやパワーという家族を得て、最期は弟と再会してその人生を終える事になる。

 

まあどう考えても納得出来るはずもないんですが、それでも早川視点で最期の一場面だけを見ればまだマシと言えるのかも

だとすれば正に未来の悪魔の言う通り、この早川の死はデンジにとっての最悪の死だったのかもしれませんね。

 

チェンソーマン最新話79話ネタバレ感想まとめ

 

あまりにも地獄すぎる展開でありながら、それをどこまでも美しく映画的に描いてくれた今回の79話

今回の演出はもう神がかり的というか、なんかもう凄いとしか言えません。

 

そしてある意味ではこれまでの伏線の回収回だったと言えるのかも

デンジの涙であったり、未来の悪魔の予言であったり、早川と弟のタイヨウとの関係の部分など。

しかし凄いなぁとは思いながらも、基本的にはもう辛くて仕方ありませんでしたけどね

 

これだけ辛い状態から、物語がどう進んでいくのかとにかく不安です。

既に「チェンソーマン」読者はいっぱいいっぱいな所まで来ていると思いますが、未来の悪魔の予言の事を考えるとこれだけで地獄は終わらない可能性もあります

 

それだけに次回も覚悟して読まないとならないのかもしれませんね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

チェンソーマン最新話80話ネタバレ感想考察!犬と戯れるマキマさん可愛すぎ!!傷ついたデンジを救うのはやっぱりマキマさんしかいないのか?

 

チェンソーマン最新8巻ネタバレ感想!岸辺とクァンシのまさかの関係について

 

チェンソーマン最新話78話ネタバレ感想考察!早川の大量虐殺でもう取り返しがつかない!?デンジの叫びが辛く苦しすぎる・・!!

 

チェンソーマンネタバレ考察!最悪の未来のその後はどうなる!?マキマさんの本当の目的とは!?

 

今更ながらファイアパンチを読んでめちゃめちゃ衝撃を受けた件