呪術廻戦最新話129話感想考察!真人の切り札は五条悟の0.2秒の領域展開!

呪術廻戦最新話129話感想考察!真人の切り札は五条悟の0.2秒の領域展開!

呪術廻戦最新話129話ネタバレ感想考察!

 

真人との最高に熱い戦いが続いている最近の「呪術廻戦」

今回も引き続きこの戦いが描かれていましたが、相変わらず真人の嫌な奴っぷりが最大限に発揮されていましたね。

芥見先生もやっぱりこういうヘイト集めまくりの真人の事を描くのが楽しいんだろうなぁとも感じてしまったり。

そしてやはり印象的だったのは今回のラストシーンで、こういうのも呪いが「廻っている」と言えるのかもしれないと感じてしまいましたね。

 

激闘が続いていた129話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話129話「渋谷事変㊻」

 

真人の新たな力

 

黒閃を発動させた事で潜在能力120%モードに入った虎杖、東堂、真人の3人。

しかしそんな中でもめちゃめちゃハイになっていたのが真人。

東堂の位置替え術式が通じない全方位への攻撃を仕掛け、その上で虎杖に最後の呪い合いを挑んでいました。

 

が、そんな真人の言葉に仲間外れを感じた東堂は位置替えの術式でチャンスを演出。

虎杖が攻撃出来るようにとアシストするも、虎杖の蹴りに対して自分から首を切り離す真人。

 

首から上と首から下で分かれると、首から下の方に虎杖と東堂の相手をさせて、その間に首から上の方が「多重魂」を発動。

しかもそれによって作り出したのは「幾魂異性体」という特殊な改造人間

そんな改造人間を加えて、2対1の状況から一気に2対3の状況を作り出す辺りがヤバいですね。

 

ハイパワー改造人間

 

瞬間的ではあったものの、首から下の方に足止めされた虎杖と東堂。

その事から東堂は、力の配分は首から上が2で首から下が8だと考えます。

 

そして距離を取って術式を使った事から、首から上の配分が2の方が本体であると見破った東堂。

そちらを確実に潰せば大きいと考えます。

 

虎杖の心境が全く前回から描かれていないのに対して、東堂はしっかりと考えを見せてくれるのがありがたいですよね。

戦い自体が非常にわかりやすく自然に読めるのも東堂のおかげですし。

 

改造人間の等級は3級から2級弱レベル。

そう考えていた東堂でしたが、真人の作り出した「幾魂異性体」から手痛い反撃を受けてしまいます。

その攻撃力は相当のもので、東堂の体を遙か先のビルまでふっとばして結構なダメージを与える程

 

が、そこはやはり東堂という事で、冷静に術式を使って反撃。

するとその攻撃力に反してあっさりと撃破出来てしまいます。

 

その瞬間東堂は、この改造人間が複数の魂を一瞬で燃やし尽くす事で爆発的にパワーを得ている超攻撃型改造人間なのだと気づくのでした。

そしてそんな危険な相手がもう2体東堂の目の前には迫っていました。

 

真人の奥の手はまさかの領域展開!?

 

そんなパワー特化型の改造人間によって、虎杖をチョンマゲゴリラとの分断に成功した真人。

ここがチャンスだと一気に「多重魂」からの「撥体」で猛攻を仕掛けます。

 

虎杖はそんな猛攻にも冷静に対応していくものの、真人に足を掴まれて思い切り投げられてしまう事に。

地面にも思い切り激突してしまった虎杖でしたが、それでもほとんどノーダメージ。

しかもそんな虎杖の隣にはあっさりと改造人間を片付けていた東堂の姿が

 

奥の手とも言える「幾魂異性体」を使っても仕留めきれなかったと少しだけ驚く真人。

東堂にはやはり攻撃を当てるのが難しく、とはいえ領域展開してしまえば宿儺に触れて殺されるかもしれない

 

真人には虎杖を除外して領域を展開する技量はない(ツイッターで芥見先生から訂正が入ってましたが、領域から除外するという手段を晒している虎杖に対して同じ手は使えない・・・というのが正しい所)

 

ならばどうするかと考えた真人でしたが、それを教えてくれたのはまさかの人物。

 

領域展開は使えないはずだと考えていた虎杖と真人に対し、堂々と「自閉円頓裹」を発動する真人

彼は一か八か、五条悟と同じ「0.2秒の領域展開」という手段に懸けるのでした。

 

 

という事で、呪術師側の特権だと思っていた黒閃を使ったり五条と同じ「0.2秒の領域展開」を使ったりと、悪役とはいえ本当に嫌な戦い方をしてきますよね。

とはいえ誰かの戦い方を自分のものにしていくというのも、ある意味では「呪いが廻っている」のだとも言えそう

普通だったら五条悟と同じ事なんて主人公側がやって盛り上がるはずなのに、真人が使っちゃうという所が実に「呪術廻戦」っぽいなぁとも思ったり。

 

呪術廻戦最新話129話ネタバレ感想まとめ

 

という事でやっぱり真人の嫌な奴っぷりが全開で描かれていた今回。

ただ強いとかではなく、ひたすらどこまでもこっちの嫌がる事をやってくるというのが最悪なんですよね。

 

しかし問題になってくるのは、真人の領域展開が0.2秒発動された事でどうなるのかという事です。

虎杖は大丈夫とはいえ、東堂が回避出来るとも思えません

 

0.2秒とはいえ領域内に入ってしまえば、それは真人にタッチされているも同然。

ここまでの渋谷事変を考えると、ここで東堂もリタイアしてしまう・・・・なんて事も考えられるのかもしれませんね。

 

そう考えると再び気が重くなってしまいますが、流石にそんなに酷い事にはならないと信じたい所ですよね・・。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話130話感想考察!最高にキモカッコいい東堂の活躍で真人は遂に最終形態へ!

 

呪術廻戦最新話128話感想考察!メカ丸が最期に三輪に伝えた想いが切ない!真人との最後の呪い合い開始!?

 

呪術廻戦最新話127話感想考察!格好良すぎる東堂と虎杖起死回生の黒閃!!