サマータイムレンダ最新話122話ネタバレ感想考察!根津さんの覚悟と決断!後悔なき選択を

サマータイムレンダ最新話122話ネタバレ感想考察!根津さんの覚悟と決断!後悔なき選択を

サマータイムレンダ最新話122話ネタバレ感想!

 

遂に最終決戦が近づいてきた感じの「サマータイムレンダ」

まさかの手段で敵地にショートカットしている訳ですが、だからと言って簡単に優位は築けない所が本作ならではの所ですよね。

シデ側の対策に慎平もしっかりと対策を準備している所も流石な訳ですが、色々と進むにつれて怖い部分もどんどん出てきました。

出来るだけこれ以上誰も死なない形で物語を終えて欲しいですが、やっぱりそんな甘い展開は難しいのかなぁ・・・。

 

根津さんの格好良さに痺れてしまうような最新話122話の気になる所をまとめてみたいと思います。

 

サマータイムレンダ最新話122話ネタバレ感想

 

シデの確信とゲーム的発想

 

ヒルコ洞の内部に突如出現した慎平達に焦っていたシデとハイネ。

二人は日都神社の境内からヒルコ洞への直通ルートで急いでいました。

そして既に結界にまで接触された事まで把握していたハイネ。

 

シデによれば慎平達がリスタートの場所として選んだ位置はかなり絶妙だったとの事。

リスタート地点が遠すぎると急襲が成り立たず、かといって近ければハイネの本体であるヒルコ様に気づかれてしまう

しかもそんな作戦を実現させる為には、確実に潮を連れて帰るという確信が大前提であり、シデやハイネとしては完全に慎平にしてやられている状態。

 

そんな中でシデも謎の確信をしていました。

 

長いこと生きてきて私にも確信があります・・・

未だかつて最後まで破られやんかったためしがないんですよ

結界っちゅうモンは

 

と、なんとなくで聞くと経験によるもののような気がします。

が、そもそも実際の社会において結界ってあんまり登場してきませんよね?

 

これは完全にゲーム脳であるシデがプレイしてきたゲームの知識による意見のようでもありますね。

ゲームであれば確かに破られないままの結界になんてほとんど意味がありませんから。

 

こういうちょっとしたメタ発言っぽいのをこんな状況でも言えちゃう辺りもシデの怖い所だと言えそうです。

 

猛追するシデと慎平の銃弾

 

そして一方の慎平達は前回ラストで用意していた花火の火薬を大爆発させて結界を破壊。

竜之介を取り込んでいるせいか、今の慎平にはヒルコの気配も感じ取れていました

小さめの穴から侵入していく一行でしたが、近づいてくる気配にいち早く気づいたのはやはり慎平。

 

躊躇する事なく近づいてくるシデに銃撃を浴びせます

が、当然ながら銃弾くらいでは止まってはくれないシデ。

 

このままでは完全にシデの射程に入ってしまうと思われたその時、助けてくれたのはやっぱり頼りになる根津さんでした

流石にライフル(あれ?ショットガンだっけ?)の威力は高く、シデのスピードを落とす事に成功。

 

そして丁度よいタイミングで結界の穴も閉じ始めていき、なんとかシデをシャットアウト出来た・・・かに見えたものの、なんだかんだちょっとだけ侵入していたシデ。

時間をかければきっと少しずつ入ってこれてしまう訳で、根津さんはそんなシデに対して銃を構えるのでした。

 

未来の自分の考えを信じて

 

少しずつとはいえシデが侵入してきてしまえば非常にマズイ状態。

とはいえここでシデと戦う事になるのも得策ではない。

何故なら結界の出口が閉ざされてしまえば逆にこっちがゲームオーバーになってしまうから

 

それだけに根津さんは慎平達に対して強く叫びます。

 

行け!!穴が閉じきる前に!!!

