呪術廻戦最新話120話ネタバレ感想考察!絶望の虎杖とナナミンが残した最期の呪い

呪術廻戦最新話120話ネタバレ感想考察!絶望の虎杖とナナミンが残した最期の呪い

呪術廻戦最新話120話ネタバレ感想!

 

エゲツない展開ながらも爽快感があった前回までの「呪術廻戦」でしたが、今回はもう純度100%の絶望の回というか

 

マジで最近のジャンプどうなってんだよ!!!

 

と、叫びたくなってしまうような展開でした。

まあ主に「チェンソーマン」と「呪術廻戦」に対して言っている訳ですが。

 

正直個人的には「チェンソーマン」の早川やパワー回をも上回るくらいに辛すぎる回となりました。

そんなあまりにもキツすぎる120話の気になる所をまとめてみたいと思います。

 

呪術廻戦最新話120話「渋谷事変㊳」

 

入れ替わった虎杖が目にしたものは

 

散々大暴れして、伏黒だけを安全な場所に運んでいた宿儺。

時刻は23時14分、道玄坂の109の前まで戻ってきていました。

 

小僧、せいぜい噛み締めろ

 

明らかに悪意を感じさせるそんな言葉と共に、そこで体を虎杖に明け渡します。

そして入れ替わった虎杖がいきなり目にしてしまったのは、マジで何もかもが斬り裂かれて真っ平らになってしまった空間でした。

あるのはサイドテール呪詛師(もう名前忘れたわ)の死体だけ。

 

宿儺は領域展開の伏魔御厨子を半径140メートルで展開していたので、端っこにいる虎杖からすれば280メートル先まで真っ平らという事。

しかもなんだかんだ宿儺に代わっていた時の記憶も多少残っているようで、宿儺として菜々子と美々子を殺した場面や日下部やパンダを隕石に巻き込もうとしていた記憶を思い出してしまっていました。

そして思わず嘔吐すると、かつての自分の言葉に苦しめられます。

 

なんで俺が死刑なんだって思ってるよ

自分の死に様はもう決まってんだわ

 

そしてその死に様というのは、1話目で亡くなった虎杖のじいちゃんに言われた

 

大勢に囲まれて死ね

 

というもの。

 

作品のテーマとも言えるような台詞なんですが、今となっては虎杖を苦しめるだけのものにしかなりません。

 

泣きながら思わず自分に対して「死ねよ」と連呼する虎杖

これはもうちょっと辛すぎますよね。

 

しかしそんな虎杖の中にあったのは、やっぱりじいちゃんから言われた言葉でした。

 

人を助けろ

 

絶望していた虎杖にはこの言葉だけがせめてもの拠り所となっていました。

 

このままじゃ俺はただの人殺しだ

 

そう思いながら戦う決意を固めた虎杖。

しかしその表情は完全に暗黒面に堕ちたような感じとなっていて、彼の絶望の深さを思わせてくれます。

 

虎杖というキャラクターが良い奴だからこそこの展開は本当にキツくて、やっぱり宿儺はこうなる事が目的で伏魔御厨子を広範囲に展開していたんでしょうね。

・・・マジで呪いは呪いでしかないわぁと思わせてくれます

 

生きていた七海と潜む真人

 

虎杖の精神がやばい状態になっていたその頃、静まり返った渋谷駅の構内には一人辛うじて動いている存在が。

 

その人物とはいつもの鉈を持った七海

 

しかし陀艮との戦いで片目は失っていて、しかもその状態で漏瑚に焼かれていた為、既に顔半分はまるで骸骨のようになっていました。

当然体半分も焼け爛れている状態で、どう見ても生きているのが不思議なレベル

 

とりあえずそれでも生きていてくれたのは嬉しいですよね。

 

 

とか思っていたら、次のページにここまで姿を現さなかった真人が登場してきたので、正直ちょっと覚悟はしました

 

七海最期の輝き

 

どこを目指していたのかさえもわからないまま階段を下っていった七海。

ボロボロ過ぎて生きているのが不思議な状態の七海の前には、ちょっと絶望しちゃいそうになるくらいの改造人間達の姿が

 

そこで七海は何故か全く関係ない事をつぶやきます。

 

マレーシア・・・

そうだな・・・マレーシア・・・クァンタンがいい

 

クァンタンとはマレーシアの地名。

七海はこの状況でマレーシアのなんでもない海辺に家を建てて、そこでのんびりした時間を過ごす事を考えていました。

 

が、そこに割り込んできたのは、伏黒や真希、直毘人を助けに行かなくてはという想い

しかし既に限界を迎えているだけに、疲れたという気持ちやもう充分やったという想いも溢れそうになっていました。

 

が、それでも目の前の改造人間達に対して斬りかかる七海

このシーン、瀕死だというのに七海が妙に生き生きしているように描かれているのが非常に恐ろしい所でした。

まるで最後の輝きのようで、一体どういう気持ちで改造人間を薙ぎ払っていたのでしょうか?

