呪術廻戦アニメ終了後の展開はどうなる!?0巻と過去編の映画化はあるのか??

呪術廻戦アニメ終了後の展開はどうなる!?0巻と過去編の映画化はあるのか??

呪術廻戦アニメ終了後の展開について

 

アニメの超クオリティもあって恐ろしいくらいの大ヒットとなっている「呪術廻戦」

内容の面白さはもう間違いないと知っていたものの、ここまで大ヒットになるとは予想も出来ませんでしたよね!

マジで「鬼滅の刃」に続くレベルになってしまうとは本当に驚きでした。

 

そんな「呪術廻戦」のアニメも遂に残り1話となりました。

アニメが始まる前までは野球回で終わりだと予想していましたが、予想に反して起首雷同までやって終わりという感じでしたね。

 

しかしここまで大ヒットしていると、やはり今後の展開が気になってきます。

「鬼滅の刃」がアニメ終わりくらいで映画化を発表し、それが日本映画の興行収入ランキング1位を大きく塗り替えてしまいました。

それだけにもしかしたら「呪術廻戦」も映画化したりするんじゃないかと思ってしまいますよね!

 

今回はアニメ終了後の展開について考えてみたいと思います!

 

呪術廻戦アニメ後の展開について

 

やっぱり期待したい映画化

 

当然アニメ1期が終われば2期を期待したい訳ですが「鬼滅の刃」の件を考えるとやはり期待したいのが映画化ですよね。

作中のエピソードを普通に映画化してしまうのが全然OKなのだと「鬼滅の刃」が実践してくれた訳で、そうなってくると「呪術廻戦」の場合は結構やりやすそうに思えます。

まあ皆どちらかの映画化を期待しているとは思うんですけどね。

 

乙骨憂太が主役の0巻

 

やはり「呪術廻戦」を語る上で忘れてならないのが0巻なんですよね!

ようやく本誌でも0巻の主役である乙骨憂太が登場してきましたが、やはり0巻を読んでいるかどうかによって読み味も全然変わってくると思います。

まあコミックの売上を見ていれば0巻も他の巻と変わらず売れまくっているので、大体の読者は乙骨憂太がどんな人物だったかも把握していそうですが。

 

コミック1巻というお手頃な長さで乙骨の成長が描かれており、映画化するのにはちょうど良さそうな長さでもあるんですよね。

乙骨と現2年のメンバー達を主役として、敵となるのは本誌でも登場している?夏油傑。

 

色々と因縁が生まれた戦いでもあり、地味に色々なキャラも登場しています。

元々はパンダメインの回も入れたい感じだったようですし、映画化に当たってパンダのエピソードが追加されても面白そうだったり。

 

強いて言えばやはり本家の主人公達が登場しない事がネックでしょうか。

五条は出るとはいえ、虎杖、伏黒、釘崎の3人が出ない作品を映画化するというのはリスキーな気もしますし。

 

しかし0巻の内容はアニメのシリーズの途中で挟める感じでもないだけに、映画化するかスペシャルアニメとかでやるしか方法はなさそうな気がしたり。

芥見先生がガッツリ監修して、虎杖達にも出番がある感じにするのも面白いかもしれませんね。

まあそうなると芥見先生の負担が大きすぎてヤバイ事になってしまいそうでもあるのですが。

 

五条と夏油にスポットが当たる過去編

 

こちらは0巻とは違い、絶対にやらなければならないエピソード。

五条悟と夏油傑の二人を主役とした過去の物語なのですが、今の五条人気なんかを考えても彼を主役とした映画にするのも十分考えられそうな気がします。

長さとしてもコミックス1冊半くらいで、色々と広げようと思えば広げられるのも良いですよね。

 

こちらもやはりネックとなるのは主人公達3人に出番がない事。

それだけに他のエピソードとミックスしたり、新たに主人公3人組にエピソードを作ったりするのも良いのかも。

とはいえやりすぎるとどこがメインなのかわからなくなってしまいそうでもあるのですが。

 

まあこちらは普通にアニメ2期で描かれる可能性もありますよね

とはいえ結構長さもあるので、どういう感じで描かれていくのかは難しそうな気もしますが。

 

小沢優子回はどうなる問題

 

アニメ第1期が24話で終わると知った時、一番気になったのは

 

小沢優子のエピソードはどうなるの!??

 

って事でした。

 

個人的にこのエピソードが大好きで、こういうエピソードにこそ芥見先生の本質が詰まっているんじゃないかと思っております。

小沢優子のモノローグとかがもうめっちゃ好きなんですよね!

 

それだけにどうにかこのエピソードはアニメ化されて欲しいです。

地獄が始まる前の唯一のほっこり(ほっこりでもないが)エピソードでもある訳ですし、虎杖という人間がどういう奴なのかを改めて知れる回でもあるんですよね。

 

流石にアニメ第2期の1話目とかでやるのはちょっと違う気がしていて、アニメ化されないんじゃないかと少し心配です。

最悪OVAとか配信オンリーとか、今は色々あるのでとにかくアニメ化される事を期待しております。

 

メカ丸のエピソードはどうなる??

 

もしも0巻や過去編が映画化されたりしたとすると、メカ丸のエピソードはどうなるのかなぁと少しだけ気になっていたり。

別に第2期の初回でこのエピソードでも悪くはないのですが、いきなりロボットアニメだったり、結構ヘビーな展開だったりと、最初にこれやる??感がある気がするんですよね。

 

それだったら過去編プラスこのエピソードで第2期(12話)とかの方が良いのかも

でも逆にアニメ第2期でいきなり渋谷事変がスタートするのもキツすぎるのかなぁ・・・??

 

アニメ第2期は渋谷事変

 

アニメ第2期が渋谷事変のスタートから終わりまでやるとすると、それはそれでちょっと気になる部分も。

 

アニメ1期は全24話で原作の63話目までを消化する形となります。

一方渋谷事変の物語は全53話プラス1話で54話。

 

結構話数的にも短い上、基本的にはバトルの連続となっていて割と話数的には減らせそうなんですよね。

とはいえ12話となってしまうと駆け足過ぎるというか物足りない感じになってしまいそうでもあるので難しい所です。

 

それだけにやっぱり過去編、メカ丸とセットで24話とかの方が良いのかなぁ

 

 

呪術廻戦アニメ後の展開についてのまとめ

 

という事でアニメ1期が終了したあとのメディア展開を考えてみました。

なんとなく今の流れだと「呪術廻戦」の映画化も全然あるような気がしますよね。

思い切って0巻と過去編がダブルで映画化なんて事もあり得るんじゃないかと思ったり。

 

まあ当然映画化する事にもリスクはあるでしょうし、その辺りは慎重に進めるんでしょうね。

個人的には映画化して大ヒットして欲しい気もする訳ですが、最終的には最後まで「呪術廻戦」を良い感じでアニメ化してくれたらそれで良いのかもと思ったり。

 

まあどうなったとしてもかなり先の話でしょうし、のんびり待った方が良いでしょうけどね。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦アニメ最終回24話感想!最高のアクションと釘崎の魅力が詰まった最終回!0巻映画化も決まって超盛り上がってきた!!

 

呪術廻戦最新話143話感想考察!ついに虎杖出生の秘密が明らかに!?乙骨の真意と伏黒の言葉が泣ける!!