チェンソーマン最新話92話感想考察!コベニとの会話で揺らぐデンジの価値観!普通って一体なんだろうか??

チェンソーマン最新話92話感想考察!コベニとの会話で揺らぐデンジの価値観!普通って一体なんだろうか??

チェンソーマン最新話92話ネタバレ感想考察!

 

前回が1話目を思わせるような素晴らしすぎる神回だっただけに、否が応でも期待が高まっていた今回の92話。

しかも巻頭カラー(表紙はブラクロだけど)ということで、どういう展開を用意しているのか非常に楽しみでした。

が、こういう場面で誰しもが予想するような熱い展開を描いてくれないのが藤本タツキ先生なんですよね・・・

デンジとコベニの会話が中心となりましたが、なんとも言えない複雑な気持ちにさせられるような回だったと言えるでしょう。

 

一言では言い表せないような92話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

チェンソーマン最新話92話「ゾンビ・血・チェンソー」

 

まず今回で気になったのはこのサブタイトル。

〇〇・〇〇・〇〇というサブタイトルは「チェンソーマン」では定番のサブタイトルなのですが、今回の内容とは全くと言っていいほど合っていないんですよね。

特に全く「ゾンビ」要素はありませんでしたし、何かしら特別な意味が込められているのかなぁとも思ったり。

 

ちなみに巻頭カラーでは早川とパワーの姿も描かれていて、非常に素敵な感じになっていました

 

岸辺の力の謎

 

前回パワーによって何とか復活する事が出来たデンジ。

岸辺も協力してくれるという事で、今回はマキマさんからの逃亡編みたいなものが始まるのかなぁと思っていました。

 

が、今回の冒頭であっさりと街の片隅の隠れ家的な場所へと到着してしまっていました。

デンジと一緒にコベニの事も連れてきてくれた岸辺。

そもそもデンジとコベニは別々な場所にいたはずなので、色々と岸辺が頑張ってくれたという事なのかな?

 

今回の冒頭では、岸辺がデンジとコベニに対して「もう声を出しても大丈夫」だと語っていました。

声を出さない事はおそらくマキマさんの下等生物を支配する力への対策なのだと思いますが、音はどうにかなってもその姿をどうしていたのかは不明です。

岸辺が契約している悪魔は「爪」「ナイフ」「針」だったはずなので、姿を消せる感じの能力はなさそうなんですよね。

 

それだけにどうやって岸辺が安全地帯へと二人を連れてこれたのかは少し謎だったり

まあそこが詳しく語られる事はあんまりなさそうな気もしますけどね。

 

コベニと家族

 

デンジと一緒に救われたものの、色々と見てしまった以上はマキマさんからも狙われる事になってしまったコベニ。

しかしコベニが心配して岸辺に聞いたのは、家族と電話が出来ないかどうか、について

それに対しておそらく一生電話出来ないだろうと返す岸辺。

 

そんな無慈悲な答えにしゃがみ込んでしまうコベニ。

しかしその口から出た言葉は少しだけ意外なものでした。

 

よかった・・・・離れる理由できてよかった・・

 

父親と母親から離れる理由が出来て良かったというコベニですが、これはちょっとなんとも言い難い言葉ですよね。

この感じだときっと毎日電話をするように両親から言われていたりしたのかな??

 

20話「飲み」の回では、少しだけコベニの家庭環境について触れられていました。

 

デビルハンターとして稼いでいるお金のほとんどは実家に入れている事

9人兄妹で、お姉ちゃんがいてそのおさがりの服を着ていた事。

 

そして15話「エンドレス8階」の時にも

 

親が優秀な兄だけは大学に行かせたいからという理由で、デビルハンターか風俗で働く選択肢を迫られたという事も語られていました。

本当は自分も大学に行きたかったのだと。

 

それらの情報を知っていると、コベニの言葉にも納得せざるを得ないですよね。

優秀な兄だけが優遇され、人ともまともにコミュニケーション出来ないコベニは酷い扱いを受けていた

大学に行ける兄と違っていつ死んでもおかしくないようなデビルハンターにさせられるんだから、正直親からすれば何の期待もしていないどころか、死んでも別に構わないと思っていたと言われても納得できちゃいますし

 

その一方でデンジは、他人ながらも家族になれた早川とパワーとお別れしたばかりでメンタル崩壊中。

血の繋がりって一体なんなんだろうなぁと思ってしまいますよね

 