 

やっぱりなんだかんだ呪術師として「人を助ける」という想いだったのかなぁと思ってしまいます。

呪術師はクソだと思いながらも、やっぱりそういう想いが最期に残っていたのかなぁ・・・。

 

七海と灰原と呪いの言葉

 

ほとんど死んでいるようなものだったというのに、なんだかんだ改造人間達を全て片付けた七海

しかしそんな七海の胸に手を当てながら登場してきた真人。

真人に触れられるというのは非常にまずい状態ですが、流石にこの状況では七海のリアクションも小さなものでした。

 

ちょっとお話するかい?

君には何度か付き合ってもらったし

 

満身創痍すぎる七海に対して、渋谷事変の戦いの間潜んでいた真人は余裕綽々。

そこでなんだかんだ七海も自分の最期を改めて自覚したのでしょう

 

灰原、私は結局何がしたかったんだろうな

逃げて、逃げたくせにやり甲斐なんて曖昧な理由で戻ってきて

 

と、ここでまず最初に思い浮かんだのが学生時代に亡くした友達の灰原だというのがもう泣けてしまいますよね

それだけ七海にとって灰原の死は意味があるものであり、どこまで行ってもつきまとうものだったのでしょう。

 

自分が一度離れた呪術師の世界から、再び戻ってまで何をしたかったのか

そんな理由を探す七海の前に、亡くなった灰原が姿を現します。

幻影としての灰原は、人差し指でとある方向を指し示すのでした。

 

その方向からやってきたのは精神崩壊寸前の虎杖

 

虎杖の登場で七海は心の中の灰原と葛藤します。

 

駄目だ、灰原

それは違う、言ってはいけない

それは彼にとって呪いになる

 

そうは思いながらも、七海は虎杖に対して一言だけ残します。

 

虎杖君、後は頼みます

 

その言葉と共に真人はその手に力を込め、ボロボロだった七海の上半身は一瞬で崩れてしまうのでした。

 

・・・オマエはなんなんだ!!真人!!!

 

これ以上ないくらいに精神ダメージを食らいすぎているというのに、頼れる七海の死を見せつけられた虎杖

それに対して

デケェ声出さなくても聞こえてるよ!!虎杖悠仁!!

 

と、あいかわらずムカつく反応で真人は返すのでした。

 

 

・・・・いやいや、もう辛いよ・・・

 

マジで七海がここでこんな絶望的な死を迎えるなんて辛すぎるでしょ・・・

正直渋谷事変が終わった後で大怪我したけど一応生き残った・・・みたいな感じだと思ってたのに・・・

この間アニメの七海の声優さんが津田健次郎さんである事が明かされてツイッターのトレンドに「ナナミン」が上がってたというのに、その数日後に同じ「ナナミン」が全く違う意味でトレンドに上がってきちゃうなんて、芥見先生もしかしたら狙ったのか??

 

最初の真人との戦いで、領域展開の「自閉円頓裹」に閉じ込められた時は「悔いはない」とまで言っていた七海。

あの時はスッキリしていた七海でしたが、今回はどう考えても「悔いがない」はずがありませんよね

 

しかも迷いながらも虎杖にとって「呪い」となりえる言葉を残してしまいました。

いくら呪術師には「悔いのない死などない」としても、これはもう辛すぎますよ・・

 

「呪術廻戦」はこれまでも本当に辛い場面が多々訪れてきましたが、その中でも今回は一番キツかったと言えそうです。

果たして七海から託された呪いのような言葉を、虎杖は受け入れて力に変える事が出来るのでしょうか?

 

呪術廻戦最新話120話ネタバレまとめ

 

正直読んでいてあまりにも辛すぎて泣けてきたのは「呪術廻戦」では久しぶりかもしれません。

最近ずっと「チェンソーマン」が辛くて仕方ない展開だったのですが、あっちは最悪の状況をさらっと描いてくるんですよね。

それに対して「呪術廻戦」は最悪の状況を呪いらしくじっとりと重たく描いてくるのです。

 

もうそれがあまりにも辛いですし、呪いがどこまでいっても呪いでしかないというのを改めて思わせてくれます

今回は「呪術廻戦」という作品において間違いなく物凄く重要な回となったはずで、ここから物語がどういう方向へと進んでいくのかは本当に注目しかありません!

 

正直これ以上味方勢力が死なない事を祈るくらいしかありませんが、果たして七海というあまりにも大きな犠牲だけで済むのだろうか・・・?

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話123話感想考察!やっぱり釘崎野薔薇が頼りになりすぎる件!!

 

呪術廻戦のアニメが楽しみすぎる件!

 

 

呪術廻戦最新話119話ネタバレ感想考察!VS魔虚羅が劇的決着!戻ってきた虎杖の表情が辛すぎる・・!

 

呪術廻戦最新話118話ネタバレ感想考察!領域展開「伏魔御廚子」発動でVS魔虚羅の結末は!?

 

チェンソーマン最新話83話ネタバレ感想考察!マキマの声でチェンソーマン復活!地獄の悪魔瞬殺であまりにも強すぎる!!