怪獣8号11話ネタバレ感想!カフカの第2の青春!仲間達との絆が深まれば深まる程感じる誰かの死亡フラグ!

怪獣8号11話ネタバレ感想!カフカの第2の青春!仲間達との絆が深まれば深まる程感じる誰かの死亡フラグ!

怪獣8号11話ネタバレ感想!

 

前回ギリギリの所で防衛隊に入る事が出来たカフカ。

とはいえそれも副隊長の保科の狙いもあったりしていて、なんだかんだ不安な部分も多い状態でした。

 

で、肝心の今回ですが、なんだか良い感じの青春ストーリーとなっていました。

防衛隊という場所で共に切磋琢磨しながら関係を深めていくという展開は、まるで必死に部活を頑張る高校生の物語のようでもあり、なんだかちょっとグッと来てしまいました

 

思いがけない青春ストーリーと少しの不安がよぎった11話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

怪獣8号11話ネタバレ感想!

 

競い合う者達の成長

 

今回はいきなり前回のラストから2ヶ月が経過。

それぞれが訓練漬けの日々を過ごし、それぞれが成長しながらライバル達と競い合っていました。

 

防衛隊員の解放戦力も訓練によって上昇していくようで、それぞれの数値も上がっている状態。

 

市川レノ・・・・8%→18%

古橋伊春・・・・14%→20%

四ノ宮キコル・・46%→55%

出雲ハルイチ・・18%→25%

神楽木葵・・・・15%→25%

 

という感じで、一番伸びているのは何気に市川君と神楽木葵。

市川君は保科副隊長にも驚異的な伸びだと成長を認められていたり

とはいえキコルの圧倒的な数値は変わりませんし、上昇率もほとんど同じというのが厳しい所。

 

市川君の成長に古橋が焦っていたり、キコルという別次元の存在を追いかけるハルイチに葵が追いついたり。

という感じで、お互いがお互いを意識しながらレベルアップしている所が凄く良いですよね。

 

0から1は大きな成長!

 

それぞれの数値に一喜一憂する中で密かに皆の注目を集めていたのはやっぱりカフカ。

訓練を終えてカフカが思い切り叫んだ理由は、2ヶ月かけて遂に解放戦力の数値が0から1になったから

 

もちろん1%になったからどうだという訳ではないのですが、何気にこれは意味がある事ですよね。

怪獣の力を持っているからこその0%なのかと思っていましたし、それでも1%に成長出来たという事は色々と可能性を感じます!

 

まあ逆に言えば怪獣の力とかは関係なく0%だったとすると、やっぱりカフカって才能がないのでは?と思ってしまいますが

その辺りについてはまだまだ秘密がありそうな所ですけどね。

 

しかしそんなカフカをはじめとしたメンバー達の成長を、割と温かい目で見つめていた保科副隊長。

前回のラストでは思いっきりカフカの事を疑っていましたが、この場面では結構良い上司って感じになっていました。

 

皆でお風呂

 

訓練を終えた一同は一緒にお風呂へ。

そこでは訓練に続いて市川君と古橋が、どっちの筋肉が良い筋肉かの勝負をしてたりしてます。

 

そんな勝負に割って入ったのはカフカ。

労働による筋肉を見せつけます・・・・が良かったのは上半身の上の方だけで、下っ腹はやっぱりちょっと年齢が出てしまっているのかポチャっている状態

 

市川君と古橋に大爆笑されてしまい腕相撲で勝負しようとムキになるカフカでしたが、そこで完成されたボディを持つ葵が入ってきた事で皆は急に静かになるのでした。

元自衛官という事で全身バッキバキなんですよね、葵は。

入隊試験の体力測定でも地味に1位獲ってましたし、メンタル的にも一番安定感がありそうです。

 

亜白ミナは皆のヒーロー

 

世代はちょっとずれているものの、なんだかんだ青春っぽさを感じていたカフカ。

そこで古橋は、それぞれが防衛隊を目指した理由を尋ねる事に

 

言い出しっぺの古橋が防衛隊を目指した理由は、シンプルに亜白ミナ。

中学生の時に助けられた事があったようで、その時からずっと古橋にとってミナが憧れの存在になっていたのです。

そしてどうやらハルイチや葵も似たようなものだったようで、どうやら市川君世代にとって亜白ミナはスーパーヒーローなのだそう。

 

当然その理由をカフカも問われる事になり、少し戸惑いながらもカフカはミナとの関係を打ち明ける事に。

当然打ち明けるという事は、幼馴染である事や「一緒に隊員になる約束」の事まで話すという事。

 

当然そんな羨ましい話を聞いて、亜白ミナに憧れる古橋、ハルイチ、葵がそのまま帰してくれるはずもありません。

カフカは結局3人からミナのパーソナルな情報を何から何まで答える事になるのでした。

 

そして結局話し込みすぎたあげくのぼせてダウンしてしまった4人

当然冷静な市川君はそんな話には参加しなかったのか、のぼせてダウンした4人をうちわで扇いであげるのでした。

 

一方で女湯から上がってきたキコルは、ダウンした男共が亜白隊長の話をしていた事に呆れ気味。

「バッカじゃないの男子」と、いかにもツンデレという感じの台詞を残していきますが、それでもちゃんとカフカの顔は確認しているのがキコルらしい所。

ちょっとだけ嫉妬してるんじゃなかろうか??

