呪術廻戦最新話130話感想考察!最高にキモカッコいい東堂の活躍で真人は遂に最終形態へ!

呪術廻戦最新話130話感想考察!最高にキモカッコいい東堂の活躍で真人は遂に最終形態へ!

呪術廻戦最新話130話ネタバレ感想考察!

 

真人との戦いが最高潮を迎えていた今回。

0.2秒の領域展開によって何が起きてしまったのかという部分が描かれていましたが、これがもうとにかく面白すぎる!!!

どこまでも東堂が期待に応えてくれていて、本当に最高のキャラクターだよなぁと思ってしまいました。

 

その上で戦いは本当に最終局面を迎えていて、マジでズルいくらいに面白いんですよね

 

そんな130話の気になる所をまとめてみたいと思います。

 

呪術廻戦最新話130話「渋谷事変㊼」

 

東堂の領域対策

 

一か八かの0.2秒の領域展開に活路を見出した真人。

五条悟に自分が食らったのと同じやり方を選べる辺り、本当に嫌らしいというかなんというか、こういう部分がめちゃめちゃ真人らしい部分でしたね。

で、これによって東堂は領域展開に対応出来るのか?という問題が発生していました。

 

この件に関しては色々と予想されていましたが、個人的に一番納得出来たのが「メカ丸が残した最後の簡易領域がある」説。

そうだとすればメカ丸の意志が真人に対しての切り札になった感じがしてめちゃめちゃ良いなぁと。

 

が、実際には、東堂は特級術士であり師匠的立ち位置の九十九由基直伝の簡易領域が使えたようです。

まあやっぱり1級術士くらいになると、なんだかんだ領域展開への対策はそれぞれ持っているのかもしれません。

 

・・・そうなると全く対策がなかった七海がちょっと可哀想にも思えたり

とはいえやっぱり脱サラ呪術師ではありましたし、1級術士の中ではそこまでという感じだったのかなぁ・・・。

 

宿儺の問題はギリギリセーフ??

 

東堂が領域展開に対して簡易領域を展開させようとするより速く、真人に向かって駆け出していた虎杖。

しかしそれよりも速く領域展開の術式を発動させていたのが真人。

通常は生得領域の具現化と術式の発動という2つの工程がある領域展開ながら、黒閃を経験して覚醒状態となった事によってその2つをまとめてしまう事が可能になってしまっていました。

 

とはいえ0.2秒とはいえ宿儺の領域にも立ち入る事となった真人。

しかし今回の宿儺は特に何かを喋る事もせず、真人の言葉をただ聞いているだけ

 

真人としても、宿儺は虎杖との間に保険は作っているのだと考えていました。

なんだかんだ指15本分も取り込んだ虎杖を殺す訳にはいかない訳で、虎杖が殺されるような事になれば何らかの形で介入してくるのだろうと。

 

しかし今回は宿儺のご機嫌によるものなのか、それとも0.2秒という僅かな時間だったせいか、真人からのタッチには何の反応もせず。

それだけに真人は、代わる間もなく虎杖を殺すからここで見てろと強気な姿勢を見せるのでした。

 

一瞬の邂逅があった以上、宿儺としてはあえて真人に手を出さなかった・・・という方が納得出来そうですよね。

まあその理由はあんまり思いつかない訳ですが。

どっちにしても宿儺であれば、よほどぐちゃぐちゃにされない限りは自力で虎杖を復活させられるような気もしますけどね。

 

領域展開後の術式問題

 

そんなこんなで宿儺のチェックもすり抜けて0.2秒の領域展開を発動しきった真人。

当然それだけあれば東堂に触れる事も可能であり、東堂の左手には無為転変による肉体の変化が

 

そんな状況で東堂は迷わずに変化し始めた左手を手套で切り落とし、その直後に切り離した左手は急激な変化によって破裂してしまいます。

この辺りは鉛弾を食らったワートリのキャラみたいな感じでしたね。

 

が、そんな冷静な東堂の前に虎杖をなぎ倒してやって来ていた真人。

 

片手がなくなれば位置替えの術式も使えず、無為転変を防ぐ手立てもなさそうなこの状態。

しかしどうやら領域展開後では肉体に刻まれた術式は一時的に焼き切れてしまい使用困難に陥るのだそう。

 

この場面でかつて五条悟が漏瑚との戦いで領域展開を使った後、花御からの攻撃を回避しているシーンが挟まれていました。

五条は基本的に無限の術式でフルオートで周りを守っていて、基本的には防御の必要なんてない訳です。

しかし領域展開によって術式が一時的に使用不能となっていたからこそ、ちゃんと回避しないといけなかったという事なんですね。

 

こういう部分って後付けっぽい感じですが、めちゃめちゃ説得力を持たせてくるのが上手いです。

 

と、そういう理由もあり、無為転変ではなくシンプルな打撃を東堂に叩き込む事になった真人

が、完全に思い通りの展開で更にナチュラルハイになっているせいか、この一撃は再びの黒閃となってしまうのでした。

 

窮地の東堂が見せたものとは!?

