アンデッドアンラックの否定者達が悲しい過去を背負いすぎな件!47話ネタバレ感想

アンデッドアンラックの否定者達が悲しい過去を背負いすぎな件!47話ネタバレ感想

アンデッドアンラック最新話47話ネタバレ感想

 

ひたすらジェットコースターに乗せられたかのような感覚を味わわせてくれる「アンデッドアンラック」

安野雲先生との出会いからアンディの過去を旅していく流れも凄かったですし、ヴィクトルとの決着の流れも素晴らしすぎました。

相当バトルをしているというのにその辺のラブコメよりもずっとラブコメしてるのはマジで半端じゃない構成なんですよね。

 

そんな中で迎えた47話でしたが、ここでは遂に安野雲先生の過去が語られる事に

しかしこの過去というのがまた非常にお辛い事になっていて、改めて否定者って否定能力と引き換えにあまりにも大きなものを失い過ぎてるよなぁと感じました。

あまりにも悲しすぎて、この世界の神に対して本気で殺意を抱いてしまうレベルです。

 

今回はこれまで判明してきた否定者達の悲しい過去の部分をまとめてみたいと思います!

 

アンデッドアンラックの否定者達の悲しすぎる過去

 

出雲風子の場合

 

本作の主人公の一人である風子。

彼女の持つ否定の力は「不運」で能力に気づいたタイミングはこちら↓

 

8歳の頃に両親の海外出張を見送った際に沢山両親に抱きしめてもらったら、その数十分後に原因不明のエンジントラブルにて機体が爆発炎上。

両親を含めて270人が死亡する。

 

不運は触れた対象との好感度や理解度が影響しているはずで、両親の場合は物凄く強い効果があったと言えるでしょう。

しかし今考えると、この場合だけ不運が訪れるまでのタイムラグが少し気になる所でもありますが。

 

大好きな両親をまとめて自分が殺してしまったと気づいた風子の精神的なダメージは底知れないですよね。

今こうやって元気に生きていられるのは本当にアンディのおかげですし、風子にはなんとかハッピーエンドを迎えて欲しいものです。

 

ボイドの場合

 

一応ユニオンのメンバーだった割に、序盤で死んでしまったのでかなり扱いの悪いボイドさん。

彼の持っていた否定の力は「不可避」

彼は単行本のおまけページで能力が発現したタイミングが描かれていました↓

 

ボクシングヘビー級世界王者だったボイド

ワイルドなスタイルで人気を得ていたものの3度目の防衛戦で劣勢に。

判定負けと思われたその時に能力が発現

 

不可避の力で動きの止まった無抵抗の相手にアッパーを炸裂させ、その相手の命を奪ってしまう

能力のせいでボクシングが出来なくなり、業界を去って酒に溺れる日々を送る事に。

 

自らの得意なボクシングを続ける道を断たれるというのは中々酷いものがありますよね。

とはいえ他のメンバーから考えるとまだマシな気がしてしまうのも恐ろしい所なのですが・・。

 

どう考えても能力発動のタイミングが悪いですし、これは意図的なものを感じざるを得ません。

マジでこの世界の神は性格が腐りきってますね

 

タチアナの場合

 

普段はニコの作った拘束具に身を包む少女のタチアナ。

彼女の持つ否定の力は「不可触」で能力が発現したタイミングはこちら↓

 

ロシアの一般家庭で生まれたタチアナが5歳の誕生日を迎えたその日、タチアナは両親から祝われていました。

大好きなケーキのロウソクの炎を消そうとしたその瞬間、不可触の能力が彼女に移ってしまいます。

 

不可触の力は自分の周りに不可触のバリアを生み出すようなもの。

彼女はそのバリアによって両親もろとも辺り一面全てを押しつぶしてしまっていました。

 

当然5歳の少女に耐えられる状態のはずもなく、訳も分からず逃げていた所をマフィアによって捕まる

オークションにかけられて売り物扱いをされていた所をユニオンのビリーによって救われ、彼の為に生きようとする事に。

 

両親を殺してしまったという点においては風子と同じで、5歳でこんな状況に追い込まれたというのは余計にエグいですね。

しかも直後にマフィアに捕まった訳で、人間としてまともに生きる事さえ許されていないというのは本当に辛いです。

風子も辛いですが人との接触さえ防げれば最低限生きていける訳で、それに対してタチアナは不可触のせいでどうやっても普通には生きていけませんからね。

 

過去の重さという点で言えば一番キツイような気がします

 

重野力の場合

 

ユニオンの新たなメンバーとなった重野力。

彼の持つ否定の力は「不動」であり能力が発現したタイミングはこちら↓

 

重野力が中学1年の頃、両親と買い物に出かけた帰り道で彼に能力が発現してしまいます。

重たい荷物を全部一人で持ち、一人で先に横断歩道を渡った力。

後ろを歩く二人を急かそうと振り向いたものの、両親は力の不動の力によって動けなくなっていました。

 

