呪術廻戦最新話143話感想考察!ついに虎杖出生の秘密が明らかに!?乙骨の真意と伏黒の言葉が泣ける!!

呪術廻戦最新話143話感想考察!ついに虎杖出生の秘密が明らかに!?乙骨の真意と伏黒の言葉が泣ける!!

呪術廻戦最新話143話ネタバレ感想!

 

脹相お兄ちゃんが最高に格好良い所を見せてくれた前回の142話。

しかしラストで乙骨が登場となり相変わらず絶望的な状況が続いていました。

 

そんな中で迎えた今回の143話ですが、本作における最大級の謎の部分が少しだけ明らかに

それでいて乙骨の真意や伏黒の想いなんかも明かされたりと、めちゃめちゃ重要な回となりましたね。

 

気になる部分をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話143話「もう一度」

 

今回のサブタイトルは「もう一度」という事で、新たなスタートを感じさせるような回になりました。

本当にずっと息継ぎが出来ないような展開だっただけに、正直少しだけホッとするような展開にもなっていました。

とはいえこの「もう一度」という言葉の意味はめちゃめちゃ重いものだよなぁという気もしちゃう訳ですが。

 

ようやく気づいた直哉と乙骨の目的

 

脹相に敗れたものの、乙骨に助けられる形となった直哉。

既に脹相の攻撃でボロボロだったものの、助けてくれた乙骨から見下されるのはお嫌いな様子。

 

しかし直哉は脹相の毒に苦しんでいる状態。

赤血操術に「毒」の効果はないはずで、そこでようやく戦っていた脹相が普通の人間ではなかったのだと気づきます

脹相は受肉体であり、人外の血が入った事で肉体がそれを拒絶しているのだと。

 

やっぱり受肉体となると、人間との区別がつかないんでしょうね。

虎杖と釘崎も壊相と血塗の事を呪霊だと思っていた訳ですし。

まあ直哉としても脹相が受肉体だと分かっていればもうちょっと安全勝ちを目指していたでしょうけどね。

 

そんな脹相の毒によって這いつくばる直哉。

乙骨はそんな直哉を自分の反転術式で治しましょうかと声をかけます

しかし乙骨はその代わりに、虎杖が死んだ事を直哉の口からも上層部に報告するよう求めるのでした。

 

この乙骨の発言で少しだけ安心出来ましたよね

わざわざ直哉を治してまで虎杖を死んだ事にしたいという事は、そこに何か狙いがあるのは間違いありませんからね。

 

虎杖出生の秘密

 

冒頭でのやり取りに続いて描かれたのはおそらく15年程過去のシーン。

 

まだ小さな赤ん坊を抱く一人のメガネをかけた男。

その男に「仁」と呼びかけたのは虎杖の祖父である虎杖倭助

つまり「仁」と呼ばれた男は倭助の息子という事ですね。

 

ちなみに「仁」は実の父親という事で虎杖にかなり似ている感じです。

 

倭助は仁に対して、どう生きようとも勝手だと言いながらも「あの女」だけはやめておけと忠告します。

「死ぬぞ」と、まるで脅すように

 

当然そんな話を真に受けない仁。

しかしそれでも倭助は強く仁に対して語りかけます。

 

仁が子供を欲しがっていた事。

そして香織という女性(元妻?)との間に子供が出来なかった事も知っている。

しかし香織が死んだのは・・・

 

と、香織という仁の元妻の事を口にしようとした瞬間、一人の女性が間に入ります。

倭助の事をお義父さんと呼ぶその女性の頭には、偽夏油と同じ「縫い目」があったのでした。

 

 

と、この展開にはマジで驚かされてしまいました。

てっきり虎杖の父親が偽夏油なのかと思いきや、母親の方だったとは・・・!

 

虎杖を作ったような存在だと思っていましたが、虎杖を産んだって事なんでしょうか?

