呪術廻戦最新話145話感想考察!遂に偽夏油の名前も判明!過去と繋がる超エモい解説回!

呪術廻戦最新話145話感想考察!遂に偽夏油の名前も判明!過去と繋がる超エモい解説回!

呪術廻戦最新話145話ネタバレ感想!

 

「呪術廻戦」の物語における最重要人物と言える天元が登場となった前回。

それだけに今回はいわゆる解説回となっていた訳ですが、その情報量が凄まじい事になってましたね。

これまでの伏線の部分がしっかりと回収されつつも、気になっていた部分の答えを一気に教えてくれたようでもあります。

 

ようやくあの人の名前も判明しましたし、これからは名前で呼んであげられそうです!

気になるポイントをまとめてみたいと思います!

 

呪術廻戦最新話145話「裏」

 

偽夏油の名前は「羂索」

 

今回の冒頭で、天元が自分には挨拶をしなかった事を指摘した九十九。

ちょっとだけ気になっていた部分でしたが、天元によれば別に初対面じゃないからいいだろうという考えだった様子。

やっぱりこの二人には何やら因縁めいたものがありそうな気がしますね。

 

そして天元の口からようやく気になっていた偽夏油の名前が判明します。

それが「羂索」(けんじゃく)

 

名前が判明してくれたので、今後は偽夏油だとか加茂憲倫?だとか呼ばなくて済みますね

 

11年前の星漿体との同化

 

めちゃめちゃ呪霊みたいなビジュアルの天元

虎杖は空気を全く読まずに、そのビジュアルの事を指摘します。

 

以前も語られていたように、天元は不死であるものの不老ではない。

だから500年も老いればこうなるのだと天元は語ります。

 

それでいて、11年前の星漿体とのどうかにはやはり失敗していた様子。

それによって老化は加速し、個としての自我は消え、天地そのものが天元の自我となっていたようです。

 

九十九は割と自信満々にもう一人いた可能性を夏油に伝えていましたが、全然そんな事なかったんですね・・。

だとするとあそこでの会話はやっぱり夏油を苦しめるだけになってしまったんじゃないかなぁと思ってしまいます。

マジで夏油闇堕ちの原因を作ったのって九十九だよなぁ・・・。

 

人類と天元の同化

 

不死であるとは言うものの、何故か自分を護衛するように言ってきた天元。

乙骨、九十九、脹相の内2人はここに残ってもらうように言ってきます。

勝手に話を進める天元に対して、フェアじゃないと九十九は色々と説明してもらう事に。

 

そこで天元は羂索について説明を開始。

 

彼の目的は日本全土を対象とした人類への進化の強制

とはいえ渋谷事変の際に日本の人間全てを術師に変えるには呪力不足だったとの事。

うずまきで精製した呪力は術師に還元出来ないようで、無為転変で一人一人進化させるのは効率が悪いようです。

 

その上で羂索が進化の手段として選んだ方法が、人類と天元の同化

元々天元は星漿体としか同化出来ないハズだったものの、11年前から進化を始めてしまった事で星漿体以外との同化も出来なくはなくなっていました。

 

今の皆の前にいる天元は天元であって天元ではないもの。

進化した事で天地そのものが自我となっている状態

そんな天元と同化した人間は術師という壁を超え、そこにいてそこにいない新しい存在となるのだそう。

 

天元は結界術があった事で形と理性を保てているものの、他の人がこうなって暴走してしまえば一気に世界の終わり

個としての境界がなくなる事で、悪意の伝播も一瞬。

一億人分の穢れが世界に流れ出てしまえば、渋谷事変で東京に起こった事が世界で再現されてしまうのでした。

 

という事で、正直この辺りは結構難しい話となっていますね。

とりあえず天元と同化して進化してしまうと、人類を超越した存在となり色々とヤバイという事なのでしょう。

 

呪霊操術の対象

 

天元と同化してしまったらとにかくヤバイ事になる。

だったら天元が同化を拒否すれば良いのでは??

当然のようにそう考える真希でしたが、天元はそこが問題なのだと語ります。

 

進化を果たしてしまった事で、今の天元は人間よりも呪霊に近い存在となってしまったのだそう。

つまりそれは、天元自体が呪霊操術の術式対象になっているという事。

 

これはちょっとヤバイというか、最悪な状況と言えるでしょうね。

マジで夏油の呪霊操術って「呪術廻戦」の世界においての最重要術式なのでは??

