呪術廻戦最新話140話感想考察!五条超えの呪力の乙骨が強すぎる!七海の言葉に生かされる虎杖が泣ける!!

呪術廻戦最新話140話感想考察!五条超えの呪力の乙骨が強すぎる!七海の言葉に生かされる虎杖が泣ける!!

呪術廻戦最新話140話ネタバレ感想!

 

虎杖と脹相の逃亡編が始まるのかと思いきや、速攻で禪院直哉に加えて乙骨までやって来てしまった前回。

最高に面白い展開ではあるもののめちゃめちゃ不安な展開でもありましたね。

 

そんな中で迎えた今回の140話ですが、これがまた最高に面白くなってます

0巻以降どうなっていたのかわからなかった乙骨について段々と分かってくるのも嬉しいですよね。

とはいえ虎杖にとっては全く嬉しくない展開すぎる訳なのですが。

 

呪術廻戦最新話140話「執行」

 

それぞれの思惑

 

圧倒的な呪力を見せつけながら登場してきた乙骨。

ヤバそうな何者かの登場に、脹相はやって来たのが誰であろうと目的は虎杖だと気づいていました。

 

そして軽くジャンプしたかと思いきや、着地で地面を思い切りぶっ壊してしまう乙骨。

その姿はやっぱり怒りに満ちているように見えますし、虎杖を殺すという事以外は考えてなさそうなんですよね。

 

乙骨から虎杖の名前が出てきた事で、やはり死刑執行人なのだと気づいた脹相。

しかしそこで両者の間に入ってきたのは禪院直哉でした。

 

乙骨の事を知っていた直哉は自分が味方である事をアピール。

自分は真希のいとこであり、乙骨と同じく虎杖を殺せと言われているのだと。

 

直哉は乙骨の邪魔をしない代わり、虎杖を殺してもその事をしばらく黙っていてくれるようお願いします

彼を餌にして会いたい人がいるからと。

その会いたい人というのは当然伏黒恵の事であり、先程の虎杖達との会話の中で彼の名前を出した事を少し後悔していました。

 

伏黒は乙骨にとっては後輩であり、直哉が伏黒を殺そうとしているのを知られればかなりまずいはず。

だからこそ直哉は肝が冷えると内心思っていたものの、なんとか上手いことやった感じとなりました。

流石に特級術師の乙骨とやり合えるとは思っていない様子ですし、こういう立ち回りの上手さが余計に直哉のムカつく所ですよね。

 

その一方で直哉から乙骨という名前が出た事で、伏黒が言っていた2年の先輩であり五条悟と同じ特級術師だと気づいた虎杖

その一方で冷静に状況を把握していた脹相は、どうにかここから逃げる事を考えます。

 

直哉は種があるスピードタイプであり、追いかけっこは得策ではない為自分が足止めをする

問題は乙骨の方で、脹相から見ても乙骨は五条悟と同じタイプであり戦ったら死ぬようなレベル

それだけになんとか乙骨から逃げ切る事だけを考えるよう虎杖に言い聞かせます。

 

本当に頼れるお兄ちゃんっぷりを見せている脹相。

虎杖と術師を戦わせず、それでいて自分に引け目を感じさせないような提案をする

これを実現させるのは難しすぎる訳ですが、それでもなんとかしようとしている辺りが脹相の頼れる部分ですよね。

 

脹相VS直哉

 

昨日一緒にいた地点で落ち合うよう虎杖に声をかける脹相。

その一方で乙骨は直哉の提案に乗る事に

 

そして4人が同時に動き出し、直哉は速攻で脹相の赤血操術を潰しに動いていました。

脹相を信じて動き出した虎杖ですが、それによって乙骨について来られてしまう事に。

 

虎杖の走力は凄まじいものがあるはずでしたが、乙骨は刀を手にしたままで余裕でついて来れる状態。

その一方で乙骨も、走り出しで潰すはずだったのにと、虎杖の速さに少しだけ驚かされていました。

 

脹相は乙骨の進路を妨害するつもりだったものの完全に直哉に動きを止められ、更に近接戦で直哉に圧倒されていました。

直哉は脹相が赤血操術の使い手である事を理解していて、穿血以外はそれほど怖くないと判断していました。

穿血を出す為には百斂という準備段階の技が必要になる。

スピードタイプの直哉からすればそんな隙をくれてやるつもりもなく、1対1になった以上は既に脹相が詰んでいるのだと考えていました。

 

この感じだと直哉は赤血操術を持つ加茂家を評価してなさそうですね。

絶対に下に見てる気がしますわ。

 

そんな感じに直哉から思われている脹相。

しかしこんな状況であっても脹相の考えは全くブレていませんでした。

 

オマエこそ俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?