だとすれば最高におぞましくて恐ろしいですよね。

 

倭助お祖父ちゃんはこの辺りの事情を最期に虎杖に伝えようとしていたのかなぁ。

 

乙骨の真意

 

と、そんな衝撃のシーンを夢で見ていた感じの虎杖。

目覚めた虎杖の傍らには殺気まで自分を殺そうとしていた乙骨の姿が。

しかし乙骨はそこで「よかった」と虎杖が目覚めた事を喜ぶ事に

 

ホッとした様子の乙骨は、9月頃に五条が自分の所に会いにきたのだと語ります。

その時に虎杖の事を頼まれ、それで仕方なく芝居を打たせてもらったのだと。

 

嫌な予感を感じていた事で、自分に何かあったら今の1年と2年の事を頼むとお願いしていた五条。

その中でも特に虎杖は乙骨と同様に秘匿死刑が決まった人物。

それだけに注意を払ってもらえると助かるのだと。

 

他に執行人を立てられたり虎杖の情報を断たれるよりは、自分が執行人になるべきだと判断した乙骨。

当然上層部としても言うことを聞いてもらえないと困る訳で、だからこそ虎杖を「殺す」という縛りを結ぶ事に

そしてその縛りを守る為に実際に虎杖を殺し、反転術式によって復活させたのでした。

 

そうして再び死を偽装される事になった虎杖。

すぐにバレる可能性はあるとしながらも、とりあえずは虎杖の死刑は執行済みだと処理されるハズ。

だからこそ乙骨は直哉にも虎杖が死んだと言わせる事にしたんですね。

 

とはいえ虎杖としては何故そこまでしてくれるのかと疑問に感じてしまいます。

しかし乙骨は虎杖に対して力強く言い切ってくれます。

 

僕が大切にしている人達が君を大切にしているからだよ

 

と、この言葉はもう最高に前作主人公って感じで素敵ですよね。

正直ここまで怒り狂ってる乙骨の事をちょっと疑ってしまっていましたし、マジでごめんねって感じでした。

 

乙骨自身、自分の身に余るような大きな力を背負った経験が。

とはいえそれは背負わされたと思っていたものの、実際には自分自身が招いてしまったもの。

 

それだけに乙骨は虎杖が背負った力は虎杖の力ではないのだと判断していました。

 

君は悪くない

 

この一連の流れは今の虎杖にとっては大きな救いになるものですよね。

脹相との戦いに敗れた後からずっと苦しみ続けるだけだった訳で、当然これで救われたという訳ではないものの、確実に自分の味方がいるのだと思えたでしょうし。

 

伏黒との再会と虎杖の苦しみ

 

とはいえ今の虎杖にとっては、既に自分のせいとかどうだとかそういう問題ではなくなってしまっていました。

何故なら自分は既に人を殺してしまっていたから

が、その言葉を遮ったのはいつの間にかこの場所にやって来ていた伏黒でした。

 

久しぶりの再会ながらも苦しげな表情を浮かべるしかない虎杖。

その一方で伏黒の方はいつもと変わらず。

 

さっさと高専に戻るぞと言ってくる伏黒でしたが、当然虎杖はそれを簡単に受け入れられるような状況ではありません。

 

当たり前のように受け入れるな

なかったことにするんじゃねぇ

 

この言葉は今の虎杖の苦しみを表していますよね。

 

まだ死ぬわけにはいかねぇんだわ

 

乙骨に対して虎杖はそう言っていたものの、乙骨は虎杖自身から迷いを感じていました。

自分が本当に存在して良いのかどうかもわからず、だからこそ自分との戦いで最後まで本気になれなかったのだろうと。

 

それだけに改めて、自分が人を殺し、自分のせいで大勢が死んだのだと叫ぶ虎杖。

しかし伏黒はそんな虎杖に対して「俺達のせいだ」と言い切るのでした。

 

オマエ独りで勝手に諦めるな

 

自分達は正義の味方ではなく呪術師。

自分達の事を本当の意味で裁ける人間はいない。

だからこそ存在意義を示し続けなければならない。

 

この辺りは東堂の言葉とも通じている部分があるような気がしましたね。

この辺りの覚悟の決まり方なんかは、やっぱり伏黒の呪術師としての経験値を感じますよね。

 

もう俺達には自分の事を考えてる暇はない。

ただひたすらに人を助けるんだ。

これはそもそもオマエの行動原理だったハズだ

 

本気で虎杖に対して語りかける伏黒。

しかし虎杖の心の中で、それは違うのだと感じます。

 

それじゃオマエは

俺が隣にいる限りずっと苦しむ事になるんだぞ!!