 

羂索の術師としての実力を考慮すると、天元は接触した時点で取り込まれる可能性があるとの事。

だからこそ天元は薨星宮で全てを拒絶している状態となり、その上で護衛をつけるという万全の状態に。

羂索は天元に次ぐ結界術の使い手との事で、薨星宮の封印もいつ解かれるかわからないのだとか。

 

なんだか話を聞けば聞くほどに状況が最悪なのが伝わってきますね。

それだけ羂索が完璧に暗躍してコトを進めてきたんだろうなぁと感じます。

 

天元と星漿体と六眼の関係

 

星漿体との同化を阻止し天元を進化させ、その天元を呪霊操術で取り込み操る。

羂索は宿儺とも関わりがあり、少なくとも1000年は術師をやっている存在

それだけに何故このタイミングなのかと九十九としては疑問を感じます。

 

そこで天元が語りだしたのは、自分と星漿体、そして六眼の関係

この3つは全て因果で繋がっているのだと。

 

羂索は過去に二度六眼の術師に敗れているのだそう。

特に二度目は徹底していて、星漿体も六眼も生後一月以内に殺したのだとか。

 

しかしそれでも同化当日には六眼と星漿体は現れ、仕方なく羂索は抹殺する方針ではなく封印へと方向転換する事に

六眼持ちは同時に二人は現れないという事で、最強の封印アイテムである獄門疆の捜索を開始するのでした。

 

過去に二度敗れているという事で、羂索としては1000年前からこの計画を立てていたのかな??

それでいて星漿体も六眼も抹殺されても代わりの人物が現れたようで、基本的には現世に一人ずつ存在するシステムなんだろうか?

この辺りも結構考察しがいのある話ですね。

 

11年前の事件

 

失敗続きだった羂索。

しかしそんな中で起きてしまったのが11年前の事件。

 

それが禪院甚爾の介入

天与呪縛によるフィジカルギフテッドを持ち、完全に呪力から脱却した唯一の存在。

 

そんな因果の外に出た人間が運命すらも破壊し、そしてそこにいたのは呪霊操術を持つ夏油傑

それによって獄門疆以外のピースが全て揃ってしまい、羂索は6年前に獄門疆も手に入れたのでした。

 

もうなんだかこの辺りは正に「廻っている」感が半端じゃないですよね。

五条の過去編って結局の所五条の覚醒と夏油の闇堕ちの部分が見所だったと思うのですが、実際にはもっともっと重要な戦いであり、運命さえも変えてしまうものだったのでしょう。

しかし進めば進むほどに夏油傑という存在が悲しい存在になっていく気がして辛くもありますね。

 

ちなみにここで禪院甚爾の名前が出てきましたが、相変わらず伏黒は「?」な状態。

それに対して真希の方は「!!」という事でちょっとだけ反応が違っています。

 

死滅回游の攻略法

 

色々と話を聞いていると、既になんだか準備万端っぽい羂索。

それだけに死滅回游は何の為に行われるのかが気になる所。

それに対して天元は、同化前の慣らしなのだと語ります。

 

星漿体以外との同化は不可能ではないものの、現時点ではまだまだ不完全なものになる可能性が高い。

死滅回游は泳者の呪力と結界と結界で結んだ境界を使ってこの国の人間を彼岸に渡す儀式。

それを慣らしとして天元との同化を始めるつもりだったのだろうと

 

中々難しい話ですが、死滅回游という儀式を成立させる為には羂索自身も縛りを負っているはずだと天元は予想します。

その一つとして、死滅回游の管理者は羂索ではないとの事。

 

が、それはつまり羂索を殺しても死滅回游は終わらないという事でもあり、むしろ皆にとっては不利。

現状では、泳者が全員死ぬか泳者が全員参加を拒否して死ぬか、それまではどうやっても終わらないシステム。

 

永続させようとルールには記されているだけに、やっぱり重要になってくるのは100得点でルールを追加出来るという部分

自分たちも死滅回游に参加して、津美紀やゲームに消極的な人が抜けられるルールを追加するしかないだろうと乙骨も考えるのでした。

 

今回はずっと難しい話になっていて、虎杖が完全に蚊帳の外っぽくなっているんですよね。

乙骨と伏黒がいてくれて良かったなぁと思ったり。

 

天元の元に残るのは?