 

片腕を失い、腹部には真人からの強烈な黒閃を食らい、どう考えても大ピンチのはずの東堂。

が、東堂は真人の攻撃が腹に来るのだと予測し全呪力を集中させた事でダメージを最小限に抑えていました。

 

とはいえそのダメージは相当なものであり、しかも真人はあっさりと術式が使える状態に回復。

位置替えしようにも片腕がない状態であり、後は無為転変で仕留めればOKという状態。

 

が、そこで東堂がつけていたペンダントが落下。

そのペンダントの中に入っていた写真ですが、1枚は当然大好きな「高田ちゃん」のもの

そしてもう1枚はまさかの「虎杖悠仁」の笑顔の写真でした

 

ペンダントの落下自体によるものなのか、それともそんな所に虎杖の写真があった事への驚きによるものなのか、ほんの一瞬だけ意識がそちらに向いてしまう真人。

その隙を見逃さず、東堂は自らの右手で真人の右手と自分からタッチしてしまいます。

 

それによって位置替えが成立し、真人の目の前には瀕死の東堂の代わりに拳を振り抜く直前の虎杖の姿が。

そしてこの攻撃も当然のように黒閃となって炸裂します。

 

一方の東堂は、自ら真人にタッチした事で掌が焼けたようになってしまってはいたものの、どうやら無事の様子。

これでとりあえず東堂が今回の戦いで死ぬことはないんだろうなぁと確信出来た気がしますね。

ってか東堂にとって虎杖って高田ちゃんと並び立つ存在になっていたんだなぁと思うと、割と普通に気持ち悪いですよね(笑)

 

真人の最終形態で戦いは最終局面へ!!!

 

東堂の手厚すぎるサポートによって真人を追い込む虎杖。

しかしここで真人は再び強力な攻撃型の改造人間である「幾魂異性体」を作り出し、虎杖の足止めをする事に成功。

 

流石の真人も虎杖の黒閃を顔面にモロに食らった事で限界が近い様子。

そんな状況に自分を追い込んだ東堂に怒りを覚えていたものの、その代わりに真人は遂に自分の魂の本当の形に辿り着こうとしていました

 

自らの魂の形を変化させて真人が辿り着いたその姿とは「遍殺即霊体」

下半身は獣っぽい感じだったり尻尾もあったりしてますが、一番特徴的なのはいかにも怪物という感じになってしまった顔面でしょうか。

 

元々顔は割と良かったというのに、最終形態は怪物っぽいというのがまた面白くもあります

人間の呪いが辿り着いたその姿が人間離れしているってなんだか皮肉でもありますしね

 

しかしそういう形で正に「再誕」してしまった真人。

東堂の助けもなくなり、ここからが本当の意味で虎杖と真人の最終決戦という感じになりそうですね。

 

呪術廻戦最新話130話ネタバレ感想まとめ

 

という事でとにかく超面白かったとしか言えない回となりました。

まあそう言えるのは東堂が生き残ってくれたからこそなんですけどね。

というか東堂はとにかく最初から最後までとにかくキモカッコよすぎていて、どこまでも期待以上の活躍を見せてくれていました

 

とはいえここからが真人との戦いの本当の最終局面でしょう

割とどちらも満身創痍という感じですが、普通に戦っていたら虎杖が不利な気もしてしまいます。

 

それだけにどうやって真人に勝利するのか、次回の巻頭カラーが楽しみですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話131話感想考察!再誕した真人と虎杖の最終決戦!勝負を決めるのはやはり黒閃か!?

 

呪術廻戦最新話129話感想考察!真人の切り札は五条悟の0.2秒の領域展開!

 

呪術廻戦最新話128話感想考察!メカ丸が最期に三輪に伝えた想いが切ない!真人との最後の呪い合い開始!?