ワンピース最新話1001話ネタバレ感想!熱すぎる最高レベルの戦い!カイドウと渡り合う5人が最高に格好良い!!

ワンピース最新話1001話ネタバレ感想!熱すぎる最高レベルの戦い!カイドウと渡り合う5人が最高に格好良い!!

ワンピース最新話1001話ネタバレ感想!

 

遂に1000話を迎えて最高の盛り上がりを見せている「ワンピース」

今回の1001話もその勢いそのままで最高に熱いバトルが繰り広げられていてめちゃめちゃ熱すぎるとしか言いようがありませんでしたね!

四皇とのバトルというだけにこれまでとはまたレベルの違うバトルとなっていた気がします。

 

そんな1001話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

ワンピース最新話1001話「鬼ヶ島怪物決戦」

 

カイドウの中の猛者と並ぶルフィ

 

ようやく対峙したカイドウに強烈な新技を披露したルフィ。

その攻撃はカイドウにもしっかりとダメージを与えていて、カイドウ自身も自分に攻撃が通じていた事に驚いていました。

 

少し前のルフィは自分に手も足も出なかっただけに、この短い間で何があったのかと考えるカイドウ。

自分とまともに戦える奴なんてほんのわずかしかいないのだと、カイドウは自分に並ぶ実力者達の顔を思い浮かべます

それが光月おでん、白ひげ、ロジャー、シャンクス、そしてロックス

 

この演出を見るとルフィがこのとんでもないメンバーに並びつつある感じがしてグッと来ますね!

 

狐火流を盗んだゾロ

 

ルフィが相当な強者だと認めて笑みを浮かべるカイドウ。

そんなカイドウは前回ルフィを一撃KOした雷鳴八卦を再び仕掛けます。

 

やはり雷鳴八卦は凄まじい速さと威力のようで、今のルフィでも防ぎ切る事も躱し切る事も出来ない程。

しかしそれでも以前とは違いダメージを抑えていて、その様子にはカイドウも満足げ。

 

そんなルフィに追い打ちを仕掛けてきたのはビッグマム。

プロメテウスを使っての「天上の火(ヘブンリーファイア)」を放ってきますが、それを止めたのはゾロでした。

 

ここでゾロが使ったのは錦えもんの得意技である狐火流の「焔裂き」

錦えもんから盗んだと語るゾロはプロメテウスを真っ二つに斬り裂くのでした。

 

以前からゾロが錦えもんの狐火流に興味を示している描写がされていましたが、ここでそれを活かしてくるのが流石ですよね。

錦えもんの意志を継いでいる感じでもあって熱い展開です。

 

ローの不満と折れない3人

 

更にカイドウから追撃を食らいそうになったルフィを救ったのはロー。

今回の冒頭からルフィに一言言いたかったというローはルフィにその不満を爆発させます

 

最初から自分は錦えもん達を下へ逃がすつもりだったというのに、丁度良くルフィが命令してきた事で、まるで自分がその命令を聞いたみたいになってしまった

それだけに激しく怒りをぶつけるローと、遂にローがルフィの部下になったのかと煽るキッド。

 

そんな相変わらず仲の悪い3人に対してビッグマムは更にプロメテウスの炎で追撃。

しかしそんな状況で3人は意地の張り合いを始めてしまいます

 

その炎に先に手を出した奴が格下だというルフィの言葉で3人はチキンレースをするも、結局3人は最後まで動かずに炎を食らってしまうのでした。

ここで3人がちょっとだけエネル顔になっているのが中々酷いですが、こういう時でも絶対に折れないというスタンスなのが良いですね。

 

ゾロとキラーのコンビネーション

 

楽しくなってきたのかビッグマムに下がっているよう指示するカイドウ。

そんなカイドウに対して意気揚々と挑んでいくゾロとキラー。

 

かつて戦った人斬り鎌ぞうがキラーだと気づいていたゾロは声をかけますが、それに対してキラーも良い感じに返します。

 

この「パニッシャー」をつけてたらお前は死んでた

 

パニッシャーというのはキラーの仮面の事なのか、それともあの武器の事なのか。

まあいずれにしてもそれでも結果は同じだと語るゾロも格好良いです。

 

