呪術廻戦最新話123話感想考察!やっぱり釘崎野薔薇が頼りになりすぎる件!!

呪術廻戦最新話123話感想考察!やっぱり釘崎野薔薇が頼りになりすぎる件!!

呪術廻戦最新話123話感想考察!

 

アニメももうすぐスタートする「呪術廻戦」

漫画の方は毎回のように厳しい展開が続いていましたが、今回はある意味では人間サイドの反撃ターンのようでもあり、そしてその鍵を握っていたのが我等が釘崎野薔薇でした!!!

 

ヒロインとは思えないようなヤバい発言やヤバい表情で大人気の彼女ですが、やっぱりメンタルが強すぎる事もあってめちゃめちゃ頼りになりますね!

そんな釘崎野薔薇の活躍が目立った最新話123話のポイントを簡単にまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話123話「渋谷事変㊶」

 

釘崎野薔薇と仲間の絆

 

釘崎が真人に遭遇する少し前、当然ながら釘崎は新田から帳の中に戻るのを止められていました。

家入さんが来ている事も釘崎には知らされていなかったようで、それは釘崎が無茶をしない為。

 

反転術式で回復が可能な家入がいると分かれば、ある意味では大怪我しても大丈夫という感じになって無茶が出来てしまう

そういう事をさせない為に情報をコントロールしていたみたいですね。

 

が、そんな事がわかった上でも戻らずにはいられなかった釘崎。

 

アイツらが戦ってるのに一人だけ帰るなんて私には出来ない

 

この台詞からは釘崎と虎杖、伏黒との絆を感じさせますよね

どうしても虎杖と伏黒の関係の部分が注目されがちですが、やっぱり1年メンバーには深い絆が結ばれているんだよなぁと改めて感じさせられました。

 

ちなみに今回のカラーは非常に夏らしく(既に秋だし作中でも秋真っ盛りですが)これまでにない素敵な構図になっていました。

「呪術廻戦」としては本当に珍しい明るい場面と色使いになっていて、こういうのも良いなぁと思ったり

釘崎がちゃんとヒロインっぽくカッコ可愛いのも良かったですね。

 

人間を使う真人に虎杖劣勢

 

一方で激闘が続いていた虎杖VS真人。

しかしまだ多少は駅構内に一般人が残っていたようで、それらを使っての攻撃に虎杖は大苦戦。

 

ただ投げつけてくるだけかと思いきや時間差で破裂させたりと、相変わらず人間の使い方がエグすぎます

虎杖も冷静に戦おうとは思っているはずですが、こういう搦め手の部分では真人とは差がありすぎる印象ですよね。

どんな手を使ってでも虎杖を殺そうとしている自由な真人との差がこういう所に出てしまうのは厳しいです。

 

真人の分身の能力制限

 

もう一つの戦いは釘崎VS分身真人。

釘崎は真人の術式を聞いていた為か、魂に触れてくる真人の両手を警戒中。

 

しかしどうやらこっちの真人は分身という事もあり、自分の形は変えられても改造人間をイジったり他者の魂に干渉は出来ないとの事。

なのでこっちの真人はかなり弱体化しているようですね。

 

とはいえ防御面では結局本体と変わりませんし、釘崎は勝手に警戒してくれているので真人としては全く問題無しという状況。

しかも虎杖が相手じゃないので、自分の形も変え放題というのも非常に真人が有利になる要因となっていました。

 

釘崎の「簪」

 

当然ながら接近戦がそれほど強い訳ではない釘崎は真人に大苦戦。

真人はやっぱり釘崎の攻撃が効かないのだと煽りますが、釘崎はそんな状況でもやっぱり格好良く返してくれます。

 

分かっててもやんなきゃならねぇ時があんだよ

 

と、非常に格好良い台詞ですが、釘崎にしてはちょっと感情的になっているような台詞でもあるのがポイントなんですよね。

ちなみにこの発言に対して真人が「アホくさ」とリアクションしてる時の顔が超ムカツキます。

まあこれでこそ真人という感じでもありますが。

 

そんな釘崎は釘を撃ちまくって攻撃。

当然そんなものを食らうような真人ではありませんが、それによって真人の上に陣取った釘崎。

 

何故かその位置から釘を一本落とすと、それと同時に術式の一つである「簪」を発動。

ただ単に地面に釘を打ち込んだだけという事で、何がしたいのか理解出来ない真人。

しかしそこで釘崎はもう一度「簪」を発動させます。

 

すると落ちていた釘が一度目の「簪」によって向きが変わり、その釘が真人の足元を完全に捉えます。

地味に頭を使ったやり方に少し驚く真人でしたが、基本的にはどんな攻撃もノーダメージという事もあり、「だからなんだよ」というスタンス。

 

が、ここからが釘崎の本当の狙いでした。

 

もう一人の天敵

 

高所から足をやられた真人にマウントを取った釘崎。

その上で真人の脳天に「共鳴り」を叩き込みます

 

それこそが釘崎にとっての切り札であり、真人の術式を聞いた時から効くんじゃないかと考えていた技

「分かってても~」という発言はあくまでも無策である事を真人に印象づける為のブラフだったという事なんですね。

 

そしてその狙いの通り「共鳴り」は真人にクリティカルヒット!

元々は真人の肉体を通して魂にダメージを与えるつもりだったものの、分身を通して本体の魂を捉える事に

 

それによって虎杖も助かる事となり、しかも本体がダメージを受けた事でそのダメージは再び分身へとフィードバック。

これは完全に分身を使っていた事の弊害であり、真人にとっても思いもよらなかったダメージの受け方。

 

ここで改めて真人は、自分の天敵が虎杖だけではなかったのだと気づくのでした。

 

しかし一方でこの状況で何かを感じていた釘崎。

「妙だな」という言葉がこんなにしっくり来る女子高生もなかなかいないでしょうね。

 

少し離れた所で自分の呪力が爆ぜるのを感じた釘崎。

しかも分身体という事で真人から感じる呪力の圧も中途半端。

更には触れられるチャンスがあっても触れてこない。

 

そこまで気づいた釘崎は、目の前の真人が分身であり術式が使えないのだと見抜くのでした。

見抜いた事でなのか完全にマウントを取った感じの表情になる釘崎はやっぱり素敵ですね!

悪い顔がこんなに似合うヒロインってやっぱり中々いないよなぁ・・・。

 

呪術廻戦最新話123話感想考察まとめ

 

という事で釘崎の強みが最大に活かされていた今回。

メンタルの強さが魅力の釘崎でしたが、ここへ来て能力の強みと真人への相性の良さまで見せつけてくれました

 

そもそも絶対に負けないというスタンスなのも格好良い釘崎でしたが、今回は虎杖や伏黒の為にも余計に負けられないと思っているのも良いですよね!

「共鳴り」であればダメージも入る訳ですし、黒閃さえ決められれば分身真人なら仕留められそうな気もします。

しかも分身に決めれば本体にも大ダメージが入る筈ですからね。

 

とはいえ勝機が見えてきたのが逆に一番怖い所でもあります

次回の展開がどういう感じになるのか注目ですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話125話感想考察!釘崎の過去とこれまで!ラストが衝撃的過ぎて辛すぎる!!

 

呪術廻戦のアニメが楽しみすぎる件!

 

呪術廻戦最新話120話ネタバレ感想考察!絶望の虎杖とナナミンが残した最期の呪い