怪獣8号12話ネタバレ展開予想!初任務で同期のメンバー誰かが死ぬ展開に!?

怪獣8号12話ネタバレ展開予想!初任務で同期のメンバー誰かが死ぬ展開に!?

怪獣8号12話ネタバレ展開予想!

 

カフカの防衛隊での生活も本格的にスタートし、夢に向かって順調に進んでいた感じだった11話。

30超えのカフカにとっては第2の青春というような雰囲気もあって非常に良い内容となっていたのですが、その代わりに少し不穏な空気も漂っていましたよね。

 

同期のメンバーが一気に仲良くなったものの、そもそも防衛隊の仕事はいつ誰に何が起きてもおかしくないようなもの。

10話では隊長の亜白ミナも「最初の任務で死ぬ者もいるかもしれない」と語っていました。

 

そんな厳しい現実についてわざわざ副隊長の保科に言わせている以上、初任務で何か大変な事が起きてしまうという可能性は高いような気がします。

そしてやっぱり何か起きるのだとしたら、それは防衛隊のメンバー達の「死」なのでは??

 

という事で今回は最初の任務で何が起きてしまうのかについて考えてみたいと思います!

 

怪獣8号12話展開考察!初任務で誰かが死ぬ!?正体がバレる展開も!?

 

色々とフラグが立っているので、流石に何も起こらないという可能性はないでしょう。

大きく分けると、誰かが死ぬか死なずに終えられるかの2つになりそうですね。

 

誰かが死亡するパターン

 

怪獣が当たり前のように出現してくる本作ですが、今の所そこまで怪獣の脅威というものが実際には描かれていない気がします。

カフカが防衛隊員になったこのタイミングでその厳しさを見せてくる可能性は高い気がしますし、その厳しさをわかりやすく見せていく為にはやはり誰かが死ぬパターンが手っ取り早い気がしますね。

じゃあ誰が死にそうかなぁという事について考えてみましょう。

 

市川レノ

 

主人公であるカフカの相棒のポジションとして既に確固たる地位を築いている感じの市川君。

有望株のメンバー達にも負けないくらいの驚異的な才能を見せつけてくれていますし、今後に期待したいキャラクターです。

それだけに、流石に初任務で彼が亡くなるという展開はないでしょう。

 

まぁもしも初任務で市川君が死ぬような事になったら衝撃的過ぎますけどね。

最近の「チェンソーマン」や「呪術廻戦」なんかを見てると、全くないとは言えないのが少し怖い所だったり。

 

古橋伊春

 

今年の有望株3人組の一人でヤンキーキャラの伊春。

11話では市川君と良い感じにライバル関係を築けていた感じでしたね。

亜白ミナに憧れて防衛隊を目指したという事で、ちょいワル感はありながらも絶対良い奴だというのが伝わってくるキャラクターです。

 

正直彼が初任務で亡くなるというのはそんなに考えてもいないのですが、今回一番最初に防衛隊を目指したきっかけを語ったという所はポイントでしょうか。

実力的にはハルイチや葵に比べるとやや劣る感じなので、ここで亡くなる可能性も少しくらいはあるのかも。

 

出雲ハルイチ

 

有望株3人組の一人であり一番バランスの良さそうなハルイチ。

冷静で判断力にも優れていそうなタイプで、リーダーに向いているんでしょうね。

 

防衛隊を目指したきっかけの中に家の事情もあるようですし、その当たりの部分も今後語られる事になりそう。

なので彼が死ぬ可能性は少ないかなぁと思ったり。

 

神楽木葵

 

有望株3人組の中でも一番フィジカル面に優れている元自衛官の葵。

比較的無口なタイプかと思いきや、ハルイチにライバル意識をしっかりと感じていたりと意外に熱いタイプなのかも。

元自衛官という事で、人命救助への意識も高そうですし、3人組の中では地味に一番死ぬ可能性もあるキャラクターだったりするのかもしれませんね。

 

四ノ宮キコル

 

防衛隊の歴代最高レベルの逸材であり、本作の第2のヒロイン的存在のキコル。

既に一度ピンチをカフカに救われていますし、またしてもピンチに陥るような展開は考えづらいですね。

市川君パターンと同様に、もしも彼女が死ぬような展開だったら衝撃的すぎますけどね。

 

副隊長の保科

 

