呪術廻戦最新話128話感想考察!メカ丸が最期に三輪に伝えた想いが切ない!真人との最後の呪い合い開始!?

呪術廻戦最新話128話感想考察!メカ丸が最期に三輪に伝えた想いが切ない!真人との最後の呪い合い開始!?

呪術廻戦最新話128話ネタバレ感想考察!

 

東堂の登場で一気に熱い展開になってきていた「呪術廻戦」

そんな中で今回の128話も熱いバトルが繰り広げられた訳ですが、それ以上にグッと来てしまったのが京都メンバー達の様子でした。

特に三輪とメカ丸のやり取りはマジで涙腺がやられてしまいましたね・・

キツイシーンが多かった渋谷事変の物語の中でも、このシーンは最高に好きなシーンになったと言えるかも

 

三輪ちゃん好きには必見としか言いようがない128話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話128話「渋谷事変㊺」

 

三輪とメカ丸最期の会話

 

今回の冒頭で描かれていたのは東京行きの新幹線の中での様子。

もちろんこの時間に東京に向かっているという事は、それはもちろん京都の高専メンバー達ですよね。

その中の一人である三輪の手に握られていたのはミニメカ丸

やっぱり最後の一つは三輪の所にあったんですね。

 

そんなメカ丸は、既に決着がつく頃であり渋谷に向かっても意味はないと指摘。

しかしその割には東堂と新田を先行させた事を三輪は気にします。

 

が、それに対してメカ丸は、東堂は渋谷でも9割9分死なないと判断したとの事。

新田も同様のようで、何よりも新田の術式が役に立つのだと評価していました。

そこまで信頼されている東堂は流石としか言いようがありませんが、七海でさえ死んでいるので流石にちょっと見通しが甘い気もしたり

 

とはいえ十分納得する理由ではありますが、それだけに三輪からすれば自分は役に立たないと言われているようなもの

京都交流会では自分の事を「役立たず」と自称していた三輪ですが、ここでは「役立たず」である事を本当の意味で自覚するのが辛すぎます

 

当たり前ですが実力主義の世界ですし、「役立たず」では戦いに参加する事さえ出来ない。

それを感じる事になったのは三輪にとって辛すぎますよね。

 

とはいえ、メカ丸は真依、加茂、西宮、先生である歌姫の事も京都以南の任務に就くようにと細工していたとの事。

メカ丸はなんだかんだ京都メンバーが大好きですし、出来る限りは危険な渋谷に近づいて欲しくなかったんですよね

 

お別れと京都メンバーの絆

 

自分が弱いから相談してもらえなかったのではないか?

そう考える三輪に対して、メカ丸は弱いのは自分だと語ります

弱いからやり方を間違え、弱いから間違いをつき通せなかったのだと。

 

大好きな人の事をどんな世界になったとしても自分が側で守ればいいと考えていたメカ丸。

その人が守られたいのは、自分じゃなかったかもしれないのに

そんなメカ丸からのほとんど告白みたいな言葉に、堪えきれずに涙を流す三輪。

 

しかしそこでミニメカ丸のタイムリミットが。

さよならなんて嫌だと叫ぶ三輪に対しての、メカ丸最期の言葉は非常に素敵でした。

 

幸せになってくれ

どんな形であれお前が幸せなら俺の願いは叶ったも同然だ

 

この台詞に合わせて、新幹線の窓にメカ丸が与幸吉としての姿で映し出されるのが素晴らしすぎる演出です。

そして台詞が終わるのと同時に消えてしまうのも切なくて最高でした。

 

メカ丸が消えてしまい悲しさから絶叫する三輪

そんな悲しすぎる叫び声を、少し離れた車両の出入り口部分で立っていた仲間達が聞いているというのも非常にグッときます。

 

三輪のように泣きはしないものの、どこか悲しげな真依、加茂、西宮、歌姫の4人

メカ丸がやってしまった罪を気にする真依。

メカ丸に低く見積もられてしまった事が不服そうな加茂。

 

そんな中で一番ブチギレ状態だったのは意外にも西宮

 

東堂だったら死なないとか、自分達なら死ぬとかそういう事は関係なく、カワイイ後輩を泣かした奴はぶち殺す

あくまでもそういうスタンスで怒りが爆発しそうになっていました。

 

最初に登場してきた時はあんまり仲が良くないイメージだった京都組。

しかしここへ来て彼らの絆の深さみたいなものを感じられて非常に素敵でしたね

 

とはいえ流石に彼らに渋谷での活躍の機会は残されていなさそうですが。

 

東堂の黒閃発動!!!