 

と、前回の朱鷺子と同じように自分がこの場に残って皆を先に進めようとする根津さん

当然根津さんを残して行く訳にはいかない慎平達ですが、根津さんは自分の覚悟をしっかりと皆に伝えます。

 

迷った時にはよォ・・・

未来の自分やったらどうするか考えて決断せぇ

ほなら後悔はない

 

と、この言葉は非常に良い言葉であり、慎平にしっかりと良い影響を与えてくれそうな言葉ですね。

この言葉を元にして慎平が後悔のない選択をしてくれるんじゃないでしょうか。

 

そして最後に「竜之介によろしくな」という言葉を残していく根津さん

 

やっぱりどう考えても死亡フラグとしか思えません

が、むしろ露骨な死亡フラグすぎて逆に生きて後で登場するんじゃないかとも思ったり

 

根津さんとシデの中身の人物

 

一行は先へと進み、残された根津さんは少しずつゆっくりと侵入してくるシデと1対1に。

背後の空間も閉ざされつつある状態でも変わらずに銃を突きつけていました。

 

みっともないのォ・・・おまえ・・・

真砂人・・・・それとも巌・・・お前か!?

 

シデを受け継いできた・・・というべき人物達の名前を口にした根津さん。

しかしシデはそんなのどうでもいい事だと答えます。

 

そんなんどっちでもええやろ・・・銀坊よ・・

 

と、この語り口だと、先代のシデである巌よりも更に上の人物だと考えられますね。

根津さんの事を「銀坊」と呼べるんだから、下手すれば根津さんの2世代上まであり得ます。

まあシデはそういう歴代の記憶もしっかりと受け継いでいて、だからこそ人としての部分なんて意味がないと考えているのでしょう。

 

幼馴染のよしみや・・・どけ・・・おまえの悲鳴は聞きたない・・・

 

この台詞が本心だとも思えませんが、この台詞を選んだのは巌って事なのかな?

 

いずれにしても強い覚悟を持ってこの場に残った根津さんに対して、そんな言葉は通用しません。

 

ナメんなよ・・・

通りたかったら儂を殺してから行かんかい!!!

 

そんな激しい怒号が響く中で、遂に本命のヒルコの目の前まで慎平達はたどり着くのでした。

 

 

通りたかったら儂を殺してから

 

こんな台詞を聞いてしまうと、やっぱり余計に死亡フラグを感じてしまいますね。

めちゃめちゃ格好良いんですが、流石に根津さん一人でどうにか出来るとも思えませんし。

 

しかしただ死ぬよりも、人質にされたりしてしまった方が慎平にとっては辛そうだなぁと思ったり。

ハイネの方は別行動してそうな感じですし、そもそもハイネであれば結界を気にせず戻ってこれたりも出来そうですからね。

 

朱鷺子や根津さんが人質にされるような展開は本気で避けて欲しい所

そしてこの調子だと窓も皆を先に進める為の犠牲になるような可能性もありそう

 

その上で最終戦は慎平、潮、影ミオで戦う・・・みたいな

いや、やっぱり影ミオも抜けた方がドラマチックではあるかな?

 

サマータイムレンダ最新話122話ネタバレまとめ

 

絶対的優位を築けるかと思いきや、味方を削りながらなんとか先に進んでいる感じの現在。

朱鷺子や根津さんが非常に心配ではありますが、後々で生きて再会する展開になって欲しいものですね

 

とはいえ彼らのおかげでどうにかヒルコ本体の前まで辿り着きました。

当然このまま本体をどうにか出来るはずもありませんし、ここからやっぱり敵側の反撃が待っていそうな気がしますね。

 

本格的に最後の戦いが近づいてきている感じですし、どうにかハッピーエンドへ向けて進んで欲しいものですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

サマータイムレンダ最新話123話ネタバレ感想考察!ハイネ撃破とこれまでの借りを返すシデへの潮渾身の一撃!

 

サマータイムレンダ最新話121話ネタバレ感想考察!朱鷺子の決意と若干の死亡フラグ!慎平の切り札で壁を破れるか!?

 

サマータイムレンダ最新話120話ネタバレ感想考察!ループの始まりはまさかのあの場所!最高に熱い10周目の始まり!

 

サマータイムレンダネタバレ妄想考察!ファイナルファンタジー7との関係について考える