 

この虎杖の想いというのは、渋谷事変の後半の辺りからずっと読者も感じていた事ですよね。

虎杖が宿儺の指を飲み込み、そして伏黒は危険な存在となった虎杖を生かす事にした。

もうこの時点で二人の間には共犯関係とも呼べるものが出来上がっていて、渋谷事変では実際にお互いが敗北した事がきっかけとなり大きな罪を背負う事になった訳です。

 

それだけにどちらも救われる事なんてないのだろうと思っていました。

しかしそんな状態の虎杖に、伏黒はこんな風に語るのでした。

 

まずは俺を助けろ 虎杖

 

と、この言葉で虎杖の目に光が戻ったのが素晴らしかったです。

この言葉は虎杖に生きる意味を与えたような感じでもありますよね。

 

虎杖と伏黒が渋谷事変以降どういう関係になっていくのかと心配していましたが、なんだかきっとこの二人は大丈夫なのだと思わせてくれましたね

 

偽夏油が仕組んだ「死滅回游」

 

とはいえ伏黒としても現状は非常に苦しい状態。

 

偽夏油こと加茂憲倫(加茂憲倫こと偽夏油?)が仕組んだ呪術を与えられた者達の殺し合い

そのバトルロイヤル的な殺し合いの名称が「死滅回游」

 

伏黒は既に自らの姉である伏黒津美紀もそれに巻き込まれている事に気づいていました。

だからこそ伏黒は虎杖の力が必要だと、自分を助けるようお願いするのでした。

 

そして今回のラスト2ページでは、見開きでこの「死滅回游」のルールが解説されています。

 

かなり面倒くさいというかわかりづらいので、軽くまとめてみるとこんな感じになります↓

 

  • 1、泳者(プレイヤー)は術式覚醒後に19日以内に任意の結界(コロニー)で参加を宣誓する
  • 2、宣誓しなかったら術式を剥奪する
  • 3、非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、参加を宣誓した事となる。
  • 4、泳者は他の泳者の生命を断つ事で点を得る
  • 5、点は管理者(ゲームマスター)によって泳者の生命に懸けられた価値であり、術師は5点で非術師は1点
  • 6、泳者は集めた100点を使う事で、管理者と交渉してルールを一つ追加出来る
  • 7、管理者は死滅回游が永続出来ないようなルールでない限りは、ルールの追加を認める必要がある
  • 8、参加または得点取得後、19日以内に得点の変動が見られない場合は術式を剥奪する

 

うーん、めちゃめちゃ面倒くさく説明されている気がする・・・

 

とりあえずわかりやすく言えば、参加しないと駄目で、参加したら100点集めましょうねって話でしょう。

とはいえ術式を剥奪されるとどうなるのかは不明で、ルールの追加によってゲームを終えられるのかも不明

 

まあ偽夏油の企んだゲームな訳ですし、簡単に救われるようなゲームのはずもないでしょう。

それこそ最後の一人になるまで戦わされそうな気がしますね。

 

呪術廻戦最新話143話ネタバレ感想まとめ

 

という事で、渋谷事変から続いた苦しい戦いに一段落がつき、そしてまた新たな地獄の始まりを予感させる事になった今回

とりあえず乙骨がちゃんと味方だった事や、伏黒が虎杖にとっての救いになっていた事はとにかく良かったとしか言いようがありませんね!

 

とはいえ虎杖出生の部分にはマジで怖くてゾッとするような真実が隠されているようで、その辺りはもう最悪と言えそう。

当然最悪の元凶とも言える偽夏油が考えた「死滅回游」がまともなゲームのはずもなく、ここから先も地獄のような展開になるのは間違いないでしょう。

 

マジでこの先も予想のつかない展開が続きそうですね!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話144話感想考察!真希先輩の生存確認!現れた天元は何を語る!?

 

呪術廻戦アニメ終了後の展開はどうなる!?0巻と過去編の映画化はあるのか??

 

呪術廻戦最新話142話感想考察!脹相お兄ちゃんの強さの理由!マジでお兄ちゃん頼りになりすぎ!

 

 

呪術廻戦最新話141話感想考察!乙骨のリカちゃんで虎杖敗北!?宿儺の不穏な笑みは伏黒登場の予感!?