デンジとコベニの会話がなんとも言えない件

 

明日は早いという事で、岸辺からは飯を食って寝ろと言われていた二人。

しかしあまりにも酷い目にばかり遭遇し、死ぬのが怖いと震えるコベニ

デンジは死なないというか、生き返れるからいいよねと羨ましがります。

 

とはいえそれに対して、どん底までメンタルが落ちているデンジも反論

 

今までの良い思いも悪い思いも全て他人に作られたものだった

自分がバカだったからバカみたいに暮らしていたものの、バカだったせいで全てが駄目になってしまった。

結局これまでは自分で何も決めてこなかったし、ずっと誰かの言われるがままに使われ続けていた

決めていたのは昼飯何食うかくらいのもので、生き延びれたとしてもきっとこれからも犬みたいに誰かの言いなりになって暮らしていくのだろう・・と。

 

ここへ来てようやく本当の意味での自我が芽生えた感じのデンジ。

しかしそんなデンジに対して、コベニはデンジが思いもしなかった言葉で返すのでした。

 

それが普通でしょ?

ヤな事がない人生なんて・・・・夢の中だけでしょ・・・

 

そんな何気ない普通の一言でしたが、この言葉はデンジの心を大きく揺るがしてしまいます

 

これまでずっと普通になりたいと願っていたのに、コベニからすれば犬のように使われる事は別に普通でしかない

嫌な事がない人生なんて存在しておらず、だとすればデンジにとっての普通とは一体何なのか??

 

コベニの言葉はデンジが夢見ていた「普通」という価値観を大きく揺るがしてしまったのは間違いないでしょうね。

 

作られたヒーロー

 

コベニの言葉に激しく動揺してしまっていたデンジ。

しかしそんな彼の耳に「チェンソーマン」というワードが飛び込んできます。

 

暗い部屋にあったブラウン管のテレビではニュースが流されていて、それが伝えていたのは「チェンソーマン」について

 

頭にチェンソーを携え、悪魔を一人でバサリバサリと切り倒す「チェンソーマン」の名を知らない人はいないだろうと語るニュースレポーター。

正体は明かさず見返りも求めず、倒れても倒れても最後には必ず起き上がる、まるで漫画の主人公のような「チェンソーマン」

 

デンジは自分の姿がニュースに映し出されていた事でさらに混乱してしまいます。

 

しかもそれに続いて映し出されたのは、「チェンソーマン」に感謝して熱狂する人々の姿

彼らはまるで「チェンソーマン」をヒーローのように扱っていて、そんな彼らの声にデンジは複雑そうな表情を浮かべるのでした。

 

・・・・と、そんななんとも言えない所で今回は終了となります。

せっかくの巻頭カラーでやるにはあまりにも静かで盛り上がりには欠けるような内容だった今回

しかしデンジとコベニの会話はこれまでにないくらいデンジにとって重要な会話となっていて、ここからデンジがどういう風に変わっていくのかという部分が気になりましたね。

 

チェンソーマン最新話92話ネタバレ感想まとめ

 

前回の感動的なラストから一転して、デンジの価値観を揺るがすような違う意味で衝撃的だった今回の内容

 

何が良いことで何が悪いことなのか?

血の繋がりや家族ってなんなのか?

デンジが探していた普通って一体なんだったのか?

 

なんだか今回の内容だけで見れば、普通に現代人が感じるような悩みでもあるよなぁと感じてしまいました。

こういう部分が「チェンソーマン」の少年漫画らしからぬ部分であり、同時に強烈に惹きつけられる要素でもあるんだよなぁと思いましたね。

 

ラストの民衆たちの熱狂の部分は「ファイアパンチ」のアグニ信者達を思わせる部分もあり、ここからの展開がかなり怖くもあります

自分の価値観が他の人にとっての「普通」ではなかったと知ったデンジが、果たしてここからどういう選択をしていく事になるのか?

その辺りが非常に楽しみですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

チェンソーマン最新話93話感想考察!爆発するデンジの本音!やっぱり鍵を握るのは映画なのか!?

 

チェンソーマン最新話91話感想考察!パワーとデンジの契約と願いと復活!!1話目のセルフオマージュが最高過ぎる神回!

 

チェンソーマン最新話90話感想考察!パワーちゃん超復活もやっぱり根本は変わらないよね!!!