呪術廻戦最新話126話感想考察!真人まさかの黒閃と圧倒的正論!窮地に駆けつけた東堂がカッコ良すぎる!!

呪術廻戦最新話126話感想考察!真人まさかの黒閃と圧倒的正論!窮地に駆けつけた東堂がカッコ良すぎる!!

呪術廻戦最新話126話感想考察!

 

前回の125話があまりにも衝撃的すぎてダメージが大きすぎた「呪術廻戦」

どうにか釘崎の無事を願って今回の126話を迎えた訳ですが、やっぱり凄いことになってましたね!

とにかく真人が悪役として最高に輝いていて、それに反論出来ない事が悔しくすら思えるのはそれだけ真人の言葉が響いてしまっているからなのでしょう。

だからこそあいつの登場には本当に救われたような気持ちになってしまいました

 

とにかくいろんな方向に感情を揺さぶられる126話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話126話「渋谷事変㊸」

 

何気ない日常

 

前回の衝撃的なラストから一転、今回の冒頭は虎杖、伏黒、釘崎の3人で過ごした日常の一幕からスタート。

3人が仲良くコーヒーを飲んでいた所で、釘崎が伊地知さんに預けられていた五条のシャツにコーヒーをぶっかけてしまいます

 

釘崎は責任を完全に伊地知さんになすりつけようとするも、結局は仲良くシャツのシミ抜きする事に。

しかし当然綺麗になるはずもなく、そこでようやくシャツの値段を確認するものの、シャツの値段はまさかの「250000円」

やっぱり金は持ってたんですね、五条は。

冥冥さんにもかなりの額を振り込んでたし、どこでそんなに稼いでるんだろうか??

 

仕方なく釘崎は自分が「9万」虎杖と伏黒には「8万」ずつ払わせようとするも、そこで五条が到着。

虎杖と釘崎は仲良くシャツを伏黒の胸元に突っ込んで隠して笑い合うのでした。

 

まあこの後どうなったのかという部分がちょっと気になってしまいますよね。

ってかこういう日常の平和なエピソードもっと読みたいわ・・・。

マジで辛すぎる展開があまりにも長いので精神持たなくなってきてますし。

 

釘崎のダメージ

 

と、そんな笑顔の釘崎が描かれた次のコマは、片目が完全に吹っ飛んだ釘崎の姿が描かれます。

ヒロインの眼球が吹っ飛んで、そこが空洞になってしまっている姿を見るなんて中々ないでしょうね・・・

 

とはいえ!

顔半分が吹き飛んだ・・・という程酷くはありません

眼球と左目の周りには変化が見られますが、顔全体はある程度そのままという感じにも見えます。

 

とはいえ十分に衝撃的な姿なのですが、あるキャラクターの台詞なんかからもとりあえずは生存が期待出来そうではあります。

きっと長期離脱という感じにはなるでしょうが、きっといつか戻ってきてくれるんじゃないかなぁと予想しておく。

 

虎杖のメンタル完全崩壊

 

衝撃的な釘崎の姿に読者もショックを受ける訳ですが、それ以上にダメージを受けていたのはやっぱり虎杖

 

脹相に敗北し、肉体の主導権を明け渡し、宿儺に大量殺人を許してしまい、七海建人の死を目の前で見てしまった。

釘崎のおかげでほんの少しだけ救われていたというのに、そんな心の拠り所となった釘崎までやられてしまった

 

言葉にも詰まり、体も震え、顔も非常にヤバい事になってしまっていました。

これはもうメンタルがぶっ壊れるのも当然でしょうね。

これはもう全てを諦めて死にたいって思ってしまうだろうなぁ・・・。

 

真人まさかの黒閃発動!!!

 

虎杖が完全にぶっ壊れそうになるのに対して、逆に最高に生き生きしていたのが真人。

何よりも虎杖をここまで追い詰められた事にゾクゾクしていて、そこまで追い込めた自分の才能を感じ、自分こそが「呪い」なのだと実感していました。

 

そんな最高の状態になった真人が虎杖に炸裂させたのは、まさかの「黒閃」!!!!