そんな状態で知らぬ間に居眠り運転の車が両親に接近。

力が両親に駆け寄ろうとしたその瞬間、両親はトラックに轢かれてしまう事に。

父は即死で母も重症で1週間後に死亡。

 

風子やタチアナと同様に両親を自分の力で死なせてしまった力。

とはいえ力の場合は本当にタイミングが最悪すぎますよね。

 

能力が発現したタイミングがもう少しだけ違かったらきっと両親を殺す事はなかったでしょう。

風子の不運やタチアナの不可触はどんなタイミングであっても近くにいる人を殺しかねないですが、不動の場合は気づくことが出来れば避ける事もなんとか出来そうなものですからね。

 

それだけにやはりどう考えても否定の力は、対象者が最高に苦しむタイミングで付与されているんだろうと思います。

それを見て神が笑っていると思ったらマジで許しがたいですよね。

 

安野雲(九能明)の場合

 

47話で明らかになった安野雲先生の過去。

本名は九能明という彼が能力を発現させたタイミングはこちら↓

 

母子家庭で育った九能明は漫画の読み聞かせで寝付くような変わった子。

いつからか母親が逆に彼の想像の物語を聞かされるようになり、九能明はキャラを作ったり話を作ったり絵を描いたりして、それによって母親が笑顔になるのを見るのが好きでした。

 

いつかは自分の本を母親に読んでもらうのが夢となっていた九能明。

しかしそんな中で彼が拾ってしまったのが古代遺物のGライナーというGペンみたいなアイテム

それに最初に触れた者はその回のループの過去と未来を全て見る事が出来、九能明の脳内にはこのループの全ての記憶が流れ込んでいました。

 

想像を超えるような大スペクタクルな物語にテンションが上がる九能明。

興奮したまま母親にその物語の話をしようとしたものの、Gライナーを拾ったのと同時に彼は否定者として選ばれてしまっていました。

 

九能明の能力は明らかにはなっていないものの、強制発動型の否定の力。

その力とは、常時彼の言動や行動及び、それで起こった外的変化が自分以外の生物に感知されないというもの。

つまり彼がどれだけ叫んでも触れても誰も気づくことがないという事であり、世界で一人ぼっちにされるようなもの

 

まだ小学生ながらも誰ともコミュニケーションを取る事も出来ずに生きていくというのは辛すぎます。

しかも大好きな母親は息子を失ったという苦しみをずっと背負い続ける訳ですからね。

 

しかしそれでも九能明にはループの記憶の中で戦い続けたアンディや風子の記憶があったのは救いと言えるでしょう。

彼らとは違って漫画を描く事で戦い、漫画を描く事で安野雲というもう一つの自分を手に入れた。

だからこそ母親にも安野雲としてではあるものの漫画を読んでもらう事が出来た

 

誰にも気づかれない中で、彼がここまで生きてこられたのはアンディや風子のように能力に絶望せずに戦い続けた者がいたから。

だからこそ自分を生かしてくれたアンディや風子の為に命を賭けられるという九能明は本当に素晴らしいキャラになっています。

 

その他のメンバーもきっとお辛い

 

とりあえず判明しているのはこの辺りのメンバーだと思います。

しかしまだ判明していない人物達も間違いなくキツイ過去を持っているでしょうね。

 

ジュイスの不正義なんてどう考えても酷いタイミングで能力が発現しているでしょう。

フィルの不感なんかも間違いなく辛い事が起きたとしか思えません。

トップの不停止なんかは、止まれない事で何かしら悲劇が起こってそうな気がします。

 

敵ながらもリップも悲しい過去を背負っていそうです。

よく言われているのは彼が医者だったパターンで、医者が不治の否定の力によって治す事が出来なくなったなんて事になれば絶望でしかありませんよね。

助けるどころか少し傷つけるだけで殺してしまう訳ですし。

 

今後もきっと否定者達の悲しい過去は描かれていくのでしょう。

地獄のような展開が予想されますが、だからこそそれぞれのキャラクターが強く今を生きる要因にはなっていくのだと思われますね。

 

アンデッドアンラックの否定者達の過去まとめ

 

とにかく辛く悲しい過去ばかりの否定者達。

これだけ辛い過去を持っているからこそ、神と戦うというあまりにも辛い道を選んでいるんですよね。

今後も続々と悲しい過去が描かれるでしょうが、それでも戦い抜く否定者達を応援していきたいですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

アンデッドアンラック32話感想!ビリーの強力過ぎる能力の謎!タチアナがあまりにも辛すぎる・・!

 

アンデッドアンラック最新話31話感想と32話の展開予想!誰にも予想出来ない衝撃の展開に!世界がひっくり返るような超絶神回!!