呪術廻戦最新話135話感想考察!遂に九十九由基も登場!ブラコンすぎる脹相お兄ちゃんが面白すぎる!

呪術廻戦最新話135話感想考察!遂に九十九由基も登場!ブラコンすぎる脹相お兄ちゃんが面白すぎる!

呪術廻戦最新話135話ネタバレ感想!

 

アニメも単行本の売上も絶好調の「呪術廻戦」

本編はまだまだ先の読めない渋谷事変の物語が続いていますが、この戦いも本当に最終局面を迎えつつありますね。

脹相が完全にギャグキャラになってたり、あの人が遂に登場してきたりと相変わらず盛り沢山の内容となっていました!

 

そんな最新話135話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話135話「渋谷事変52」

 

脹相の術式の影響

 

今回の冒頭で語られたのは脹相の術式の影響について。

 

どうやら脹相お兄ちゃんは血の繋がった弟達の異変はどんなに遠くにいようとも感じ取れるとの事。

実際に脹相が人生ゲームをやってた時も弟の死にすぐ気づいていましたね。

死こそが生物にとっての最大の異変であり、脹相は殺しかけた虎杖の死の気配を感じ取ってしまった事で混乱していたようです。

とはいえ「存在しない記憶」との関係がどうなっているのかはよくわかりませんが

 

まあとにかく虎杖の死の異変を感じ取ってしまったという事は、虎杖も血の繋がった自分の弟である。

加茂憲倫が体を転々としながら生き永らえている存在であればありえない話でもない。

 

そう考えた脹相お兄ちゃんは、全力でお兄ちゃんを遂行しようとしていました。

 

「お兄ちゃんを遂行」って強烈すぎるワードだわ・・・。

しかも今回は虎杖の事を「悠仁」呼びしてる辺りがちょっと怖いです。

 

頑張るお兄ちゃん!!

 

お兄ちゃんを遂行するべく脹相が放ったのは「穿血」

同じ赤血操術を使う加茂さん(良い方の)からしてもやっぱり脹相の「穿血」は凄まじい圧力との事。

やっぱり加茂さんとはレベルが違うみたいで、完全なる下位互換という感じでしたね。

これをきっかけにしてレベルアップしてもらいたい所です。

 

そんな「穿血」は裏梅であっても簡単には避けれない程の速度

的確に捉えられれば十分致命傷を与える事も出来そうな技に思えますね。

裏梅の手を貫くだけではなく、地面まで抉っていたりと威力も十分ですし。

 

それでいて血を使っての技から偽夏油へと接近戦を挑んでいく脹相。

接近戦でも虎杖を抑え込んだ脹相でしたが、接近戦では偽夏油には一歩及ばずという感じでした。

すでに脹相が消耗しきっている事を見破っていた偽夏油でしたが、無理をするなと煽る偽夏油に対する脹相の発言が非常に格好良かったです。

 

だから何だ

それが弟の前で命を張らない理由になるか?

 

と、めちゃめちゃ格好良いセリフなのですが、直後にパンダと虎杖の会話の中で思いっきり否定されていてめちゃめちゃ笑ってしまいました。

 

他人どころか一回殺されかけてるよ

 

という虎杖に対してのパンダの発言もちょっと辛辣でした。

 

東堂といいヤバいフェロモンでも出てるんじゃないのか?

 

うーん、ギャグっぽいセリフではあるものの、何も出ていないとは思えないのが恐ろしい所だ・・・。

 

裏梅の術式は氷!!!

 

虎杖のお兄ちゃんを名乗る謎すぎる脹相の登場で場が乱れ、この機に乗じて偽夏油の持つ獄門疆を取り返そうと動き出した一行。

パンダはまだ核が2つ残っている状態という事で先陣を切りますが、そこで反撃してきたのが裏梅。

 

氷凝(ひこり)呪法の「霜凪」という技は突っ込んできた虎杖、パンダ、加茂さん、日下部、脹相の5人をあっさりと氷漬けにしてしまいます。

直接ダメージを与えるというよりはただ動けなくしただけという感じながら、そのレベルは加茂さんからしても脹ハイレベルとの事。

ってか今回の加茂さんリアクション担当って感じだったな・・・。

 

下手に動けば体が割れるという事で、こんな強力な術式を使える裏梅はやっぱりヤバい奴でしたね。

脹相に貫かれた手も自らの反転術式で治せてしまっていたりと、割と何でもありの別格という感じですね。

宿儺が炎の術式持ちだったので、裏梅の氷は対になっているようにも思えたり。

 

偽夏油の語る伝達役とは!?

