今週のジャンプ感想!WJ41 新連載「ぼくらの血盟」やBURN THE WITCH4話など

今週のジャンプ感想!WJ41 新連載「ぼくらの血盟」やBURN THE WITCH4話など

今週のジャンプネタバレ感想!WJ41

 

今週も非常に面白かった週刊少年ジャンプ

新連載などもありましたので、軽くそれぞれの作品について感想を書いていきたいと思います!

 

新連載「ぼくらの血盟」

 

うーん、悪くないけどなんか読みづらい・・・というのが最初の印象。

絵柄はあんまりジャンプっぽさを感じない気もしたり。

 

物語としてはまあベタですよね。

なんかどこかで見たことあるなぁという感じがどことなく漂っていました。

 

もちろんベタだから悪いという訳じゃないですが、やっぱりもうちょっと何かないと厳しいんじゃないだろうか。

そんな風に思ってしまうような1話目でした。

 

Dr.STONE

 

相変わらずどこまで行っても漫画が上手すぎる。

テンポの良さに加えて毎週盛り上がる展開を作るという点に置いて、今のジャンプでは圧倒的な安定度がありますよね。

 

ワンピース

 

前回は麦わらの一味が全員集合したりと非常に盛り上がっていましたが、今週は全く違う方向へと物語が進んできていて非常に面白い事になっていました。

やっぱりワノ国編って裏切りの連続だと感じましたし、一筋縄ではいかないよなぁと思わせてくれます。

 

が、ラストの展開は結構嬉しい感じでしたし、これもルフィの人を惹きつける力なんだよなぁと感じました。

 

高校生家族

 

うーーん、シュール・・・といえば聞こえは良いかもしれないけれど、これって面白いのかなぁ・・・??

ギャグとしての破壊力が全然ないし、平坦な感じで今後に全然期待出来ないのだけれど・・。

 

呪術廻戦

 

あまりにも衝撃的過ぎた前回なだけに、今回はどうなるのかと心配でした。

が、単純にバトルが凄かったですね!

 

真人の言動全てが苛立ちますが、それに対して虎杖があくまでも呪術師として戦おうとする姿が素敵でした。

そして何より、まさかの躰道には驚かされました

You Tubeで躰道の動画とか結構観たことがあって、凄え格闘技だと思っていたのでなんだかテンションが上ってしまいましたよ!

 

BURN THE WITCH

 

全4話という事で始まった物語でしたが、とにかく謎だらけのままで終わってしまいました。

が、それが決して悪いという訳ではなく、この世界の魅力を充分に伝えてくれた形だったんですよね。

壮大な物語のごく一部を切り取った感じではありましたが、登場人物達はもちろん圧倒的な世界観の魅力を充分に堪能させていただけた気がします

 

謎は死ぬほど残ってますが、シーズン2が予定されているのは非常に嬉しいです。

海外ドラマ的に短期連載をシーズン〇〇という形でやっていく形は新たな漫画のスタイルになっても良さそうな気がしますね。

 

僕とロボコ

 

今のギャグ漫画勢の中で圧倒的に安定して笑えるのが本作だと個人的には思っております。

一つ一つのネタのキレも半端じゃないですし、妙に良いキャラ揃いなのも強いです。

隠れたMVPキャラと言えそうなガチゴリラが主役のエピソードでしたが、笑えるだけでなくちょっとした良い話になっているのも良かったですね。

 

仄見える少年

 

3話目にしてようやくメイン二人以外のキャラクターも登場となりましたね。

どうやら頼れる姉キャラは皆の前に簡単に姿を現してはくれなさそうですし、この3人がメインになっていくのかな?

正直キャラクターとしては弱いですし、物語の核となるシナリオは見えてきたものの、ちょっと先行きが不安ではあるかも。

 

チェンソーマン

 

相変わらず衝撃的なんて言葉では足りないくらいの物語が展開しております。

 

正直頭が混乱するレベルでしたね。

 

チェンソーマン最新話84話ネタバレ感想考察と85話の展開予想!明かされたチェンソーマンの真実とマキマの真の目的!

