呪術廻戦最新話144話感想考察!真希先輩の生存確認!現れた天元は何を語る!?

呪術廻戦最新話144話感想考察!真希先輩の生存確認!現れた天元は何を語る!?

呪術廻戦最新話144話ネタバレ感想!

 

乙骨が味方である事も確定し、伏黒の想いも確認する事が出来た前回。

更には虎杖の出生の秘密や死滅回游というデスゲームも始まるという事で情報量が半端じゃなかったですよね。

 

その上で迎えた今回ですが、やはり前回に負けじと情報量が多かったです!

あの人が無事だった事も判明したのは嬉しかったのですが、その反面あの人の無事は確認出来なかったり。

とはいえ一人ぼっちになるかと思われていた虎杖が沢山の仲間と一緒に行動しているだけでも胸アツな展開なんですけどね。

 

そんな144話の気になる所をまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話144話「あの場所」

 

今回のサブタイトルは「あの場所」という事でとある場所へと向かうのですが、その場所というのがまたキツイんですよね。

作中の人物の大半はよくわかっておらず、でも読者にはあの場所の意味が良く分かるという構成が素晴らしいなぁと感じました。

 

虎杖の覚悟

 

姉である津美紀も巻き込まれた死滅回游をどうにかする為には虎杖の力が必要

そんな風に伏黒から頼られた事でなんとか冷静さを取り戻していた虎杖。

 

そんな虎杖は、宿儺が伏黒を利用して何かを企んでいる事を乙骨に伝えます。

その上で虎杖は渋谷で宿儺に肉体を明け渡したのは同時に10本もの指を食わされたからだと理解していました。

自分の中には既に15本分の指があるからこそ、残り5本を一度に食わされても肉体を乗っ取られる事はないだろうと。

 

が、その上で虎杖は乙骨にお願いします。

 

もしも次自分が宿儺と変わってしまったら迷わずに殺してくれと。

先輩なら出来ると思う・・・と

 

この言葉には虎杖の覚悟というか、虎杖なりのケジメの付け方のようなものを感じましたね。

それでいて虎杖の目から見て、乙骨であれば宿儺を殺せると考えているのも面白い所

 

完全に復活してしまった宿儺を相手にしては五条でも厳しいと考えていました。

それだけにいくら乙骨であっても宿儺を倒すのは難しそうな気もしますが、果たしてどうなんでしょうか?

ってかこういうやり取りがあると、なんらかの形で乙骨と宿儺が戦う展開もありそうな気がしてしまったり。

 

今後の目標

 

自分の問題にケリを付けた上で、これからやるべき事を確認する虎杖。

伏黒によれば、まずは高専に戻って天元様と接触するつもりとの事。

 

死滅回游という未曾有の呪術テロをなんとかする為に、獄門疆の封印の解き方と、偽夏油こと加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方を天元様に答えてもらおうとしていました。

 

その考えは九十九由基の案のようで、彼女は上層部と関わりたくない為高専に潜伏しているのだそう。

 

とはいえ問題となるのは以前も少し語られていた、天元様の隠す結界の厄介さ。

シャッフルがくり返される1000以上の扉の内1つだけが天元様のいる薨星宮へと繋がっている為、それを引き当てなければ会う事も出来ない状況となっていました。

 

獄門疆の封印の解き方というワードが出てきた事で五条復活の可能性も考えられそうですが、芥見先生が五条を嫌っている(物語的にも強すぎて邪魔という意味で)ので、そんなに簡単に復活はしないでしょうね。

 

気になる釘崎の生死は保留

 

天元様の事を考えていた虎杖でしたが、そこで我慢できずに伏黒に対して質問してしまいます。

 

ごめん伏黒、やっぱ今聞くわ

釘崎はどうなった

 

と、おそらくずっと聞きたかった質問を投げかけます

 

しかしそれに対して少しだけ目を伏せる伏黒。

それだけで虎杖は悟り「分かった」と繰り返しながら拳をギュッと握るのでした。

 

伏黒が何かを言う前に自分で悟っている辺り、そもそも虎杖としては質問の答えを聞くのが怖かったのかもしれませんね。

そしてここでの描写的にはまだ釘崎は死んだ状態のまま、もしくは本当に死んでしまったパターンでしょうか。

とはいえ実は生きている可能性も十分ありそうな気もしますが。

 

真希先輩生存も火傷&ショートカットに

 

天元様の隠す結界についてなんとかなるかもしれない・・・・と暗闇から出てきたのは前回ほぼ登場しなかった脹相。

割と普通に生きていたお兄ちゃんは、以前真人が宿儺の指と九相図を盗み出したのと同じやり方をしようとしていました。

 

夜が明けて高専へと戻ってきた一行を迎えたのは、九十九と火傷姿ながらも無事生きていた禪院真希先輩!!

火傷は首から上の見えている部分全体に及んでいて、燃やされたせいか髪の毛も短くなってしまっていました。

 

とはいえ生きていた事が確定となりとりあえず一安心ではありますね!

乙骨が真希の心配をしたりもしていて、この二人の会話シーンも0巻ぶりだと思うと感慨深いですよね。

 

火傷は反転術式でも跡が残ってしまうのだそう。

しかしそれでも真希が生きていたのは天与呪縛のフィジカルギフテッドがあったから

最後の最期で呪いへの耐性ではなく、生来の肉体の強度が生死を分けたという事のようです。

そう考えるとやっぱり肉体の強さは正義でもあるんですよね・・・。

 

脹相お兄ちゃんおめでとう!!!