 

こんな状況でもこんな発言をしてくれていますし、本当に脹相は虎杖を大事に思っているんですよね。

ってか正直ちょっと怖いくらいですが、まあ今は頑張ってほしいとしか言えませんけども。

 

乙骨の呪力量はまさかの五条超え

 

一方で乙骨から距離を取れないまま逃げ続けていた虎杖。

横倒しになった車を飛び越えた虎杖と、先回りして着地を狙って斬ろうとする乙骨。

 

しかし虎杖は車を掴んで方向転換し、乙骨もそのまさかの動きには驚かされます。

絶対に斬ったと思っていた乙骨は思わず「真希さんみたいだ」とつぶやく事に

乙骨から「真希」の名前が出るだけでもなんだか少し嬉しいのですが、そもそも乙骨は今の真希の状況を知らされていないんでしょうかね??

 

どうにか車を盾にして難を逃れた虎杖。

そのまま車の向こうにいた乙骨を車もろともふっ飛ばして距離を取る事に

 

乙骨と自分の走力に差はなく、見通しのいい所では逃げ切れないと感じた虎杖はなんとか屋内に逃げ込もうと考えます。

が、次の瞬間屋内へと逃げ込もうとした虎杖の目の前には、自分がふっ飛ばしたばかりの車が投げつけられていました。

 

車を投げつけた上で、パワータイプには見えないから驚いたかと虎杖に語りかける乙骨。

実際に非力な方だと自分では語っていましたが、虎杖からしても乙骨は凄まじい呪力量の持ち主

パワー不足を呪力強化で補うのは皆がやっている事ながら、これだけ呪力量が多いと別次元のレベル。

少ない呪力で戦う自分とは真逆のタイプだと虎杖も考えます。

 

が、そんな虎杖に対して乙骨は、自らの呪力量は五条悟よりも多いのだと語ります。

とはいえ五条には六眼があるため術式を発動した時のロス呪力が限りなくゼロなのだそう。

なのでパフォーマンスでは五条が一番であり、自分には呪力切れがあっても五条にはないのだとか。

 

という事で、前回の乙骨登場時に虎杖が感じていたのは間違いではなかったみたいです。

五条よりも・・・・みたいな感覚を味わっていた虎杖ですが、シンプルに五条よりも呪力の総量は多かったという訳だったんですよね。

 

しかしそうなってくると、乙骨にあまり興味を示していなかった偽夏油ってちょっとアホなんじゃないかと思えてきます。

どう考えても乙骨はヤバイでしょうし、偽夏油にとっても唯一の脅威なんじゃなかろうか。

 

虎杖が託された想い

 

一流の術師ほど呪力の流れが読みづらい

かつて東堂に言われた言葉を、乙骨を前にして虎杖は思い出していました。

 

一流ほど呪力操作の精度が高いからこそ直前まで攻撃が予測出来ないもの。

しかし乙骨の場合は刀を含めて全身から呪力が常に立ち昇っている状態

それだけに動きを読むとか読まない以前の問題であり、全ての攻撃が決定打になり得る上一方全てのダメージを最小限に抑えられる

 

要するに常に攻撃力アップと防御力アップのバフがかかっているようなものですよね。

しかも呪力が多いという事はMP切れもしないという事。

 

圧倒的なレベルに成長した虎杖から見ても完全な化け物レベルの乙骨。

しかし虎杖はそんな化け物を相手にしても、まだ死ぬわけにはいかないのだと言い放ちます

何故なら虎杖は七海から後の事を託されていたから

 

七海が死に際に放った後は頼みますという台詞が、良い意味で虎杖を生かしているのにグッと来ますよね。

この言葉は虎杖を戦いの螺旋の中から出られなくするかのような呪いでもある訳ですが、この言葉が虎杖に生きる力を与えているのならやっぱり虎杖の中に七海は生きているんだなぁとも思えます

 

呪術廻戦最新話140話ネタバレ感想

 

逃亡する流れどころか、完全にタイマンでの戦いが始まってしまった今回。

虎杖も脹相も格上の相手との戦いになってしまった感じですよね。

 

脹相はスピードタイプの直哉との相性が悪そうで、正直分が悪い感じは否めません。

虎杖は言わずもがなで、五条以上の呪力を持っている乙骨が相手では勝てるはずもないでしょう。

 

とりあえず読者の視点からすれば、ちょっと乙骨落ち着いて話し合おうぜ!!!と思ってしまいますよね。

とはいえここまで来てしまった以上、ある程度の所まで戦いは続くはず。

正直ここに伏黒がやって来てしまうような展開だけは見たくないのですが、果たしてどうなるのでしょうか??

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話141話感想考察!乙骨のリカちゃんで虎杖敗北!?宿儺の不穏な笑みは伏黒登場の予感!?

 

呪術廻戦最新話139話感想考察!早速禪院直哉が登場かと思ったら乙骨憂太まで登場してしまった件!!!

 

呪術廻戦ネタバレ考察!禪院家の関係について考える!!