糸目キャラの有能キャラであり、カフカを既に怪しいと考えていながらもなんだかんだ認めてくれている良い人でもある保科。

亜白ミナの隣で戦う事をなんだかんだ大事に思っていたりと、冷静キャラに見せておいて実は結構熱い部分もあるんじゃないかと思ったり。

しかし誰かしら死ぬんじゃないかなぁというフラグを立てたのも保科であり、言ってる本人が死ぬ可能性も充分にあるんじゃないでしょうか。

 

カフカを怪しんでいるのは今の所保科だけなので、ここで保科が亡くなる展開というのはある意味では少しだけ都合が良いんですよね、カフカにとっては。

しかも11話では新人達の成長を喜んでいる描写もありましたし、その場面も少しだけ死亡フラグっぽく感じてしまいました。

 

僕のおらんとこでも競い合って高めおうとるようやで

 

この台詞ってある意味では、自分がいなくなっても大丈夫・・・・的な感じにも受け取れたりしますよね。

 

10話では亜白ミナが皆の先頭に立つというような事も言っていました。

その言葉を体現するかのように、彼が皆を守る形で死んでいくという流れが予想出来ちゃいます。

 

誰も死なないパターン

 

とはいえ、今の所は割と優しい物語になっている「怪獣8号」

なのでなんだかんだ誰も死なないパターンもないとは言えないでしょう。

その上で何かが起こってしまうパターンを考えてみます。

 

誰かが大怪我をするパターン

 

初任務の厳しさを描く上で、一番わかりやすいのは誰かの「死」だと思います。

しかし、誰かが防衛隊を辞めざるを得ない程の大怪我をしてしまう・・・・というのも結構厳しい展開でしょう。

 

せっかく友情を深め合っているカフカの仲間達が、生き残ったものの大怪我でもう戦う事が出来なくなってしまった。

そんな展開になってしまえば、11話での青春展開が非常に活きてくると思うんですよね。

 

だとしたら誰がそうなってくるのかという問題になってきますが、この辺は誰かが死ぬパターンと同じ感じでしょうか。

なんだかんだ本命は副隊長の保科かなぁと思ったり。

 

カフカの正体がバレてしまうパターン

 

間違いなくキツイ展開が待ち受けていそうな初任務。

誰かが傷ついたり死んでしまったりという展開はもちろん辛いですが、カフカの正体がバレてしまうという展開も非常にキツイものがありそうです。

 

11話では年齢差はあっても同期らしい関係を築けていた仲間達。

カフカにとっても青春時代を思い出させるような凄く良い時間だったはず。

 

が、もしも初任務で怪獣の力がバレてしまえば、せっかく築き上げた関係性を全て失ってしまいかねないですよね。

築き上げた信頼関係がむしろ悪い方向に働き、仲間達から憎悪の目を向けられてしまう。

それによってようやく防衛隊に入れたものの、防衛隊から追われる事になってしまったりしたら、非常に辛いものがありますよね。

 

とはいえ、既に市川君はカフカの怪獣化の能力を理解していますし、キコルも怪獣化の能力を知っていながらも問題にはしていません。

こういう展開になるとすれば、 有望株3人組にバレるか、もしくは副隊長の保科にバレるかというパターンしかありませんし、そうなるとちょっと衝撃度は少なくなるのかも。

 

カフカにとって目標である亜白ミナにバレてしまったら大変な事になっちゃいそうではありますけどね

 

怪獣8号12話展開考察まとめ

 

という事で物語が始まって11話しか経っていないものの、早くも序盤の山場になってくるんじゃないかと思っています。

仲良くなった誰かが初任務で亡くなってしまうような展開を本命だと考えていますが、いずれにしてもここでどういう展開になっていくかによって、「怪獣8号」という物語の方向性がはっきりしてくるのではないでしょうか。

 

まあ色々と考えてはみましたが、別に必ずしも不幸な展開にならなきゃいけないという訳でもありません。

最終的には面白ければ問題ありませんし、予想外の展開だった方が嬉しいですよね。

 

という事で今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話12話感想考察!深まるカフカとキコルの関係!初出撃とエピソード2の始まり!

 

怪獣8号11話ネタバレ感想!カフカの第2の青春!仲間達との絆が深まれば深まる程感じる誰かの死亡フラグ!

 

怪獣8号最新話10話ネタバレ感想!カフカの溢れ出すミナへの想い!入隊は決まったけど先行き不安な展開に!?