 

ミナの隣で戦う為に

 

お風呂から上がり、皆が眠りについてもカフカだけは眠りについていませんでした。

1%になったとはいえ、このままでは3ヶ月後にはクビになってしまう

そう考えたカフカは自分は皆の倍はやらないといけないと頑張って勉強していたのです。

 

が、そんなカフカに対して寝るのも仕事だとアドバイスしてきたのは保科

しかしそもそも保科って何歳くらいなんだろうか??

 

そんな保科に対して、ここをクビになる訳にはいかないのだと強い決意を見せるカフカ。

しかし保科はその理由が亜白隊長の為なのだと何故か知っていました

どうやら風呂場での話は聞かれていたようで、寮内での会話は保科に筒抜けなのだとか

 

知られていた事でちょっとだけ焦りながらも、カフカは保科に対して強く言い切ります。

 

約束したんです

あいつの隣で戦うって

 

そんな風に格好良く決めるカフカですが、その言葉はいつも亜白ミナの隣にいる副隊長の座を奪い取る事・・・・だとも聞こえなくもない台詞。

それだけにそんなつもりはない・・と言おうとしたカフカはそこで言おうとした言葉を変えます。

 

いや、そのつもりで頑張ります

 

と、ある意味では完全にケンカを売っているような発言に流石に少しムッとする保科。

しかし保科は、そんなカフカに「上等や」と言い残すと、部屋の鍵をカフカに預けて去っていきます。

 

亜白隊長の隣は譲らへんぞ

 

という言葉を残して。

 

 

なんだかカフカには人を惹きつけるような「ワンピース」のルフィ的なパワーがあるのかもしれませんね。

保科はカフカを疑っていたというのになんだかかなり純粋に応援してくれたりと、嫌な上司感なんて全くなく、むしろ物凄く良い奴になってきてます。

しかしこういうちゃんとした部分があると、やっぱり保科も相当凄い奴なんだろうなぁと思わせてくれますね

 

誰も株を下げずに皆が株を上げるようなこういう展開って好きだなぁ・・。

 

誰に何が起きてもおかしくない仕事

 

格好良い台詞を残して去っていく保科に感謝するカフカ。

 

しかし保科は最後にもう一言だけ残していきます。

 

隊員同士仲良くなるのは程々にしておいたほうがええ

いつ誰に何が起きてもおかしくない仕事やからな

 

この台詞は何気に重たい台詞ですよね。

前回のミナのスピーチの中でも語られていましたが、防衛隊って相当に死の危険がある職場なんですよね。

最初の任務で死ぬ者もいるかもしれないという言葉もありましたし、もしかするとその言葉が事実になってしまう可能性も高いです。

 

ある意味では結構な死亡フラグを感じさせるような保科の台詞と共に、鳴り響いたのは怪獣発生を知らせる緊急のベル。

隊員達は直ちに出撃の準備をする事になり、カフカにとっても初任務がスタートしようとしていました

 

 

うーん、この展開ってやっぱり結構ヤバそうですよね?

 

年の差がありながらも一緒に訓練を頑張り絆を深めていた事が、ここへ来て死亡フラグを補強する感じになってしまっています。

それに加えて保科の台詞に合わせるように鳴り響いたベル。

 

これはこの任務で誰かがピンチに陥る展開でしょうね。

これまでの流れであれば誰かが死ぬまではいかないとは思うのですが、最近のジャンプ作品の容赦の無さなんかを見ていると(主にチェンソーマンと呪術廻戦)ここで誰かが死ぬ可能性も充分にあるのかなぁと思ったり

 

同期組の3人(古橋、ハルイチ、葵)の可能性もありますし、もしかすると保科という可能性もありそうです。

今回妙に良い上司キャラになってましたし、それも全部死亡フラグの一部だったのかも。

 

怪獣8号11話ネタバレ感想まとめ

 

 

という事で今回は物凄く平和的で楽しい回となりましたね!

カフカが久しぶりに青春を満喫している感じもあって、なんだかちょっと嬉しい気持ちにもなってしまいましたよ

良い感じに部活的な部分や、修学旅行感みたいなものも感じましたし。

 

が、それが逆にこの先に辛い展開が待っているという事を予想させてしまいます

初任務で何も起こらず、皆が無事で終わるとは全く思えませんからね

 

主要メンバーはもちろん、同期3人組のキャラクターも良い奴揃いという事もありますし、誰も欠けずに初任務を終えて欲しい所ですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話12話感想考察!深まるカフカとキコルの関係!初出撃とエピソード2の始まり!

 

怪獣8号12話ネタバレ展開予想!初任務で同期のメンバー誰かが死ぬ展開に!?

 

怪獣8号最新話10話ネタバレ感想!カフカの溢れ出すミナへの想い!入隊は決まったけど先行き不安な展開に!?

 

怪獣8号最新話9話ネタバレ感想!カフカとミナの微妙な関係と人に紛れ込む怪獣の脅威