 

強力な氷の術式を使う裏梅に対して、伝達役がいるから殺すなと指示する偽夏油。

しかし裏梅は別に全員生かす必要はないというスタンス。

敬語を使ってもいませんし、偽夏油とはただの協力関係という感じに思えます。

 

しかしここで気になるのが偽夏油の口にした「伝達役」

すでに偽夏油は目的をある程度果たしている感じですが、高専上層部や呪術界に伝えたいメッセージがあるという事なのでしょう。

 

そのメッセージというのが今後の変わっていく世界についてなのかなぁという風に予想出来そうです。

変わっていく世界でお前らはどうするんだ・・・と問いかけるような宣戦布告なのかもしれませんね。

 

面白すぎるお兄ちゃん

 

氷漬けのままトドメを刺されそうになった脹相。

しかしそんな脹相を救ったのは弟?である虎杖でした。

 

虎杖自身が気づいていましたが、自分が宿儺の器である事でちょっと手加減されていたようです。

裏梅は虎杖に対して「誰の肉体だと・・・!」と苛ついてますし、この肉体を出来るだけ傷つけたくはないみたいですね。

 

脹相を助けた上でとりあえず今は味方で良いのかと確認する虎杖。

しかし脹相はそれを思い切り否定します。

 

違う。俺はお兄ちゃんだ

とりあえず1回呼んでみてくれないか?

 

油断したらすぐに殺されるような状況でこんな事言えちゃう脹相お兄ちゃんはマジで最高ですね。

ブラコンすぎるというか、あまりにも人間味が出すぎていて思い切り笑ってしまいましたわ。

 

西宮の術式は「付喪操術」

 

皆が氷漬けにされた中で自在に動けていたのが空を飛ぶ西宮。

そんな彼女は自らの術式で偽夏油と裏梅を攻撃します。

 

以前釘崎と戦っている際には風を巻き起こす術式を見せていた西宮。

今回使ったのは付喪操術の「鎌異断」

 

確かにかまいたちと言えば風の術式という感じですが、「付喪操術」と聞くと別に風オンリーではなさそうですね。

付喪神という言葉があるくらいですし、物を使う事で何かが出来るという感じなのかもしれません。

西宮は魔女っぽいですしこういう能力はなんだかしっくり来る気がしますね。

 

鋭い風の刃という感じの「鎌異断」でしたが、裏梅はいとも簡単に素手で払ってしまいます。

それだけに少なくとも脹相の「穿血」とは比べるまでもない威力という事なのでしょう。

 

窮地に駆けつけたのはまさかの九十九由基

 

皆が氷漬けにされている状態で、歌姫の準備が出来るまで時間を稼ごうとする西宮。

前回の前に出てきちゃダメだという発言からしても、歌姫は後方支援的な便利な術式を持っているのかもしれません。

 

が、動ける状態の虎杖、脹相、西宮に対して容赦なく攻撃を仕掛けてくる裏梅。

伝達役なんて虎杖一人で事足りるだろうと、氷凝呪法の「直瀑」を放ちます。

 

しかし虎杖を伝達役にするというのも少し気になりますよね。

何を伝えたいのか不明ですが、虎杖を生かして高専側に返してしまえばそこで死刑にされちゃいそうな気がするんですが・・・。

しかも氷の塊を落としてくる「直瀑」で虎杖も殺されそうになっていたりと色々と気になります。

 

そんな「直瀑」で全滅寸前となった一行でしたが、ここでまさかの援軍が駆けつけてきてくれます。

それが特級術師の一人である九十九由基!!!

 

目の前の偽夏油を本物と思っているのかちょっとよくわかりませんが、偽夏油に対してあの時の答えを聞かせてもらおうと例のセリフを放ちます。

 

どんな女が好みだい?

 

背景にハートマークたっぷりで登場してきたり、ペンダントにキスした東堂と同じ雰囲気を出していたりと、この師匠あっての弟子だよなぁと思わせてくれます。

ってかまさかここで九十九が登場してくるとは思わなかっただけに驚きでしたね。

 

正直ちょっと前までは九十九こそが黒幕なんじゃないかと思っていたくらいですし。

目の前の人物が偽者だと気づいているかどうかも今回だけでは判断出来ませんが、この感じだとやっぱりなんとなくワイルドカード的な人物なんだろうなぁと予想出来ますね。

 

呪術廻戦最新話135話ネタバレ感想

 

 

ずっと緊迫感のある展開が続いていた中での脹相お兄ちゃんは面白すぎましたね!

それでいて遂に特級術師の九十九も登場してきたりと、本当に渋谷事変の戦いも最終局面へと向かっている感じがしました。

 

「呪術廻戦」の世界でもトップクラスの二人が向かい合う中でどんな会話が繰り広げられるのか?

次回が最高に気になりますね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話136話感想考察!偽夏油の本当の目的が判明!伏黒津美紀も関わる地獄のような展開へ!!

 

呪術廻戦最新話134話感想考察!偽夏油の中身が判明!脹相のお兄ちゃんアピールが面白すぎる!

 

呪術廻戦アニメ第2クールが楽しみ過ぎる件!!