チェンソーマン最終回で描かれる内容とは!?パワーとの再会と映画的なラストになる!?

チェンソーマン最終回で描かれる内容とは!?パワーとの再会と映画的なラストになる!?

チェンソーマン最終回ネタバレ展開予想!

 

ひたすら先の読めない展開が続いていた「チェンソーマン」ですが、驚きの内容となった96話で次回が最終回である事が明かされました。 

マキマさんとの戦いが終わっただけにある意味では最後となっても悪くはないのでしょうが、流石にちょっといきなりすぎる気もしてしまいましたね。

しかも96話があまりにも衝撃的だっただけに、最終回がどういう感じになるのかさっぱり予想が出来ません

 

藤本タツキ先生の事なので、誰でも予想できるような最終回にはしなさそうですよね。

今回は果たしてどういう最終回となるのか考えてみたいと思います!

 

チェンソーマン最終回の展開を予想する!

 

支配のない世界が描かれる!?

 

96話でマキマさんを食べてしまうというまさかの展開となってしまいました。

あまりのエゲツない展開に全チェンソーマン読者が驚かされたと思いますが、とはいえマキマさんがアレで死んだかどうかは不明です。

デンジはマキマさんと一つになろうとしていた訳ですし、マキマさんが消えてしまうというのはデンジの本意でもないでしょうしね。

 

マキマさんは支配の悪魔だったので、本来チェンソーマンに食べられていれば「支配」という概念自体が消えてしまうはず。

しかしチェンソーマンではなくデンジが食べたので、その辺りがどうなったのかも気になる所ですよね。

 

最終回でその辺りの事が描かれたりする可能性は高そう・・・というか割とベタな気がします。

 

とはいえ「支配」が無くなったというのを漫画で表現するのは難しいでしょう。

そもそも「支配」が無くなったら世界がどうなるのかというのもあんまり想像出来ませんし。

 

しかし藤本タツキ先生であればその辺りの事も上手くやってくれそうな気もしたり。

シンプルに世界中の人々が幸せそうにしていたりとか、国という概念が消えている感じが描かれたりとかそういう感じでしょうか。

 

どういう形だとしても結構なページ数を割いて日常の人々の様子が描かれるというのはありそうですね。

そういう演出こそが映画的な「チェンソーマン」らしい部分ですし。

 

最終的にデンジはもちろん既存のキャラクターが誰も登場しないくらいの展開でさえあるんじゃないかと想像したり。

もちろんどうせなら既存のキャラクターの様子を通して支配のない世界が描かれたりしたら良いですけどね。

 

デンジとパワーの再会が描かれる!?

 

おそらく最終回となればきっと描かれてくれるはずなのがデンジとパワーの再会でしょう。

パワーはデンジを蘇らせてくれた時に契約をしていましたし、これは果たされてくれないと困りますよね。

 

最後のマキマさんとの戦いでも間接的に活躍した感じのパワーですが、存在としては死んで消えてしまったという事なのでしょう。

現世で死んだという事なので、蘇るのは地獄でという事になっているはず

 

それだけにデンジがどういう方法かはわかりませんが、どうにかして地獄へと向かいそこでパワーを見つける。

二人がそこで再会となりエンディングを迎える・・・というのが普通の漫画っぽいですよね。

 

しかしこれまで散々先の読めない展開を描いてきた「チェンソーマン」が、最後にそんな普通の事をしてくるのかなぁという疑問もあります。

デンジとパワーが出会ったとしても運命的な再会になるとも思えませんし、どっちかと言えば血まみれのケンカをした後で分かり合うくらいのイメージですよね。

 

まあもちろん逆に最後だけはめちゃめちゃ王道で・・・という可能性もあるかもしれませんが

 

生き残ったキャラクター達はどうなる!?

 

正直メインどころのキャラクターはほとんど死んでしまった本作。

とはいえせっかく生き残ったキャラクター達には最終回で登場して欲しいですよね。

 

岸部やコベニ、吉田なんかは最低でもお願いしたい所

出来ればそれに加えて、復活が可能そうなレゼやクァンシ、サムライソードなんかの武器人間組。

欲を言えばマキマさんに支配されていた天使の悪魔、肉体は残っていたはずのビーム、さり気なく描かれて欲しいコベニの愛車・・・辺りにも期待したいです。

 

まあ本作においてはそんなにファンを喜ばすような演出はなさそうですけどね。

どうせ最終回の20ページくらいに何もかもを描ききる事は出来るはずもありませんし、あえて生存キャラを描くという可能性は低いのかもしれません。

 

やっぱり最後は映画!?

 

マキマさんの最終決戦の直前でも語られていましたし、本作においてはやはり「映画」の存在は大きかったはず

というか本作自体が物凄く映画的な演出が使われまくっていましたからね。

 

藤本タツキ先生の前作である「ファイアパンチ」においても映画はめちゃめちゃ重要なものでした。

ラストシーンも映画館でしたし、やっぱり「チェンソーマン」でもラストが映画館という可能性は高そうです。

 

どうせならこれまで読者が読んでいた「チェンソーマン」の映画版をデンジが観ている・・・みたいな展開でも良いんじゃないかと思ったり

そしてその上でデンジがその映画の感想として「糞映画だな」とか「やっぱり糞映画はいらねぇ」みたいな皮肉な感じの台詞で終わる・・・とか

 

どこまでが実際のチェンソーマンの物語だったのかというのを、読者に委ねて終わるというのもあり得るのかも。

まあ流石にそうなれば読者からめちゃめちゃ叩かれてしまいそうですが、「チェンソーマン」であればギリギリ許されるような気もしたり

 

個人的にはどういう形であれ最終回では映画が使われるんじゃないかと思います。

しかしやりすぎると藤本タツキ先生=ラストが映画・・・みたいになってしまいますし、映画的な演出は匂わせる程度というのが丁度良い所ですかね。

 

チェンソーマン最終回の展開について

 

あまりの突然の最終回発表に驚かされた96話。

こんな形での決着も想像していませんでしたし、それだけに最終回の展開も全く予想出来ません

 

色々なパターンを考えてみましたが、どれも全く当たらない可能性も普通にありますしね

ネタバレにだけは注意してどんな最終回になったのかを楽しみに待ちたいです!

 

重大発表もあるということですが、そこはやはりアニメ化を期待したいですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

チェンソーマン最終回97話感想考察!最高に映画的な第一部完!!第二部とアニメ化決定おめでとう!!

 

チェンソーマン最新話96話感想考察!衝撃的過ぎる結末!マキマさんの倒し方とその味とは!?

 

チェンソーマン最新話95話感想考察!殴り合いでデンジを圧倒するマキマさんが強すぎる&面倒臭すぎる!!