タイムパラドクスゴーストライター最新話11話ネタバレ感想!全てにおいて手遅れ感が半端ない!タイムマシンがラストチャンスか!?

タイムパラドクスゴーストライター最新話11話ネタバレ感想!全てにおいて手遅れ感が半端ない!タイムマシンがラストチャンスか!?

タイムパラドクスゴーストライター最新話11話ネタバレ感想!

 

毎回引きの部分だけは面白そう・・・・という感じが延々続いている「タイムパラドクスゴーストライター」

正直本当にそれだけであって、スッキリしたり気持ちの良い展開になったり熱い展開になったりという事は全くありません

それだけにそろそろ限界が近いのではという感じになっていた訳ですが、最新話の11話もやっぱりちょっと駄目でしたね。

 

相変わらずラストの部分はちょっと気になる形だったので、ここがある意味ではラストチャンスなんじゃないかなぁと思ったり。

そんなギリギリ感満載の最新話11話の気になる所(突っ込みどころ)をまとめてみたいと思います。

 

タイムパラドクスゴーストライター最新話11話「勝敗」

 

10話の裏側の物語・・・なのだが・・

 

前回の10話が完全に藍野視点だった事もあり、佐々木側の気になる所が完全スルーされていました。

もうそれがあまりにも投げっぱなし過ぎてめちゃめちゃ不安だったのですが、今回の冒頭で9話ラストの部分まで戻っていたので一安心だと思ってました。

少なくとも佐々木視点に戻ったのだから気になる部分は補完してくれるだろう・・・・・と思ってたんですよね・・・。

 

一番重要なのは、佐々木がどういう形で原作ストックのなくなった46話目を描きあげたのかという部分です。

担当にも佐々木が考えた46話はダメ出しを食らっていた訳で、そこからどうやって納得出来る形で完成させて、それがどのくらい評価されたのか?

佐々木にとっても自分の力で描いた本当のオリジナル作品になる訳なので、メチャクチャ重要になっているはずなんですよね。

 

が、悲しいかなやっぱりその辺りは物凄くざっくりとしか描かれませんでした

45話までの積み上げがあったから、最初の内は人気も急落しませんでした・・・・・と。

まあ正直予想していなかった訳でもありませんが、こんなに大事な部分をここまでざっくりで終わらせるとは思いませんでした。

 

そして当然のように佐々木の金欠問題にも触れられもしません

じゃあなんでそんな読者にツッコまれるだけの設定を出したんだと言いたくなってしまいます。

 

まあその理由は少しでも佐々木の好感度を上げたかったという風にしか思えませんけどね

しかも正直それをやった所で好感度が上がった訳でもないので完全に無駄にしかなっていません。

 

更に言えばめちゃめちゃ唐突に出してきた佐々木の師匠の話もまだ活かされる展開にはなっていません

これも何故あのタイミングで出したのか、その理由がさっぱりわかりませんね。

 

なんだか伏線の張り方がおかしいというか、回収する気もないのにそれっぽくやっているというか、根本的に漫画の作り方がおかしいというか

まあこれらは実際にはそんなに問題ではなくて、結局は佐々木の盗作問題がどうにもなっていないのがいけないんですよね。

あの問題さえどうにか上手く出来ていれば些細な問題はもうちょっとスルー出来ただろうに・・。

 

相変わらずズレている佐々木

 

結局オリジナル展開になってからアンケートの順位も下がっていた佐々木版「ホワイトナイト」

そんな状態で藍野の連載デビュー作の「ANIMA」が連載開始

 

その結果の部分も非常に重要になってくるはずでしたが、これも至ってあっさりと発表されます。

当然のように結果は藍野が1位で佐々木が2位

まあこれは佐々木の「ホワイトナイト」を適当にしか描写していない段階で予想出来ていましたけどね。

 

未来からのメッセージには「あなたの敗北は彼女の死」と書かれていました。

それだけに自分が勝てなかった以上は藍野が死ぬ未来は変わらないと考える佐々木

 

でしたが、そこで佐々木は勝手に思い直します。

「たった1話分負けたからって何だっていうんだ!」と

 

それだけでは藍野の死が確定する訳がないだろうと勝手に判断した佐々木。

ここから勝って絶対に未来を変えてやると今更ながらに気合いを入れ直すのでした。

 

うーん・・・やっぱり佐々木って考え方自体がおかしいですよね?

敗北したら藍野が死ぬって言ってるのに、1回負けただけで変わるはずがないと勝手に判断するのはヤバい気がします。

そもそも一番大事な所をちゃんと描かず、負けてからようやく本気出しますみたいな演出もおかしいですし。

 

まあ更に言ってしまえばそもそも漫画における勝ち負けって何なんだろうか?