 

アンデッドアンラック

 

いやいや、本当にこの漫画はとんでもないですわ。

まだ31話目だとは信じられないくらいの話の密度となっていますが、この回の衝撃度は半端じゃなかった!!

 

課題の内容、それに対する報酬、追加される罰・・・・これらの情報だけで信じられないくらに沢山の考察が出来てしまうのが本当に「アンデッドアンラック」の凄すぎる所です。

それだけ凄いというのに、それで満足せずに衝撃的な展開までしっかり用意しているというのがもう驚かされてしまいますよね。

 

アンデッドアンラック最新話31話感想と32話の展開予想!誰にも予想出来ない衝撃の展開に!世界がひっくり返るような超絶神回!!

 

灼熱のニライカナイ

 

割とシリアスな感じのバトル展開になっていますが、どうもユルさを感じてしまいますよね。

これが田村先生の作風なんだろうけれど、一体どこを楽しんで読んだらいいのかよくわからなかったり

そもそも何のために戦っているのかも微妙なんだよなぁ・・・。

 

マッシュル

 

ようやくあの人の登場となったのは予想通りなのですが

 

ドットの戦いが特に見られもしない&第4魔牙も噛ませ犬&神覚者なのにそこら辺の奴らと同じ雰囲気

 

などなど正直微妙な点ばかりが気になってしまう・・・。

うーん、正直物足りないというか話に深みがないよなぁ・・

 

破壊神マグちゃん

 

一応ギャグ漫画枠ではあるものの、それ以上に心がほっこりする癒やし枠となっている「マグちゃん」

ジャンプ漫画っぽくない部分も感じますが、個人的にはこの空気感は好きですね

 

キャラクターがちゃんとイキイキとしてるので、意外とネタ切れに困る感じでもなさそうなのも強みかも

掲載順位が結構下の方なので心配ですが、なんだかんだで続いて欲しいなぁ・・。

 

その他

 

「森林王者モリキング」はやっぱり微妙。

面白くない訳じゃないですが、特に印象には残らないかも。

 

シリアス展開が終わった「夜桜さんちの大作戦」はまあこんな感じかなぁ・・・という印象。

元々メイン二人の好感度はマックスなので、ただイチャイチャしてても特別なんとも思えんというのが本音だったり。

正直メインストーリーを中心に進めて欲しいよね。

 

「AGRAVITYBOYS」は逆にようやくメインストーリーが進んでいました。

真面目な展開になるかと思いきや、やっぱり途中からおふざけモードに入るのは流石。

キャラクターがイキイキしてますし、なんだかんだこれも続いて欲しいんだよなぁ。

 

まとめ

 

という事で全体的には面白い回が多かったですかね。

 

「ワンピース」

「呪術廻戦」

「チェンソーマン」

「BURN THE WITCH」

「アンデッドアンラック」

 

個人的にはこの5作品が飛び抜けていて、その下に「Dr.STONE」や「僕とロボコ」、「破壊神マグちゃん」が続いている感じです。

 

新連載陣はやっぱりちょっと不安が残りますし、若干溢れかえっているギャグ漫画陣も微妙なものが多い気がします。

来週からは「BURN THE WITCH」がなくなるので、正直ちょっと寂しい所もありますね。

 

とはいえ次回のジャンプは表紙&巻頭カラーが「チェンソーマン」!!!

恐ろしいくらいにとんでもない展開を用意してそうな気がしますね!

 

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

チェンソーマン最新話84話ネタバレ感想考察と85話の展開予想!明かされたチェンソーマンの真実とマキマの真の目的!

 

怪獣8号最新話10話ネタバレ感想!カフカの溢れ出すミナへの想い!入隊は決まったけど先行き不安な展開に!?