 

一方で復活した虎杖と東堂の相手をしていた真人。

2対1ながらも落ち着いて状況を分析しながら戦っていました。

 

チョンマゲゴリラ(東堂)の魂は万全であり、今の自分ならワンタッチで殺せるかどうか微妙な所。

虎杖の魂(HP)は残り1割といった所。

 

それに対して自分の魂(HP)は残り4割

分身が潰され、メンタル崩壊前の虎杖のラッシュと黒閃によってかなり削られていた様子。

それもこれも釘崎のせいであり、雑魚ながらも爪痕は残されたのだと真人も感じていました。

 

と、そんな状態だけに、まずは厄介な東堂から狙ってくる真人。

とはいえ東堂は無生物(解放前の改造人間)との位置替えでチャンスを生み出します。

 

そんな東堂が思い出していたのは、かつて自分が虎杖に言った台詞。

 

そのレベルで満足していると俺とお前は親友ではなくなってしまう

 

真人も既に黒閃をキメていて、むしろ自分が置いていかれている状況

それだけに再び虎杖を独りには出来ないと意気込む東堂は、ここへ来て蹴りで黒閃を真人に炸裂させるのでした。

 

狙って出せるものではないと言われている「黒閃」ですが、ここでの東堂はほぼ狙って出せてますよね

それだけ東堂という術士が優秀だという事なんだろうなぁと思ったり。

 

120%でのバトル

 

黒閃を炸裂させたとはいえ、どれだけ強力な攻撃であっても魂に響かないとノーダメージな真人

それだけにまだまだ余裕という感じです。

 

が、この場にいる3人はそれぞれ黒閃を出したばかり。

黒閃をキメると術士はゾーンに入ったような状態になると言われていた通り、今の3人は120%の潜在能力を引き出せている状態。

 

そんな中で真人は体内から大量の改造人間のストックを吐き出すと、「多重魂」からの「撥体」で攻撃を仕掛けてきます。

その威力はこれまでとは別格の威力で地面を突き破って地上に飛び出していく程。

 

真人を中心にしての全方位への範囲攻撃という事で、これには流石に入れ替えも意味がない状況。

厄介な攻撃で先制してきた真人は虎杖に対して叫びます。

 

アゲてけよ虎杖!!!

俺とお前!!最後の呪い合いだ!!

 

この台詞は真人の性格を表した感じの台詞ですが、問題は真人が「最後」だと語っている事ですよね。

ここで決着をつける気満々みたいですし、この感じだと逃げる感じにはならないでしょう。

なのでどういう形にしても、真人との戦いはここで終わる事になるような気がします。

 

呪術廻戦最新話128話ネタバレ感想まとめ

 

三輪とメカ丸の会話があまりにも良すぎた今回

死者に対してかなり冷たい印象がある「呪術廻戦」ですが、メカ丸は最期の想いを全部三輪に伝えられましたし、何気に幸せだったと言えるかもしれません。

京都メンバーとの絆も感じられましたし、三輪ちゃんにとっては「役立たず」を脱却するきっかけともなりそうですね。

 

そして真人との戦いもそろそろ最終盤に突入してきた感があります。

「呪術廻戦」という物語において非常に大きな存在だった真人とどういう形での決着となるのか?

非常に楽しみ過ぎますね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話129話感想考察!真人の切り札は五条悟の0.2秒の領域展開!

 

呪術廻戦最新話127話感想考察!格好良すぎる東堂と虎杖起死回生の黒閃!!

 

呪術廻戦最新話126話感想考察!真人まさかの黒閃と圧倒的正論!窮地に駆けつけた東堂がカッコ良すぎる!!