ゾロの三刀流による「煉獄鬼斬り」とキラーの「斬首爪」はカイドウに肉体は斬り裂けはしないものの、それでもしっかりとダメージは与えている様子。

ゾロはカイドウの体を斬れなかった事で、閻魔をもう少し開放しなきゃと考えるのでした。

 

どう考えてもこのメンバーだとキラーが格落ち感がありましたが、一応ゾロと渡り合えるだけに一応まだ期待は出来そうですね。

とはいえ今のゾロでも斬れないカイドウをキラーの攻撃で斬り裂く事は流石になさそうな気もしますが。

しかしそう考えると赤鞘の皆は結構頑張ってたんだなぁとも思いますね。

 

カイドウを倒す為の方法

 

ゾロとキラーの攻撃を起点として、一気に3人の船長は勝負をつけにいきます。

 

集めてきた鉄くずやらなんやらでキッドが作り出したのは磁気魔人(パンクロットン)

まるで巨大な骸骨型のロボのようでもありなかなか格好良いですね。

そしてルフィはギア4、ローはROOMの力で巨大な岩石を空中へと浮かべます。

 

カイドウが攻撃が通じない程硬いと知っていたキッドは、潰れて圧死させる事は出来るのではと考えていました。

その一方でローは体内への医術的な死を与えようとしていました。

 

まあ確かにどれだけ肉体が強固であっても、潰れれば骨は折れたりしそうでもありますからね。

そしてローの体内への攻撃ですが、ドフラミンゴ戦では非常に効果的だっただけに可能性は十分ありそうです。

ルフィの流桜は普通に通じるようですし、一応3人それぞれカイドウにダメージを与える方法はあると言えるでしょう。

 

ルフィの「猿王銃(コングガン)」

キッドの「磁気万力(パンクヴァイス)」

そしてローの岩石落とし

 

怒涛の攻撃は結構カイドウにダメージを与えているようで、カイドウと言えども無敵ではないという感じでしたね。

 

海賊王に近づく為の戦い

 

3船長と2副船長の連続攻撃を受けたものの、龍の姿となって戻ってきたカイドウ。

その隣にはゼウスに乗りナポレオンを剣に変えたビッグマムが。

 

殺すにゃ勿体ねェ!!!

―――だが仕方ねェ!!お前らが死んだら何もかも貰うぞ!!

仲間も宝も全ておれ達のもの!!!

 

このカイドウの言葉は5人をちゃんと認めたという感じでしたね。

それでいて海賊らしく勝ったほうが全てを奪うというスタンスなのが良いです。

 

勝った奴が大きく近づく!!

海賊王にな!!!!

 

ここへ来てなんだかんだ海賊王を目指している感じのカイドウ

四皇以外の海賊でこういうテンションになるのは久しぶりなんでしょうね。

 

磁気魔人となったキッドとギア4状態のルフィ。

そして普通のサイズの3人に対して、龍のカイドウと雲に乗ったビッグマム

見開きで描かれたこの7人の配置が素晴らしく、まさにボス戦だなぁと感じてテンションが上ってしまいましたね!

 

ワンピース最新話1001話ネタバレ感想まとめ

 

場面転換も一切なく、ルフィ達とカイドウ&ビッグマムの戦いががっつり描かれた今回。

これまでとはまたレベルが違うバトルという感じになっていてめちゃめちゃ熱い展開でした!

 

5人それぞれの攻撃がカイドウにダメージを与えていて、カイドウに勝てる可能性を少しは感じられたような気がします。

とはいえカイドウはまだまだ戦いを楽しんでいるような状態ですし、ビッグマムも完全に戦闘態勢に入りました

 

当然簡単にどうにかなる相手じゃないだけに、ここからこの最強レベルの戦いがどうなっていくのか注目ですね!

次号が休載なのが辛いぜ・・・!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

ワンピース最新話1000話ネタバレ感想!繋がるルフィの夢の果てとエースの想いを継いだ新技炸裂が最高に熱すぎる!!!

 

ワンピース最新話999話ネタバレ感想と1000話の展開予想!ルフィ到着とDの一族の秘密も明らかになる!?