ジャンプ漫画においてアンケートというのはもちろん重要だとは思いますが、アンケートの勝ち負けなんて正直評価の一つでしかない気がします。

アンケートで決まるんだったら、そもそも未来からのメッセージにちゃんと「アンケートで負けたら」って書いとけって話ですし。

 

そういう部分も漫画を題材にしている作品にしては雑すぎるなぁと思ってしまったり

 

これは編集部批判なのか?

 

「俺は絶対に未来を変えて見せる」

 

と、そんな感じで気合いの入ったコマが描かれ、次の場面では担当の宗岡が佐々木のネームを絶賛する場面へと移っていきます。

46話以降苦戦していたものの、今回のネームはかなりよく出来ているのだと。

 

こういう演出になっていれば、それはもちろん49話とか50話とかそのくらいの話かと思いますよね?

でもこの時点では、既に藍野が漫画を一人で描いている状態まで時間が進んでしまっています

 

という事はあれだけ意気込んでいた佐々木が藍野に30週負け続けたという事なんですよね。

これはもう酷いとしか言いようがありません。

30週負け続けたというのに特に対応してませんし、藍野が死なないからといってちょっと安心してたんじゃないかと思ってしまいますよ、これじゃ

 

そしてここで宗岡も藍野の要望で担当を交代させられてしまった事が明かされます。

どう考えても漫画家の要望で担当が簡単に変わるというのはおかしい気がしますが、宗岡も完全にそれを受け入れてしまっています。

 

「藍野さんを信用せずにしつこく心配した僕がいけなかったんだけど・・・」と

 

この部分だけを見ると、宗岡もなんだかんだ良い奴に思えてきます。

が、そもそも宗岡は藍野が一人になるまで「アシスタントを最近あんまり見ないね」とか戯言抜かしてた奴です。

なので正直ここで急に心配し始めるというのも気持ち悪かったり。

 

しかし問題はやはり、漫画家によって担当を簡単に交代出来るかのように描かれている事です。

藍野はこの時点で30週連続でアンケートの1位を取るような人気漫画家

とはいえ新人作家である事も間違いありませんし、担当を変えるような権限があるとは思えません

ってか絶対にないでしょう。

 

そもそも漫画家さんに言われて変えてしまう編集部もどうなのよって話です。

そんなに作家さんに甘い編集部なのって思ってしまいますよね。

 

下のジャンプを舞台として描いているのに、その辺りについてこんなに雑で大丈夫なんでしょうか?

ある意味では編集部への批判と捉えられても仕方ない気さえしますよ

 

どこまでもヌルい佐々木の考え

 

もしかしたら藍野が一人で頑張りすぎて過労で倒れてしまうんじゃないか

そんな事を今更になって考えた佐々木。

とはいえ過労で死ぬのであれば、自分が勝つこととの因果関係が良くわからないだけにあんまり納得も出来ません。

 

そんな状態で藍野に電話した佐々木。

ここでのやり取りのたどたどしさから考えて、おそらくアシスタントを卒業してからほとんど連絡を取っていませんね、こいつ

きっと30週負け続けている間ずっと連絡もしていなかったんだろうなぁと感じました。

 

ちなみに電話の内容は当然のように特に意味のないものであり、藍野が無難に大丈夫アピールをしてそれに対していつも通りだと佐々木が納得するという本当にしょうもないものとなっています。

そして電話を終えてからも、やっぱり藍野が死ぬ事と佐々木が勝つ事で止められるというのは辻褄が合わないと考える佐々木。

その上で佐々木が出した答えは、自分に出来る事は最高の「ホワイトナイト」を描くことだけというこれまでとは何も変わらない答えでした。

 

いやいや、こいつ30週続けて負けているんですよね?

未来からのメッセージを信じているくせに、藍野が死んでいない事は全く不思議だとも思わない

そして思わないからこそ藍野の異変にも興味がなく電話で用件を済まして納得してしまう

 

そもそも佐々木ってなんで藍野を助けたかったんでしたっけ?

本当に助けたいと思っていたのであれば、もうちょっと出来る事もあったはずですよね。

少なくともこの時点で本人の所に会いにもいかずに済ましてしまうのはヤバすぎます。

 

藍野は佐々木が1話目で手こずっている時、深夜であるにも関わらず佐々木の元に来てくれたんですけどね・・・。

それなのに佐々木の方は藍野の命がかかっていても電話で確認して終わってしまう。

 

これはもう普通にクズなんだろうなぁと思ってしまいますね

 

逆ギレさえもズレている佐々木

 

そしてここで時間軸が9話目のラストと重なります。

担当の宗岡からかかってきた電話は、詳しくは描かれていませんが間違いなく藍野の死を伝えるものでした。

・・・ってかここでドラマチックな感じの演出にしてますが、次のページで藍野が死んだってわかっているのでここで無音にしたのもあんまり意味のない演出だなぁと思ったり。

 

そんな感じで藍野の死を知らされた佐々木が向かったのは、藍野の元ではなくタイムマシン電子レンジのある自分の家。

ここで佐々木は電子レンジに対して怒りをぶつける事に

 

電子レンジに対して大声で喋っているというのもおかしいですし、やっぱり藍野の所に行かないというのもおかしいですよね。

とりあえず何があったとしても藍野の所に行くんじゃないでしょうか、普通は。

 

まあそれは最悪良いとして、ここでの佐々木のブチ切れ方も微妙です。

 

藍野さんが過労で死んでしまうならどうしてそう言ってくれなかったんだよ!!