ここで虎杖や釘崎じゃなくてお前が「黒閃」発動させんのかよ・・・・とツッコミたくなってしまいますよね。

そもそも黒閃は術士側の必殺技みたいなものだと思っていただけに余計に驚かされました。

 

しかもここでのナレーションが最高に残酷です。

 

黒い火花は微笑む相手を選ばない

 

この残酷さこそが最高に「呪術廻戦」って感じですよね、悔しいけども!!

 

真人の語りが最高で最悪な件

 

虎杖に「黒閃」を発動させて最高にハイになっている真人。

ここで虎杖をボッコボコにしながら一人ひたすら語り続けます。

 

どうせ虎杖は害虫駆除であるとか、昔話の妖怪退治の認識で渋谷に来ているであろう事。

そしてその考えは甘すぎであり、これは戦争。

間違いを正す戦いではなく、正しさの押し付け合い(ペラッペラの正義の)

本質的には自分も虎杖も一緒。

故に真人は何も考えずに人を殺し、虎杖も何も考えずに人を助ける。

呪いの本能と人間の理性が獲得した尊厳。

100年後にどっちが残るかを決めるのが目的の戦い。

それに気づけない奴では自分には勝てない。

 

ここまでかなり悪役としての魅力を見せつけてきた真人ですが、ここでの台詞は全てが完璧でしたね。

しかもこの後の台詞は悪役の台詞としても最高でした。

 

なぁ虎杖悠仁

殺した呪いを数えたことはあるかい?

ないよな、俺も俺も♡

殺した人間の数とかマジでどーでもいいもん。

オマエの事もそのうち忘れるさ

 

これはもう真人の魅力(良い意味でも悪い意味でも)が全部詰まっている気がしました。

こういう台詞回しの上手さこそが芥見先生なんだろうなぁと思わせてくれます。

 

駆けつけた東堂がカッコ良すぎる!!!

 

徹底的に虎杖を肉体的にも精神的にもボッコボコにした真人。

手を鎌に変化させてトドメを刺そうとしますが、その攻撃は何故か空を切ってしまいます。

 

虎杖の大ピンチを救ったのは東堂葵が使う不義遊戯(ブギウギ)!!!

何故か「祇園精舎の鐘の声~」と、平家物語の冒頭部分を口にしながらの登場となります。

 

「祇園精舎の鐘の声~」とは、どんなものでも変化していき、どんなものでも衰退していく・・・みたいな感じの内容(のはず)

つまり真人の言葉をある意味では受け入れているようなものですが、それに東堂ははっきりと一言付け加えます。

 

「ただし!!俺達を除いてな」

 

この登場はめちゃめちゃ痺れますよね!!!

ビジュアル的にあんまり格好良くない(失礼)東堂の登場でこんなに安心させてもらえるなんて・・!!

 

そしてそんな東堂と一緒にやってきたのは、以前メカ丸の回想にちょっとだけ写っていたもう一人の京都校のメンバー。

1年の彼の名前は「新田新」という事で、明らかに補助監督の新田明の弟っぽいです。

 

どうやら釘崎に何かしらの処置をしていたようで

 

「あっちの子の処置終わりました。でも多分死んでますよ」

 

という台詞からは、逆に釘崎が生き残れる雰囲気を感じさせます

しかしどういう処置なのか不明ですが、この子「反転術式」でも使えたりするんだろうか?

 

呪術廻戦最新話126話感想考察!

 

という事で、釘崎死亡?からの虎杖ボロボロ、そこからの真人の黒閃、からのハイになった真人の全力での煽り

ここまではもう完全に読者の心までも折りに来るような展開でしたが、ラストの東堂の登場で全部をひっくり返してくれた気がします

 

まじでどれだけ頼りになるんだよと思ってしまうくらいに凄く格好良い東堂。

しかしいくら東堂とはいえ、一人で真人の相手をするのはキツイはずですよね。

領域展開されちゃえばヤバいでしょうし。

 

まあ色々心配事はありますが、東堂が来てくれたおかげで一気に安心感が生まれてきました

それだけにここからが反撃のターンだと信じて次回を待ちたいですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話125話感想考察!釘崎野薔薇の過去とこれまで!ラストが衝撃的過ぎて辛すぎる!!

 

呪術廻戦最新話123話感想考察!やっぱり釘崎野薔薇が頼りになりすぎる件!!