呪術廻戦アニメ第2クールが楽しみ過ぎる件!!

呪術廻戦アニメ第2クールが楽しみ過ぎる件!!

呪術廻戦アニメ第2クール

 

アニメの大ヒットでめちゃめちゃ盛り上がりまくっている「呪術廻戦」

最新の14巻もバカ売れしてたり、本屋から単行本が消え去っていたりとまさに鬼滅と同じ流れで大ヒットとなっています。

 

そんな「呪術廻戦」もついに第2クールがスタートします。

第1クールの13話は「呪術廻戦」の良い部分をしっかりと描ききっていてめちゃめちゃ良いアニメになっていました。

見せ場も非常に多く、前半から想像以上に盛り上がりまくった気がしますね。

 

少し前に公開されたPVの第4弾もめちゃめちゃクオリティが高かったです。

今回はその映像について色々と見ていきましょう!!

 

呪術廻戦PV第4弾感想

 

PVは1分程度の短いものですが、第2クールの内容をぎゅっぎゅっと凝縮している感じですね。

アニメ制作のスケジュールがどういうものなのかはわかりませんが、とりあえず結構先まで超クオリティで作られているような気がします。

 

 

まずは歌姫。

ネタキャラっぽいキャラのイメージが強い彼女ですが、黙ってると頼りがいがありそうですよね。

 

 

この時点では物凄く悪役にしか見えない楽巌寺学長。

よくよく考えると耳ピアスに鼻ピアスに口ピアスって相当なキャラですよね。

 

 

第2クールのテーマになっているのがこのワード。

これまでとは違って人間対人間という感じが伝わってきて良いですね。

 

 

相変わらず凄い顔してる釘崎野薔薇

ガチ感が半端じゃないのが釘崎の良い所ですよね。

彼女の名言が聞けるというのがめっちゃ楽しみだったり。

 

 

第1クールではほとんど出番が無かったものの、このPVではめちゃめちゃ目立っている感じの禪院真希先輩。

女性キャラながらシンプルにかっこよいと思わせてくれますね。

 

 

第1クールでは相当アニメで可愛い部分が強調されていた印象の三輪霞。

大自然の中だと余計にこの髪色は目立ちますね。

 

 

釘崎もそうですが「呪術廻戦」の女子キャラってやっぱり顔の力が強いのよね。

この表情はめちゃめちゃ戦闘狂っぽさを感じますし

 

 

一方まだ登場すらしていないのにPVではちょっと変化した姿で登場している加茂さん。

どうしても地味キャラな感じの加茂さんですが、このPVだけ見るとめちゃめちゃ格好良いキャラに見えますね。

 

 

まず色が思ってたのとちょっと違うと話題になったメカ丸。

派手なバトルが続く京都姉妹交流会の中でも、メカ丸のアクションは特にド派手なので楽しみなキャラです。

 

 

PVの中ではそこまで目立っている印象もない虎杖。

東堂の強力なパンチを食らっていますが、その半端じゃない威力を感じさせてくれますね。

 

 

第1クールではただの嫌な奴という感じながら、おまけのじゅじゅさんぽによってかなり印象が良くなった気がする禪院真依。

鼻血が出ている感じの演出になっているのが良いですね。

モノローグ多めのバトルなだけにどういう演出になるのか注目です。

 

 

普段とは違って荒々しく動いているパンダ先輩。

若干格闘技っぽいパンダ先輩の動きがどういう感じに描かれていくのか楽しみです。

 

 

声優さんが釘宮理恵さんという事でまさにぴったりだと話題になった西宮桃。

しかしこのPVでは他の女性陣に負けじと悪めの顔を見せてくれております。

彼女の術式がどういう演出になるのか注目です。

 

 

そして再びの釘崎。

やっぱり彼女といえば釘とトンカチと藁人形ですよね!

 

 

少し気になったのが真希先輩のこのシーン。

水を感じさせるエフェクトが発生してますが、これはどの場面なんだろうか?

 

 

そして伏黒の式神である鵺。

このサイズでしかも電撃まで纏っているというのはやっぱり強力ですよね。

見た目も格好良いですし。

 

 

メカ丸の大技である「大祓砲(ウルトラキャノン)」

殴り合いが多い「呪術廻戦」において、やっぱりメカ丸の技の数々は見た目が映えますよね

 

 

原作以上に筋肉がムッキムキの東堂。

第1クールではちょっと変で危ない奴という印象が、第2クールでどういう風に変わっていくのかという部分も見どころです。

虎杖との記憶の部分がどうなるかはめちゃめちゃ気になる所ですし。

 

 

PVのラストはすでに洗脳済み?の虎杖のセリフ。

「ベストフレンド」というワードを口にしてますが、原作派じゃないと何故そんなワードを口にしているのか意味不明ですよね。

この言葉を口にするまでの流れがめちゃめちゃ好きなのでアニメでも期待したい所です。

 

呪術廻戦PV第4弾感想まとめ

 

 

 

という事で短いながらも非常にこの先の戦いの良い所がめちゃめちゃ詰まっていたPV第4弾。

第1クールで好評だったアクションの部分がより洗練されているような印象で、どの戦いもめちゃめちゃ期待出来そうですよね!

 

第2クールの出来によっては更に原作もバカ売れしそうなだけに注目したいです。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話134話感想考察!偽夏油の中身が判明!脹相のお兄ちゃんアピールが面白すぎる!

 

呪術廻戦小説版「逝く夏と還る秋」感想!原作ファンこそ読むべき良作!!!