 

まあこれは正論ではありますよね。

ただしその考えに思い至りながらも電話だけで済ませた訳なので、お前も甘いというか適当じゃないかと思ってしまいますが

 

そう言ってくれれば!!いくらでも止める手段はあったはずだろうが!!

それを何で悠長に「ホワイトナイト」で勝てだなんて予言にしたんだよ!

 

と、これも正論には聞こえます。

しかし止める手段がいくらでもあったのは佐々木自身であり、佐々木が止めるべきだったんですよね。

 

それなのに悠長に「ホワイトナイト」を描くだけで、藍野の様子も伺わず、電話も定期的にしたりもせず、直接会いにいくなんて事もしていません。

1週負けてヤバいと思ってから、30週ぶっ続けで負けていた訳ですし、ある意味では藍野がいつ死んでもおかしくない状況だったはず

それなのに何も変わる事なく漫画を描いていただけなんだから、未来人としても正直佐々木に偉そうに言われたくない気がしちゃいますよね

 

まあ結局の所、言ってしまえば佐々木が全てズレているからこんな事態になっていて、正直全て自業自得でしかない気がします。

盗作した事で藍野の死期を早めているという罪もありますし、もう佐々木に救いの道はなくても仕方ないのではないだろうか?

 

しかし今回のラストで、散々電子レンジに文句を言っていたら、今度は電子レンジではなく冷蔵庫の扉が開きます。

そしてそこには謎の空間が広がっていて、佐々木はその空間に飲み込まれてしまうのでした。

 

と、この展開だと冷蔵庫がタイムマシンになっているって感じでしょうね。

しかしそもそもタイムマシンがあるのであれば、これまでの設定とか未来からのジャンプとか全部意味がなくなってしまいますよね?

それだけにこれによって更にこれまでの描写との齟齬が生まれまくる恐れがあり、次回以降が更に不安になってきます。

 

とはいえそれでもやっぱりこの最後の部分だけを見れば先が気になるんですよね。

なんだかセリフを変えれば結構面白くなりそうな気さえしちゃいます。

 

とはいえ編集の方の煽り分?も微妙ですよね。

 

開かれた扉、その先の真実へ

 

なんだか格好良い文章にはなってますが、そもそもその先の真実へという部分が読者の気持ちとズレてる気がしちゃうんです。

別に佐々木が何かを頑張って真実へと辿り着こうとしている訳ではなく、自動的に連れて行かれただけですからね。

しかも正直今の状況ではその「真実」というものにもあんまり期待できませんし、正直その真実が大した事だとも思えないんですよね。

 

ってかそもそもやっぱり10話と11話って順番逆でも良かったような気がするなぁ・・・。

佐々木視点で10話の内容を確認するみたいな感じで良かったんじゃないだろうか。

 

タイムパラドクスゴーストライター最新話11話ネタバレまとめ

 

という事で、正直突っ込むポイントを更に増やしまくった今回。

既にギリギリの所まできてしまっている気がします。

タイムマシンらしきものを登場させてしまった事で、もう取り返しはつかなくなったと言えるでしょう。

 

しかし逆にいえばタイムマシンは切り札とも言えます。

何故なら大抵の事をなかった事にも出来るからです。

 

もちろん佐々木の罪は消えませんが、それでも色々とやり直す事は出来るでしょう。

なのでせめてこれをどうにか活かして欲しい所。

 

これ以上ヤバい事にだけはならないで欲しいなぁ。

ダメ出しばかりというかダメ出ししかないものの、一応どうなるかは気になってますし

 

まあどんな形になっても最後までは見届けようと思います。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

最近の週刊少年ジャンプの連載陣と新連載の4連弾について

 

タイムパラドクスゴーストライター最新話12話ネタバレ感想!圧倒的説明不足の解説回!時間の止まった世界で佐々木はどうする!?

 

タイムパラドクスゴーストライター最新話10話ネタバレ感想!疑問点を完全スルーで進む物語!藍野の死の原因はまさかの??

 

タイムパラドクスゴーストライター最新話9話ネタバレ感想!大事な所を放置して進む物語に不安しかない件