 

死滅回游にルールを追加する事が目的となるも、やはり五条悟の解放も平行しようと考えた伏黒。

何故ならあの人がいれば一人で全て片がつくから

 

・・・・まあ効率的な考えではあるのですが、正直この発言はちょっと駄目ですよね。

五条自身が自分一人じゃ駄目だと感じていた訳ですし、五条を頼り過ぎるのはやっぱり良くない気がしたり

まあ解放させる事が出来れば、ある意味では十分仲間として役に立ったという事でもあるでしょうけどね。

 

と、そこで誰が天元の所に残るかを決める事に。

しかしこれは九十九と脹相が率先して残ると言ってくれたのであっさりと決定します。

 

虎杖には乙骨か九十九の協力が不可欠であると考えていた脹相。

それでいて加茂憲倫こと羂索が天元の元にやってくるのだとすれば、それは脹相としても願ってもない事

やはり脹相としては羂索の命を断つ事こそが弟達の救済になるのだと考えていました。

 

一方で九十九はまだ天元と話し足りないというスタンス。

一応乙骨に確認を取ると、乙骨も皆とは離れたくないとアピール

ちょっと前までの強キャラ感が一気になくなって、むしろ寂しがり屋のちょっとアホの子っぽくなってますね

 

獄門疆「裏」とこじ開ける為のアイテム

 

天元が五条悟の解放の為に必要なものとして出してきたのが獄門疆「裏」

獄門疆の色違いアイテムという感じの「裏」ですが、裏門となるこの中にも五条悟は封印されているのだそう。

まさに裏門であり、入り口が違うけど中は同じ空間へと繋がっているという感じなのでしょう。

 

これを開ければ五条を解放出来るものの、開門の権限は所有者である羂索のもの。

強引にこじ開けようとすると、必要になってくるのが二つのアイテムのどちらか

 

あらゆる術式を強制解除する「天逆鉾」

もしくは、あらゆる術式効果を乱し相殺する「黒縄」

 

どちらもこれまでに登場してきたアイテムでしたが、「天逆鉾」の方は11年前に五条が海外に封印したか破壊したとの事。

そしてミゲルが使っていた「黒縄」の方も去年の戦いで五条が全て消してしまっていました

 

それだけに珍しく虎杖も伏黒も「何してんだあの人」とツッコむ事に。

 

ちなみに乙骨はアフリカでミゲルと共にこの「黒縄」を探していたようです。

が、やっぱり貴重なアイテムだったようで見つからず無駄足に終わってしまったとの事。

 

貴重なアイテムとはいえ時間さえかければ作れるっぽかった「黒縄」ですが、やっぱり思った以上に凄いアイテムだったんですね。

ってかそれを持っていたミゲルってマジで何者なんだろうか?

 

新たな登場人物は天使??

 

という事で早速五条の解放が難しくなったものの、それでもやはり策はあるとの事。

 

今回の死滅回游に参加している泳者の中には、「天使」を名乗る千年前の術師がいる様子。

彼女の術式は「あらゆる術式」を消滅させるというものでした。

 

彼女の名前は来栖華。

敵となるのかそれとも味方になるのかまだわかりませんが、あらゆる術式を消せるとなると重要なポジションのキャラになってきそうですね。

 

呪術廻戦最新話145話ネタバレ感想まとめ

 

という事で解説に次ぐ解説回となった今回

難しい話も多く、ちょっと読み込んだだけではあんまり理解出来ませんよね。

 

とはいえ今回の戦いにはこれまで描かれてきていたエピソードが全部繋がっていて、非常に「呪術廻戦」らしい展開でもあった気がします。

特に11年前の戦いの意味がどんどん深いものになっていく感じがして、改めて過去編を読み返したくなりました

 

とりあえず虎杖達は死滅回游に参加していく流れでしょう。

九十九と脹相お兄ちゃんが天元の護衛で抜けるという事で、ここからは虎杖、伏黒、真希、乙骨の4人がパーティキャラとなりそうです。

 

此処から先の戦いに真希がついていけるのかもちょっとだけ心配ですね・・。

 

今回はここまで。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

呪術廻戦最新話146話感想考察!死滅回游の説明回!新キャラ高羽の術式はナナミンの!?

 

呪術廻戦最新話144話感想考察!真希先輩の生存確認!現れた天元は何を語る!?

 

呪術廻戦アニメ最終回24話感想!最高のアクションと釘崎の魅力が詰まった最終回!0巻映画化も決まって超盛り上がってきた!!