怪獣8号最新話18話感想考察!人型怪獣をも圧倒するカフカが強すぎるけど不穏な展開へ!

怪獣8号最新話18話感想考察!人型怪獣をも圧倒するカフカが強すぎるけど不穏な展開へ!

怪獣8号最新話18話ネタバレ感想!

 

市川君や伊春の大ピンチに怪獣化したカフカが駆けつけるという最高に王道で格好良すぎる展開だった前回。

遂に人型怪獣同士のバトルが描かれるという事で物凄く待ち遠しかったのですが、これがまた最高に熱い展開でした!

とはいえ色々と不安要素もあったりして、この後の展開の方がめちゃめちゃ気になってしまったり。

 

そんな18話の気になる所をまとめてみたいと思います! 

 

怪獣8号最新話18話ネタバレ感想

 

市川君の感じた嫌な予感

 

人型怪獣への強い怒りを感じながらも、まずは優しく市川君を介抱してあげるカフカ。

落ち着いて止血操作をするように笑いかけていて、この感じだと市川君がダメージで死ぬような可能性は流石にないでしょう。

しかし市川君には笑いかけているのに、振り返ったその表情は最大級の怒り顔になっているのがもう熱いですよね。

 

そんな感じで人型怪獣へと向かっていくカフカ。

助けられた市川君は少なくとも普通の人間としては唯一怪獣化したカフカの強さを知っている存在。

しかしそんな市川君は何故かこの戦いで嫌な予感を感じてしまっていました

 

普通に考えると人型怪獣が予想以上に強くてカフカが勝利出来ないという可能性でしょう。

しかしこの場合の嫌な予感というのはやはり今回ラストの展開なんだろうなぁと思ってしまいました。

 

本気になった人型怪獣と怒りのカフカ

 

カフカの事を一応知ってはいたものの、何故自分の邪魔をしてくるのかわからない様子の人型怪獣。

思っていたよりも強そうだという事で、カフカの死骸を「手駒」に加えたいと考えていました。

 

この「手駒」というのがまた意味深ですよね。

死骸をどういう風に利用するのかという部分が気になる所です。

 

そんな人型怪獣の遠距離からの圧縮した空気砲みたいな攻撃は普通にカフカの屈強な肉体を貫いてくる程。

とはいえさっきまでの攻撃ではカフカにトドメは刺せないと感じた人型怪獣は、先程までとは比べ物にならないくらい体を膨れ上がらせます。

それはつまりさっきまでは全く本気ではなかったという事

 

それだけにショックを受ける伊春と、流石にカフカでも敵わないと感じる市川君。

しかしそんな状況でのカフカの言葉が最高に格好良かったです。

 

お前はこんなもんを

アイツらの体に何発も撃ち込んだんだな

 

これまでに見せたことのないくらいの怒りの表情でそんな風に言ってみせたカフカ。

自分が攻撃された事なんかではなく、仲間が傷つけられた事に怒るのが格好良いですよね。

 

レベルの違うカフカの強さ

 

市川君や伊春には出さなかった本気の空気砲を放つ人型怪獣。

それに対して全身のエネルギーを集約させて大口を開くカフカ

そしてそのまま体内の空気を思い切り吐き出すと、人型怪獣のフルパワーの空気砲を完全にかき消してしまいます。

 

気合いとか掛け声だけで相手の攻撃を止めるというのはバトル漫画で結構よくある展開です。

しかしそれを主人公がやる事になるというのは結構珍しい気がしたり

しかもあっさり自分の攻撃にかき消された事に人型怪獣も驚いてますからね。

 

そして人型怪獣が驚いている間にカフカは目の前へと接近。

連続してパンチを叩き込むと、劣勢になった人型怪獣は時間稼ぎに余獣の死骸で壁を作り出します

 

が、当然のようにそんな壁をまるで苦にもせず突破するカフカ。

これにはもう人型怪獣も驚かされるだけの状態で、カフカの強さは彼からしても異常過ぎる程

 

受けたダメージの修復も遅く、混乱しながらも逃げようとする人型怪獣。

しかし当然のように離脱させる隙を作らせないカフカ。

人型怪獣の核は胴体にあるだろうと、怒りの表情で全力パンチを叩き込むのでした

 

ってかまさかカフカがここまで強いとは思ってなかったですね・・。

そもそも人型怪獣もカフカについて全然知っていませんでしたし、そうなるとますますカフカの怪獣の力がどういうものなのかが気になってきます

 

人型怪獣発見で最悪の展開へ!?

 

流石にカフカの本気の攻撃をまともに食らったらまずいと、全力でガードする人型怪獣。

しかしその一撃は人型怪獣の無数の腕をふっ飛ばし、体の中央の核を守る肉体さえもほとんど吹っ飛ばしてしまいます。

 

ギリギリで人型としての形は残ったものの、完全に核が露出した状況に。

そんな人型怪獣にトドメを刺そうと近づくカフカ

 

が、そこでカフカに近づいてきていたのは斑鳩小隊の隊員達。

彼らはカフカを発見すると銃を向けながら人型怪獣を発見したと報告するのでした。

 

カフカが怪獣化してしまった段階でこういう展開は予想していましたが、これはやっぱり辛いですよね。

人型怪獣を追い詰めた事によって隊員達が接近出来てしまったというのがまた厳しい話ですし。

 

カフカはそういうタイプじゃないとは分かっていますが、人によっては闇落ちしてしまってもおかしくないシチュエーションなだけにちょっと心配ですよね。

守ろうとしている対象から追われてしまう展開ってキツイですし。

まあ単純にカフカの怪獣化の件がバレてしまう可能性も高い気がしますし。

 

怪獣8号最新話18話ネタバレ感想まとめ

 

カフカが圧倒的過ぎる力を見せつけてくれた今回。

人型怪獣もカフカの事をよく知らなかった事もあり、カフカの怪獣化能力についてはまだまだ明らかにはならなそうですね。

 

そんな敵も把握していないカフカですが、流石にちょっと強すぎて逆にこの先が心配になりましたね。

これだけ強すぎると「ワンパンマン」のサイタマみたいな感じにもなりかねない気がしたり

まあその辺りは上手くやってくれるだろうなぁという安心感はあるんですけどね。

 

とはいえまずは味方に見つかってしまったカフカがどうするかが心配です。

カフカの正体がバレてしまう可能性もありそうですし、ここからカフカがどう行動していくのか注目です!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

怪獣8号最新話19話感想考察!カフカの前に現れたのは本気になった保科!対小型最強の力がヤバすぎる!!

 

怪獣8号最新話17話感想考察!市川のピンチにカフカが現れる王道で熱すぎる展開が最高過ぎる!!

 

怪獣8号最新話16話感想考察!伊春の覚醒と市川最大の一撃!想いを込めた攻撃は人型怪獣に届くのか!?