 

皆が揃った所で、天元様に会う為の結界をくぐり抜ける方法を語りだした脹相。

 

どうやら天元様に繋がる扉と薨星宮までの途中には、呪具や呪物を保管している忌庫があるのだそう。

そしてその忌庫には脹相の弟達、脳爛相、青瘀相、噉相、散相、骨相、燃相の亡骸があるとの事。

亡骸とはいえ6人も揃えば自らの術式の副次的効果で気配くらいは分かるのだとか。

 

元々脹相は壊相や血塗の死に即座に気づいたり、虎杖の気配に気づいたりと、血の繋がりに敏感なんですよね。

それだけに脹相だけが天元様に続く扉を見つけられるというのも実に自然な展開となっています。

まあ脹相は元々高専に戻って弟達を回収しようとしてましたしね。

 

と、そこで真希が当然の質問を今更になってしてくれます。

 

それはいいとしてコイツは誰だ

 

と、恐らく乙骨も伏黒も聞けずにいた(空気を読んで聞かずにいた?)事を聞いてくれた真希先輩

 

それに対して虎杖は遂に認めてしまいます。

 

とりあえず俺の・・・・・

兄貴ってことで・・・・・

 

やはり夢の中で自分の母親らしき姿を見た事が虎杖にとっても決定打となったんですかね?

しかしその発言に嬉しくなってしまった脹相は、全力で「悠二ーーーーー!!!!!」と叫ぶのでした。

 

おめでとう!お兄ちゃん!!!・・・・って喜んでいいんだろうか???

 

やって来たのは11年前のあの場所

 

脹相の弟達を察知する能力で扉を選んで進んでいく一行。

その扉の奥は巨大な木々が根を張っている怪しげな空間。

 

九十九によれば奥に薨星宮へと続く昇降機があるのだそう。

脹相は途中にあった忌庫で、弟達に対して後で迎えに来ると優しげに語りかけるのでした。

 

・・・なんとなくこのシーン、脹相が弟達と再会出来ないフラグのように思えてしまったのは気のせいだろうか??

 

そして昇降機に乗って降り立った場所こそが「あの場所」

そこには何かあったのか「血痕」が残されていました。

 

おそらく大半の読者はこの血痕の意味に気づいたと思われますが、それは当然虎杖も伏黒も知り得ない事。

しかし九十九だけはその血痕について11年も前の話だと寂しげに語ります

 

全ての歪みはあの時始まったのかもしれない

 

この台詞のバックで描かれているのが、11年前の伏黒甚爾だというのが辛いんですよね。

 

この場に残された血痕は、甚爾が天内を撃ち殺し夏油を斬り裂いた時のもの

九十九が意味深に語っているくらいですし、あの戦いの意味は思っていた以上に大きかったという事なのでしょう。

 

そう考えると本当に伏黒パパは余計な事をしてくれた・・・と思ってしまいますが、色んな事が廻り廻って返ってきたりするのが「呪術廻戦」でもあるんですよね。

それだけに本当になんとも言えなくなってしまいますし、本当に呪いが廻っているなぁと感じてしまいます。

 

伏黒としてもこの場所で実の父親が暴れまわったなんて知らない訳ですし。

ちなみに乙骨もここで「?」マークを浮かべてますし、流石にこれは五条から話を聞いたりもしなかったのでしょう。

ってかあの事件は五条と夏油どちらにとっても誰にも語りたくない出来事だと思いますが。

 

現れた天元は何を語る??

 

薨星宮の本殿までやってきた一行。

しかしそこは何もない真っ白な空間。

 

九十九曰く自分達の事を拒絶しているのだそう。

 

天元は現に干渉しないものの、六眼が封印された今なら接触が可能だと考えていた九十九

しかし内心では拒絶されているのが「自分達」ではなく「自分」なのだとも考えていました

 

仕方なく戻ろうとするも、そこで突如として現れた謎の存在。

 

初めましてと挨拶しながらも、こっちのメンバーに対してそれぞれ

 

禪院の子、道真の血、呪胎九相図、そして宿儺の器と呼びかけたのは呪霊っぽい謎の人物。

どうやらこの人?が天元という事のようです

 

見た目は完全に化け物という感じなのですが、気になるのは目が4つある事でしょうか。

 

九十九の台詞はかなり謎になっていて、五条の持つ六眼が封印された事と天元がどう関係しているのか謎です。

しかし天元が4つ目である事もあり、五条の六眼と結構密接な関係がありそうな気もしてきました。

 

そして当然九十九自身も天元と深い関わりがあるはず。

天元の状態についても把握していたりと、過去の時点で謎も多かったですしね。

 

なんだかんだ呪術の世界においては重要なキャラばかりが揃っている今、天元が何を語るのか注目ですね!

 

・・・・・まあ来週は普通に休載なんですが・・・。

 

呪術廻戦最新話144話ネタバレ感想まとめ

 

という事でやっぱり情報盛り沢山で考察しがいのある内容となっていましたね。

とりあえず良かった事は真希の生存が確認出来た事、そして虎杖が脹相をお兄ちゃんだと認めた事でしょうか(笑)

 

天元らしき人物も登場しましたし、ここからはきっと「呪術廻戦」の物語における重要な話をしてくれるはず

そもそも天元がどういう立ち位置なのかも微妙に分かっていませんし、次回の展開が楽しみですね!

 

まあ繰り返しになりますが次週は休載なのでめちゃめちゃ寂しいのですが・・・!

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

呪術廻戦最新話145話感想考察!遂に偽夏油の名前も判明!過去と繋がる超エモい解説回!

 

呪術廻戦最新話143話感想考察!ついに虎杖出生の秘密が明らかに!?乙骨の真意と伏黒の言葉が泣ける!!

 

 

呪術廻戦アニメ最終回24話感想!最高のアクションと釘崎の魅力が詰まった最終回!0巻映画化も決まって超盛り上がってきた!!